ロマサガrs 技覚醒 おすすめ。 【ロマサガRS】技覚醒のやり方と覚醒おすすめ技【ロマサガリユニバース】

【ロマサガRS】ジョー(SS)の評価/おすすめ覚醒とステータス【ロマサガ リユニバース】

ロマサガrs 技覚醒 おすすめ

習得できる技や術は全スタイル3つまで ロマサガRSでは多くの技や術が登場しますが、 1つのスタイルで習得できるのは3つまでです。 そして習得できる技や術はあらかじめ決まっています。 好きなキャラに好きな技を覚えさせることはできません。 例えば、Aスタイルのミューズだと「生命の水」「ウォーターガン」「ダイヤモンドダスト」の3つ以外には覚えません。 例外的に同一キャラの別のスタイルから継承することで、4つ目の技や術を使うことができます。 閃きやすさは下に行くほど難しくなる 基本的にはどのスタイルも 上から順番に閃きやすく、下にいくほど閃きにくくなります。 上の例でいえば、生命の水が1番習得しやすく、ダイヤモンドダストが1番習得しにくいです。 運の要素も結構ありますが、威力や消費BPの高いものは閃きにくいということになります。 技の閃き、術の学習システム5つのポイント Auto戦闘でも閃くことが可能 ・通常攻撃で技を閃く ・通常攻撃で術を学習 ・技使用で技を閃く ・技使用で術を学習 ・術使用で術を学習 これらは、全部経験があるので通常Autoでも、全力Autoでも問題なく技・術どちらも習得できます。 ただし術使用で技を閃くかは未確認です。 例えばアイシャがスカイドライブを閃きたいときなどは、念のため術の使用は控えたほうが良いかと思います。 技は戦闘中、術は戦闘終了後に習得 技の場合は戦闘中に習得。 ロマサガシリーズではおなじみの、ピコーンと電球マークが表示され習得と同時に使用がされます。 術の場合は戦闘終了後に習得。 なので学習するまで戦闘中にリトライするのは意味がありません。 連携すると閃かない 技や術が連携に組み込まれてしまうと閃きません。 通常連携もオーバードライブの連携も同様に閃きません。 そのため通常攻撃のほうが連携しない分、若干閃きには有利かなと思います。 敵の強さは閃きに関係がある!? 「敵が弱いから閃かない」ということはありません。 弱い敵でも3番目の技まできっちり閃きます。 しかし体感的には強い敵の方が閃きやすいという印象はあります。 閃きやすさでいえば、敵の強さは関係あるかと思います。 全滅すると閃きは無効 せっかく習得した技も、その戦闘中に全滅してしまうと無効扱いです。 リトライも同じく無効扱いです。 おすすめの閃き、学習スポット ガルダウィング道場 開始直後から挑戦できるガルダウィング。 それほど強いわけでもないのにHPがそこそこあり、サンドバックに最適です。 ガチャで入手したばかりのキャラは、ここで閃くのがおすすめです。 1番目の技、2番目の技まではすんなり閃きます。 ドロップ報酬として貰える 鷹印の金塊で、Sスタイルやピースも交換できます。 交換所のアイテムを取りつくすまでは周回したほうがいいです。 影に潜んで ガルダウィングでは3番目の技が閃きにくいです。 それに鷹印の金塊で報酬を全部GETしたあとは、周回の旨みがなくなります。 そんなときはVery Hardの4-1-5【影に潜んで】がおすすめです。 Very Hardであればどこでも3番目の技もすんなり閃くのですが、影に潜んでは 敵の数が少なくクリアしやすいためおすすめです。 同時に能力アップも見込めます。 深奥の密林でリタマラ スタミナ消費0で閃くことができます。 お目当てのキャラが行動して閃かなければリタイアを繰り返す方法です。 術の習得には使えませんが技を閃きたい場合は、深奥の密林が最速でしょう。 技ランク上げにも使える方法です。 洞窟修練10層 入手したばかりのキャラはここがおすすめです。 閃きついでにスタイルEXPも大量に獲得できるので一石二鳥。 新キャラはいつもここを利用してますが、大体10回も周回すれば全技を閃く感じがします。 閃かないときのまとめ 基本的にはどこのステージでも全力Auto固定で閃きます。 能力アップ目的で周回していると、いつの間にか全部閃いているということもよくあります。 能力なんかどうもでいいから 技を手早く閃きたい場合は、深奥の密林が最速です。 閃きと関係性の強い、技ランクや術ランクの詳細は以下をご覧ください。

次の

【ロマサガRS】SSようせいって強いの?育成後の評価がこちらになります。

ロマサガrs 技覚醒 おすすめ

白薔薇の強み 回復力の高さ 私の白薔薇のステータスがこんな感じです。 「スタイルレベル35」 「再生光ランク99」 現時点で「再生光」が550~600位回復します。 ODなら700~800以上回復するのでほぼ全回復です。 瀕死状態から一気に最大HP近くまで回復することができるのは、かなり心強いです。 回復術優先度が高い 白薔薇は「全力オート時」に「回復術を優先的に」使ってくれます。 これは白薔薇の術の構成のおかげです。 BP5 チョコレートボール• BP7 再生光• BP15 超風 白薔薇は攻撃術よりも、回復術の方がBPが高いです。 そして 「全力オート時は消費BPが高い方」を優先して使うという条件があります。 つまり、 BP7以上かつBP14以下ならば、「再生光」を使ってくれます。 覚醒していればBP5以上BP14以下ですね。 たとえば ウンディーネは回復術よりも攻撃術の方がBPが高いので、 「回復が欲しい場面」で「スコールやウォーターガン」を撃ってしまうということがよくあります。 それが 白薔薇ならば、BP5以上という条件だけなので 「回復が欲しい場面で使ってくれやすい」です。 2重回復になりにくい この白薔薇の回復優先度と、他の回復役を組み合わせると「2重回復」(同じ味方を2人で回復すること)をしにくくなります. 白薔薇は回復出来るけど、他の回復役は攻撃している、ということが起こるからです。 白薔薇の回復だけで充分なのに「2重回復」してしまうと勿体無いので、「回復術優先度の違い」が役立ちます。 もちろんその時のBP次第なので、回復が被ってしまい事はあります。 状態異常回復 これは言うまでもないですが「再生光」には「状態異常回復」がついています。 7話では「状態異常を使ってくる敵」がかなり増えましたね。 マヒ、睡眠、混乱、毒など、 7話の時点では「状態異常」を「わざわざ回復するほどでない」ですが、この先必要な場面が増えてきそうです。 白薔薇以外にも「状態異常回復手段」は増やしてきそうですが、高い回復力に加えて状態異常回復まで出来るのは貴重ですね。 低コスト全体攻撃が強い 私の白薔薇で「チョコレートボール」が1,500くらいのダメージです。 7話では敵のHPが高い上に、複数で登場する敵が多いです。 1ターン目だけでなく、2ターン目以降も全体攻撃が有効ですね。 つまり「全体攻撃」が刺さりやすいです。 1体へのダメージは少ないですが、複数体をジワジワ削っていけるので結構頼りになります。 さらに消費BPも少ないので、 「回復術の邪魔をしない」のも大きなポイントです。 全体デバフ チョコレートボールはBP4(覚醒)で連発しやすいうえに「素早さデバフ」を全体に付与出来ますね。 いままでは通常の雑魚戦ではデバフの意味がない印象でした。 (デバフを撒いてもすぐ倒してしまうので) ただ、 7話では敵のHPがものすごく高いです。 雑魚戦とはいえ、1ラウンドに結構な時間がかかります。 (時間がかかる分、デバフの意味がある) そんな時に 「1ターン目に敵全員にデバフを撒ける」のはなかなか貴重です。 素早さデバフがどれくらい影響しているか?は数字的にはわかりませんが「少しでも敵より早く動きやすくなる」というのは重要ですね。 被ダメージを減らすことにつながるので。 白薔薇は長期戦に強い さきほども書いた通り、雑魚敵のHPがかなり高くなってきています。 火力だけで押し切るのは難しいので「回復」しつつ戦っていくことになります。 そんな時に白薔薇は• 他の回復役よりも1,5倍以上の回復力• デバフも付与できる• 低コスト全体攻撃• 状態異常回復• HP,BPの自己回復 とかなり優秀な性能になっています。 しかもまだ1スタイルしか出ていません。 新しいスタイルで「使いやすい単体攻撃術」が追加される可能性も高いでしょう。 ロックブーケはマヒさせて被ダメージを減らすことが出来ますが、白薔薇は被弾しても再生光で一気に回復させられます。 私はロックブーケを持っていなかったので、白薔薇を引けて助かりました。 手動でのクエストクリア自体はいなくても問題ないですが、 この2体のどちらかがいると 「オート周回」がかなりやりやすくなると思います。 術を最大覚醒してみた結果 私は チョコレートボールは BP4、再生光は BP5まで覚醒しています。 (超風はしていません) その使い勝手について書いていきます。 再生光が「BP5」であることのメリット• BP9以上あれば3ターン連続で使えます。 BP7以上あれば2ターン連続で使えます。 BP6でもBP回復アビ次第で2ターン連続で使えます。 味方が2人倒れたとしても、白薔薇が即死レベルの攻撃をもらわない限りは、 高い回復力で 毎ターンひとりずつ蘇生していきます。 数回連続で「再生光」を使えるので、 パーティ崩壊しそうな状況からの復帰力がかなり上がります。 白薔薇自身もHP回復アビがあるので、倒されにくいです。 消費BP7のままだと、BP10の状態からでも2回連続は使えません。 BP回復アビが発動すれば2回使える 回復術の優先度が高くなる 再生光はBP7と高めなので「BPが足りない」ということが多いです。 「回復が欲しい場面」で「無駄にチョコレートボールを使っていつまでも回復できない」となりかねません。 BP5ならば、BPが足りない状況がほぼないので、ヒーラーとしての対応力がかなり高くなります。 再生光がBP5であることのデメリット(オート操作時) 再生光がBP5ということは、チョコレートボールはBP4にしないといけません。 (同じBPだとオートで上の技を優先してしまうので) その場合、 BP0の時にBP回復アビが発動すると「BP4」になるので、チョコレートボールを使ってしまい「またBP0」になります。 BP回復アビ次第では「いつまでも回復してくれない」ということが起こります。 基本的にはメリットが大きい ただ、そんな状況はそんなに多くはありません。 白薔薇は「素早さが遅い」ので「白薔薇が行動する前に敵を倒して、次のラウンドに行くことが多い」ためです。 そのおかげで、 ラウンドをまたぐたびに、BPを余分に回復しますし、「チョコレートボールもBP4」なので、「1ターンにBP1ずつ」しか減っていきません。 基本的にはBPに余裕があるので、BP0からの「BP回復ループにはまる」という状況がまず少ないです。 個人的には「ピンチからの復帰力が上がった」ので最大覚醒してよかったです。 4-6-10の法則は? オート周回時の「4-6-10」の法則に当てはめるという考えもありますが、BP回復アビがありますし、回復術も味方が膝をついていないと詠唱しないので、結局ずれてしまいます。 それなら消費BPを少なくして「回復できる機会を増やす」ほうが良いのではと思います。 この間書いたでは、「白薔薇は優秀だけど、現時点ではかみ合うクエストがない」「先を見るなら引いた方が良いけど、いまは必要ない」 と書きましたが、7話やバレンタインのネズミが思ったよりも強くて、しかも 「白薔薇」がかみ合いやすいクエストでした。 いまでは7話のクエストをオート周回する際には、ほぼ白薔薇を入れています。 長々と書いてきましたが、一応白薔薇が必須というわけでもないですし、覚醒もこれが正解とは限りません。 覚醒はやり直しがきかないので、ひとつの例として参考になればうれしいです。

次の

【ロマサガリユニバース】技ランクを最高効率で上げる方法徹底解説! 【ロマサガRS】

ロマサガrs 技覚醒 おすすめ

技・術覚醒とは? 技や術の消費BPが減少 覚醒を行うことにより、技や術に必要な消費BPを減らすことができる。 強力だがBPが大きい技や高威力な術などをより多く使用することが可能となる。 技により覚醒回数が違う 技覚醒は、技ごとに覚醒できる回数が決まっている。 継承の際に引き継ぎが可能 覚醒を行った技と術は、継承にも引き継がれるぞ。 性能の高い技や術は積極的に覚醒しておくのがおすすめだ。 技・術覚醒のやり方 メイン5-2-12をクリアしよう 覚醒を行う施設の道場は、メインストーリー5-2-12をクリアしなければ利用できない。 まずはメインストーリーを進めて道場を解放しよう。 覚醒専用素材を集めよう アイテム 入手場所 黒の砂 黒の石 ・1-1-1. 試験開始! ・6-1-1. 再出発 黄の砂 黄の石 ・1-1-2. 闘いの回廊 ・6-1-2. 密林に向かって 赤の砂 赤の石 ・2-1-1. 奪還の旅へ ・7-1-1. 砦・入り口 紫の砂 紫の石 ・2-1-2. 屋敷を目指して ・7-1-2. 砦・祭壇の間 緑の砂 緑の石 ・3-1-1. 草原をゆく ・8-1-1. 雪上を駆け抜ける 橙の砂 橙の石 ・3-1-2. 魔獣の巣 ・8-1-2. カラミヤの洞窟・外 青の砂 青の石 ・4-1-1. 東方を目指して ・4-1-2. 東への山道 ・9-1-1. 第一幕・序章 ・9-1-2. 第一幕・幻想 白の砂 白の石 ・5-1-1. 魔女の洞窟 ・5-1-2. 待ち受ける闇 秘伝書・序 毎週ミッション「敵を100体討伐」達成 秘伝書・破 毎週ミッション「敵を500体討伐」達成 秘伝書・急 毎週ミッション「敵を1000体討伐」達成 覚醒を行うには、「秘伝書」「砂」「石」「宝石」といった覚醒素材が必要となる。 同時にオーラムも消費するため、オーラムもコツコツと貯めておこう。 BP6なら2ターンに1回使えるようになり、重ねがけで能力下げやすくできるぞ。 覚醒をするならBP6までがおすすめだ。 BP5まで下げてしまうとBP5の別の技や術を使ってしまう場合があるので注意しよう。 確率でマヒを付与するため、戦闘を安定させ被ダメを防ぎやすい。 スウィングはBP7の技で、覚醒するとBP6になる。 2ターン1回敵全体にスタンの付与が狙えるためとても強力な技となる。 火力が低いのでダメージ稼ぎはあまり期待できない。 毎ターン使用でき、マヒの付与を狙いながらBPを貯めることが可能となる。

次の