佐野 サービス エリア。 佐野サービスエリア

佐野サービスエリアの「雇用と職場環境」守ろう!〜「支援する会」が結成される

佐野 サービス エリア

東北自動車道上り線の佐野サービスエリア(SA、栃木県佐野市)で売店などを運営するケイセイ・フーズ(同市)の労働組合が、8日にストを実施する可能性があると会社側に通告した。 実施すれば8~9月にストライキに踏み切って以来、2度目となる。 労組が7日、都内で記者会見して明らかにした。 前回のストは社長の交代と従業員の職場復帰でいったん収束した。 だが、労組によると、新社長はストの正当性を認めず、労組の加藤正樹執行委員長の退職を要求。 加藤氏が退職しなければ労組と労組幹部にストによって被った損害の賠償を求める姿勢を示すなど、労使対立が続いている。 労組は会社側に対し、ストの正当性を認めたうえで、主張の取り下げなどに応じなければ8日午前7~8時にレストランの営業をやめるストを実施すると通告した。 それでも会社側の姿勢が変わらない場合の対応は今後、検討していくという。 記者会見した労組の加藤執行委員長は「会社側は法律で認められるストと認めてほしい」と語った。 一方、ケイセイ・フーズの代理人弁護士は朝日新聞の取材に対し、「コメントを差し控えたい」と話した。 労組は7日、東京・霞が関の東….

次の

【佐野SA再びスト突入か】新社長がちゃぶ台返しで総務部長に「自発的に辞めてくれ」3億円賠償も

佐野 サービス エリア

一件落着したと思われた東北道・佐野サービスエリア(SA)のスト騒動に、再び暗雲が立ち込めている。 「この数週間、ずっと耐えてきました。 復帰して、しばらくすると新社長から『あなたは辞めるべきだ』と言われるようになり、夏のストライキが違法だとして組合側に1日あたり800万円の支払いを求められています。 さらに、会社から取引先への支払いも滞っていて、スト前の状況に逆戻りです。 このまま働き続けることは出来ません。 11月1日までに状況が改善されなければ、我々は再びストライキを実施すると決断をしました」(加藤氏) しかし、9月下旬になって新規スタッフの募集が難航するなどした会社側の態度が急変することになる。 岸社長が退陣し、代わって就任した福田紳一・新社長に乞われて、加藤氏ら従業員の復帰が決まった。 39日間に及ぶ前代未聞のストは、これで解決したようにみえた。 スト終結後の売上は30%増 復帰当初は順調だった。 佐野SAの支配人、井原永治氏(51)は当時、「週刊文春デジタル」の取材に笑顔でこう明かしていた。 「たくさんのお客さんに『よかったですね』と声を掛けられて、仕事ができることに感謝しながら従業員とがんばっています。 ストライキ前は近くの蓮田SAがリュニーアルオープンした影響で佐野SAの売り上げは下がっていましたし、ストでお客様にはご迷惑をお掛けしたのですから、客足が戻るには相当な時間がかかると予想していました。 ところが、スト終結後、1週間の売上は30%近く上がった。 お客さんには感謝の気持ちしかありません」.

次の

佐野SAの騒動で解雇された男性「週刊文春に載ってからの恨みがすごい」

佐野 サービス エリア

佐野サービスエリアの「雇用と職場環境」守ろう!〜「支援する会」が結成される 報告=宮川敏一 12月23日 月 18時30分、佐野市勤労会館で、「佐野サービスエリアの労働者を支援する会結成大会」が開かれた。 東北道佐野サービスエリア 上り で働く労働者が「雇用と職場環境」が脅かされている。 2回のストライキと団体交渉などで会社に譲歩を迫るが、逆に加藤委員長の解雇、8月ストライキの損害賠償請求。 組合を分断する不当労働行為を止めない。 そんなケイセイ・フーズ労働組合を支援しようと「支える会」が地元の佐野地区労を始め、近隣労働組合が集まり結成された。 結成大会は、18:30に開会された。 小川幸男さんの司会進行で進められ、事務局長に任命された嶋田泰治さん わたらせユニオン から経過が報告された。 出席した山口宏弥さん JAL 、鳥井一平さん 中小ネットワーク から連帯の挨拶があった。 「労働組合に素人な自分がここまできたのは、あまりにも職場の労働環境が悪すぎる。 人もいない、設備も悪い等々。 これは何とかしないとの思いから始まった」「一つひとつ改善提案するも、なかなか進まない。 会社が妨害してくる等々で解雇。 8月ストライキになった。 一度は戻ったが、経営者は変わっても同様な攻撃は続いた」とこれまでの思いを語り、「3月末の契約更新がNEXCOとできなければ、会社はなくなり組合員は途方に暮れる。 今後はNEXCOへの働きかけと世間に訴えるストライキで譲歩を迫りたい」と理解と支援を訴えた。 参加した組合員一人ひとりからも一言の挨拶があった。 会場では、「支援する会」の入会が進められ、支援する声が続いた。 小沼清さん 佐野地区労議長 の音頭で「勝利するまで団結ガンバロー」閉会した。 「佐野サービスエリアの労働者を支援する会」の入会申込みは、佐野地区労まで 栃木県佐野市浅沼町796 佐野市勤労者会館内・0283-22-2633)。 会費は個人千円、団体三千円。

次の