サフィール踊り子 予約 いつから。 <伊豆>全席グリーン車「サフィール踊り子」で往く!当社基準Aランクホテル 伊豆・下田温泉での休日 2日間(WR97572)|阪急交通社

特急「サフィール踊り子」「おだわら」はいつ登場する? 東海道線の新特急候補

サフィール踊り子 予約 いつから

【毎日運転】サフィール踊り子1号 東 京11:00発 伊豆急下田13:29着• 【臨時 平日 】 サフィール踊り子3号 東京12:30発 伊豆急下田15:30着• 【毎日運転】 サフィール踊り子2号 伊豆急下田 14:12発 東 京 16:49着• 【臨 時 】サフィール踊り子4号 16:30発 東京19:20着 特徴は?:サフィール踊り子 全16両、全ての席が 「グリーン車」であり、 さらに格上の 「プレミアムグリーン車」という席があります。 JR東日本の在来線では初のプレミアムグリーン車だそうです。 「サフィール踊り子」の試乗会では既に公開されている1号車プレミアムグリーン車、2、3号車グリーン個室に加えて5〜8号車グリーン車も公開されました。 1枚目がプレミアムグリーン車・・・1号車で本革製シートに木製の手すりをあしらった計20席は1席ずつ独立• 2枚目が4人用グリーン個室• 3枚目が6人用・グリーン個室• 4枚目がグリーン車 一杯、650円だそうです。 プレミアムグリーンが 1万1430円• グリーンが 9110円 内訳としては(東京~伊豆急下田まで乗車した場合)• 普通運賃 3960円• A特急料金 1860円• 伊豆急行線内の特急料金 410円• グリーン料金(JR+伊豆急) 2880円• プレミアムグリーン料金(JR+伊豆急)5200円 グリーン個室の場合は、上記にプラス1室あたりの料金が• 4人用で8400円• 6人用で12600円 かかります。 ちなみに、ボクは駅が近いので、 窓口であれこれ希望や質問をしながら購入することが多いです。 【新宿ー 渋谷ー品川ー 武蔵小杉ー横浜ー熱海ー伊東ー伊豆高原ー伊豆熱川ー伊豆稲取ー河津ー 伊豆急下田】.

次の

グリーン車超えの豪華席、天窓も サフィール踊り子公開:朝日新聞デジタル

サフィール踊り子 予約 いつから

特急『踊り子』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。 駅名は、主な停車駅のみ表示。 2020年3月14日ダイヤ改正後のデータを元に作成) 特急『踊り子』は、東京(池袋・東京・新宿)と静岡県の伊豆地方(修善寺・伊豆急下田)を結ぶ特急列車です。 首都圏〜伊豆地方の移動手段としての役割と、観光向けの列車としての要素を同時に兼ね備えているのが特徴の列車です。 特急『踊り子』は、 東京駅〜伊豆急下田駅間(伊東駅経由)を走る列車と、 東京駅〜修善寺駅間(三島駅経由)を走る列車に分かれています。 伊豆急下田駅を発着する列車のほうが運転本数が多く、修善寺駅発着の列車はあまり多くありません。 伊東駅〜伊豆急下田駅間は 伊豆急行、三島駅〜修善寺駅間は 伊豆箱根鉄道の区間を走ります。 特急『踊り子』には通常の『踊り子』に加えて、観光列車としての『サフィール踊り子』号(2020年3月14日運転開始)も運転されています。 『サフィール踊り子』号については、下の項目で紹介しています。 車両タイプ• 185系電車・E257系電車(踊り子号)• E261系電車(サフィール踊り子号) その他• 全席禁煙です。 『踊り子』号は車内販売がありません。 『サフィール踊り子』号には、カフェテリア車両があります。 スポンサーリンク 『サフィール踊り子』について(2020年3月14日運転開始) 『 サフィール踊り子』は、リゾート車両を使用した観光列車で、 2020年3月14日から運転が開始されました。 これまで運転されていた『スーパービュー踊り子』は、『サフィール踊り子』に吸収される形になりました。 『サフィール踊り子』は 全席グリーン車というのが特徴で、通常のグリーン席に加えて、 プレミアムグリーン席と、4人または6人収容の グリーン個室も設けられています。 『サフィール踊り子』は毎日の定期列車が 1日1往復の運転で、臨時列車も運転されます。 特急『踊り子』と競合する移動手段 2020年3月現在、特急『踊り子』と競合する移動手段には、 高速バスがあります。 具体的には以下の路線です。 (新宿〜伊豆長岡・修善寺)• (新宿〜三島) 東京〜伊東・下田方面を結ぶ定期運行の高速バスは、2020年3月時点でありません。 また、乗り継ぎが必要ですが、新幹線やJRの普通列車・快速列車なども、移動手段として利用可能です。 新幹線や普通列車・快速列車の場合、乗り継ぎ駅は 熱海駅や 三島駅になります。 特急『踊り子』『サフィール踊り子』の運賃・料金 特急『踊り子』と『サフィール踊り子』の運賃・料金(主な区間のみ)を以下の表にまとめました。 大人1名が通常期に乗車するという条件です。 普通車指定席の場合、 繁忙期は通常期に 200円 プラス、 閑散期は通常期から 200円 マイナスです。 通常期・繁忙期・閑散期のカレンダーは。 新宿駅発着の運賃・料金も東京駅発着の運賃・料金と同じです。 特急『踊り子』の割引きっぷ 特急『踊り子』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。 南伊豆フリー乗車券• 自由席特急回数券• 大人の休日倶楽部ジパング(シニア限定)• 学生割引(学生限定) それぞれの内容について、以下で見て行きましょう。 南伊豆フリー乗車券 は、JR東日本が発売している『 往復乗車券+フリーエリア乗り放題』タイプのお得なきっぷです。 きっぷの有効期間は 2日間です。 フリーエリア内までの往復には、JRの普通・快速列車の普通車自由席に乗車できます。 利用する経路は、 東海道線経由に限ります。 フリーエリア内では、の普通車自由席と、に乗り降り自由です。 東海バスは、静岡県伊東市に本社を置くバス会社です。 伊豆半島全域を路線網とする路線バスで、伊豆半島各地の移動に利用できます。 JRで移動できないエリアに行くには、路線バスが便利です。 新幹線や、特急『踊り子』などの特急列車に乗車するには、別に特急券を購入する必要があります。 東海道新幹線には乗車できません。 なお、この南伊豆フリー乗車券は乗車日 前日までの発売です。 当日には購入できないので注意してください。 南伊豆フリー乗車券の価格 出発地 価格(大人) 東京都区内発 6,270円 横浜市内発 5,950円 小田原発 4,490円 東京〜伊豆急下田間を普通列車で往復する場合、普通にきっぷを購入すると 7,780円なので、南伊豆フリー乗車券で単に往復するだけでも元が取れます。 自由席特急回数券 は、伊豆急行が販売している 10枚つづりの特急自由席回数券です。 使用できるのは、伊豆急行の 伊東〜伊豆急下田の区間です。 価格は 1,000円(大人)です。 1枚あたりの価格は 100円で、通常の自由席特急料金( 410円)より 310円安くなっています。 大人の休日倶楽部ジパング(シニア限定) は、JRが運営しているシニア向けの会員制サービスです。 入会には 年齢制限(男性65歳以上・女性60歳以上)があり、年会費が別に必要です。 大人の休日倶楽部ジパングの割引は、JR線の区間のみに適用されます。 伊豆急行や伊豆箱根鉄道などの私鉄乗入れ区間については、別に乗車券と特急券を購入する必要があります。 特急『踊り子』の場合、東京駅〜熱海駅、東京駅〜伊東駅、東京駅〜三島駅などの区間を往復(片道では不可)すれば割引が適用になります。 学生割引(学生限定) 学生割引は、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の生徒が利用できる割引です。 学生割引はJR線の区間のみに適用されます。 伊豆急行や伊豆箱根鉄道などの私鉄乗入れ区間については、別に乗車券と特急券を購入する必要があります。 特急『踊り子』の場合、東京駅〜熱海駅、東京駅〜伊東駅、東京駅〜三島駅などが割引対象の区間です。 費用を比較 最後に、南伊豆フリー乗車券を利用した場合の費用と、所定の運賃・料金を比較してみます。 大人1名が通常期に特急『踊り子』の普通車指定席で各区間を往復するという条件です。 『踊り子』(大人・通常期・往復) 区間 南伊豆フリー乗車券 所定の運賃・料金(普通車指定席) 東京〜伊東 10,050円 8,400円 東京〜修善寺 10,210円 9,600円 東京〜河津 11,090円 12,220円 東京〜伊豆急下田 11,090円 12,740円 東京〜伊東、東京〜修善寺などの区間では所定の運賃・料金のほうが安いですが、東京〜河津、東京〜伊豆急下田では南伊豆フリー乗車券を利用したほうが安くなります。 特急『踊り子』の予約 特急『踊り子』の 指定席券は、以下のような手段で予約(購入)できます。 JRの駅の『みどりの窓口』• 主な旅行会社の窓口• インターネット予約サイト JRの主なインターネット予約サイトには、『』や『』(いずれも会員登録無料)などがあります。

次の

サフィール踊り子のプレミアムグリーン車の料金や座席は?事前予約はいつから?

サフィール踊り子 予約 いつから

サフィール踊り子とは何か? さてまずサフィール踊り子とは何かというところですが、これは JR東日本の新型特急列車のことです。 首都圏と伊豆半島を結ぶ特急列車で、すごいことに全席グリーン車以上の特別な座席が用意されています。 グリーン車以上というと、プレミアムグリーン車というものになります。 伊豆半島へプレミアムな旅を用意するために作られたE261系の特急列車がサフィール踊り子です。 東京もしくは新宿と伊豆急下田の間を1日に1往復から2往復します。 東京と伊豆を結ぶJR東日本を代表する特急列車は「伊豆の踊子」にちなんだ名前を持つ「踊り子」と「スーパービュー踊り子」の2車両です。 そこに加わったのがサフィール踊り子。 詳しく料金や車内の様子などまとめた記事も参考にしてください。 このサフィール踊り子の車内販売メニューを、現在のスーパービュー踊り子と比較して予想を立てていきたいと思います。 スーパービュー踊り子と車内販売メニューについて スーパービュー踊り子は先ほどもご紹介したとおり 東京と伊豆エリアをつなぐ現在を代表する特急列車です。 スーパービュー踊り子は、一般的な特急料金よりも若干料金が高くなる「A特急料金」というものを必要とするが、その代わりに車内から見える大きな窓からの景色、見晴らしは抜群に最高なものなのです。 伊豆の綺麗な海や山の景色を列車に乗りながら大きな窓越しに眺めることができ素敵な旅行の思い出にもなります。 写真も撮りやすいですね。 スーパービュー踊り子の魅力の一つに車内販売として 売店の営業があります。 10両編成からなるスーパービュー踊り子のちょうど中間地点である5両目にはなんと売店が存在します。 配置もお客に見えやすいように置かれており、グッズやその他品物もたくさん置いてあります。 それだけではありません。 グリーン車で長い距離旅行といったら、ビールでしょう。 ワゴン車に乗せられたビールも駅員が移動販売しているのも特徴の一つとなっています。 その他アイスやプリンといったデザート系の食品から、カレーライスなどのようなご飯系、パンケーキに蓋つきの紙コップにつがれているコーヒーのような飲料系の品物も販売しております。 なんだかすごくリッチな特急列車ですね。 スーパービュー踊り子車内で買える物まとめ• グッズ• サロン(生ビールとつまみ、カレーライス、アイス等)• コーヒー• パンケーキ ではそんなリッチなスーパービュー踊り子の兄弟分である新型特急列車のサフィール踊り子は一体どれだけのサービスが充実しているのかを予想してみたいと思います。 スーパービュー踊り子にはないサービスがあるのではないかと思っています。 サフィール踊り子の車内販売メニュー予想 サフィール踊り子車内で食べられるものとして確定しているのは、ヌードルです! しかもただのヌードルじゃないんです! 世界からも注目されている創作料理店「傳」の料理長、長谷川在佑さんが監修したヌードルです。 きっといままで食べたラーメンとは違った世界が見れるのかな~なんて期待しています。 必ずあるのが、スーパービュー踊り子と同じく車内の売店。 こちらは食品やグッズの種類がスーパービュー踊り子と比べてさらに豊富でかつ、ここでしから手に入らないような珍しいものも販売しているものと思われます。 例えばサフィール踊り子の記念メダルや記念帽子といった、 記念系のグッズ。 食品で言えば、サフィール踊り子車内で作られたサングリアなど。 スーパービュー踊り子では生ビールを移動販売していると先ほどご紹介しましたが、サフィール踊り子の場合は、生ビールに限らず 様々な種類のお酒も販売しているのではないかと予想しています。 また 大人専用のバーもあったりするのではないかと考えていますが、予算的に厳しいのかなとも思えます。 ですがバーもあったらそれは大人にとってはなかなかはまりますよね。 スーパービュー踊り子ではカレーライスなどが商品としてありましたが、サフィール踊り子では注文すれば ステーキなども出てくるのではないかと予想しています。 アツアツに焼かれた油の乗った牛肉などがプレミアムグリーン車で食べられたら最高ですよね。 そこにおいしいビールやらワインやらがあったりしたらさらに最高ですね。 スーパービュー踊り子とサフィール踊り子の違い予想を簡単に表にまとめてみるとこんな感じになります。 (あくまで予想です) スーパービュー踊り子 サフィール踊り子 売店商品 グッズや普通の品物 記念品グッズに加えその他多数の品物が豊富 料理の種類 カレーライスなどといった普通のご飯 ステーキなどといった高級料理 お酒の種類 生ビールくらい ワインやサングリアなどのオシャレなお酒 施設 サロン サロンに加えカウンターバーなど 椅子 グリーン車のみ グリーン車、プレミアムグリーン車 その他 窓が大きく外の景色が見やすい 窓の大きさに加え、椅子にテレビモニタなどついてる まとめ スーパービュー踊り子を踏まえて予想をたてていたら、サフィール踊り子がとてもリッチな特急列車になってしまいました。 しかしすべては無いにしろ、いくつかはあてはまるものがあると思います。 スーパービュー踊り子でさえなかなかリッチな特急列車なので、そこからさらに作成された新型となればもっといいものが現れるはずです。 機会があればぜひ一度贅沢気分を味わいに乗ってみてくださいね。 下の記事も参考にしてください。

次の