キャンプ 少女 不明。 山梨小1女児行方不明…そっくり類似の小説が存在!事件真相のヒントとなるか?【小倉美咲ちゃん】

山梨のキャンプ場、7歳女児が行方不明 21日午後から:朝日新聞デジタル

キャンプ 少女 不明

まなみちゃんは、当時身長120cm、体重20kgと小柄で体も弱く、普段の学校生活においても、教員や同級生のバックアップを必要としていた。 後日、テレビ番組に出演した母・益代さんによれば、まなみちゃんはダウン症を患っていたという。 まなみちゃんは、前日の23日から3日間の予定で、同校5年の恒例行事である野外授業として、児童85人と校長・教員ら数名と共に、隣県のを泊まりがけで訪れていた。 2日目の24日午前7時半頃、この日の夜に予定されていた「肝試し」の下見のため、まなみちゃんは同級生の女の子3人と一緒に出かけた。 最後にまなみちゃんを目撃した澤田広彰校長(当時49歳)の証言よると、午前8時を回る少し前、まなみちゃんら4人は遊歩道にある林道のカーブに立っていた校長の前を通過。 この時まなみちゃんは、同じグループの女の子3人から随分と遅れて歩いていたという。 その姿を見て心配になった校長は、しばらくしてグループの後を追う。 しかしその直後、引き返してきた女の子たちから、「まなみちゃんの姿が見えなくなった」とを知らされる。 まなみちゃんが校長の前を通ってから、わずか10分足らずだった。 林道は、道なりに歩けば出発点の広場に戻るコース。 最後の目撃場所周辺は、アスファルトで舗装された林道。 東側の斜面は、 大人でも登れないようながけが広がっている。 西側に小川があるものの、当時はおぼれるような水深ではなかった。 その後、教員らが付近を捜す見も見つからず警察に通報。 失踪の通報を学校から受けた岐阜県警は、すぐに同施設の捜索を開始する。 約15万平米もあるキャンプ場全体には数百人もの捜査員が動員され、7日間で県警、市消防、ボランティアなど延べ約1700人を投入し、懸命の捜索を続けた。 郡上警察署は、まなみちゃんが道に迷ってうずくまっている可能性があるとみて、 最後の目撃場所付近を中心に捜索を開始。 当日は一般の宿泊客がなく、 不審者などの目撃情報がないことから、その後もキャンプ場周辺を区域割りし、ローラー作戦を行った。 やぶの中や林道の奥、周辺の建物、小川の中。 重機でがけを崩し土の中までも捜索したが、その甲斐もなく、まなみちゃん本人はおろか、彼女の所持していた物さえ一切発見されなかった。 同市の各地でツキノワグマの出没も目撃されていたことから、事件発生当初は「クマに襲われたのではないか?」との予想もなされた。 しかしながら、警察の捜索で衣服や靴などが発見されていないことから、その可能性は極めて低いとみられている。 現状で最も可能性が高いと考えられているのは、何者かが彼女をさらったとする誘拐説だ。 その場合、偶発的にその場に出くわした人物、もしくは、同日に野外授業が行われることを知っていた人間が前夜~早朝にかけて施設に潜入し、グループから遅れて歩くまなみちゃんを発見し、拉致したということになる。 しかし、誰の目にも留まらないように小学5年生の女の子を連れ去ることが可能か、など疑問は多く残る。 「家はそのままだよ」。 母親の益代さん(47)は切実な思いで娘の帰りを待っている。 キャンプ前夜。 まなみさんはパジャマ姿で、中学3年だった姉のいくみさん(18)と居間のソファに座って、歌を合唱していた。 キャンプを待ちかね、はしゃぐ様子が、今も益代さんのまぶたに浮かぶ。 まなみさんは3人姉妹の末っ子。 ダウン症と診断され、生後間もなく心臓を手術した。 市立常滑西小学校に通い、学習や運動面で多少の遅れはあったが、「明るい性格で、踊るのが好きだった」。 看護師の益代さんは1人で3人を育て、それぞれの成長を楽しみにしていた。 しかし、キャンプ2日目の24日朝、まなみさんは友人3人とキャンプ場内を散策中にはぐれ、行方がわからなくなった。 事故や事件の可能性があり、警察や消防、教員らが周辺を捜し回った。 益代さんも勤務先からキャンプ場に駆けつけた。 そ のまま2カ月以上、仕事を休んで懸命に捜索したが、手がかりさえ見つからなかった。 4年が経ったが、いつ戻ってきてもいいように、学習机はそのままにしている。 アイドルグループの雑誌が机の棚に並び、 小学校の卒業証書が筒に入れられて置いてある。 まなみさんは市立常滑中学校に籍があり、3年生になった。 益代さんは積雪がない5~10月末には、機会を見つけて常滑西小の教諭や友人らとキャンプ場に足を運んでいる。 2年ほど前、地元の人から「同じ色の靴が見つかった」と届け出があった。 結果的に靴の大きさが異なっていたが、「気に掛けてもらっている」と心強く思った。 益代さんは、キャンプ場の最寄りの東海北陸自動車道ひるがの高原サービスエリアやJR岐阜駅などで情報提供を求めるチラシを配る活動も続ける。 当時、益代さんは学校側と監督責任をめぐって争わなかった。 精力的に協力してくれる学校や友人らには深く感謝している。 「元の生活に戻りたい」。 益代さんはそれだけを願ってきた。 「つらいのは私だけじゃない。 周りのみんなもつらい。

次の

小倉美咲ちゃん透視霊視で誘拐の可能性は?父親悲痛の行方不明後の足取り

キャンプ 少女 不明

写真の中央付近、キャンプ場内の広場から続く道で目撃されたのを最後に、美咲ちゃんは行方不明になった 現場は背の高いマツやスギ、ヒノキがどこまでも生い茂っていた。 山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」。 この場所で、小倉美咲ちゃん 7歳 が行方不明となって、3週間以上が過ぎた。 自衛隊や山梨県警、消防など、のべ1700人以上が捜索活動を行っても手がかり一つ見つかっていない。 10月5日、本誌もこの地を訪れた。 美咲ちゃんは母親と離れて、友達が待っている沢に向かう途中で、姿が消えてしまった。 最後に目撃された地点から、わずかに数十mほど緩やかな坂を下ると、すぐに沢は見えてくる。 小川も流れこそやや早いが水深は浅く、大きな岩も多いため、下流まで流されていくとは思えない。 群馬県からボランティアで捜索活動に参加していた40代男性はこう語る。 「もしかしたら見落としがあるかもしれないという気持ちで、もう一度、付近の森の中を見回っているんです。 私は先週末も捜索に加わりましたが、ボランティアの数は、そのときより明らかに減っています。 今はキャンプ場やその周囲でボランティアを見つけることが難しいくらいになってしまった。 この件が風化してしまわないかと、とても心配です」 10月6日夜には現場に設置されていた山梨県警の本部テントが撤去され、大規模な捜索は打ち切りとなった。 かつて誘拐事件を担当したこともある元埼玉県警捜査一課刑事で、一般社団法人『スクールポリス』理事である佐々木成三 なるみ 氏はこう指摘する。 「美咲さんが行方不明になってから、私は現場を3度訪れています。 このキャンプ場の中には駐車場が点在しており、道路も通っているため、どこに車が止まっていても何ら不審に思われることはありません。 またキャンプ場周辺は木々に覆われているので死角が多いうえ、沢の近くは川の流れで音がかき消される。 少し山のほうに登ると廃車が捨ててあるような荒れた場所もありました。 外部からの出入りが比較的自由で、防犯カメラもない。 美咲さんが何らかの事件に巻き込まれ、第三者に連れ去られた可能性は否定できません。 今後、警察は寄せられた目撃情報を精査して捜査員が聞き込みを行う。 加えて、国道沿いの監視カメラなど、デジタル証拠の解析がポイントになると思われます。 当然、警察は誘拐を視野に入れて捜査を進めているでしょう」 森の中のキャンプ場は、夕方になると木の影が伸び、一気にどんより薄暗くなった。 辺りには外灯は少なく、日が落ちるとそれこそ真っ暗になる。 美咲ちゃんの無事を祈るばかりだ。 千葉県成田市在住で小学1年生の小倉美咲ちゃんは、7家族・27人でキャンプ場を利用していた この日(10月5日)の翌日に捜索本部は撤去された。 警察官や消防隊員が5~6人常駐し、標高の高いエリアを中心に捜索が続いた 『FRIDAY』2019年10月25日号より• 撮影(キャンプ場):結束武郎.

次の

道志村キャンプ場少女行方不明事件「風化させないために」

キャンプ 少女 不明

Contents• 山梨のキャンプ場で女児が行方不明に!ボランティアも大勢で捜査! 【男性ボランティアが滑落か 不明女児の捜索中】 27日午後1時55分ごろ、山梨県道志村で行方不明の小学1年の女児(7)を捜索中のボランティアとみられる20代男性から「崖から落ちてけがをした」と110番がありました。 依然、手掛かりがないなか、28日も午前6時ごろから捜索が始まっています。 21日午後、山梨県道志村のオートキャンプ場で千葉県成田市の小学1年・小倉美咲ちゃんが行方不明になって捜索が続けられていますが、手掛かりも見つかっていません。 陸上自衛隊第1特科隊・両角寿副隊長:「組織の特性を活用して、我々のできる範囲内で捜索をしてきた。 本日につきましても、捜索の(進行)方向を変えています」 28日も午前6時ごろから自衛隊と消防など約250人とボランティア数十人が改めて沢や斜面を捜索しています。 また、27日午後、ボランティアを名乗る男性から「崖から落ちてけがをした」と通報がありましたが、その後、この男性と連絡が取れないままになっています。 yahoo. そして残念ながら、8日目の捜索を持って捜査は打ち切りとなりました。 現在は、まだ女児は見つかっていない状況でも捜査の打ち切りということもあって家族は悲しい気持ちでいっぱいなのではないでしょうか? 今後もしばらくはボランティアなどで捜索を続けていくのでしょうか?.

次の