聖女 の 魔力 は 万能 です な ろう。 OLが異世界で才能を発揮する「聖女の魔力は万能です」漫画版第4巻 :にゅーあきばどっとこむ

楽天ブックス: 聖女の魔力は万能です 4

聖女 の 魔力 は 万能 です な ろう

作者:• 主人公のアマトはいつもの日課で近所の森に出かけると、最恐最厄の存在として恐れられたドラゴンと出会ってしまう。 偶然にもそのタイミングでドラゴンの卵が孵化し、殺されかけたが〝生かされた〟。 目覚めたアマトはドラゴンに言い渡される。 バドラギ王国の玉座に腰掛けるは勇者。 ドラゴンにも浅からぬ因縁があり、アマトとドラゴンは復讐に燃える。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全19部分• 異能力バトル ヒーロー 冒険 アクション バトル 美少女 魔法 復讐 勇者 魔王 男主人公• 作者:• 戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。 名前は竹若丸。 そして二歳で父を失う。 その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。 竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく出来るのか?• 歴史[文芸] 連載:全253部分• 作者:• 二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一緒に召喚された、もう一人の少女のみを連れて部屋を後にしたのだ。 置いて行かれた形となった聖はキレた。 とっとと、この国から出よう。 そう決心した。 だが、現実はシビアである。 結局、彼女は王宮内に留まることにした。 ただし、【聖女】とは名乗らず、【一般人】として。 異世界[恋愛] 連載:全114部分• 恋愛 ファンタジー 聖女 チート 女性視点 ラブコメ(笑) 切り替えは早い らぶらぶ? になるといいな スルー力 壁追加しておきますね• 残酷な描写あり• 作者:• 戦争で活躍し孤児から救国の英雄となった主人公ディアスはその報酬として国の外れの外れ、最果てといっても過言ではない土地を領地として王から拝領する。 いざその領地へと向かったディアスだったが、そこは人っ子一人居ないだだっぴろいだけの草原で、領民が居ないどころかディアスが住む家も無く、食料も無く、ディアスは呆然と草原に立ち尽くすことになる。 果たしてディアスは領主としてやっていけるのか、それ以前に何もない草原でどうやって生活するのか、生きていくことは出来るのか。 前途多難な新米領主の日々を綴る剣と魔法の世界の物語。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全161部分• 男主人公 剣と魔法ファンタジー 領主 ハッピーエンド 内政……? ほのぼの(予定)• 作者:• 鑑定士グドウは今日もボロ小屋生活を続けていた。 どん底を歩んでいた彼の人生はある日を境に一転する。 賢者の作った攻略本(美少女)に認められ主になった彼は自身をギルドに登録し、冒険者としての新たな人生を開始した。 この世界の全ての情報という大きなアドバンテージを得た彼は攻略本の信頼を得ながら成り上がり人生を突き進む。 攻略本には当然全ての魔法の情報も記載されており、相手の弱点を見抜きつつ幾多の魔法を使いこなす彼を、もはやどんな障害ですら止めることはできない。 これは彼が神の力を受け継ぐ物語。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全20部分• 青春 冒険 男主人公 主人公最強(予定) どん底 成り上がり 情報チート 剣と魔法 ハーレム ハッピーエンド ダンジョン ファンタジー スキル 神 魔王• R15 残酷な描写あり• 作者:• 【ドラマCD化決定! 令和元年、年間1位の人気作! 書籍版1~2巻は富士見ファンタジア文庫より発売中!】 剣術学院の落第剣士に『一億年ボタン』を持ちかけた謎の老人がいた。 押せば一億年修業したのと同じ効果が得られる魔法のボタン。 落第剣士が疑い半分でボタンを押した次の瞬間、その身に絶大な力が宿るのを感じた。 それは呪われたボタンだ。 押した瞬間、彼は一億年という『時の牢獄』に閉じ込められた。 最初の百年はこれ幸いと修業に明け暮れた。 千年が経ち、自分が何故剣を振っているのかわからなくなった。 一万年が経つ頃には、考えることをやめていた。 一億年後、廃人同然となった彼は、ついに現実世界へ戻った。 同時にこれまで過ごした一億年の記憶は忘却され、残ったのは研ぎ澄まされた剣技のみ。 「ボタンを押しただけで強くなれる!?」そう勘違いした彼は何度も一億年ボタンを押し、そのたびに愚かな自分を呪った。 そうして地獄の一億年をループし続ける中で、彼はあることに気が付いた。 「この世界さえ斬れれば、ここから抜け出せるんじゃないか……?」 数億年後、時の牢獄を『斬った』彼は一億年のループから脱出した。 これは剣術学院の落第剣士が極限の剣技で汚名を晴らし、世界にその名を轟かせる物語。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全402部分• 主人公最強(予定) 成り上がり 異世界 才能の無い落ちこぼれ 数十億年の鍛錬 理性の化物 精神力の化物 忍耐の化物• R15 残酷な描写あり• 作者:• 目が覚めると大草原だった! 夢だと思いつつも、突然現れたタブレットに入っていた「ハウジング」アプリを操作して、土地を買い家を建てる。 しかし、翌朝とんでもない事が起こったのだ。 西からは人間の軍団。 東からはモンスターの大軍が迫ってきて、戦いをはじめてしまった。 俺は誰も侵入できない家の中で一人震え、モニターで戦争の行方を見守る。 戦いが終わり外に出てみると、人間とモンスターの死体が転がっていた。 外は危険。 危険過ぎる。 俺は絶対安全な家の中に引きこもることを決めた。 異世界戦場引きこもり〜ハウジングアプリは快適で最強でした〜• ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全249部分• 戦場 引きこもり 異世界 スローライフ 殺伐 もふもふ 男主人公 家 チート 最強 マンガUP!賞1• R15 残酷な描写あり• 作者: 算数ちゃがま• この物語は、とある対戦を切っ掛けに異世界に送られた一人の天才FPSプレイヤーが、その世界で FPSで培った能力で成り上がっていく話である。 ハイファンタジー[ファンタジー] 短編• 日常 青春 ハードボイルド ホームドラマ IF戦記 異能力バトル ヒーロー 冒険 ラブコメ 近未来 VRMMO• 作者:• 平和な日本で学生をしていた兎束雪一は学校の休み時間、唐突に異世界の戦士としてクラス召喚に巻き込まれてしまった。 その際に謎の声を聞く。 雪一達を召喚した異世界の国に世界の危機の為に戦士として力を付けてほしいと頼まれ、生活の保障をするという高待遇を約束される。 が、クラスメイトの言葉によりどう行動するかを考える機会に恵まれ、城から出て世界を少しばかり確認する。 結果……優遇されるよりも自分で実績を積んで冒険者になろうと兵士に志願したのだった。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全145部分• 兵士 冒険者 ダンジョン 優遇拒否 廃墟 侵蝕率 オーク ネット小説大賞七感想• R15 残酷な描写あり.

次の

漫画 ランキング 聖女の魔力は万能です 3【電子書籍】[ 藤小豆 ]

聖女 の 魔力 は 万能 です な ろう

無題 蓮花の君 評価 5. 00 投稿日:2020年02月09日 異世界召喚ものの中で、帰還が不可能…という類いです。 貴族子女が必要とする淑女教育も受け、ドレス姿のセイは本当に新鮮で綺麗です。 そして、やっとリズの正体…というか、立場と身分が判明。 大変ですね、彼女も。 素敵な女性なのに、あの野郎…もとい、あの方はちっとも理解していないらしい。 セイと一緒に召喚されたアイラの視点でやっと見られます。 こちらもまた、気の毒な少女…頼る者がないんですね。 セイとリズが力になれる日を願います。 主人公が可愛いくて感情移入してしまう 購入者14115243 評価 5. 00 投稿日:2020年03月28日 異世界転生してチート能力で大活躍!もので女性が主役なのですが陳腐と切り捨てるには早計です。 絵柄はまあまあ綺麗だし、ストーリーも王道で安心して読めます。 変に個性を出そう、差別化を図ろう、という余計な焦りや欲が制作陣にあまりないのが実力に見合った結果ちょうどいい感じの作品になっていると思います。 休日にゴロゴロしながらのんびり読むに適したほのぼのファンタジーです。 そこらに置いておいて、子供が読んでしまっても焦る必要はないです。 1巻から全部購入していますが、主人公が人並みの価値観や倫理観、あと「普通の感覚」を持って異世界を体験しているのが、自分がすうっと作品の世界に引き込まれる要素かもしれません。 0人が参考になったと回答•

次の

OLが異世界で才能を発揮する「聖女の魔力は万能です」漫画版第4巻 :にゅーあきばどっとこむ

聖女 の 魔力 は 万能 です な ろう

71冊 読んだページ 1019448ページ(1日平均145ページ) 感想・レビュー 本棚 自己紹介 こんにちは、あるいははじめまして。 定期的に読書しないと禁断症状が出る読書好き、フローライトと申します。 アルパカよりはハムスターに似ているのではないかと思います。 冬眠するという意味で。 主にライトノベルを中心に読み漁っていて、気に入ったものは暗記するくらい読みます。 雑食な知識欲はほお袋満載のハムスターに負けぬ執念です。 気にかかったらガンガン読む。 さすがに事典やら新書やらは暗記しませんが、何度も読む。 でも食わず嫌いが多いです。 そして一度読み始めたら、最後のページになるまで、よっぽどのことがないと手放しません。 そんな人です。 ここにはコミックも登録しますし、再読もほぼもれなく登録しています。 なので、同じ本の感想欄に私の表示ばっかり、なんてこともあるかもしれません。 色々な考えの方がいらっしゃるでしょうが、私は自分がどれだけの種類の本を読んだかではなく、読んだ量や、何回読んだかいつ読んだかまで把握しておきたいたちなのです。 「そうなんだ」と思っていただけるとありがたいです。 ナイスにつきましては、私は「あ、おもしろいな」とか「共感できるな」と思った時にナイスを押させていただくので、必ずお返しできるとは限りません。 そこは申し訳ないです。 あと、読書メーターのつぶやきをよく利用しています。 今は主に、内側にため込むと自分を傷つけかねないきつい感情を吐き出し、整理するのに使わせていただいているので、こんなもんつぶやくなよと思われるかもしれないつぶやきをしています。 すみません >人<; 私も他の方を傷つけるのは嫌なので、念のためにここで書かせていただくことにしました。 では、自己紹介はこのあたりで。 お付き合いくださりありがとうございました。

次の