あちこちオードリー ナレーション。 オードリー若林、ワイドショーは「恐怖を煽られるようなBGMとナレーションがあんまり得意じゃない」ため見ないと告白

【悲報】伊集院光、オードリー若林の『セブンルール』卒業にショック…

あちこちオードリー ナレーション

写真 『DJCD「普通に津田健次郎」Vol. 2』 現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』で、津田健次郎が語り(ナレーション)を務めている。 声優がTVドラマのナレーションを担当するというのは比較的珍しいケースだ。 そこで本稿では、数ある声優活動の中でも「ナレーションでの活躍」に焦点を絞り、その魅力に迫ってみたい。 それも決して間違いではないが、それだけではあまりにも説明不足だ。 お笑い芸人を「漫才やコントをする人」と定義してしまうと正確性を欠くのと同じように、声優の活動も非常に多岐にわたっている。 声優はアニメ以外にも、外国映画や海外ドラマの吹き替え、ドラマCDやオーディオブック、ゲームなどのキャラクターボイス、シンガー、ラジオパーソナリティ、そして前述のナレーションなど、多彩な仕事をこなす。 注意したいのは、これらが本業に付随する副次的な位置づけではなく、すべて基本的な活動に含まれると言ってもいい点だ。 もちろん、その活動の割合は個人個人でまちまち。 アニメ寄りの声優もいればナレーター寄りの声優もおり、シンガー寄りの人、ラジオ寄りの人、各種まんべんなくこなすオールラウンダーなど、さまざまに存在する。 したがって、当然「アニメにはほとんど出ていない」という声優も存在しており、この事実はしばしば一般の視聴者を驚かせている。 前述の津田は比較的オールラウンダーに近いと言えるが、ナレーションのイメージはさほど強くないかもしれない。 そういう意味では、朝ドラへの抜擢を予想外のことと感じた人もいるのではないか。 しかし彼の出演したアニメ作品などを観てきたファンにとって、その適任ぶりはまったく予想外ではなかったはずだ。 甘い低音ボイスと重厚な芝居を特徴とする彼らしく、さわやかな朝の一幕への効果的なスパイスとして見事に機能している。 今後、津田に対して「ナレーションの人」というイメージを定着させる人が多数出てきたとしても、少しも不思議ではない。 ちなみに朝ドラで言えば、2015年の『まれ』で戸田恵子がナレーションを担当した例もある。 もちろん戸田は女優としても著名であるため、純粋な声優としての起用とは言えないが、熟練の声技を大いに発揮してみせた。 また、同じNHKの看板シリーズである大河ドラマにおいて、2015年の『花燃ゆ』で池田秀一がナレーションを務めたことも記憶に新しい。 バラエティ番組や情報番組などを中心に、全国ネットのレギュラー番組だけを見てもざっと50例は下らない。 これに衛星放送やローカル番組、特番、単発仕事などを加えれば、その数字が膨れ上がることは容易に想定できよう。 きちんと統計を取ったわけではないが、ナレーションの含まれるTV番組のけっこうな割合を声優ナレーターが占めていると言っても間違ってはいないはずだ。 注目すべきは、ナレーション活動を主戦場とするベテラン勢だけでなく、アニメ現場がメインと言っていい若手〜中堅の名前も徐々に見かけるようになったことだ。 以下では、そんな彼らが活躍する番組を中心に、アニメファン/声優ファンにもチェックしてもらいたいものをいくつか紹介したい。 自らも音楽活動を行う声優を中心に、多数の若手や中堅が起用されている。 さらに昨年からは神谷浩史も加わり、その美声で番組を華やかに彩っている。 同番組では、過去に村井かずさや皆口裕子らも起用されていた。 テレビ朝日系列ではほかにも、ヒャダインがMCを務める個性派番組『musicる TV』を内田真礼が、ラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』を木村昴が、若手男性アーティスト紹介番組『Break Out』を駒形友梨が担当。 ちなみに『Break Out』では過去、諏訪部順一や中島沙樹、種田梨沙、石原夏織、豊田萌絵といった面々がナレーションを歴任してきている。 音楽番組という接点では、TBS系列で今年3月にスタートしたライブ特化型番組『CDTV ライブ!ライブ!』に下野紘が起用されている。 さらに、同番組では天崎滉平のような注目の若手も併せて起用している点にも注目だ。 バラエティ番組ほどのテンションやキャラ作りが求められないため、普段あまり聞けないシリアスで落ち着いたテイストのリーディングを楽しめるケースが多いからだ。 中でも、『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系/小野賢章)、『BACKSTAGE』(TBS系/花澤香菜)、『ハロドリ。 』(テレビ東京系/櫻井孝宏)の3本はマストで要チェックだろう。 ぜひ番組と一緒に、彼らのナレーションにも耳を傾けて欲しい。 また、『有田Pおもてなす』(NHK総合/杉田智和)や『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系/内田真礼)のような、濃度の高いお笑い番組に声優が起用されるようになったのも興味深い。 内田に関しては前述した音楽番組『musicる TV』も担当しており、コアな視聴者向けのハードボイルドな番組を複数務めていることになる。 彼女の底抜けに明るいポップなナレーションによって、内容のマニアックさを中和させようという意図が制作側にはあるのかもしれない。 ナレーターの声と番組には強い結びつきがあるため、たとえば滝口順平の声を聞くだけで『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)を即座に思い浮かべる人は多いはずだ。 本稿では若手〜中堅声優がレギュラーでナレーションを務める放送中の番組を中心にピックアップしてみたが、今後これらの番組が長寿化していくことで、『ぶらり〜』と同じような効果をもたらすことになる可能性は十分にある。 TV番組を楽しむ際には、出演者のみならず、姿なきその声にもぜひ注目してもらいたい。 (ナカニシキュウ).

次の

結成20周年のオードリーが迎えた“新・黄金期” ラジオ、テレビ、雑誌で次々特集

あちこちオードリー ナレーション

Avid Media Composerを主軸とした編集システムと、キャラクタージェネレータD. Tによるテロップ作成が可能なノンリニア編集室です。 Symphonyオプションによる精細なカラーコレクションと各種プラグインによる幅広いエフェクトによるクオリティの高い映像作成が可能です。 Adobe Premiere Pro CC 2018,2019,2020 ・Photoshop CC 2018 を備え、様々なご要望にお応えします。 Avid Media Composer ver. 2018. Symphony Option• Adobe Premiere Pro CC 2018,2019,2020 ・Photoshop CC 2018• Plug-ins• Sapphire• Boris FX• キャラクタージェネレーター D. Avid Media Composerと字幕作成ソフトCANVASs SSTによる字幕入れ作業に特化した編集室です。 またPremiere Pro CC 2018-20 によるエンコード作業・Photoshop CC 2018 を使用した作業も行えます。 Avid Media Composer ver. 2018. Symphony Option• Adobe Premiere Pro CC 2018,2019,2020 ・Photoshop CC 2018• Plug-ins• Sapphire• Boris FX• Avid ProToolsをDAWとして、コンソール卓は置かずにAvid Artist Mixを使うシンプルで使い勝手重視のシステムです。 アナウンスブースは二人同時のナレーション収録が行えます。 またプラグインソフトでは、ラウドネス測定や音補正に欠かすことのできないiZotope RXや WAVES Diamondを備えています。 CONSOLE Avid Artist Mix• DAW Avid ProTools HDX ver. SP ADAM A7X• MIC PRE DRAWMER 1960• MIC NEUMANN TLM103• Plug-in iZotope RX Post Production Suite2• WAVES Diamond.

次の

おどおどオードリーとは

あちこちオードリー ナレーション

毎週木曜日深夜1時から放送中のドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。 柊ゆたかの人気マンガが原作です。 両親の再婚で突然姉妹となった社交性のある姉のサチ(山田杏奈)と引っ込み思案な妹のあやり(大友花恋)が料理を通じて、心の距離を縮めていく物語。 見どころは料理上手なあやりの調理シーン。 あやりのナレーションで進行する今時なレシピ動画風の調理シーンは斬新。 テレ東らしい技も随所に感じられるグルメドラマです。 あやり役の大友花恋さんは、文化放送の『レコメン!』内の『クラスメイトは大友花恋!』を担当。 タイトルどおりクラスメイトに話しかけるようにざっくばらんなトークが魅力。 とあるオンエアでは、誕生日にシャンパンでお酒デビューした話をうれしはずかしそうに語る場面も。 ドラマでは物静かなイメージのあやりを演じていますが、ラジオでは明るく元気なキャラクター。 ドラマから大友さんが気になった方には新鮮に聞こえるかもしれません。 毎週土曜日に放送中の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』。 オードリーの春日俊彰さんが大将となり、都内各地でお店を開店。 常連客の若林正恭さんが今、注目のゲストたち2~3組を迎えてトークする番組。 若林さんのゲストの魅力を最大限に引き出すホスピタリティあふれる的確な回しを堪能できます。 この番組は、2019年8月と9月にスペシャル番組として放送され、10月からレギュラー化。 この発表は番組プロデューサーを務める『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』の中で、若林さんがゲスト出演したときにサプライズで告げられました。 まさにラジオとテレビの垣根を越えた瞬間でした! テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行さんが水曜深夜3時からの「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティとなったのは2019年4月から。 テレビ東京の社員である佐久間さんが系列会社でもないラジオ局のレギュラー番組を担当するというのは、独自路線・エポックメーキングのテレビ東京らしいアクション。 佐久間さんのラジオでの豊富な制作裏話を聴きつつ、テレビでテレ東のバラエティ番組を見る。 お笑い・テレ東番組ファン、将来制作したい方にもダブルでの視聴はおすすめです。 あずみきし氏の人気コミックが原作のドラマ『死役所』は、水曜深夜0時12分からTOKIOの松岡昌宏さん主演で放送中です。 松岡さんは不気味な笑顔で死者を「お客様は仏様です」と迎える謎めいた職員・シ村を演じています。 見どころは、死の手続きをするために語られる死者たちの生きざまと死にざま。 ゲストには松岡さんの後輩、ジャニーズJr. メンバーも登場。 第1話では、織山尚大さん(少年忍者/ジャニーズJr. )が演じた少年の死にまつわる衝撃的な事実が明かされる悲しくやるせないシーンが。 ドラマ初回から後輩の魅力を引き出す松岡さんの演技が光っていました。 松岡さんがNACK5で担当しているラジオ番組『TOKIO WALKER』では、ジャニーズの後輩を松岡流に気遣うトークが聴きどころ。 とある日のオンエアでは、後輩のA. C-Z番組の仕切りなどについて思うところをコメント。 そのあとにきちんとA. C-Zの曲をかけてフォローしていました。 さらにトークの中でさりげなく「感謝カンゲキ雨嵐」とはさんだりも。 ラジオやドラマで松岡さんの後輩を気にかける言動をぜひチェックしてみてください。 今季のテレ東ドラマの注目といえば毎週金曜深夜0時12分から放送中の『孤独のグルメ Season8』。 原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名人気コミックをもとにドラマ化。 2012年にスタートした人気シリーズです。 松重豊さん演じる輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先でふらりとひとりで飲食店に立ち寄り、その日の気分とノリでおいしいものをおいしそうにいただくグルメドラマ。 2019年の大みそかもスペシャル番組を放送。 3年連続となり、年の瀬の風物詩的な番組としても愛されています。 このドラマでは、心の声が饒舌な五郎役の松重さんが、FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』ではパーソナリティを担当。 俳優やアーティストをゲストに招き、マニアックな音楽談義を繰り広げています。 時には『孤独のグルメ』の制作スタッフをゲストに呼んだり、横浜中華街で五郎が行った店のリスナーのエピソードを紹介したりする中でドラマ撮影の裏話が披露されることもしばしば。 井之頭五郎ファンは必聴ですよ! 6月26日に公開された映画『ソニック・ザ・ムービー』の日本語吹き替えを担当している中川と山寺。 同作は、人気ゲーム『ソニック』シリーズのハリウッド実写化作品で、中川は主人公・ソニックの声を、山寺はドクター・ロボトニックの声を演じている。 番組では、作品への思いや制作秘話など、2人の共演エピソードを明かした。 さらに、過去に2人は子ども向けバラエティ番組「おはスタ」(テレビ東京系)でも共演。 山寺がMCを務めていた同番組で、中川は2012年から2014年まで火曜レギュラーを務めた。 中川:『おはスタ』を卒業した後も、山寺さんが、僕の出ているドラマや作品の感想をメールでずっと送ってくださっていたみたいで。 天野:素晴らしいね。 中川:僕は今、22歳なんですけど、その世代が20歳になったので「飲もう」となったときに、山寺さんから「大志が全然メールを返してくれない」って言われて。 山寺:『見たよ、最高だったよ!』って言っても、1つも返信くれなくて。 天野:なんで返信出さなかったの? 中川:(山寺さんが)同じ名前の別の人に、僕のドラマの感想を送っていたみたいで(笑)。 山寺:同じ名前でもないんだよ。 全然関係ない人に送ってたんだよ(笑)。 天野:届いてないの!? 山寺:全然違うサックスプレイヤーに送ってたんだよ。 天野:なんで気づかなかったのよ!? 山寺:散々送った後に、ずっと返ってこないなぁと思ってたら、ある日、(メールを送った相手から)『じゃあそのドラマ、僕も見てみます』って言われて。 「なんで自分が出演してるのに?」って思ったら、違う人だったっていう(笑)。 中川:そうなんですよ! 天野:いい人はいい人だけど、ちょっと抜けてたね(笑)。 中川:でも今回こうやって共演できて……。 天野:それで満を持して、こうやって主役で重要な役同士で。 山寺:どんどん成長してね。 うれしい。 『おはスタ』での共演をきっかけに交流が深まったものの、中川が出演する作品の感想を全く別の相手に誤送信してしまっていたという山寺。

次の