ケチ の 意味。 「吝嗇家」ってどういうこと?「吝嗇」の意味と使い方とは?

ケチな人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説

ケチ の 意味

一般的にお金を無駄遣いしないことを「節約」や「倹約」と表現しますが、その節約する度合いによっては「ケチ」や「せこい」などネガティブに捉えることも出来ちゃいますよね。 (笑)そこで今回は、その線引きをハッキリさせるための表現をご紹介しようと思います。 Cheapも同じ意味合いとして使える。 「けちな人」を「 Cheapskate」とも言う。 ・ He is such a stingy person. (彼は本当にケチだよね。 ) ・ She is stingy with her money. (彼女はお金にはケチです。 (チップをケチるなよ。 ) ・ What a cheapskate! 使い方によっては「質素」を意味することもある。

次の

「吝嗇家」ってどういうこと?「吝嗇」の意味と使い方とは?

ケチ の 意味

「エコ」と「ケチ」各々の解釈 「エコ」と 「ケチ」のそれぞれの意味や使い方の解釈をします。 「エコ」の意味や使い方 「エコ」というのは 「エコロジー」という意味があり、これは 「環境に配慮している」という意味になります。 生物学の1分野としての 「生態学」を表すこともありますが、一般的には 「生態学的な知見を反映しようとする文化的、社会的な考え方や活動」を指すと言われています。 例えば、自宅でいらなくなった新聞や雑誌、洋服などをリサイクルに出すというのは 「エコ」ということであり、 「環境に良い」ということになります。 「ケチ」の意味や使い方 「ケチ」というのは 「金銭を使うことを嫌がり、基本的な快適さや生活上の必要の1部を犠牲にしてでもお金をため込もうとする人物」という意味になります。 例えば、友達から食事に誘われたら、お金を払うことを嫌がって誘いを断ったり、相手に支払ってもらおうとする様子を指しています。 ただし、必要に応じて節約しなければならないということもあり、必要な範囲でお金を出さないように気をつけるやり方は 「節約」だと言えるでしょう。 相手を不快にさせてでも 「節約」しようとするやり方が 「ケチ」になります。 「エコ」と「ケチ」の違い 「エコ」というのは環境に良い生活をしているということになります。 例えば、地球の温暖化を防ぐためにこまめに電気を消したり、水を使わないように気をつけたり、という人もいるのではないでしょうか。 しかし、もしも必要な電気まで使わなかったり、地球環境のことを考えていると言いながら何日もお風呂に入らず、水道代を節約していると言ったら、それは 「エコ」ではなくて 「ケチ」と言われてしまう可能性があります。 日常生活に支障がない程度であれば 「エコ」になる可能性がありますが、人間としての生活に支障が出たり、一緒に暮らしている人を不快にさせてしまうようなことがあればそれは 「ケチ」になります。 「エコ」と「ケチ」各々を使った例文と意味を解釈 「エコ」と 「ケチ」を使ったそれぞれの例文とその意味を解釈していきます。 「エコ」を使った例文と意味を解釈 「最近、うちの妻はエコにはまっています」 新聞や雑誌、いらなくなった洋服などをリサイクルに出すことでポイントが得られることもあります。 そのポイントが貯まるとお店で使えるということもありますから、人によってはリサイクルにはまっているということもあるのではないでしょうか。 いらなくなったものを環境のためにリサイクルに出し、さらにポイントがもらえるとなれば、お得な感じがするかもしれません。 「ケチ」を使った例文と意味を解釈 「あいつはケチだから、気をつけたほうがいい」 周りを不快にさせるほどお金を使わなかったり、いつもおごってもらおうと考えていたりすると、周りから不愉快だと思われてしまう可能性があります。 必要な範囲で節約をするならば問題ありませんが、周りを不快にさせてしまうような節約は避けたいものです。 まとめ 「エコ」と 「ケチ」は意味が大きく異なります。 環境のことを考えるのは大切ですが、周りの人の気持ちも忘れないようにしたいものです。

次の

「エコ」と「ケチ」の違いとは?意味を詳しく解釈

ケチ の 意味

けちとは「 やたらと金品を惜しむこと」「 貧弱でくだらないこと」という意味です。 前者の意味では、金銭を使うべきところで出し惜しみしたり、やたらと値段交渉をしようとしたり、消耗品を必要以上に少なく使うようにしたりといった様子を揶揄した言葉です。 「けちな人」のことを吝嗇家(りんしょくか)ともいい、「けち」に「吝嗇」という漢字を当てて読む場合もあります。 ポジティブな見方をすれば「節約家」とも言えますが、どの程度の出し惜しみなのか、周囲の人がどう見るかによって変わってきます。 特に金銭を貯めこむことに執着し、度が過ぎたけちを発揮すると「守銭奴」といわれたりします。 後者の意味での使い方は「けちな小悪党」などです。 金品に関係なく、対象のスケールが小さいことをいいます。 「けち」の語源は不吉なことを意味する「怪事(けいじ、けじ)」で、この言葉がなまって「けち」になったようです。 「けちがつく」などと同じ語源です。 江戸時代に「粗末で貧弱」「卑しい者」という使い方がされ、現在の意味へと変化していきました。

次の