トークノート。 パソコンでLINEを利用する|LINEみんなの使い方ガイド

noteの「トーク」と「テキスト」の違いと使い方 #あかねいろ手帳

トークノート

LINEのメッセージやファイルをノートする方法 LINEのメッセージやファイルを、ノートに投稿する方法からご紹介します。 友だちやグループとのトークのなかで、「これはメモしておきたい!」というメッセージや写真があったら、 その発言や写真を長押しします。 メニューが表示されるので、『ノート』をタップします。 ノートに投稿したいメッセージや写真を選択し、「ノート」をタップします。 必要があれば画像やスタンプなどを追加し、「投稿」を押します。 これで、ノートに投稿できました! LINEでノートした内容を編集する方法 ノートは、自分で投稿したもののみ編集ができます。 先ほどノートに投稿した内容を編集してみましょう。 トークルームから、先ほど作ったノートを開きます。 そして右上の『・・・』マークを押すと出てくる、『投稿を修正』を押します。 この画面で、ノートの内容を編集できます。 メッセージや詳細を追加したり、位置情報や写真・動画など、ノートに必要なことを書き加えていきましょう。 スタンプも使えますよ! LINEでノートされた写真や動画を保存する方法 LINEのノートに投稿された写真や動画も、簡単に保存できます。 ノートの中の保存したい写真をタップします。 タップすると外側の画面が黒くなります。 この画面で、右上の『保存ボタン』を押すと、写真を保存できます。 動画の場合も、同じ手順で保存できますよ!.

次の

ノートに保存

トークノート

グループ機能を知れば、流れるトークの不便さも解消できる 自分のワークスグループに複数ユーザーを招待してトークルームを作成すれば、みんなでコミュニケーションができる。 しかし、仕事をする上では、トークだけでなく、カレンダーを共有したり、ファイルや画像を共有フォルダで管理できたりすると便利だ。 そんな時は、「グループ」を作成しよう。 単なる複数人のトークルームの状態ではなく「グループ」にすることで、メッセージのやりとりはもちろん、「ノート」や「予定」「フォルダ」といった機能も利用できるようになる。 LINEでも3人以上でアルバムを作るにはグループ化する必要があるのと同じだ。 どれも、社内で情報を共有し、ビジネスを円滑に進めるために便利な機能だ。 なお、管理者が予め管理者画面で組織図を作成した場合は、組織ごとのトークグループは自動的に生成される。 「ノート」は、掲示板形式でトピックを立てて投稿できる機能。 トークでは会話が流れてしまうが、共有し続けたい情報やアップデートされていく情報などを記録しておくのに役立つ。 例えば、会議の議事録を残しておいたり、シフトを調整するのに利用できる。 日報やイベントの出欠リストなど、活用シーンはアイディア次第だ。 「予定」では、メンバー間でスケジュールを共有できる。 そもそもLINE WORKSでは個人の予定を共有したり、他の人を予定に招待することができるが、「グループカレンダー」は、それとは別にトークグループ用のカレンダーとなる。 例えばアルバイトメンバーのグループでシフトを作成したり、プロジェクトの進行表のように使うことができる。 ファイルを共有できる「フォルダ」 メンバーはファイルをダウンロードしたりトークルームで共有できる。 さらに、設定から「リンク共有」を有効にすれば、ダウンロード用リンクを共有することもできる。 外出先で誰かにファイルを送りたい場合、ファイルサイズが大きいと通信環境やメールボックスのサイズなどが気になるところだが、ダウンロード用のURLだけなら気軽に送れるのがうれしいところ。 なお、有料プランだと、このリンク共有機能を無効にすることも可能。 セキュリティを気にする企業でも安心して利用できるのだ。 ストレージ容量はフリープランの場合は合計5GBまでとなる。 有料プランを契約するとこの容量は格段に増える。 例えば、ライトプランなら100GB、ベーシックプランなら1TB、プレミアムプランなら10TBとなる。 さらには、1ユーザー増えるごとに1GBの容量も追加される。 動画などをアップロードしていると、5GBはあっという間に埋まってしまうので、そうなったらアップグレードを検討することをお勧めする。 2つのグループの作り方 グループの作成方法は2つある。 まずは、アドレス帳から新規に作る方法。 アドレス帳のメニューから「グループ」を開き、「+」をタップしてグループを作成する。 グループ名や管理者にあたるグループマスター、メンバーを設定し、利用したい機能のスイッチをオンにする。 グループを公開すると、アドレス帳のグループ一覧やグループ検索、サジェストに表示される。 もし、クローズドなグループにしたいなら、「グループを公開」のスイッチをオフにしておこう。 右上の「保存」をタップすれば、グループが作成される。 各種機能はオフにすることもできるが、「トーク」だけは無効にすることができない。 ベーシックプランやプレミアムプランだと、グループを作成するとそのグループ専用のメーリングリストも作成される。 メーリングリストでは、組織やグループのメンバー全員が受信できるメールアドレスを利用できる。

次の

‎「Talknote(トークノート)」をApp Storeで

トークノート

目次で流し読み• 「トーク」はTwitterのつぶやきのイメージ 「テキスト」は日記のイメージ 簡単に言うと、「トーク」はTwitterで「テキスト」は日記のイメージです。 「トーク」の投稿画面の解説 トークには、Twitterのように「画像添付」「ハッシュタグの設定」「下書き保存」ができます。 URLを入力すればリンクも貼られます。 「テキスト」の投稿画面の解説 公開設定で「有料」か「無料」か、ハッシュタグの設定、マガジンに追加するかどうかの設定ができます。 長文じゃないけどちょっとした事をTwitterのような感覚で使うことができます。 リンクが貼れたり、ハッシュタグの設定ができるのが嬉しいですね! 「テキスト」の使用例 文字の配信をする人は恐らくこの「テキスト」がメインになってくると思います。 日記として使う 日記としての使い方も有りですね。 画像も貼れるので、個人的な記録や出来事を書いてみるのもOK。 小説を配信する オリジナルの小説を配信されている方もいます。 長文が配信できるのと、ヘッダー画像を設定することもできるので小説を書かれている方も配信してみると面白いかも。 コラム、エッセイを配信する これが一番多いのかな。 考え方やエッセイの配信にも向いています。 私もコラムやエッセイの配信がメインです。 見出しが入れれたり、太字にしたりできるので、より見やすく体裁を整えることができるので便利。 有料で販売する これが醍醐味! 「トーク」との一番の違いは 「有料で販売できる」ことです。 自分のコンテンツを直接購入してもらうことができます。 これは燃えます!私も販売してさっそく売上があがっていて楽しいです。 まとめ 「トーク」と「テキスト」は上手く使うとすごくnoteが楽しくなります。 「トーク」という名前だけに、なんてことないツイートをするのでフォロワーさんとのコミュニケーションにも非常に優れいています。 コンテンツのネタとして「トーク」に投稿しておくっていう人もいました。 「テキスト」は何よりも有料で販売できるのが嬉しいところ。 これからどんどん有料ノートは増えていくと思います。 色んなノートを読むのは楽しいです。 価格も100円〜という低価格なのですぐにあまりためらう事なく購入できます。 やはり、有料で購入するからこそ 「ちゃんと読んでくれる」んです。 コンテンツを配信する側も、お金を払ってもらってるという気持ちが質を高くしていくのかもしれない。

次の