スマホ 写真 sd 保存。 これで安心!SDカードを使ってスマホからパソコンにデータを保存する方法

スマホの画像を本体からSDカードに移動する方法

スマホ 写真 sd 保存

Androidスマホを使っている皆さんは、撮影した写真や動画が端末のどこの場所に保存されているのかを意識したことがありますか?Androidスマホで手軽にきれいな写真や動画を撮影できるようになった現代では、デジカメを使う機会は少なくなり、写真のデータはスマホに保存されている方が多いのが現状です。 しかし、この写真データが端末のどこの場所に保存されているのかを意識しているAndroidユーザーの方は多くありません。 どこの場所に保存されているかを知らないままでいると、スマホを水没させてしまい、大切な写真データをすべて紛失してしまう、機種変更をした際に、写真のデータ移動に手こずるといった、面倒なことが生じる場合があります。 こういったように、気づけば写真のデータが消えていたという悲劇が起きかねません。 まずは、撮影した写真がAndroidスマホのどこの場所に保存されているのかを確認していきましょう。 Androidスマホで撮影された写真データは、初期設定では内部ストレージという場所に保存される設定になっています。 内部ストレージという場所は、写真やアプリを保存する記憶領域の場所のことです。 PCやスマホを問わず、OSやアプリケーションをインストールすることで、この容量が使われます。 このストレージは、長い動画や音楽などの大容量コンテンツをダウンロードすると、すぐに容量がいっぱいとなってしまうため、外部のストレージに移動し、データのバックアップを定期的にとってストレージの空き容量を確保が必要になります。 初期設定のまま、撮影した写真の保存先を内部ストレージにしておくと、スマホのパフォーマンスに影響を及ぼしかねません。 Androidスマホは、写真の保存先の場所をSDカードに変更できるため、 よりたくさんの写真を撮って保存しておきたい場合は、保存場所 をSDカードへ変更することをおすすめします。 PCとAndroidスマホを接続すると、PC上の画面に様々なファイルが表示されます。 Androidスマホのカメラで撮影された写真は「DCIM」というフォルダの中に保存されています。 「DCIM」とは「Digital Camera IMages」の略です。 この「DCIMフォルダ」の中に「Camera」というフォルダがあり、スマホのカメラで撮った写真や動画のデータが格納されています。 初期段階でスマホに搭載してあるカメラに加え、今では様々な機能に特化したカメラアプリがあり、そのダウンロードしたカメラアプリで撮影した写真データもDCIMフォルダの中に保存されています。 カメラのアプリごとにフォルダに分かれている場合がありますが、DCIMフォルダにまとめられています。 容量ストレージがいっぱいになると、新しいアプリをインストールできなくなります。 アプリをダウンロードするにも、ある程度のストレージ空き容量が必要なので、写真データを外部に移動させる、あまり使っていない既存アプリをアンインストールするといった対処をしない限り、インストールしたいアプリをインストールできなくなります。 様々なカメラアプリや、便利なアプリが日々開発されているため、インストールしたいと思ったアプリをインストールできないのは大変ストレスに感じられます。 ほしいアプリがいつでもインストールできるように、写真のデータは定期的にPCに移動する、保存先をSDカードに変更しておくように習慣化するようにすることをおすすめします。

次の

Androidスマホの写真・動画をSDカードに移動する方法

スマホ 写真 sd 保存

本体に保存されている写真やスクリーンショット(画面キャプチャ)、 メールで届く旅程表、ダウンロードしたPDFファイルをmicroSDカードへ移動またはコピーしてみたいと思います。 うっかりmicroSDカードを入れ忘れて撮影した写真や、 スマホ本体に保存されてしまうスクリーンショットなどが溜まってしまったなんて事もあるかもしれません。 この機会に内部ストレージを軽くしてみませんか? また 海外で旅程表を印刷する必要がある時などSDカードに移してプリントショップなどに持っていけば確実だと思いますので 参考にしてください。 ここではシムフリーのAndroid端末2種類を使い まずはスマホ本体にmicroSDカードをセットして電源を入れます。 写真やスクリーンショットをSDカードに移動・コピー 「ギャラリー」アプリを使って写真を移動 FUJITSU arrows M-02 に最初から入っている「ギャラリー」というアプリを使って 写真をmicroSDカードに移動してみます。 メイン画面から「ギャラリー」をタップしアプリを開き、 目的の写真が入っている名前(この画面の場合は100F JOCF)の上でタップします。 写真が一覧表示されますので右上のメニューをタップです。 メニューが3つ出てきますので「項目を選択」をタップ。 ファイルを移動中・・・のあと 数秒から数十秒で完了画面が出て終了です。 選択した写真が多い場合は数分かかるかもしれません。 *結構お勧めです 「ファイル」アプリを使ってスクリーンショットをコピー HUAWEI MediaPad T2 7. 0に元から入っている「ファイル」というアプリを使ってスクリーンショットをmicroSDカードにコピーしてみます。 メイン画面から黄色の「ファイル」アプリをタップして開くと注意書きが出ますので よろしければ「同意」をタップし、 次にスクリーンショットが入っている左上の「画像」をタップです。 このようにカテゴリーごとに別れていますので目的の「Screenshots」をタップします。 Screenshots内の画像が一覧表示されますので ここで左下2番目にある「コピー」をタップ。 全部をコピーしたい場合は左上の「すべて」をタップするとこのカテゴリーの全画像が選択されます。 今回は「すべて」をタップし全画像をコピーしてみます。 右下の「コピー」をタップすると、 貼り付け画面が出ますので「SDカード」をタップです。 右下の「貼付け」をタップし、 「コピー」をタップすれば完了です。 このような画面になります。 *ファーウェイのコンパクトタブレットについてはこちらをどうぞ 旅程表やダウンロードしたPDFファイルをSDカードに移動・コピー メールアプリから旅程表をコピー FUJITSU arrows M-02を使って Gmailに届いた旅程表をmicroSDカードにコピーしてみたいと思います。 まずはメールを開き旅程表の画面を表示させ、右上にあるメニュー(縦長「…」マーク)をタップします。 メニューが5つ出てきますので「印刷」をタップすると PDF形式で保存という画面になりますので 右上にある 薄緑色の丸いPDFマークをタップすると、 左側から保存先の一覧が出まして、「SDカード」タップし 一番下に表示されるファイルの名前を確認し「保存」をタップして完了です。 *左側から出る保存先の一覧にSDカードがない場合(HUAWEI Media pad 7,0などの機種)は、ここで「ダウンロード」をタップし一度ダウンロードをしてから、この後の 「ファイルアプリを使ってPDFファイルを移動」の手順で操作してください。 「ファイル」アプリを使ってPDFファイルを移動 HUAWEI MediaPad T2 7. 0の「ファイル」アプリを使ってダウンロードしたPDFファイルをmicroSDカードに移動します。 アプリを開いた後、今度は先ほどの「画像」の下「ドキュメント」をタップします。 一覧が出ますので、右下から2番目の「切取り」をタップです。 先程と同じで全部を移動したい場合は「すべて」を、一部だけの場合は目的のPDFファイルをタップします。 今回は一部(一番下)のみを移動してみます。 ここからはスクリーンショットの時と同じで 「SDカード」をタップし、右下の「貼付け」をタップ、そして「コピー」をタップすれば完了です。 FUJITSU arrows M-02とHUAWEI MediaPad T2 7. 0を使い 今回はアンインストールできないアプリを有効活用したく最初から入っているアプリを使いました。 *こちらもよろしければどうぞ This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の

スマホで簡単!写真やファイルを本体からSDカードに移動・コピーする方法

スマホ 写真 sd 保存

iPhoneはSDカードをつけることができない スマートフォンでSDカードを外部記憶端末として活用することができるのはAndroidのみになります。 iPhoneではクラウドサービスなどを活用して容量を増やすことが一般的ですが、AndroidではSDカードを活用してデータ容量を増やしていくことが一般的です。 SDカードの場合は、1枚が容量上限に到達しても別のSDカードを利用することができるため、容量を気にすることなく利用することができます。 また、SDカードに保存するデータを選択することで、データをSDカード別に管理することもできます。 SDカードの対応種類や接続箇所はAndroid端末によって異なる Android端末によって、 「対応しているSDカードの種類」「接続場所」が異なりますので、SDカードを購入する前に事前に確認しておくことをおすすめします。 格安SIMが存在感を増してから発売されたAndroid端末では、SIMカードを装着するSIMスロットとSDカードを接続するトレイが併設、又は併用になっている場合があります。 SDカード非対応のAndroid端末もあるので注意が必要 クラウドサービスがより便利になり、内蔵ストレージも大規模化されてきた最近では、SDカードの利便性が代替可能なものとなってきました。 そのため、Android端末であっても、SDカード非対応となっている端末も存在します。 例えば「Huawei P20」シリーズにおいては、下記の様に大容量モデルのみがSDカード非対応となっています。 モデル 内蔵容量 SDカード対応 Huawei P20 128GB 非対応 Huawei P20 lite 64GB 対応 microSD 最大256GB 画像、動画、アプリにおいても大規模データの取り扱いが一般的となっている昨今ではSDカードが使えないAndroid端末では、使い方によっては不便さを感じてしまうことがあるかもしれません。 Android端末を購入する際には、SDカード対応についても事前に確認しておく様にしましょう。 適切なSDカードの選び方 SDカードには複数の規格があり、利用中のAndroid端末が対応している規格のSDカードでなければ利用することができませんので注意が必要です。 又、SDカードによって、転送速度の速さや内蔵容量が異なりますので、利用用途と金額を考慮して自分に最適なSDカードを選びましょう。 SDカードの規格 SDカードには下記の3つの規格があり、それぞれ大きさが異なります。 異なる規格のSDカードを購入してしまうと、Android端末に接続させることができなくなりますので注意しましょう。 SDカード規格 縦幅 横幅 標準SDカード 32mm 24mm miniSDカード 21. 5mm 20mm microSDカード 11mm 15mm SDカードの転送速度 SDカードには転送速度についての記載があります。 転送速度が速ければ速いほど、保存やSDカードへのデータ移動にかかる時間が少なくすみます。 SDカードを便利に使うための一つの指標になりますので購入前に必ず確認する様にしましょう。 SDカードの最低転送速度クラス SDカードには転送速度以外にも最低転送速度を表すクラスが記載されています。 クラス別の最低転送速度は下記の通りです。 平均的な転送速度や、書き込み・転送それぞれの速度については、SDカードのメーカーページで確認して比較することが大切です。 SDカードの内蔵容量 SDカードにはデータ容量を表す下記の3つの規格があります。 Androidのダウンロードデータ保存先をSDカードに変える方法 Androidではダウンロードデータの保存先を内蔵ストレージからSDカードへ変更することができます。 音楽や映画などの大容量データをダウンロードすることが多い方は、SDカードに保存先を変更しておくことで、Android本体のストレージ容量を気にすることなくデータをダウンロードしていくことができる様になります。 Androidのダウンロードデータ保存先をSDカードに変更する手順は下記の通りです。 Androidでインターネットを... 404,727件のビュー• Android端末を利用している... 377,880件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,736件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,587件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,759件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,383件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,980件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,624件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,617件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,538件のビュー.

次の