国民年金 追納しない。 追納等可能月数と金額の確認|日本年金機構

追納等可能月数と金額の確認|日本年金機構

国民年金 追納しない

いきなりですが、先日出会ったタクシーの運転手さんとのお話をご紹介させていただきます。 運:「今年は稼げないね」 私:「去年は景気良かったんですか?」 運:「去年はまだ良かったよ、ほんと仕事しなきゃ生きていけないよ、ひどい世の中だよな~」 私:「そうですよね、ほんと年金なんかあてにできないですよね」 運:「そうそう、払ったほうがいいって言われて払ったらその分全然戻ってこないよ、追納したほうがいいって言われて不足分払ったけど後悔だわ」 というような会話がありました。 ちなみにこの方おそらく70歳くらい。 30分くらいずっと喋りっぱなしのおじいちゃんでした。 ここでわたしが思ったのが、国民年金の追納はしたほうが得なのか損なのか。 国民の義務だし払うべき? それとも自分で運用したほうが得なんじゃない? まだ払ってない方、特に20代の方々はこのようにに考えたことありませんか? 今回は果たしてどちらのほうが自分の為になるのかをお伝えします! 関連記事: 国民年金の追納 皆さんご存知かと思いますが、国民年金とは20歳以上の国民に加入が義務付けられているものです。 詳細については をご覧ください。 ただ、大学などに通っている学生さんの場合、払うのが困難な人が多いため「学生納付特例制度」があります。 学生納付特例制度とは? 「学生納付特例制度」とは申請することによって在学中の年金納付が猶予されるもの それを利用して追納すれば、20歳から60歳の40年間しっかり納付したことになるわけです。 ちなみに免除後10年以内に未納分を支払えば問題ありません。 手続きは年金事務所、市区町村の国民年金課で行なうことができます。 実際満額納付したときと、そうでなかったときどれくらいの差になるのでしょうか? 2011年度の基礎年金給付額は満額で年78万8,900円ですが学生時代に2年間免除を受けて追納しなかった場合の年金給付額は年74万9,500円となります。 この差を大きいと感じるかどうかですね。 これは五年前ですし、この先この通りになると考えている方は少ないのではないでしょうか。 詳細は日本年金機構のこちらのページをご覧ください「」 追納以外で年金の受給額を増やす方法 実は年金の受給額を増やす方法は、追納以外にもあります。 それが60歳から65歳の間に「国民年金任意加入」で支払う方法です。 これですね、タクシーのおじいちゃんが加入して後悔したという制度! 国民年金任意加入とは? 「国民年金任意加入」とは上記期間内に加入し、その時の国民年金を納付すれば学生時代の納付と同じ扱いになるものです。 ですので、迷っていたら無理して納付する必要もない気もします。 年金制度もどうなるかわからないこのご時世ですので納付するのは60歳までと決めておくのもありですね。 しかも追納の場合は利子も支払いに含まれますが、この任意加入の場合はないそうです。 国民年金の追納は得なのか損なのか それではここからは、果たしてこの追納が得なのか損なのかを考えていきたいと思います。 追納額はいくら? まずは追納する金額がいくらになるかですが、これは学生納付特例制度を何年利用したかによって変わってきます。 H28年の国民年金の保険料は一ヶ月16,260円です。 実際に受け取れる年金額は? 現在の年金支給額は年間で約78万円ほどです。 利回りで見るとどうなるのかというと、 約150%になります。 20歳から90歳まで運用したとすると70年間ですので、年換算でいうと2%くらいですね。 これだったら追納したほうが良さそうと思うのではないでしょうか。 ただこれは年金受給開始年齢と年金受給額が、現在と同じだった場合です。 これからの年金制度についての考えは人それぞれだとは思いますが、少なくとも今よりも良くなることはなさそうですよね。 もちろん良い運用先がある人は追納しない選択肢をとるのもありではないでしょうか。 このようなご時世ですので自分のことは自分で守るという意味でも、しっかりと運用するのも大事かと思います。 とはいっても、利回りを求めるとどうしてもリスクもそれに伴っていくので運用初心者の方はちょっと難しいのかなと思います。 結論、運用の実力がどれだけあるかによるのではないでしょうか。 国民年金の追納で節税効果? 最後に補足にはなりますが、追納することで節税効果が得られます。 不動産投資でもおなじみの住民税と所得税ですね。 収入が高いタイミングでやるのが一番節税になるので社会人1年目は避けましょう。 たとえば就職したてのときの税率が5%だとして(だいたいの人がこの税率です)それに加えて住民税10%ですね。 合わせて15%。 先行きがどうなるかは誰にも分かりませんが、一つだけ言えるのは、自分自身で安心できるキャッシュフローをつくっておくことではないでしょうか。 その手段は何でも構わないと思います。 不動産であれば将来的な私的年金としてうまく活用できますので、ご興味のある方はぜひご相談ください。 また、節税にもなる不動産投資について、下記記事にてご紹介していますのでよろしければご覧ください。 関連記事: > > 「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No. 1、入居率99. 5%以上を実現している東証一部上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。 グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。

次の

国民年金保険料の追納制度|日本年金機構

国民年金 追納しない

自分で決められる年金 免除されたすることによって年金額を増やすことができます。 これは少しでも年金を増やしたい人にとってありがたい制度で、多くの方が利用しているようです。 もちろん年金額が増えることはよいことですが、頭に入れておきたい点もあります。 国民年金にしろ厚生年金にしろ、その保険料を自分の意思で払うか払わないかを決めることはできませんが、、、そして今回のテーマである免除された保険料の追納については任意で、払う払わないを自分で決めることができます。 ポイントは回収年数 その際のポイントになるのは、「支払った年金保険料を何年で回収できるか」という点です。 なんだか難しそうですが、それほどでもありません。 例えば国民年金の年額保険料は約18万円、それに対して老齢基礎年金は保険料を40年支払うと満額となる約80万円を受給することができます。 つまり、80万円を40年で割れば1年分の保険料(18万円)に対するリターンの年金額(2万円)を求めることができます。 65歳から受給して74歳まで生きれば元が取れる計算になります。 余りにも単純化した試算ですが、将来の正確な年金額はだれにも分からないので、この程度の見積もりで十分なはずです。 追納保険料の回収年数 では保険料を追納した場合はどうでしょうか? 例えばを受けていた場合、追納しなくても既に半分の年金額が確保されています。 よって、追納によって全額支払っても、増えるのは残りの半分のみとなります。 従って、支払った保険料を回収するのには倍の期間、つまり18年間受給しなければならない計算になります。 83歳以上まで生きる自信のある人以外は追納は考えた直した方がよいかもしれません。 もちろん年金の支給開始年齢が70歳になれば88歳まで生きる必要があります。 これを上記と同様に試算すると、全額免除を受けた時点で2分の1にあたる1万円分の年金は既に確保しているので、18万円を支払っても増える年金は残りの1万円分だけとなります。 以上、全額免除の場合で示しましたが、一部免除の場合(4分の3免除、半額免除、4分の1免除)でも同様の結果になります。 例えば半額免除の場合、2分の1の保険料を支払ったことによって、既に全額支払ったときの4分の3の年金を確保しています。 なお、やの期間は年金額への反映がないので約9年で元が取れますが、他の免除保険料の追納と同様に、加算金も合わせて納付する必要があります。 追納はしないほうがよいのか? もし私が追納をする、しないの選択に迫られたら、おそらくしないと思います。 でも、年金制度もふくめて、将来どうなるかは誰にも分かりません。 公的年金の最大の長所は一生涯もらい続けることができることです。 将来の年金を少しでも増やしたいのであれば、また、追納できる余裕があれば、追納するに越したことはありません。

次の

年金は追納した方がお得なのか?計算例を見ながら具体的に解説!

国民年金 追納しない

いきなりですが、先日出会ったタクシーの運転手さんとのお話をご紹介させていただきます。 運:「今年は稼げないね」 私:「去年は景気良かったんですか?」 運:「去年はまだ良かったよ、ほんと仕事しなきゃ生きていけないよ、ひどい世の中だよな~」 私:「そうですよね、ほんと年金なんかあてにできないですよね」 運:「そうそう、払ったほうがいいって言われて払ったらその分全然戻ってこないよ、追納したほうがいいって言われて不足分払ったけど後悔だわ」 というような会話がありました。 ちなみにこの方おそらく70歳くらい。 30分くらいずっと喋りっぱなしのおじいちゃんでした。 ここでわたしが思ったのが、国民年金の追納はしたほうが得なのか損なのか。 国民の義務だし払うべき? それとも自分で運用したほうが得なんじゃない? まだ払ってない方、特に20代の方々はこのようにに考えたことありませんか? 今回は果たしてどちらのほうが自分の為になるのかをお伝えします! 関連記事: 国民年金の追納 皆さんご存知かと思いますが、国民年金とは20歳以上の国民に加入が義務付けられているものです。 詳細については をご覧ください。 ただ、大学などに通っている学生さんの場合、払うのが困難な人が多いため「学生納付特例制度」があります。 学生納付特例制度とは? 「学生納付特例制度」とは申請することによって在学中の年金納付が猶予されるもの それを利用して追納すれば、20歳から60歳の40年間しっかり納付したことになるわけです。 ちなみに免除後10年以内に未納分を支払えば問題ありません。 手続きは年金事務所、市区町村の国民年金課で行なうことができます。 実際満額納付したときと、そうでなかったときどれくらいの差になるのでしょうか? 2011年度の基礎年金給付額は満額で年78万8,900円ですが学生時代に2年間免除を受けて追納しなかった場合の年金給付額は年74万9,500円となります。 この差を大きいと感じるかどうかですね。 これは五年前ですし、この先この通りになると考えている方は少ないのではないでしょうか。 詳細は日本年金機構のこちらのページをご覧ください「」 追納以外で年金の受給額を増やす方法 実は年金の受給額を増やす方法は、追納以外にもあります。 それが60歳から65歳の間に「国民年金任意加入」で支払う方法です。 これですね、タクシーのおじいちゃんが加入して後悔したという制度! 国民年金任意加入とは? 「国民年金任意加入」とは上記期間内に加入し、その時の国民年金を納付すれば学生時代の納付と同じ扱いになるものです。 ですので、迷っていたら無理して納付する必要もない気もします。 年金制度もどうなるかわからないこのご時世ですので納付するのは60歳までと決めておくのもありですね。 しかも追納の場合は利子も支払いに含まれますが、この任意加入の場合はないそうです。 国民年金の追納は得なのか損なのか それではここからは、果たしてこの追納が得なのか損なのかを考えていきたいと思います。 追納額はいくら? まずは追納する金額がいくらになるかですが、これは学生納付特例制度を何年利用したかによって変わってきます。 H28年の国民年金の保険料は一ヶ月16,260円です。 実際に受け取れる年金額は? 現在の年金支給額は年間で約78万円ほどです。 利回りで見るとどうなるのかというと、 約150%になります。 20歳から90歳まで運用したとすると70年間ですので、年換算でいうと2%くらいですね。 これだったら追納したほうが良さそうと思うのではないでしょうか。 ただこれは年金受給開始年齢と年金受給額が、現在と同じだった場合です。 これからの年金制度についての考えは人それぞれだとは思いますが、少なくとも今よりも良くなることはなさそうですよね。 もちろん良い運用先がある人は追納しない選択肢をとるのもありではないでしょうか。 このようなご時世ですので自分のことは自分で守るという意味でも、しっかりと運用するのも大事かと思います。 とはいっても、利回りを求めるとどうしてもリスクもそれに伴っていくので運用初心者の方はちょっと難しいのかなと思います。 結論、運用の実力がどれだけあるかによるのではないでしょうか。 国民年金の追納で節税効果? 最後に補足にはなりますが、追納することで節税効果が得られます。 不動産投資でもおなじみの住民税と所得税ですね。 収入が高いタイミングでやるのが一番節税になるので社会人1年目は避けましょう。 たとえば就職したてのときの税率が5%だとして(だいたいの人がこの税率です)それに加えて住民税10%ですね。 合わせて15%。 先行きがどうなるかは誰にも分かりませんが、一つだけ言えるのは、自分自身で安心できるキャッシュフローをつくっておくことではないでしょうか。 その手段は何でも構わないと思います。 不動産であれば将来的な私的年金としてうまく活用できますので、ご興味のある方はぜひご相談ください。 また、節税にもなる不動産投資について、下記記事にてご紹介していますのでよろしければご覧ください。 関連記事: > > 「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No. 1、入居率99. 5%以上を実現している東証一部上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。 グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。

次の