ハブ る 意味。 ハブ

ハブ − @IT ネットワーク用語事典

ハブ る 意味

人と人をつなげられる人は成功する 人脈がどんどん広がっている人を見ていると、自分が人脈を広げるよりも、自分の人脈を周囲の人と共有することで、相手の人脈拡大に力を入れています。 つまり、人と人をつなぐハブ役になっている、ということです。 ハブといってもヘビではありません。 たとえば「ハブ空港」などと呼ばれることがありますが、これは広域航空路線網の中心として機能する空港という意味です。 この場合、人と人のネットワークの中心、あるいはポータルとしての役割を担うことを言います。 具体的には、自分の人的ネットワークの中に、相手の仕事の役に立ちそうな人がいたら、せっせと紹介しているのです。 しかも、仲の良い仲間の名刺も持ち歩き、商談があればその名刺を渡し、「こんな知り合いがいるのだけれど、もし興味があったらセッティングするから気軽に言ってね」と、営業マンの代わりまでやる徹底度。 こういう人たちは、パーティーなどでも、他の参加者とは動き方がまったく違います。 ほとんどの人は自分自身の名刺交換に余念がありませんが、彼らは自分の名刺交換は後回しで、「あなたに紹介したい人がいるの」と、周りの人に名刺交換をする機会を作ってあげているのです。 自分目線ではなく、他人からどう思われるか目線で接する これは「人脈をつくる」とか「人脈を広げる」という昨今の考え方とは対極に映ります。 自分目線での人脈作りは、往々にして名刺交換して終わり、となりがちです。 しかし、自分を紹介してくれる人には、「この人についていけば、いろいろ人を紹介してもらえる」となり、むしろ大事に扱われるようになります。 自分のことをアピールするときも同様に、「私はこれができます」という自分視点だけでなく、相手目線で「私はあなたに対し、こうやって役に立てます」と伝えることも大切です。 (もちろん、親切の押し売りにならないような配慮が必要ですが) つまり、どうすれば自分を知ってもらえるか、ということよりも、どうすれば相手の役に立てるか、という視点で接することです。 そうやって人脈のハブとしての動き方をすると、無理に人脈を広げようとしなくても、自分の名前が流通する効果をもたらしてくれます。

次の

ハブ空港(ハブくうこう)とは

ハブ る 意味

最初に実施許諾を受けたライセンサーとしては、発明の実施により利益をあげることに関心があるのであって、誰が実施するのかは問題ではありません。 そうすると、特許活用の手段として、自ら実施するよりも、実施能力の高い下請け業者に実施を委託したいと考えるのは、自然の成り行きであります。 〔事件番号〕Corebrace L. LC v. Star Seismic LLC事件(2009年) 〔事件の経緯〕 (a)サイセンス契約では、ライセンシーの親会社・子会社・関連会社以外の者へのサブライセンスを認めない旨を規定していたが、ハブメイド権に関しては何ら規定していなかった。 (b)ライセンシーは、第三者に特許製品の下請け製造を行わせた。 (c)ライセンサーは、この事実を契約違反ととらえて、契約解除及び特許侵害を主張してライセンシーに対して訴えを提起した。 〔裁判所の判断〕 特許製品の製造・使用・販売の許諾は、実施権者自身による製造・使用・販売に限定されるものではなく、実施権者が特許品の製造・使用・販売において 実施権者を補助する他人を雇うことを認めるものである。 必ずしも実施権者自身が特許製品の製造を担う必要はない。 実施権者として特許製品の使用・販売にだけ関心がある場合があるからである。 そうした場合には、(実施権者自身の)使用・販売のために当該特許製品が製造されなければならない。 (その範囲で)前記実施許諾は、その特許製品の製造に関する業務を第三者に委託することができる。 」旨を定めています(特許法第73条)。 これは、共同で特許出願を行い、自ら共有者となった者同士では特別の信頼関係がある筈であり、実施者の実施能力如何で他の持分権者の事業に大きな影響を与える特許権の共有関係で一人の共有者が勝手に実施権を設定・許諾することは、前記信頼関係を阻害するからです。 そうした事情の下で実用新案権の共有者が下請け業者と請負契約を締結して実施をさせる行為は、他の共有者の持分の権利侵害にならないという判断が示された事例があります。 第三者は共有者の共有者の一機関に過ぎないからです。

次の

「無線ルータ」と「無線ハブ」の違い

ハブ る 意味

ソーシャルハブとは、SNS上のユーザー投稿を収集し、自社サイトに表示させることを指します。 TwoGood内では、「投稿のサイト表示」とも記載していますが、ソーシャルハブと同じ意味でございます。 キャンペーンなどでは、投稿モチベーションを上げるための「ソーシャルハブ」 イベントや商品、キャンペーンなど関連したソーシャルメディア SNS 上の投稿を、ハッシュタグなどで集めたものを、 ソーシャルキュレーションや ソーシャルハブ、UCGメディアなどといいます。 自分の投稿が公式サイトや会場ディスプレイに表示されることが大きなモチベーションになるため、ファン同士のコミュニケーション利用など、 積極的でポジティブな投稿が多くみられます。 特にインスタグラムの特性上、ネガティブな投稿が少なくユーザー自らが寄り良く見せるために工夫して画像を投稿してくれます。 商品の購入・イベントの参加などユーザーは、利用者の「生の声」が意思決定の際に参考にすることが多く、 ポジティブ且つおしゃれでリアルな投稿は、広告費をかけるよりも効果が高くなると言われています。 そんなソーシャルハブを簡単に開始でき、マーケティングにも活用できるようにしたのが「TwoGood」 ソーシャルハブのサイトへの設置が最短5分で完了できる他、 ECサイトなどユーザーコンテンツを口コミとして活用し、そのままコンバージョンさせる為のや、 、、サイネージ対応、など機能を豊富に揃えています。 さらにソーシャルハブを開始するのに必要なサイトへの埋め込みデザインも豊富に用意しています。 ソーシャルハブとはSNS上のUGCコンテンツを活用して、費用対効果の高い施策を展開するために外せないツールとなっています。 ですが、あくまでツールはツール。 企画が面白かったり、ニーズにマッチしていることが重要になります。 意外とここで挫折してしまうという方が多くいらっしゃいます。 弊社は多くの企業から相談をいただき、SNSを使ったプロモーションをたくさん企画しています。 一度の提案でいくつも提案させていただく結果、多くのSNSプロモーションを実施させていただいてます。 ですが・・・提案資料数は膨大にあり、その、ほとんどが実施されなかったもの。。。 SNSを活用したプロモーション、キャンペーン、マーケティングをしたいが、 何をしたら良いか悩んでいる方、是非相談ください! ボツネタでも良いから今までの提案資料を見せて欲しい!とかでもギリギリOKです! 「」.

次の