ピットブル 日本。 アメリカで泥棒に入った男性が番犬『ピットブル』2匹に襲われ、死亡する衝撃事件が発生!

シマノの大人気PEラインに低伸度且つ高強度モデル『ピットブル8+(シマノ)』が新登場!

ピットブル 日本

口輪していなかったのですよね? ならば現状では仕方ないですね。 偏見ではなく事実ですから。 >やはりまだ ???何でまだ?なのでしょう? 日本は対応が著しく遅れていますが?? イギリス至っては、あまりに悲惨な事故が多いので「持ち込み禁止」の犬種ですし、 欧州の多くの国では飼育禁止か厳しい資格審査つきでしか、 飼育が認められていない犬種なのに、日本では野放しなのですから。 躾に対する意識は欧州よりずっとずっと下の日本なのに恐ろしい事です。 犬が人間を殺した世界中の事件の半数以上がピットブルによるものですし、 ピットブルがいきなり通りがかりの犬を噛み殺した事件なら、日本でも増えてきています。 犬種特性をろくに理解せず、カッコつけやコンプレックスの裏返しで 危険犬種を飼うおばかさんが増えていますから、 結局は飼い主が自衛するしかありません。 噛み殺されるのは、飼い主とその家族がダントツ多い事実を知っているのやら。 4車線道路の反対側の歩道から、うちの全く吠えない温厚な犬に リードを突っ張って散歩しているドーベルマンが吠えかかって来た時は、 たいていのワンコなら大歓迎な私でも、迷わず即Uターンしました! そのおじさんには可哀想ですが、しかたのない事かなと思います。 おじさんもピットブルがどういう犬でどう見られてるのか知った上で飼ってるのでしょうから、女性・子供受けはしないことは覚悟すべきですね。 私はトイプードルでこの前散歩してたら前方にフレブルとその飼い主が他の方とお話をしてました。 近づくまでは地面に伏せてこっちを凝視してたフレブルが、すれ違いの瞬間突然起き上がりこっちに向かって来ました。 幸いリードがあったので接触はなかったですが、飼い主がこちらに気づかず手元が緩んでたら襲われていたかも知れません。 私一人なら何とでもなるんですけど、守るべき犬がいるとこちらもつい警戒します。 なのでその女性の気持も分かります。 やはり犬ごとのイメージというのはありますから。

次の

ピットブルは日本で飼育できるの?危険な理由は死亡事故が起きたから?

ピットブル 日本

各国における規制 [ ] 英国 [ ] 危険犬種の飼育を規制する法律の代表的な例としては、英国の1991年危険犬種法()が挙げられる。 この法律は、下記の4つの犬種について、繁殖、販売、交換等を禁じるとともに(Section 1 2 )、例外を除いては所有することも禁じている(Section 1 3 )。 また、所有する場合には公の場では口輪を着用し、引き紐を付けることを義務づけている(Section 1 2 d )。 (Section 1 1 a )• (Section 1 1 b )• (Section 1 1 c , Order Article 2 )• (Section 1 1 c , Order Article 2) 日本 [ ] の飼い方やその規制について明確に規定した法律はない。 (動物愛護管理法)においては、の飼育を規制しているが、イヌは種全体としてもそのうちの一部の犬種としても特定動物に指定されていない。 茨城県 [ ] 一方、各都道府県および市町村においては、条例によって規制している例がある。 例えば、の「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」および施行規則では、以下の要件を満たす犬を「 特定犬」として指定している(条例第2条5号)。 ア 人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める犬種に属する犬(条例第2条5項・施行規則第3条)• イ アに規定する犬以外の犬で、その体高及び体長が人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める基準に該当するもの(施行規則第3条2項)• 60以上、かつ70cm以上の犬• ウ ア及びイに規定する犬以外の犬で、人に危害を加えるおそれがあると認め、が指定したもの そして、同条例で特定犬を飼う際には、以下の項目を遵守することが義務づけられている。 出入口などの見やすい箇所に「特定犬」と書かれた標識(シール)を掲示すること(条例第9条・施行規則第10条)• の中で飼うこと(条例第2条6号・第5条) 脚注 [ ].

次の

危険犬種

ピットブル 日本

2016年3月24日、アフリカ・ケープタウンで起きた事件。 泥棒目的で留守中の家に侵入した、Kaysterさん(35)男性が、番犬のピットブル2匹に襲われ死亡するという衝撃事件が発生しました。 現場に駆け付けた警官によって1匹のピットブルは射殺されました。 すぐにKaysterさんは病院に運ばれましたが... 残念ながら死亡が確認されました。 一部のメディアによると、「死亡した男性は麻薬中毒者だった」との報道もありますが... Kaysterさんの家族は、「彼は泥棒ではない」「彼は犯罪歴を持っていません」「庭の草刈りをしていたところを襲われた」と主張し、犯行を否定しています。 地元警察は、調査するということです。 この事件を受けて「そんな危険な犬を庭に野放しにしている飼い主はどうかしている!」という声が上がる一方... 「泥棒をやっつけたワンちゃんが射殺されるなんてかわいそう!」という声も意外と多い。 死人に口なし。 ではありますが衝撃ニュースに波紋が広がっています。 ピットブルとは 通称でピットブルと呼ばれていますが、正式名はアメリカン・ピット・ブル・テリアと言います。 闘犬としてブルドッグとマスティフ、テリアを掛け合わせて生まれた品種だ。 本来は我慢強く、素直で人間には深い愛情を示す忠誠心と服従心が強い性格。 しかし、闘犬のブルと気性が激しいテリアの血が混ざっているだけに、卓越した闘争本能を備えています。 そのため、アメリカではピットブルによる傷害事件が数多く起きており、飼育禁止の地域も多数存在するほど。 日本では飼育禁止とはなっていないようですが、やはりピットブルに襲われて子供が死んだ事故もありました。 昔から危険性が問題視されるものの、このような事故が起こるたびにオーナーたちは「あんなに忠実でおとなしいうちの犬が!」と反論。 ピットブルはその性質上、育て方がとても大切。 それに加え血統がとても重要で、血統によって基本的な気質が決まるのです。 最近、デカすぎるピットブル犬のハルクが大きな話題になりましたね。 views: 999999• 1 227 views• 2 150 views• 3 100 views• 4 78 views• 5 66 views• 6 54 views• 7 54 views• 8 52 views• 9 46 views• 10 45 views• views: 999999• 1 604 views• 2 283 views• 3 282 views• 4 275 views• 5 264 views• 6 249 views• 7 216 views• 8 206 views• 9 196 views• 10 165 views• views: 999999• 1 2,939 views• 2 2,878 views• 3 2,745 views• 4 2,736 views• 5 2,567 views• 6 2,159 views• 7 2,143 views• 8 2,016 views• 9 1,935 views• 10 1,841 views.

次の