トイレ 掃除 道具。 必見!!嫌なトイレ掃除がとっても楽になるおすすめの掃除道具とは?

トイレ掃除道具選びに悩んだら!毎日・週1で使いたいお薦め道具紹介

トイレ 掃除 道具

トイレが汚れる原因は4つあり、使えば使うほど汚れが蓄積されていき、臭いも発生しやすくなります。 【尿石】 尿石は、リン酸カルシウム・尿素・たんぱく質などの成分が石灰化したものです。 尿石の性質はアルカリ性でトイレ臭の原因であるアンモニア臭を放ちます。 また、 尿石はガンコな汚れで落としにくいのが特徴です。 【黄ばみ】 黄ばみもアルカリ性の汚れで、 悪臭や色素沈着を引き起こす原因になります。 【黒ずみ】 黒ずみの原因は黒カビで水気や湿気があるところに発生しやすいです。 黒カビは尿などの汚れや水分を栄養源にして増殖するため、掃除を怠ると黒い部分がどんどん広がります。 【水垢】 水垢はアルカリ性の汚れで、 トイレタンクのシンク・蛇口の吐水口・便器のフチ裏は水垢が付きやすいです。 トイレ掃除に必要な道具をまとめました。 トイレ掃除は軽い汚れ~ガンコな汚れまであり、汚れの度合いや汚れの種類に合わせて道具を使い分けましょう。 トイレ掃除で必要な道具と言えば洗剤が定番ですが、 汚れの性質と反対の性質で掃除をするのが基本です。 例えば、アルカリ性の汚れは反対の性質である酸性で掃除をしましょう。 アルカリ性は酸性に反応すると汚れを柔らかくして落としやすくします。 トイレ掃除用の洗剤は4つあり、汚れの種類や状態などに合わせて選びます。 【中性洗剤】 トイレ用の中性洗剤は肌や素材に優しいですが洗浄力は強くありません。 洗浄力が強くないことから、トイレの壁や床に尿がハネた後にすぐ使うなど軽い汚れや普段の掃除に向いています。 また、刺激が弱いため場所や素材を問わず使うことができるのがメリットです。 【酸性洗剤】 トイレ用の酸性洗剤は洗浄力が強く、ガンコな汚れを落とす時に使います。 しつこい黄ばみや尿石は酸性洗剤で掃除しましょう。 【塩素系漂白剤】 トイレ用の塩素系漂白剤も洗浄力が強いですが、漂白と除菌効果があります。 壁紙や床などに染みてしまった 黄ばみ汚れや、黒ずみ汚れを落とす時におすすめです。 【スタンプクリーナー】 スタンプクリーナーは固形洗剤で、トイレを流す度に汚れを落として便器の汚れも防ぎます。 トイレタンクは、シンク・シンクのフタ・レバー・蛇口・蛇口の吐水口を掃除します。 基本的にはトイレ用の掃除シートで拭いてキレイにしますが、レバーも忘れずにお手入れしましょう。 トイレのレバーは手に付いた菌が付着して増殖しやすいため、トイレ用の掃除シートやアルコールでしっかり拭きます。 白くなっている部分やザラザラしている部分が落ちない場合は、クエン酸スプレーで掃除をしましょう。 白くなっている部分やザラザラしている部分は水垢で、ガンコな水垢はトイレ用の掃除シートで落とすことができません。 クエン酸スプレーは酸性で、反対の性質であるアルカリ性の水垢汚れを落とします。 水垢にクエン酸スプレーを吹きかけた後、使い古した歯ブラシやメラミンスポンジで擦って落としましょう。 水垢を落としたら水拭きをするか水を流してクエン酸を洗い流し、水垢を防ぐために乾いた雑巾で水気を拭き取ります。 トイレの掃除用シートで便座とフタ(それぞれ裏と表)を拭いて、汚れや雑菌を落としましょう。 できれば、トイレの便座やフタに被せているカバーは外して掃除をした方がいいですが、カバーが付いている状態で掃除をしてもかまいません。 トイレの便座やフタのカバーを付けたまま掃除をする場合は、カバー以外の場所をしっかり拭きましょう。 また、便座のフタを開け閉めをするためのパーツ付近・便座裏のデコボコしている部分・便座のフチは汚れが付きやすく雑菌が増殖しやすい場所です。 トイレの便座とフタの汚れはアンモニア臭の原因になります。 不快な臭いを予防するために、細かい部分もトイレ用の掃除シートでしっかり拭き掃除をしましょう。 便器の内側は便器のフチとフチ裏を掃除します。 便器のフチをトイレ用の掃除シートで拭いたら、トイレ用の洗剤を便器の中とフチ裏にかけてトイレ用のブラシで擦りましょう。 もしくは、スタンプクリーナーでもかまいません。 便器のフチ裏は、水垢・黒カビ・尿石などで汚れやすい場所です。 一方で、便器のフチ裏は目視で確認しにくく掃除が行き届かない場所でもあります。 便器のフチ裏をトイレ用のブラシで掃除をする時は、汚れ残しがないようにトイレ用のブラシや使い古した歯ブラシで入念に擦りましょう。 少しでもラクして掃除をしたい方はスタンプクリーナーが便利です。 便器にスタンプクリーナーを押し付けると固形の洗剤が便器に付着して、トイレの水を流す度に洗剤が溶けます。 便器全体の掃除はもちろん、トイレの水たまりや便器のフチ裏の汚れも落とす便利アイテムです。 また、コーティングをして汚れを防ぐことも可能で効果は1週間半くらい持続します。 黄ばみや石灰化した汚れはアルカリ性のため、反対の性質である酸性で汚れを緩めて落としましょう。 【黄ばみの掃除方法】 壁以外の場所にできた軽い黄ばみ汚れは、トイレ用の酸性洗剤をかけてしばらく経ってからブラシで擦ります。 ガンコな黄ばみ汚れは、黄ばみ部分にトイレットペーパーを当ててトイレ用の酸性洗剤をかけましょう。 洗剤の成分を浸透させるために5分くらい経ってから擦ります。 壁にできた黄ばみ汚れはクエン酸スプレーを吹きかけて、使い古した歯ブラシなどで擦りましょう。 黄ばみ汚れを落としたら水拭きの後に乾拭きをして水分を拭き取ります。 【尿石の掃除方法】 尿石の掃除方法もトイレ用の酸性洗剤をかけて、トイレブラシなどで擦り落としましょう。 ガンコな尿石は、耐水サンドペーパー(800番や1000番~1500番)で擦って削り落とします。 耐水サンドペーパーを使う時は、ゴーグルを装着して尿石や水の飛び散りから目を守りましょう。 トイレの便器は、黄ばみ・尿石・黒ずみなどで汚れており汚れの性質に合わせて洗剤を使いわけます。 汚れの性質に合う洗剤は以下の通りです。 ・ 黄ばみと尿石はアルカリ性で、 酸性洗剤で中和して着色汚れや尿石を掃除する。 ・ 黒ずみは黒カビが原因で、 塩素系漂白剤で除菌と漂白をして掃除する。 トイレの便器掃除は汚れがひどくなければ、トイレ用の酸性洗剤や塩素系漂白剤かけてから擦りましょう。 掃除のポイントは5分くらい待って汚れをふやかし、トイレ用ブラシや使い古した歯ブラシで擦ることです。 少し時間を置くことで汚れが落ちやすくなります。 酸性洗剤で掃除しても黒ずみが落ちない時は黒カビを疑いましょう。 便器の黒ずみは水気や湿気が多い場所の他に、汚れがたまりやすい場所に発生します。 特に便器の水たまりや便器のフチ裏は黒カビが発生しやすいです。 便器の黒ずみは塩素系漂白剤で掃除して、黒カビを落としながら除菌や漂白をしましょう。 トイレの床は尿ハネが原因で臭いも付きやすいため、汚れを落とす掃除方法とアンモニア臭を落とす掃除方法を実践しましょう。 いずれの掃除方法も、最初に掃除機かドライシートをセットしたクイックルワイパーで、トイレの床に落ちているホコリや髪の毛を除去します。 【軽い汚れの掃除方法】 トイレ用の掃除シートで床を拭きますが、壁と床の境目や便器と床の境目は汚れがたまりやすいため入念に拭きましょう。 【ガンコ汚れの掃除方法】 トイレ用の掃除シートで落ちない汚れは、トイレ用の中性洗剤を直接かけて5分くらい待ちます。 次に、トイレ用の掃除用シートや、トイレ用の中性洗剤を含ませたメラミンスポンジで擦りましょう。 タイルの目地は使い古した歯ブラシやタワシで擦ると汚れが落ちやすいです。 【臭いを取る掃除方法】 トイレの床にクエン酸スプレーを吹きかけてから、トイレ用の掃除シートやトイレットペーパーで拭き取ります。 トイレの壁と床の掃除は便座のフタを閉めないで水を流した時や、立ちながら用を足した後にトイレ用の掃除シートで拭きましょう。 【トイレタンクの掃除方法】 トイレタンクの掃除場所は、シンク(レバーも含む)・蛇口・蛇口の吐水口です。 軽い水垢汚れであれば、トイレ用の掃除シートで拭き取るだけでキレイになります。 シンクや蛇口の吐水口が白くなっていたりザラ付きがある場合は、クエン酸スプレーを吹きかけて掃除をしましょう。 クエン酸スプレーを含ませたメラミンスポンジや、使い古した歯ブラシで水垢を擦ります。 【便座のフタと便座の掃除方法】 トイレ用の掃除シートで便座のフタと便座を拭きましょう。 特に便座とフタの裏は排泄物や便器の水が飛散して汚れているため、隅々まで拭いて汚れを落とします。 【便器の内側と外側の掃除方法】 便器の内側はトイレ用の洗剤かけてからトイレ用のブラシで擦るか、スタンプクリーナーを使いましょう。 便器の外側はトイレ用の掃除シートで拭きます。 週に1度トイレ掃除をする場所は、トイレタンク・便座のフタと便座・便器の内側と外側・壁と床です。 【トイレタンクの掃除方法】 シンク(レバーも含む)・蛇口・蛇口の吐水口をトイレ用の掃除シートで拭きます。 シンクや蛇口の吐水口が白くなっていたりザラ付きがある場合は、クエン酸スプレーを吹きかけて掃除をしましょう。 クエン酸スプレーを含ませたメラミンスポンジや、使い古した歯ブラシで水垢を擦ります。 【便座のフタと便座の掃除方法】 トイレ用の掃除シートで便座のフタと便座を拭きましょう。 黄ばみがある場合は酸性洗剤を含ませたトイレットペーパーで覆い、5分くらい待ってから使い古した歯ブラシで擦るのがポイントです。 最後に水拭きをして酸性洗剤を拭き取りましょう。 【便器の内側と外側の掃除方法】 便器のフチはトイレ用の掃除シートで拭きます。 便器の内側は酸性洗剤をフチ裏までかけて、トイレ用のブラシや使い古した歯ブラシで擦りましょう。 黒ずみは塩素系漂白剤をかけて5分くらい置いてから擦ります。 【壁と床の掃除方法】 トイレの壁と床はトイレ用の掃除シートで拭くか、トイレ用の中性洗剤やクエン酸スプレーを吹きかけてから雑巾で拭きましょう。 トイレは忘れがちな掃除スポットがあることをご存知でしょうか?忘れがちな掃除スポットは4つあります。 【トイレタンクの中】 トイレタンクの中は水と湿気で黒カビが生えやすいため、トイレタンク専用の洗浄剤で掃除をします。 洗浄剤がない時は、オキシクリーンや重曹などを代用してもかまいません。 掃除方法は、トイレタンクのフタをずらすかシンクの穴から洗浄剤などを投入してしばらく待ちます。 放置時間は、トイレタンク専用の洗浄剤で2時間で洗浄剤以外は6時間以上です。 時間を置いたら水を流しましょう。 【ウォシュレットのノズル】 ウォシュレットのノズルは使い古した歯ブラシで擦り、トイレ用の掃除シートで拭き取るかアルコールで除菌します。 【スリッパ】 スリッパの裏は尿や雑菌などで汚れているため、トイレ用の掃除シートで拭きましょう。 【トイレのドアノブ】 トイレのドアノブはトイレ用の掃除シートやアルコールで拭いて除菌します。 トイレを清潔に保つためには、どれくらいの頻度で掃除をした方がいいのでしょうか?トイレ掃除の頻度は場所によって違い大まかにわけると、毎日・週に1回・月に1回の3パターンあります。 【毎日掃除する場所】 トイレタンク・便座のフタと便座・便器の内側と外側・スリッパ・ドアノブです。 トイレタンクは水垢が付きやすく、便座と便器は排泄物や便器の水が飛沫するため汚れます。 特に家族が多い家庭や男性がいる家庭は、便座や便器が汚れやすいため毎日掃除をして汚れを残さないようにしましょう。 また、トイレの壁や床に尿が付いた時はマメに掃除をすると黄ばみや臭いを防ぐことができます。 【週に1回掃除をする場所】 週に1回掃除をする場所はトイレのスペシャルケアと考え、汚れや雑菌を徹底的に落としましょう。 毎日掃除をする場所に加えて壁と床もお手入れします。 【月に1回】 トイレタンクは月に1回掃除を行い黒カビを除去してキレイにしましょう。 では、トイレ掃除を業者へお願いした時の費用目安をご紹介します。 プロによるトイレ掃除の費用目安は約8,000円~15,000円以上です。 トイレ掃除の費用目安は振り幅が大きいですが、業者の規模やオプションの有無などによって変動します。 例えば、基本的な掃除プランを大手の業者に依頼したとしましょう。 大手の業者は8,000円~9,000円のところもあれば、13,000円~のところもあります。 また、トイレ掃除の基本プランも業者によってバラつきがあるため、確認した方がいいでしょう。 オプションは1,000円~5,000円で、汚れを防ぐコーティングや換気扇の掃除を依頼することができます。 トイレの壁紙を染色するサービスを行っている業者も存在しますが、10㎡以下12,000円と少し高めです。 マイホームで長く快適に暮らすために欠かすことができないのが、外壁の定期的な塗り替えです。 しかし実際に塗り替えようと思っても、費用がどれくらいかかるのか、悪い業者に騙されないか、などの不安を抱えている方が少なくないのではないでしょうか。 外壁塗装の費用は、建物の状態 劣化具合 や規模、塗料の種類、塗装業者などによって異なり、複数の業者から見積もりを取っても業者によって大きな金額差が出ることが珍しくありません。 また外壁塗装業界には、悪質な業者が数多く存在しています。 満足度の高い外壁塗装を行うためには、まず費用相場を知っておくことが重要になります。 そこで本記事では、外壁塗装で失敗しないための費用に関する基礎知識をご紹介します。

次の

知れば簡単!トイレタンク掃除に欠かせない道具と掃除のコツを大解剖

トイレ 掃除 道具

Sponsored Link そもそも汚れとにおいの原因とは? ちゃんと掃除をしたのになぜかあの独特なにおいが残っているってことはないですか? その残ったにおいには 原 因が大きく分けて2つあります! 尿の飛び散りが残っている これが一番の原因です! 目に見えないところにも飛び散ってしまい、そこに ほこりなどのごみがくっついて固ま ってしまうことで細菌が繁殖してしまい、あの アンモニア臭をさせるのです! 掃除をするときは飛び散りなど取り忘れがないように気をつけてください! トイレの壁と換気扇ににおいが残っている トイレの壁や換気扇は日頃から忘れず掃除していますか? かなり見落としている方が多いのです! アンモニアという物質はとても軽く上に向かって上がっていきます。 なのでこの2箇所を掃除し忘れるとにおいがなくなることはないので、これを機に掃除してみてはどうでしょうか? 気づいたときに掃除することが大事よ! まとめ• トイレ掃除は 時短で楽にできる• 汚れの原因を理解することで無駄のない掃除ができる• トイレマットはこまめに洗う! 壁と換気扇も忘れず掃除する• 頑固な汚れが付く前に落とすこと! トイレ掃除はすごく大変なイメージがあると思いますが、便利な道具がたくさんあるのでうまく使い分けることで格段に掃除が楽になります! 自分に合った掃除道具を探していくのもいいですね。 決して毎日掃除する必要は全くないので、自分のできるときに1か所ずつするだけでもいいのです。 汚れを理解したうえで掃除することで無駄な掃除の時間を減らすことができるので、ぜひおすすめのトイレ掃除道具を使って掃除をしてみてください! トイレをもっとキレイにしたい方はこちらも参考にしてください。

次の

神様もビックリ?トイレ掃除の方法4つのコツ

トイレ 掃除 道具

特に尿の飛び散りによる汚れ、それがこびりついて尿石化してしまった汚れ、また水垢やカビなどです。 男性が立って小用をする場合、目には見えなくても壁や床、天井にまで尿は飛び散っています。 特に汚れやすいのは「[藤原1] 便座の裏」と「便器のフチ裏」でしょう。 便器と床の継ぎ目の部分も、飛び散り汚れがたまりやすい場所です。 また「さぼったリング」と呼ばれる、トイレの水面の境界線も、黒ずみができやすいところです。 こちらは必ずしもトイレ掃除をさぼったからつくものではなく、トイレタンク内の汚れが原因となっている場合も。 タンク内にサビやカビがあれば、いくら便器の内側をきれいにしていても、さぼったリングができてしまうことがあるのです。 四方八方に飛び散る尿によって、必ず汚れがつくからです。 それを放置することによって、トイレの臭いの原因になることがあります。 トイレに置いていた本をそのままリビングに持ち込むという行為も、不衛生ですのでNGです。 トイレ掃除の頻度・タイミング トイレ掃除の頻度・タイミングは、その家の状況次第。 しかし基本的に、每日掃除するのが理想です トイレを清潔に保つには、使う回数にもよりますが、なるべく小まめに掃除をしておくことが大切。 気になったらちょこちょことでも掃除することをおすすめします。 一人暮らしなどであまり使わないというのなら、しっかり掃除するのは2~3日、あるいは1週間に1度程度でもいいかもしれません。 ただし、複数人で毎日、複数回ずつ使っている家なら、毎日掃除するのが理想的です。 また、掃除する場所によっても、頻度は変わります。 たとえば、便器をしっかり掃除するのが週に3日なら、床は週に1回、壁は月に1回など。 日常的に汚れやすい部分は、頻度を高く掃除してください。 またトイレに手ふきタオルをかけている人は、たとえ使うのが1人でも、最低週に1回は取り替えるようにしましょう。 トイレ掃除の道具・洗剤 トイレ掃除で使用する、トイレ用中性洗剤 トイレの便器、床、壁、ドアを掃除するにあたって必要なものは、下記の通りです。 トイレ用中性洗剤• クエン酸スプレー• ボロ布(使い捨て可能なもの。 使い捨てトイレ掃除用シートやトイレットペーパーでも可)• トイレ用ブラシ• ゴム手袋 トイレ用中性洗剤は、「トイレマジックリン」など、トイレ専用の中性洗剤を使いましょう。 トイレ掃除用シートの中には、トイレに流せると書かれているものもありますが、流さないほうがいいです。 シートを流した結果、トイレが詰まってしまうという事故が多発しているからです。 シートは流さずに、ポリ袋などに入れて捨てることをおすすめします。 トイレットペーパーを使ってもOKですが、この場合もいつもより使う量が増えるので、流さずに捨てるのが安心です。 また、トイレ用ブラシが不衛生な状態だと、臭いの原因になってしまいます。 トイレ用ブラシは消耗品として考えましょう。 最近では100均などでも購入可能ですし、定期的に取り替えるとよいでしょう。 トイレ掃除の正しい手順:便器 トイレ掃除は、まずは便器から、それ以外は高いところから低いところという順番で行います。 内側の低い部分は重点的に。 次にドア枠。 閉めていると換気扇でホコリを吸い上げられないため、予想以上に汚れてしまう部分です。 まんべんなく全体を拭きましょう。 またドアノブやカギも、皮脂で汚れたり、細菌が付きやすい場所です。 ここも丁寧に拭いて清潔に。 石化したノズル汚れを、クエン酸の顆粒をつけた古歯ブラシでこすり洗います。 シャワー穴部分などの汚れづまりは、爪楊枝で取り除きます。 最後に、全体をよくすすいで、乾かしてから格納してください。 次に、取扱説明書に従って操作部の裏から脱臭フィルターを外し、新聞紙の上で脱臭フィルターのホコリを古歯ブラシでかき取り、元に戻します。 水受け吐水口などに石化汚れがついている場合は、クエン酸を溶かした水をつけて汚れを緩め、耐水のサンドペーパーで軽めにこすり落とすときれいになります。 トイレの汚れの防止方法 トイレはどうしても汚れてしまうものですが、コート作用のあるトイレ用中性洗剤を使ったり、便器の内部にジェルをスタンプして使うトイレ用洗浄剤を使うのも良いでしょう。 ただ、水受けの部分に置いて使う洗浄剤は、タンク内の汚れの原因になるケースもあるので、注意が必要です。 トイレ掃除で、ハウスクリーニング業者に頼んだほうがいい部分 「換気扇」と「タンク」については、ハウスクリーニング業者に依頼したほうが安心です。 換気扇は、尿が飛び散ったり、尿の成分を含んだホコリがたまったりして汚れやすい部分です。 カバーの表面部分はホコリを古歯ブラシでかき取ったり、掃除機でホコリを吸い取ったり、消毒用エタノールを使って拭き掃除をしたりというのは自分でできますが、取り外しのできない換気扇内部は、ハウスクリーニング業者に頼むようにしましょう。 タンクは、ブラシを入れたときに内部の構造を壊してしまう可能性があるので、ハウスクリーニング業者に依頼したほうが安心です。 (写真:宮城夏子) 【関連記事】•

次の