化粧 水 おすすめ 30 代。 30代向け化粧水の人気おすすめランキング15選【女性・男性・プチプラ・デパコス】

おすすめの拭き取り化粧水 人気ブランドランキング23選【2020年版】

化粧 水 おすすめ 30 代

より効果的なケアのためには、高保湿成分に加えて 「肌悩みに合ったケア成分」配合の化粧水を選びましょう。 以下に、 肌悩みごとにおすすめの美容成分をまとめたので、参考にして下さいね。 たるみ• ナイアシン• レチノール• ビタミンC誘導体• プラセンタエキス• アルブチン• アンケートの結果、• もっとも多かった回答が「3000円」• 次に多かった回答が「4000円~5000円」 になりました。 「30代になって、化粧水をちょっと良いものに変えた」といった意見も多く、年代に合うアイテムに切り替える方が多いようでした。 この記事では デパコスからプチプラまで幅広くご紹介していきますので、ぜひ参考にして下さいね。 2.30代におすすめの化粧水人気ランキング ここでは30代の肌にぴったりな人気の化粧水を、• コスメコンシェルジュによる成分評価• 30代の女性50名への口コミ調査 という基準でご紹介していきます。 また、ランキングのアイテム選定は 「美容のプロ・コスメコンシェルジュ」に監修をお願いしました。 各アイテムの全成分をチェックしてもらい、 30代の肌に合ったおすすめの化粧水を厳選しています。 5 成分評価 : 4. 4 ユーザー満足度: 4. 保湿や 皮脂抑制効果のある2種類の 「ローヤルゼリーエキス」をはじめ、• エイジングケア成分 …パルミチン酸レチノール、オトギリソウエキス• 高保湿成分 …ヒアルロン酸、クチナシエキス などの成分を配合。 また、カプセル構造化を採用しているので、美容成分が 肌の角質層まで浸透しやすいのも嬉しいポイント。 30代に起こりがちな 肌悩みをトータルケアしながら、肌をしっとりとうるおしてくれますよ。 30代女性からのコメント 数日使ってみて、肌の乾燥が落ち着きました。 とろみのある化粧水が気に入っていて、肌にうるおいの膜が張り付く感じがします。 使い続けていると肌が柔らかくなってきた気がします。 自分の肌を触るのが好きになり、お手入れするのが楽しくなりました。 (混合肌/38歳) 「乾燥やハリ不足が気になる」「浸透力がイマイチ…」という方に、1度は試していただきたい化粧水ですよ。 今回ご紹介した 「」の本品1本を購入すると、初回に限り、 ・RJエッセンスEX 4mL(美白美容液) ・RJクリームEX 8g(クリーム) がセットになって、総額1,980円で購入できます。 もちろん 送料は無料。 ぜひこの機会に、 ローヤルゼリーを贅沢に配合したシリーズをお試ししてみてくださいね。 使ってみたい化粧水はありましたか? ランキングでご紹介した化粧水の特徴をまとめましたので、 アイテム比較の参考にしてくださいね。 3.肌悩みや価格別に30代におすすめの化粧水 ここでは より自分にぴったりの化粧水を選びたい方のために、• といった、 肌悩みや価格別におすすめの、30代向け化粧水をご紹介していきます。 気になるものからチェックしてみて下さいね。 3-1.プチプラでもデパコス並みに優秀な化粧水 ここでは、ドラックストアなどで手軽に購入できる 「1000円以下のプチプラ化粧水」のなかから、 30代の肌にぴったりなものを厳選してご紹介していきます。 水、BG、グリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、リンゴ果実培養細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、エクトイン、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、水溶性プロテオグリカン、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、クダモノトケイソウ果実エキス、ザクロ果実エキス、グルコシルヘスペリジン、オタネニンジン根エキス、ヒアルロン酸PG、水添レシチン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、レシチン、キサンタンガム、イソマルト、金、アルギニン、リシンHCl、ヒスチジンHCl、カラスムギ穀粒エキス、エチルヘキシルグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、スクワラン、プロパンジオール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸Na、トリエチルヘキサノイン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、クエン酸、ビオサッカリドガム-1、トコフェロール、タウリン、ダイズステロール、グルタミン酸、ロイシン、グリシン、セリン、バリン、トレオニン、アスパラギン酸Na、アラニン、イソロイシン、セルロースガム、アラントイン、フェニルアラニン、プロリン、炭酸水素Na、チロシン、グアニル酸2Na、イノシン酸2Na、フェノキシエタノール 30代からは美容液の使用がマスト! 美容液は、基礎化粧品のなかで もっとも美容成分の配合濃度が高いアイテム。 肌トラブルが増える30代は、 肌悩みに合った美容液を取り入れるのがマストといえます。 特に悩みがないという方も、 高い保湿効果がある「ヒト型セラミド」配合の美容液で乾燥を防いでおくのがおすすめですよ。 30代からのエイジングケアにぴったりの美容液は、別記事 「」でチェックして下さいね。 5.まとめ 気になる化粧水は見つかりましたか? 30代の肌をしっかりケアできる化粧水を選ぶには、• 高保湿成分が配合されているか?• 自分の肌悩みに合う成分が配合されているか? を確認することがポイントです。 最後にもう1度、 30代におすすめの化粧水ランキングをまとめました。

次の

30代おすすめスキンケアBEST10

化粧 水 おすすめ 30 代

20代の肌の特徴 肌の特徴は20代前半と後半で異なり、それによってお悩みも異なる傾向があります。 まずは20代全体で多い肌の悩みをチェックしましょう。 乾燥やニキビが気になる人が多い 10代のころはニキビに悩む人が多い一方で、20代になると肌の乾燥が気になり始める人が増えてきます。 20代には多くの人が社会人になり、毎日メイクをするようになったり、仕事の忙しさなどで食生活や生活習慣の乱れが目立つようになると考えられます。 特に20代で肌の乾燥を感じる原因として、睡眠や食生活の乱れが大きく影響するといわれています。 また、毛穴の黒ずみや開き、10代に引き続きニキビが気になるなど、さまざまな肌の悩みが出てきます。 20代前半で皮脂の分泌量がピークに 10代から20代にかけて悩む人が多いニキビの原因として、皮脂の分泌量があげられます。 皮脂は思春期に入ると分泌量が増え始め、20代前半にピークを迎えます。 その後は皮脂の分泌量が次第に減少していきます。 つまり、20代前半まではニキビができやすい肌環境と考えられます。 特におでこや鼻といったTゾーンは皮脂腺が多いため、ニキビや毛穴のつまり、毛穴につまっている角栓の表面が酸化して黒いポツポツに見えるイチゴ鼻などが気になりやすい傾向があります。 同時に、20代ではフェイスラインにもニキビができやすくなる方が増えてきます。 フェイスラインなどにできるニキビは、肌の乾燥などが原因として考えられます。 つまり、20代の肌は• 20代前半は皮脂が多くニキビや毛穴の悩みが多い• 生活の変化によって肌悩みが増える といった特徴があります。 では、このような肌の特徴がある20代は、どのような化粧水を選ぶとよいのでしょうか。 20代前半と後半に分け、それぞれにおすすめの化粧水を解説します。 20代前半の化粧水の選び方 まずは、皮脂の分泌量がピークを迎える20代前半に化粧水でとり入れたい成分を解説します。 皮脂の過剰分泌をおさえるビタミンC誘導体 ビタミンCは、美白ケアの成分としてご存知の方も多いかもしれません。 たしかにビタミンCは日焼けによるシミやソバカスへのアプローチも可能な成分です。 しかし、それだけではありません。 ビタミンCには、皮脂の分泌バランスを整える作用もあるといわれています。 皮脂の過剰分泌が抑えられれば、ニキビや毛穴の黒ずみなどにアプローチすることができるでしょう。 なお、ビタミンCは化粧品では「ビタミンC誘導体」として配合されていることがほとんどです。 ビタミンCは非常にもろいうえに、そのまま肌につけても浸透しにくい性質があります。 その面を改良したのがビタミンC誘導体です。 そのビタミンC誘導体にも種類があります。 化粧水の成分表示で記載されている以下のものなどがビタミンC誘導体にあたります。 リン酸型ビタミンC• アスコルビン酸グルコシド• アスコルビルエチル• アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS) など ビタミンC誘導体は、美白と皮脂分泌の両面でアプローチできる成分です。 20代前半から積極的にケアにとり入れていきましょう。 20代後半の化粧水の選び方 次は、20代後半に化粧水でとり入れたい成分と選び方のポイントを解説します。 ヒアルロン酸などの保湿成分を肌に与える 20代後半以降は、皮脂の分泌量が減少して乾燥しやすい肌に傾いていきます。 そのため、早くから「保湿」を重視した化粧水選びを心がけることをおすすめします。 保湿効果を期待できる成分で化粧水に含まれるものとして、以下の成分などがあげられます。 ヒアルロン酸• コラーゲン• エラスチン• グリセリン など また、高い保湿力を持つ成分として「セラミド」があげられます。 セラミドは本来、油に溶ける脂溶性です。 そのため、化粧水でとり入れてもよいのですが、美容液や乳液、クリームで補うのもよいでしょう。 将来のシミ予防に効果的な成分もおすすめ 20代後半を過ぎ、30代になると、肌悩みとして「シミ」をあげる人が多くなります。 そのため、20代のうちからシミ対策も意識しておくと、5年後、10年後に差が出てくるかもしれません。 シミの対策に効果的な成分として、以下の成分があげられます。 アルブチン• プラセンタ• ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、20代前半にもおすすめの成分としてご紹介しました。 20代前半におすすめする理由は皮脂のコントロールでしたが、20代後半からはシミへのアプローチとしてもビタミンC誘導体をとり入れるのがおすすめです。 なお、ビタミンC誘導体の皮脂を抑える作用により、肌が乾燥しがちになる可能性が考えられます。 化粧水でビタミンC誘導体をとり入れる場合は、乳液やクリームでセラミドなどの保湿成分をとり入れることをおすすめします。 20代前半に使いたいおすすめ化粧水ベスト5 ビタミンC誘導体配合の化粧水は、最近ではちまたに多く出回っています。 そこで、自分に合った化粧水を選ぶ基準として、20代前半に特におすすめの化粧水をご紹介します。 エリクシールルフレ|エリクシールルフレ バランシングウォーター(資生堂) 販売価格(編集部調べ):2,700円 税込み 内容量:168ml 使ってみた感想 べたつかず、どちらかというとしっとりとした肌に仕上げてくれる化粧水です。 とろみのあるテクスチャで、肌にとても馴染ませやすく、スルスルッと浸透する感じがします。 スッキリ爽やかな香りで、快適なスキンケアを楽しむことができますよ。 化粧水は正しい使い方でうるおいキープ 自分の年代や肌の状態に合った化粧水を選んだら、正しく使うことも意識してみましょう。 たとえば、化粧水をつけるときこのようなことをしていませんか。 肌がペチペチと音を立てるほど強い力でパッティングしている• コットンでこするようになじませている• 手を洗わずに化粧水をつけている このようなケアは、かえって肌を傷める間違ったケアと言えるでしょう。 化粧水をつけるとき、手でつける方とコットンでつける方がいると思います。 今回は、化粧水を手でつける場合とコットンでつける場合のそれぞれについて、化粧水を効果的に使用するポイントを解説します。 化粧水を手でつける場合 化粧水を手でつけると、手の体温で化粧水が温められ、化粧水がなじみやすくなります。 一方で、手を清潔にして化粧水をつけないと、手の菌を顔につけてしまうことにもなります。 化粧水を手でつける場合、適量の化粧水を押し込むように肌につける「ハンドプレス」がおすすめです。 化粧水を手のひらに取ったら、両手を合わせて化粧水を温め、手のひらを顔に置いて化粧水をなじませます。 強い力でこすったりしないようにしてください。 化粧水をコットンでつける場合 化粧水をコットンでつけると、手よりも清潔につけやすいほか、手より凹凸が少ないためまんべんなく化粧水をなじませやすくなります。 コットンを使用するときには、肌に吸いつくような感触になるまで化粧水を浸透させて使用します。 多すぎたり少なすぎたりすると、肌へのダメージになる場合があるので使用する量には注意してください。 また、コットンでパッティングする際、顔をポンポンと叩くようなイメージを持っている方が多いかもしれませんが、前述したように肌へのダメージになってしまいます。 軽く押し当てるようなイメージで化粧水をなじませるとよいでしょう。 なお、コットンを使う場合も手でつける場合も、化粧水をつけた後には乳液やクリームを使用しましょう。 ベタつきが気になる場合でも、油分や油性の美容成分を補うことができるため、化粧水だけでスキンケアを終えないようにしてください。 20代は食生活の乱れにも注意 先ほど「20代の肌の特徴」でも述べましたが、20代の肌の悩みには食生活の乱れが関係する場合が多く見られます。 そのため、肌の乾燥やニキビ、肌荒れなどを感じる場合は、化粧水などのスキンケアとあわせて食生活に目を向けてみるのもおすすめです。 食事でとる栄養は、肌の細胞や天然保湿成分はもちろん、文字通り「身体を作る」ための材料となります。 そのため、栄養のバランスが偏ると肌にも影響が出るのです。 肌を健康に保つのに必要な栄養素として、以下のものがあげられます。 タンパク質• 必須脂肪酸• ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE) 加工食品だけに頼らず、魚や野菜などをバランスよくとり、栄養をしっかりとることを心がけましょう。 また、睡眠不足や洗顔方法の間違いなども肌荒れに影響します。 生活習慣が肌に与える影響についてはでも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。 まとめ 化粧水を選ぶとき、成分で選ぶのはとても大切です。 30代・40代と年齢を重ねていっても美しい肌を目指すためには、美容成分に着目した化粧品選びが欠かせません。 皮脂が多く感じる場合や、将来のシミ対策を考える場合は、ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。 また、乾燥肌の自覚がある場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合された化粧水がよいでしょう。 今回紹介したおすすめ化粧水も参考に、美肌へ積極的にアプローチしてみましょう。

次の

プチプラ化粧水おすすめ人気ランキング16選!値段が安い&効果が高い!

化粧 水 おすすめ 30 代

2019年3月最新おすすめ化粧水大幅追加更新【コスメコンシェルジュ美容ライターが厳選!毛穴の開きが現れる30代からの人気おすすめ化粧水・スキンケア】乾燥、開き毛穴、たるみ、ほうれい線、美白、吹き出物(大人ニキビ)、敏感肌の肌トラブルに効くハリアップ系スキンケアは?口コミ人気ブランドのローション効果口コミレビュー!30代から本気の毛穴・シワ改善予防対策を! 20代からずっと同じ化粧水を使用しているのに、30代に入ってからスキンケアがなんだか肌に合わないみたい。 こんな風にこれまでのスキンケアが肌質と合いにくくなったり、物足りなさを感じたりしている30代の方は、ご自身の肌質の変化にあった化粧水を選んでいないのかもしれません。 コラーゲンとは、肌の奥の層「真皮」に存在し、まるでベッドのスプリングにように肌のハリ・弾力を担っている物質(線維)です。 このコラーゲンが肌の内部で作られる量のピークは10代後半。 その後は加齢にともなって作られる量は減少していきます。 さらにはコラーゲンと同じく真皮にあり、肌の弾力と保湿を司るエラスチン(コラーゲンをつなぐ、ベッドのネジのような線維)もまた、25歳前後をピークに、加齢とともに減少していきます。 これら肌のハリ・弾力を作るコラーゲンやエラスチンが減少すると、肌には全体的にたるみが現れます。 するとたるんで肌が落ち込むために、肌表面にある毛穴も一緒に落ち込んでしまい、毛穴の影が深く、(楕円形の)しずく型に開いてしまうのです。 これが30代から現れる開き毛穴の原因です。 そのため30代からは、肌のたるみをカバーし、ハリを取り戻す(もしくはキープする)成分が配合された化粧水を使用するようにしましょう。 【補足】 毛穴から分泌される皮脂が作られる量のピークは20代。 その後は同じく加齢にともなって減少します。 皮脂は肌表面に「皮脂膜」を張ることで肌内部の水分の蒸発を防ぎ、また外部刺激から肌を守る役目を担っています。 そのため皮脂の分泌量が減ると肌が乾燥しやすくなり、(紫外線、お化粧品などの成分などによる)肌荒れになりやすくなると言えます。 30代以降は「まだまだ私の肌は若いから、たるみや乾燥ケアなんて!」と過信せず、年齢と肌質に適した早めのスキンケア方法を習慣にしましょう! 30代はライフスタイルの変化がともなう 30代に入るとコラーゲンやエラスチン、皮脂分泌量が低下することが分かっていますが、その他にもライフスタイルの変化などにより、20代と比べて体質に変化が起きやすくなります。 外での仕事や家事・育児、妊娠・出産などによるストレス過多や睡眠不足、ホルモンバランスの変化といった体への大きな負担は、当然ながらお肌状態も左右します。 そのため30代になると、20代以上に毛穴開き、シミ・シワ、かさつき(潤い不足)が気になるように。 そのまま放置しておけば、40代以降に起こる、さらなるコラーゲンその他の美肌物質の減少を食い止めることができなくなってしまうのです。 30代の化粧水選び では30代の化粧水選びについて見ていきましょう! さきほどご説明したように、まずは25歳から30歳以降にかけて減少する、肌のハリ・弾力物質「コラーゲン」「エラスチン」を育てる、もしくは補う成分が配合されているかが重要です。 そのため当然ながら「コラーゲン」「エラスチン」配合の化粧水はオススメですが、さらにはコラーゲンを増やす働きのある「レチノール」「ビタミンC誘導体」といった成分もたるみケアに有効です。 コラーゲンやエラスチンも保湿効果がありますが、同時にさらなる高保湿成分もはずすことができません! 最強保湿成分である「セラミド」や(セラミドほど強力ではないですが)「ヒアルロン酸」配合であることもチェックしましょう。 しみ、ニキビに効く成分もチェック! ハリアップ効果と保湿効果は基本として、さらに気になる肌悩みに適した成分を、お肌悩み別で見ていきましょう。 【30代の肌悩み2位:しみに効く成分例】 ・ビタミンC誘導体(ビタミンCを肌に浸透しやすくしたもの。 APPSなど複数ある) ・アルブチン ・ルシノール(商標名) ・トラネキサム酸 ・プラセンタエキス など 【大人ニキビに効く成分例】 ・ビタミンC誘導体(ビタミンCを肌に浸透しやすくしたもの。 30代からの化粧水選びに悩んでいるのなら、ご自身のお肌悩みと照らし合わせて、ぜひご参考にしてくださいね。 分子量が小さいボタニカルウォーターにより、肌に触れた瞬間、吸い付くようになじむ優れたテクスチャーにうっとりします。 さらにヒト型セラミドと植物幹細胞の保湿力で、ハリと弾力のある肌へ導きます。 夜塗ると翌朝はしっとりもっちり、くすみもなくなってきたのには驚き。 セラミドと植物幹細胞ってすごすぎ~!(30代前半) ・ヴァントルテはミネラルシルクファンデーション愛用中なので、スキンケアも信頼して使えます。 すぐに肌荒れや吹き出物ができてシワっぽくなっていた肌が、このシリーズを使うようになってからグングンふっくら復活!優しい使い心地なのに効果抜群で、植物幹細胞とセラミドに感謝です。 (30代後半) 開き毛穴、でこぼこ、黒ずみ…。 米肌シリーズは、肌に与えた水分を守る超保湿成分「セラミド」を作り出し、「水分保持能」を改善する【ライスパワーNo. 11】を配合しています。 11がセラミドを産生し、大豆発酵エキスで肌を包み込み、潤いをキープ。 肌全体から潤いを創りだします。 2.肌内部や、空気中の水分まで取り込む肌に! 角層内の保湿力をサポートする美容成分の「乳酸Na」「グリコシルトレハロース」は、空気中の水分まで自ら取り込み、乾燥や紫外線のダメージから肌をしっかり保護します。 3.低刺激処方なので安心! 無香料、無着色、弱酸性、鉱物油フリーと、低刺激処方なので安心。 今までの毛穴悩みが嘘みたいと口コミでも大好評の、「厚生労働省認可」スキンケアシリーズです! 【潤い体感セット内容】 1.肌潤石けん(トライアルサイズ15g) 2.肌潤化粧水 (トライアルサイズ30ml) 3.肌潤改善エッセンス(トライアルサイズ12ml) 4.肌潤クリーム(10g) 5.肌潤化粧水マスク(非売品1回分) 【肌潤化粧水の口コミレビュー】 ・少しニオイが気になりますが、それ以上に肌にハリが出てきて頬のつやも満足。 周りにメイクを変えたか時々聞かれるようになりました。 思い切ってトライアルセット試してほんと良かったです!(30代前半) ・何をやっても表面だけが潤うだけだったのに、これは肌奥からきちんと潤いをキープしてくれます。 【たどりついたカギは、肌細胞のうるおい環境活性】 数十億個の水分子が肌を駆け巡り、停滞を解消します。 細胞にうるおいが満ちることでハリ感もアップ! お肌がみずみずしく輝きます。 めざしたのは「とろぱしゃ」。 保湿もハリもきちんと感じられて、以前より肌が奥から元気になったみたいです!(30代前半) ・とろっとしたテクスチャーで皮膜感があったら嫌だな、と思っていたら、反対にしっかり奥までウルウルに!使って1か月で乾燥による大人ニキビができなくなっていました。 【アヤナス ローション コンセントレートの口コミレビュー】 ・とろみのあるローションで、すごく優しく肌を包んでくれる感じ。 肌にすーっと浸透して、もっちりプルン肌に!肌が内側から元気になるので、肌荒れ時に特に愛用中。 (30代後半) ・シワっぽくなってきた口元を重点的に重ね付けすると、翌朝しっとり潤ってハリが出ています。 富士フイルム独自のナノユニット技術で極小化した「ナノAMA」を開発。 ナノAMAと美白有効成分が狙った場所に届いて働きます! 保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合。 美白ケアをしながら、ハリ・うるおいもキープしたい方にオススメです。 【美白トライアルキット内容】 1.アスタリフト ジェリー アクアリスタ <先行美容液> 0. 香りもローズで好き。 (30代前半) ・美白は乾燥しすいイメージであまり使わなかったのに、これはいい意味で期待を裏切ってくれました。 肌にスッと入るので、肌が潤いを求めている感じがしますね。 シミ予防に期待大!(30代後半) 【2018年11月1日リニューアル発売!】 とろりと濃厚。 美容成分を引き込む、話題の導入化粧水「RJローション EX」。 すみずみまで潤いをいきわたらせて、ふっくらハリのある肌へと促します。 こっくりとした濃密な使用感ながら、肌に触れるとスーッと広がり浸透! ミツバチの専門家「山田養蜂場」が開発したエイジングケア化粧水のため、ミツバチから生まれた天然のスーパー成分「Wローヤルゼリーエキス」が贅沢に配合。 【RJローション EXの口コミレビュー】 ・ローヤルゼリーエキス配合という点が気になって初回お試ししました。 トロミのある化粧水でコットン使用よりも手の平でハンドプレスしたほうがしっとり浸透。 肌が柔らかくなります。 (30代前半) ・乾燥性敏感肌なのでこれぐらい優しいテクスチャーだと嬉しい。 じんわり肌を潤して、かさつく目元口元も使うほど小じわが薄くなったような。 美容液もラインで使おうと検討中です。 「ドレスリフト ローション」は美しさの寿命にかかわる美肌因子が時とともに減少することに着目。 「サーチュライザーS6」が、肌自体のハリや弾力を保つ力を引出し、美肌レベルを高い状態にキープすることで、理想的なハリを保ちます。 さらには麹菌で発酵させ、酵素により低分子化させた特別な「発酵コラーゲン」まで配合。 乾燥気味の肌も使いだしてからは調子が良く、一日中外にいても乾燥でかゆくなったりしません。 目元のシワもすこしずつ薄くなってきたような?(30代前半) ・とろみがあるのにべたつかずグングン浸透した後、肌が水分補給をして内側から潤います。 使うほどに肌にみずみずしさが戻ってきて、毛穴部分にもハリが出てきました。 これからも期待してます!(30代後半) 美容のプロたちが評価する、多数のベストコスメ受賞!! 1929年創業、スキンケア研究の老舗ポーラの最高峰ブランド「B. 大人の肌にはバーカシアンが大幅に減少しています。 (ポーラHPより) このB. Aのローション(化粧水)は、濃密な滴が肌と一体化するように染み渡り、みずみずしいハリ肌に整えます。 【POLA B. A ローションの口コミレビュー】 ・肌がパンっと若返る感覚があります。 トライアルセットの2週間で十分ハリ感が上がって、頬のツヤが変わりました。 1度つかうとやみつきになりますよ!(30代後半) ・トロトロすぎない程よいトロミで、翌朝の肌のふっくらしっとり感が全然違います。 つかうほどに肌が引き締まってたるみの影が薄くなっていくみたい。 A」のクレンジングからクリームまで、ベーシック5品をラインで試せるセットが発売。 ポーラのB. 蓄積しているメラニン対策もできてうれしいです。 (30代前半) ・余分な成分が入っていない無添加、ですがホワイトニング化粧液としての仕事もきっちり。 使うと使わないとでは朝の肌のしっとり手触りが違います。 1年中しみ・乾燥対策ができるので重宝しています。 (30代後半) みずみずしく、ハリと輝きに満ちた美肌へ。 肌にハリとみずみずしいうるおいを与える「コラーゲンケア」の高機能化粧水。 すみずみまでうるおいで満たし、美容液やクリームなどがなじみやすい肌に整えます。 さらに高貴なダマスクローズの香りで、肌と心に優雅な心地よさを実感できます! 【アスタリフト モイストローションの口コミレビュー】 ・赤い化粧水でしっとり感がすごい。 夜にたっぷり使うと、翌朝肌が柔らかくなっていて、乾燥ジワも薄くなってきました。 肌の奥から保湿できるので、オールシーズン使っています。 (30代後半) ・ローズの香りに癒やされます。 浸透力も良くて、乾燥肌にぐんぐん入っていきます。 ベタつかないので朝、すぐにメイクできるのも高ポイントですね。 分子の大きさの異なる独自ブレンドのヒアルロン酸が、お肌を外からも角層内部からも潤いを与えます。 こだわり成分「泉州水茄子エキス」「イチゴ花エキス」配合で、うっとりするほどしっとり、プルンと弾むお肌へ! 【ドモホルンリンクル 保湿液の口コミレビュー】 ・保湿力が高くて、洗顔後やお風呂上りに慌ててスキンケアすることがなくなりました。 べたつかないのにきちんとお肌に浸透しているんだな、と安心します。 (30代前半) ・まさにモッチモチのお肌がうれしくて、首元まで保湿しています。 ライン使いでさらにお肌に自信が持てるようになりました。 (30代後半) 美容のプロフェッショナル「湘南美容外科クリニック」とメタトロン化粧品が共同開発した、30代以降のお悩みに注目したリフトアップ化粧水が登場! 女性の永遠の悩みフェイスラインの悩みにハリをあたえ、肌のキメを整えて理想のハリ・ツヤを与えます。 さらにはブースター効果もあり、後から塗るスキンケアの効果を高める作用もプラス! 湘南美容外科化粧品販売本数3ヵ月連続1位の実力派化粧水です! 【注目成分】 ・化粧水に配合するのが難しいとされてきた「ホスファチジルコリン」(眠っている力とめぐりを高めてハリをもたらす)を高濃度配合 ・肌の水分量を増加させる「サッカロミセス溶解質エキス」 ・8種類の保湿成分(パンテノール、タウリン、PCA-Na、ヒアルロン酸Na、ダイズ種子エキス、プラセンタエキス、サクシノイルアテロコラーゲン、コメヌカスフィンゴ糖脂質) そのほか多数の「引き締め」「バリア機能を高める」リフトアップ&美肌成分を配合。 【ホスピアップの口コミレビュー】 ・水っぽくサラサラなテクスチャーな化粧水兼美容液。 ですが保湿力はかなりあるので、お肌がふっくらしっとりします。 揺らぎやすい時期でも優しくて、どんな肌質でも使いやすそう。 (30代前半) ・グングン肌に浸透して、内側からツヤツヤに。 私はたまにコットンパックをしますが、パック後はお肌しっとりでキメが整ってきました。 3か月を過ぎてからフェイスラインがスッキリに!(30代後半) ひときわクリアな透明感! 高浸透ホワイトローション。 新安定型ハイドロキノンやトリプルセラミドなどのリッチな美容成分を、一滴に凝縮。 抜群の浸透力で瞬時に肌深部まで染みわたり、うるおいとハリに満たされたむっちり肌へと導きます。 さらにアンプルール独自のAOカプセルを配合し、使うほど肌全体の美しさをブーストアップ。 美白ケアの効果を最大限に高めるベースを作ります! 【ラグジュアリーホワイト ローションAO IIの口コミレビュー】 ・すこしトロミのある化粧水で保湿力もあるので、美白したいけれど乾燥も気になる私の肌には合いました。 すぐには美白効果はないですが、使っていく間にくすみが少しずつ取れてきたみたい!(30代後半) ・ハイドロキノン配合で刺激が気になったものの、特に問題なく半年ほど使っています。 美容液と一緒に使っていると、肌の色ムラや薄目のシミがワントーン明るくなって目立たなくなった気がします。 とにかく続けるのが大事ですね。 (30代後半) 時間がたつと乾燥する、肌が安定しない……。 そんな乾燥・インナードライにお悩みの方のうるおい対策スキンケア「アクアフォース」のトライアルセットが登場! 「つけた瞬間、うるおいがグングン吸収している感じがする!」「翌朝まで肌がモチモチ!」「ツヤ肌になったと言われた!」と、特に乾燥肌にお悩みの方に大人気のシリーズです。 アクアフォースローションには、肌とうるおいを引き寄せてつなぐ保湿成分「うるおいマグネットAQ」配合。 独自のうるおいプール処方で、まるで肌に吸い込まれていくような浸透感がやみつきに! うるおいモチモチ肌が叶います。 このシリーズと出会って、スキンケアが楽しくなりました。 (30代前半) ・夜使うと翌朝までお肌しっとり。 優しい質感なので肌荒れしやすい時期にかなり重宝しています。 (30代後半) お米と発酵の力で内側からあふれるような透明感と輝きのある「発光美肌」へ メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎ、キメのととのった明るい印象の肌に! 肌あれを防ぎながら、美白有効成分が肌に浸透。 くすみが気になる肌にも透明感をあたえ、明るい印象の肌にみちびきます。 【米肌 肌潤美白化粧水の口コミレビュー】 ・バシャバシャと使えるサラッとしたテクスチャーで、ベタつかず気持ちイイです。 最初は特に効果は分からなかったのに、2週間目をすぎた頃から肌にハリがでてツルツルに。 美白にも期待です!(30代前半) ・サラサラ系化粧水なので保湿力はどうかな、と思っていたのですが、これは素肌力をアップさせて透明感をグッと引き出してくれます。 毛穴も引き締まってきて好感触。 リピ決定です!(30代後半) 角質層にうるおいを補給し、弾むようなハリ肌へ。 「ヒト型セラミドI・II・III」配合。 バリア力をサポートし、うるおい成分を角質層に補給します。 肌にしっかりうるおいを与えることで、乾燥による小じわを目立たなくするだけでなく、後に使うエッセンスクリームのなじみをよくする化粧水です! 【ヒフミド エッセンスローションの口コミレビュー】 ・乾燥肌にはとにかくセラミドが大事と聞き、使ってみたら、トロトロで保湿力抜群。 刺激もなくしっとりとした肌になり、笑いジワもなくなってきました!(30代前半) ・インナードライ肌で季節の変わり目などには肌がかなり揺らぐのですが、これを使ってからは潤いが続いてしわや毛穴もずいぶんマシになりました。 ラインで使っていきたいです。 (30代後半) 1929年創業のPOLAは、1500万件を超える肌データを元に日本人女性の肌を研究し、その研究を商品開発に活かしています。 このような長年の研究を重ねる中で、肌の乾燥の原因が「角層の乱れ」にあることを発見。 モイスティシモはサクラエキス(保湿成分)、オウレンエキス(保湿成分)などを配合し、角層を整えて、うるおいに満ちた肌に導きます。 【ポーラ モイスティシモ ローションの口コミレビュー】 ・もちもち肌とはまさにこれ!という感じの肌質になります。 乾燥がよくなると肌にハリが出てきて、毛穴も目ただなくなった気がします。 お肌が自ら潤う力を助け、女性本来の美しさを引き出します! 【エンリッチ化粧水の口コミレビュー】 ・血色が悪くて乾燥肌なので、どんどん増える小じわに悩んでいます。 ラミューテの化粧水を迷った末に使ったら、さらっとしているのにしっとり感がすごい!薄いしわはかなり改善。 香りもすてきです。 (30代後半) ・さらさらテクスチャーですが肌にしっかり浸透して、内側からしっとり潤います。 頬のたるみが使うほどにピンッとしてきて驚きました。 大人ニキビもできなくなって肌ツヤアップを実感です!(30代後半) 化粧水は叩き込まずにハンドプレスで! スキンケアは毎日の習慣だからこそ、肌質の変化に合わせたアイテムを選んで使うほうがコスパも良くて気持ちも上向きになりますよね。 ただし化粧水の付け方にはご注意。 奥まで浸透させようとパンパンと叩いていると、その刺激によってメラニン色素が生まれてしみになったり、毛細血管が切れて赤ら顔になってしまったりしてしまいます! これはコットンを使ってのパッティングも同じ。 パッティングをしても肌の奥まで入っていく訳ではないため、単に肌に刺激を与えていることになります。 そしてもちろん、「美肌づくり」にとっても欠かせないんですよ! 成長ホルモンと肌との関係 肌に関する成長ホルモンの働きは、主に次の事柄が挙げられます。 1.日中に受けた皮膚細胞のダメージの修復 2.線維芽細胞(コラーゲンやエラスチンなど、肌のハリに関する線維を作り出す細胞)生成の活性化 3.肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す 4.肌の老廃物の排出を促す しかし残念ながら成長ホルモンの分泌量は、20歳頃から減少し始め、約25歳で急激に下り坂となり、 30代でピーク時(思春期頃)の約半分まで減ってしまいます。 ではこの成長ホルモンを、長く上手に分泌させるためには、どうしたら良いのでしょうか? 成長ホルモンが分泌される時って? 成長ホルモンが分泌される、最も重要な時間帯は「睡眠中」です。 さらには「睡眠の質」が重要になります。 成長ホルモンは、身体も脳も休んでいる状態の「ノンレム睡眠」(深い眠り)時に分泌されます。 特に、眠りにおちてから最初の2~3時間程のノンレム睡眠時に、成長ホルモンの分泌量がピークになります。 睡眠環境の見直しを! ノンレム睡眠時に上手に成長ホルモンが分泌するように、眠りについてから最初の2~3時間の間は、ゆっくりと深い眠りにつける睡眠環境が必要になります。 テレビを付けたまま寝ていたり、深酒をした後の眠りだったり、騒音がする場所での眠りだったり等、このような睡眠環境では、身体だけでなく脳も休む事が出来ず、成長ホルモンを上手に分泌する事が出来ません! さらに食後にすぐ睡眠を取るのではなく、食後から約2~3時間後の「食べ物が消化された時間帯」に眠る事も大切です。 血糖値がきちんと下がった状態でなければ、成長ホルモンは充分に分泌しません。 食後からきちんと時間を空けて、ゆっくり過ごしてから眠りにつきましょう! 身体を動かして、筋肉に刺激を! 実は身体を動かして、筋肉に刺激を与える事も大切なんです。 まず運動や筋トレをする事で、筋肉の線維が損傷します。 さらに運動や筋トレ後には、筋肉中に「乳酸」と呼ばれる物質が増加します。 この乳酸を分解するのが、成長ホルモンの役割なんです。 つまり成長ホルモンには、損傷した細胞を再生・修復する作用があるため、運動や筋トレ後には成長ホルモンが多く分泌されるということ。 スポーツ選手や普段から運動をしている人が若々しいのは、この成長ホルモンが上手に分泌されているためと考えられています。 そのため普段から適度な運動や筋トレをして、成長ホルモンの分泌を促すのがオススメ。 自宅で出来るような軽いスクワットや、腹筋、背筋運動など、毎日部位を変えて1日10分程度行うだけでも効果的ですよ。 オススメの運動は 特にオススメなのは、「スロートレーニング」と呼ばれる、ゆっくり行う運動です。 軽い負荷でゆっくりとした動作で運動をする事で、筋肉の緊張が保たれ、筋肉量を増やす事が出来ます。 激しく身体を動かすのが苦手な方、筋肉量が少ない方でも、簡単に行う事が出来ますよ! 1日10分でも良いので、無理のない範囲で始めてみましょう。

次の