自動車保険 変更 必要書類。 車の所有者が死亡した場合に必要な手続きは?

自動車保険の必要書類(新規加入・乗り換え・車両入替・名義変更)

自動車保険 変更 必要書類

自動車保険の契約では、契約者・記名被保険者・車両所有者をそれぞれ決めます。 ひと口に名義変更と言っても、以上3つのうちのどれを変更するかによって、必要書類や手続き方法が違ってきます。 記名被保険者とは、自動車保険をかけた車をメインで運転する人のことです。 補償の対象は記名被保険者だけとは限らず、特約付加によりその配偶者の運転時の事故も補償されるなど、記名被保険者を基準にして被保険者が決まります。 記名被保険者の変更の場合には、 等級の引き継ぎについても考える必要があります。 条件を満たせば、変更後の記名被保険者に等級を引き継ぐことができます。 この場合、変更前と変更後の記名被保険者の同居確認書類などの必要書類の準備を要しますが、詳細は後述します。 記名被保険者の変更は、 配偶者または同居の親族であれば手続きできます。 この時、必要書類として 運転免許証などの確認書類の提示が求められることがあるので、準備しておきましょう。 また、記名被保険者の変更には、等級の引き継ぎの問題が関わってきます。 配偶者または同居の親族であれば、変更前の記名被保険者が持っていた等級を変更後の記名被保険者に引き継ぐことができます。 親子など、配偶者以外の親族間での譲渡の場合は、等級引き継ぎのため必要書類として同居の確認書類の提出が求められることを覚えておきましょう。 親子間の譲渡の場合、別居している場合は等級引き継ぎができません。 離れて暮らす子供に車を譲渡するときは、車を譲り受ける子供は新規に 6等級から始めることになります。 自動車保険の記名被保険者の変更と同時に等級が引き継げる相手の1つは、「 配偶者」です。 後に解説する親族とは違い、同居している場合はもちろん、 別居していても引き継ぎができます。 例えば、夫婦のどちらか一方が長期出張や単身赴任で、長期間遠方で暮らすことになった場合が考えられます。 自宅を離れる方が記名被保険者であれば、自宅の車の記名被保険者を配偶者に変更するとよいでしょう。 さらに、 内縁関係(事実婚)であっても等級の引き継ぎが可能です。 役所への届出をしておらず、法律上の夫婦となっていなくても、等級引き継ぎに関しては問題ありません。 離婚して夫婦の関係でなくなってしまうと名義変更ができなくなるので、離婚の手続き前に名義変更を行う必要があります。 自動車保険の記名被保険者の変更と同時に等級が引き継げるもう1つの条件は、「 同居している親族」です。 親が子供に車を譲るというケースが多いですが、もちろん兄弟姉妹間でのやり取りでも等級を引き継ぐことができます。 ただし夫婦間でのやり取りとは違い、いずれの場合でも、 同居していることが絶対条件となります。 なお、 同居の親族には、配偶者の親族も含まれます。 この場合も、やはり同居していなければ等級を引き継ぐことはできません。 親が子供に車を譲り、親と同居していた子供が就職などで独立して一人暮らしを始めるというケースでは注意が必要です。 別居してしまえば等級の引き継ぎができなくなるので、後に一人暮らしを始めることが決まっているときは別居になる前に手続きを済ませる必要があります。 手続き時は必要書類として、 住民票の提出を求められることがあります。 記名被保険者が死亡した場合には、同居の親族がいれば名義変更ができるので、早めに保険会社に相談しましょう。 自動車保険の名義変更の手続きは面倒に感じるかもしれませんが、補償が受けられないという最悪の状況にならないためにも必要書類を準備し確実に行いましょう。 最後に要点をまとめます。 自動車保険には、保険契約者・記名被保険者・車両所有者の3つの名義がある。 保険契約者の変更は、必要書類として保険会社の所定の届出書に必要事項を記入し、署名・捺印して提出すれば完了する• 記名被保険者の変更時は、配偶者や同居の親族には等級を引き継ぐことができ、必要書類として同居確認書類の提出を求められることがある• 車両所有者の変更には特段の必要書類はない ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の

自動車保険(任意保険)名義変更手続きと等級引継ぎについて|自動車保険のアクサダイレクト

自動車保険 変更 必要書類

自動車保険の「名義」とは? 自動車保険を契約する際には、「契約者」「記名被保険者」「所有者」という3つの名義を登録する必要があります。 契約者 「契約者」とは、文字通り保険契約をする人のこと。 つまり、保険会社との契約を交わして保険料を支払う、契約の当事者です。 契約内容の変更や解約などを行う権利を持つのも、契約者です。 記名被保険者 「記名被保険者」とは、保険契約された自動車を主に使用する人で、保険証券などの「記名被保険者」欄に記載された方のことを指します。 被保険者(補償の対象となる人)の範囲は、この記名被保険者を主体として決定されます。 所有者 「所有者」というのは、契約の対象となる自動車の持ち主のことで、車検証(自動車検査証)に記載されている所有者のことを指します。 契約の対象となる自動車がリース車等の場合は、使用者欄に記載された人が所有者とみなされます。 名義変更が必要なのはどんな時? おとなの自動車保険の場合、以下のような時に、名義変更が必要となります。 自動車の名義変更を行った時 結婚などで姓が変わったときや、売買または譲渡によって車の所有者が変わったとき、自動車の名義変更を行います。 自動車の名義変更を行ったら、すぐに自動車保険も名義を変更しましょう。 保険の名義変更を忘れていると、いざ事故が起きた時、保険金が支払われないという事態になりかねません。 記名被保険者や契約者が亡くなった時 記名被保険者や契約者が死亡したときは、記名被保険者や契約者の名義を変更する必要があります。 自動車保険料の支払いをする人が変わった時 子どもが独立し、保険料の支払いを自分でするようになったときなどは、契約者の名義を変更する必要があります。 主に運転する人が変わった時 父親が単身赴任をすることになった、子どもが運転免許を取ったなど、生活状況の変化によって主に運転する人が変わった時は、記名被保険者の名義を変更する必要があります。 名義変更の際に等級は引き継げる? 自動車保険の記名被保険者の名義を変更する際、親族間であれば等級を引き継げる可能性があります。 ただ、等級の引き継ぎができる相手には条件があります。 ・記名被保険者の配偶者 ・記名被保険者の同居親族 ・記名被保険者の配偶者の同居親族 おとなの自動車保険の場合は上記に当てはまる場合に限り、等級の引き継ぎが可能です。 親子であっても、同居していなければ等級の引き継ぎはできません。 進学や就職などを機会に別居する予定の子どもに車を譲渡し、保険契約の名義変更とともに等級を引き継ぎたいという場合、同居している間に手続きをしておく必要があります。 名義変更をする際の注意点 名義変更をする場合、誰に名義を変更するのかによって、注意するポイントが異なります。 おとなの自動車保険の例で注意点を解説します。 夫婦間で名義変更する際の注意点 記名被保険者の名義を配偶者に変更する場合、同居でも別居でも等級を引き継ぐことができます。 また、法的な婚姻関係にない内縁の配偶者であっても、名義の変更および等級の引き継ぎは可能です(内縁関係にあることを保険会社に対して証明する必要があります)。 しかし、対象となる自動車を主に使用する人を記名被保険者にしなければなりません。 夫婦であっても、ほとんど運転しない人に名義変更することはできないので、注意しましょう。 親子間で名義変更する際の注意点 名義変更可能な相手は、「配偶者か同居の親族」に限られます。 たとえ親子であっても、同居していない子どもには名義変更できません。 別居の予定がある場合には、子どもと同居しているうちに名義変更をしておく必要があります。 すでに別居している場合には、子どもの名義で新たに自動車保険を契約する必要があります。 名義変更の手続き(おとなの自動車保険の場合) 自動車保険の名義変更をする場合、まずは保険会社へ連絡をします。 おとなの自動車保険では、契約者や記名被保険者の変更、改姓によるお手続きはお電話にてお受けしております。 契約者ご本人から『ご継続・異動受付センター』までご連絡ください。 【ご継続・異動受付センター】 通話料無料:0120-163-037 受付時間 :9:00~17:30 土・日・祝日も営業(年末年始除く) 名義変更以外のお問い合わせ・各種手続きに関しては、インターネットよりマイページにログインしていただけると便利です。 お車の買い替え、入れ替え、ナンバー変更については、マイページにて変更手続きが可能です。 (参考記事:) まとめ 自動車の利用状況に応じて適切に自動車保険の名義変更をしなければ、万一事故に遭った時、保険金を受け取れなくなってしまうかもしれません。 自動車の名義変更等を行ったら、すみやかに自動車保険の名義も変更しましょう。

次の

自動車保険 加入方法の流れと必要書類

自動車保険 変更 必要書類

車検証• 運転免許証• 現在の保険証券(すでに別の保険契約がある場合のみ) が必要です。 要はこの3つが、 自動車保険の諸々の手続きで必要な書類だと考えて間違いありません。 特別なケースで、たとえば、他人から車を譲り受けて保険に入るけれど、車のローンが残っていて名義変更が行なえていない場合など、書類上の所有者と保険の契約者が異なってしまう場合は、特別な手続きが必要になることがあります。 これは保険会社によって取扱が異なるので、個別に問い合わせて確認してください。 必要書類を揃えて、 契約が完了すれば、自動車保険に加入できたことになります。 保険証券を受け取りましょう。 最近は紙の証券を発行せず、ネットで補償内容を確認できる(電子証券)という保険会社もあります。 紙の証券を発行しないかわりに、すこし保険料を割り引いてもらえることもあります(電子証券割引)。 その他の手続きで必要な書類は? 加入後も、契約の内容を変更したいときは手続きが必要です。 その場合も車検証が必要になることが多いです。 こんなときは…… この書類が必要 車両を変更する 新しい車の車検証 引越しした 住所変更後の車検証 車の所有者が変わった 名義変更後の車検証 運転者範囲、年齢条件などを変更したい 特に必要書類はないが、保険会社独自の申込書などが必要な場合あり。

次の