ラテックス フルーツ。 ラテックス

ラテックス

ラテックス フルーツ

スポンサードリンク ラテックスアレルギーと果物の関係 「ラテックスアレルギー」は、天然ゴムで蕁麻疹が出たり、ひどいとアナフィラキシーを起こすこともある、即時型のアレルギーです。 「天然ゴム」の製品と言えば、ゴム手袋やゴム風船、ヨーヨー、絆創膏、ゴム長靴、運動靴、 輪ゴム、ヘアゴム、衣類、ゴム製のボールやおもちゃ、おしゃぶり、消しゴム、ゴムの木、 チューインガムなどなど・・・あげればキリがないほど、ゴムって身近なものなんですよね。 衣類のゴムもそうですが、赤ちゃんのおむつにもゴムを使っていますから、ギャザーの部分でかぶれちゃう子もいると思います。 布おむつにしたり、おもちゃやその他手に触れるもの、舐めちゃう可能性があるもの等も、素材をよく見て購入するようにして下さいね。 そして本題ですが「避けた方がよい物」の中には、果物があるんですね。 ラテックスと交差抗原性のあるバナナ、キウイ、アボカド、クリが有名で、全身性の激しい反応を起こす可能性が高いそうです。 前回お話ししたとは、ここに違いがありますね。 口腔アレルギー症候群は、かゆみやイガイガ感が口の中や喉にとどまります。 口腔症状だけでなく、全身に症状が出る場合は「ラテックス フルーツ症候群(LFS)」と呼ばれます。 果物がアレルギー反応を起こす引き金にならないように、気をつけましょう。 ラテックスフルーツ症候群で気をつけること 「ラテックスフルーツ症候群」という診断が出たら、交差抗原性がある果物は食べないようにする必要があります。 なぜならOASの場合は、加熱や酸により分解されてアレルゲンが低下する傾向にあるそうなんですが、LFSの場合は加熱や消化酵素などでも分解されにくいので、体に吸収されてしまうそうなんです。 症状が出るフルーツや野菜を避けるためにも、他のもので代用するためにも、何がダメで何はいいのか?を、明確にしておく必要がありますよね。 ラテックスと交差抗原性のある食べ物として、厚生労働省のでは、下記のフルーツがあげられています。 (10-4 ラテックス-フルーツ症候群」参照) アボカド、クリ、バナナ、キウイ、メロン、パパイヤ、パッションフルーツ、 イチジク、メロン、マンゴー、パイナップル、モモ、トマトなど あとは色々調べてみると、ジャガイモやリンゴ、ホウレンソウなんかもあるそうですが、アレルギーは本当に人それぞれ違うので、確実なのは検査と主治医のアドバイスですよね。 血液検査とプリックテスト(皮膚)があります。 もちろんので、母の勘も大いに利用するために「食アレ日記」をおすすめします。 検査結果では陰性だけど、気になる食材がある場合は食べた物と量、時間、調理法、子供の様子などを記録しておくんです。 お医者さんに質問する時に、かなり参考になりますからね^^.

次の

ラテックスアレルギーについて

ラテックス フルーツ

シラカンバ花粉症を持っている方で、果物を食べると唇や口の中、のどなどがかゆくなったり、腫れたりする口腔アレルギー症候群になる方が約50%弱いらっしゃいます。 原因となる食物は、バラ科のリンゴ、ナシ、モモ、サクランボなどが主ですが、プラム、メロン、スイカ、アンズ、バナナ、キウイ、ビワ、アボガドなどの他の果物、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ピーナッツなどのナッツ類、セロリー、ナス、ニンジン、ジャガイモ、キュウリ、トマトなどの野菜のこともあります。 患者さんの80%近くは複数の原因食物を持っていて、次第に数が増えていきます。 治療は、原因食物を食べないこと(抗原回避)や薬物治療が主体です。 急性期にはショックに準じた治療が要求されます。 抗アレルギー薬を長期間持続投与で食べられるようになる方もいます。 このところ医療現場で注目されてきているのが、天然ゴムによるアレルギーであるラテックスアレルギーです。 赤ちゃんの時のおしゃぶりなどでラテックス抗原に感作されていると、ラテックスの入った手術用の手袋、台所用手袋などが皮膚に触れただけで発赤、痒み、腫脹等の軽度な症状から急激な血圧低下を伴うショックにいたる重篤な症状まで起こることがあります。 歯科医院で口を触られた瞬間、ショックを起こしたり、救急外来で運ばれて手袋をはいた手で触られた瞬間、血圧が低下したりすることがあります。 歯科医がはく手袋や一般的な手術用手袋、点滴の管の一部、注射液のゴムキャップ、麻酔のマスクなどなど、医療現場ではラテックスの入った製品がたくさんあります。 そのため、ラテックスアレルギーがある人はあらかじめ皮膚にラテックスを貼って検査をする必要があります。 そのような方の中に、クリ、アボカド、キウイ、マンゴ、バナナなどで口腔アレルギー症候群に似た症状を起こす方がいます。 これをラテックス・フルーツ症候群といっています。 バラ科の果実は加熱処理によって抗原性を失うものが多いのですが、この症候群の原因食物であるクリ等は調理されても抗原性は失われません。 重篤な症状になることが多いので注意が必要な疾患です。 ゴムを触ると痒くなるのは単なる接触性皮膚炎のこともありますが、ご心配の方は診察にいらして下さい。

次の

ラテックスとは

ラテックス フルーツ

今日は暑くなりそうですね。 本日は『 口腔アレルギー症候群 ラテックスアレルギー症候群 』についてお話させて頂きます。 キウイやマンゴー・リンゴなどの特定のフルーツやナッツ類を食べた時に、口の中に腫れやしびれが出現する方は、『 口腔アレルギー症候群 ラテックスアレルギー症候群 』が疑われます。 『 口腔アレルギー症候群 ラテックスアレルギー症候群 』は、特定のフルーツやナッツ類を摂取する事で口の腫れや・しびれ、顔の浮腫みや蕁麻疹、腹痛などが発症するアレルギー疾患です。 症状がひどくなると血圧低下を来すショック症状になる方もいらっしゃいます。 一般に花粉症の方とゴムアレルギー =ラテックスアレルギー の方に起こりやすいとされています。 〇 シラカバ花粉症の方は、リンゴ・サクランボ・アーモンド・ピーナッツ・ココナッツで起こりやすいです。 〇 ハンノキ花粉症の方は、リンゴ・モモ・オレンジ・マンゴー・トマトで起こりやすいです。 〇 ブタクサ花粉症の方は、メロン・スイカ・バナナで起こりやすいです。 〇 ゴムアレルギーの方は、アボカド・キウイ・マンゴー・バナナ・パイナップル・栗で起こりやすいです。 治療としては、原因物質を避けて頂く事と必要な方には抗アレルギー剤の内服をお勧め致します。 また、このようなアレルギー症状の経験がある方は、原因物質を検索するために、一度はアレルギー物質検査を行う事をお勧めします。 検査は採血となり、3割負担で5000円弱となります =MAST 36というアレルギー検査です。 このような症状がある方、そのほかの症状がある方も気軽にご相談下さい。 以上、『 口腔アレルギー症候群 ラテックスアレルギー症候群 』について、お話させて頂きました。

次の