遊戯王 デュエル リンクス クリス トロン。 水晶機巧(クリストロン)カードリスト一覧

トロン(遊戯王ZEXAL)とは (トロンとは) [単語記事]

遊戯王 デュエル リンクス クリス トロン

とは、「」の登場人物である。 は、泰(・の場合)。 概要 第2部「編」以降から登場した。 初登場は編開始に当たる26話より。 の長であるにもかかわらず、その姿はで最も幼げであり、と口元のみを露出したっぽい姿に不似合いな分厚いを常に被り、長いをにした、という異様な外見をしている。 体格もよりさらに一回り小さく、容姿だけで見るなら間違いなくが最年少であるが、の・が「への非礼は私が許さない」と絶対の信頼を寄せているほどであるため、以上の年である可性も高い。 またには達と同様にの の紋章があり、さらには左がいつもく染まっていてしかも時折発したりもしている。 こちらにも紋章と同じくのが備わっているのだろうか。 が常に彼の側に仕え、達を通して(および他のや所有者)に干渉するなど「体は、頭は」な雰囲気を携えているかと思いきや、は「ゥーンの鑑賞」というみたいな嗜好を持つ。 キャンは使えないが、伏せの透視はできるようだ。 それどころかのを彷彿させる狂気じみた笑いにも定評があり、薄暗いの中で複数のでいくつものを同時に視聴しては邪気に笑い転げているなど、とが入り混じったような奇妙な生活を送る。 そんなから、達の間では「の使用(群)はか?」などとくも予想と期待が高まっていた。 しかしではではなく、「」の名を冠するや「紋章()」と名の付くを使用する。 続く第話にてのを行いが持つのをから奪い取り、物体をへ吹き飛ばす(跡形もく破壊する)を自分のものにし、それを試すためにの一室を柱ごと削り取っている。 に対して並々ならぬ心を燃やしており、を率いてへ参加したのも全ては彼へのを果たすためであるようだ。 もっとも当のからは名前も存在も忘れられたようであったが、後述の通り「」という名前が彼の本来の名前ではない以上、忘れられるのも理はいかもしれないが。 一方で、の事はであるを通して知ってはいるようで、一と面識があるらしい。 詳細は後述。 の定石として長らく表に姿を現さなかったが、続く第話にていよいよ決勝祭という表へと登場。 の見せ場を奪い突如現れ、然とする参加者達をに 「、大好きなんだ!」とっぽく振る舞っていたかと思えば、上のの元へ歩み寄り 「は。 ぶっ潰してあげる!」などとをかまして去っていく。 このとき、にもをかけており、ののおかげなのかの姿が見えるような素振りも見せていた。 そして、帰りの送迎の中ではに没頭して遊んでいる新たな一面も見られた。 ところであの、専属の係はやっぱりだったのか? そしてあのは、SEから察するに製のなのか? 続く決勝戦ではに乗りながら自らが差し向けた賞稼ぎ「ル・ズ」とのを観戦しながら進行していたが、続く第話にて元実行委員であるとのを行う。 ここでついにのが初披露となるのだが、にものを言わせたので(く「璧なだ、隙なんてない」)を展開されたにも関わらずはの効果で相手から名前を奪う事でが構築したを逆利用しを追い詰め、さらには紋章のでから記憶や精を奪いにしてしまうという ぶりを見せつけ、や以上のえげつなさで達を驚かせる。 で八方塞がりにされたのに対するふざけた態度と、本気の顔の落差には、のを彷彿させる恐怖やさを覚えたも多かったのではなかろうか。 ところでといいといい、中のはの常套戦術なのだろうか。 続く話でもとののへ登場。 がの身内を手にかけたのも全てはの差しである事、そしてそれもフェーへの計画の一端であるというが判明、はの独やを煽るに対して怒りを煮えたぎらせるが・・・ また、に起こった悲劇やフェーにを誓う理由も、第話にての口からられることになる。 それによれば、の正体は案の定(というべきか)達のであり、かつてや()とともにへのについて研究を進めていた者であった。 ちなみにここで彼の本名が「 ・」であるというも判明する。 ちなみに編にて登場したのの中では3に加えの存在も確認できたが、このが登場した当時から「彼がと同一人物ではないか」とも言われていた。 ここでの彼は顔が見えないものの、体格がの以上に大柄であり、やもと酷似していたので彼がと同一人物である、という推測はごくに浮上する事になったのだが。 その後(旧名:)のの中でフェーとの・一と共に3人で協しての遺跡へと足を踏み入れるが、やがて遺跡ので「へのを開く」という的(=私欲)にがんだフェーの裏切りによっては一と共にに嵌められ、へのを開くための生贄としてへ送られてしまうのだった。 ?いいえ、です。 そしてからの元へ帰還した頃には、作品中でと呼ばれているのの姿になってしまっていたようで、同時に性格も大きく変貌してしまっていたらしい。 が一の事についてを知っていた事も、がの助手として共に活動していたためであったようだ。 上記の経緯から、(?)がへの恨みをらすべく行動しているのも納得の余地がある反面、上記のはのでからられた内容を元にしたであると思われるため、この内容全てがとは言い切れないのもまた確かなのであるが。 そればかりか作中ではとのを経て、「他者の記憶を封印したり、奪い取る(く『記憶を食べる』)」という 千年錫っぽいを披露した事もあり、『 の正体とは、の記憶を食べた何者かがに成りすましているのではないか?』という予測が出ていた事もあった。 彼らの言うとおりとが同一人物なのだとすれば、や御伽の、剛やアクナ達に並んでが言うところの「ろくでなしの品評会」にフェー共々ップされるであろう。 特にあまりの過さにではなかった事にされた御伽とは共通点が非常に多く、もしかするとと言うのなのかもしれない。 でも、こっちの方が色んな意味でヤバい気がするのは気のせい。 まぁ編がしたは、 とが同一人物である事がとなっているようだが。 そして決勝戦にてはついに、準決勝でを破った『』の召喚をきっかけにを外し素顔を明かす。 の下から現れた素顔は何と、左を中心に顔の左半分が深淵の闇そのものを形成しているという恐るべき に続く顔であった。 にく「心を湛えながらを彷徨っているうちに、このような顔になった」との事だが、一体何があればを内蔵した顔ができあがるのか。 これもやはりのなのか。 (ちなみに左のい部分はどうやらの左ではなくのだったようで、の顔から溢れる闇のを抑える具のようなものであると推測される。 もっとも観客には「ヴィの演出」としか受け取られなかったようだが。 ) この脅威のに対し、もと共にので対抗し壮絶な攻防を繰り広げた結果、強な(・ウェ)ので9を破壊され、敗れる。 決着後、へ飲み込まれそうになるところを、身を挺してに助け出そうとするの姿を見たはかつて自分と共に同じ遇に遭った一と重ね、「はの具じゃない」というのとフェーの策略に嵌められた自分を救出しようとしての一の意に気づくと、彼はまでに奪ってきた人々の魂や記憶と共に達3人の魂を解放、「への思い」をした事にしながら、切った表情でへ飲み込まれ消滅していった。 やがて第話、と達のが決着後にが崩壊を始める中、フェーや達の前に姿を現すと、残された紋章ので達の身柄をの外の安全な場所まで送り届け救出してみせた。 (この時、フェーの一連の謝罪の言葉を受け入れて尚且つフェーを「友」と呼んでいる事から、フェーが達との中口にした「自分をに嵌めてへの門を開こうとした意」をの中で知った(聞いていた?)ものと思われる。 ) 上記の一件によっては全に(消滅)してしまったかのように思われたが、翌週(第話)で3人の達と共に何事もく登場、とのを見届けると帰っていった。 そしてこの時、達3人の本名が判明するのだが、達の名前はそれぞれ• (本名:)• (本名:)• (本名:) という。 でも以外もいない場所でくらいは、本名や称で呼び合ってもよさそうなもんだが。 また、に対する並々ならぬ心が成せる業なのか、のような態度で相手を化したり心理の弱い面を的確に突き回しては相手(達をも)をさせ、前述の『』を解放するための糧にしたり人心を握したのち駒として思うがまま利用するなど、歴代を顧みても屈のを得意とする の持ちである。 ちなみに、本来の姿であるは達を優しく見守ったり、研究に行き詰まる親友のフェーに協してみせるほどの穏やかな人柄で、一と共に互いの達を自慢し合える仲でもあった。 (編が決着した以降は、こちらの人格に戻ったと見ていいようだ。 ) その後がとの戦いへ移っていき、彼のたちがたちと共に勢との戦いへ身を投じ、彼らのを行ったのち消滅してしまってもなお長らく姿を見せなかったが、が倒されとの互いのを賭けた最終局面にてようやく登場。 が「」へ題されて以来、およそ1年半ぶりの再登場である。 にいると協して、2つのが引き寄せあう事態を紋章ので食い止める事でとの最終の行く末を一と共に見守るのだった。 なお、達の持つの紋章のの詳細については結局最後までにされなかったが。 余談だが、のを担当した・は「」でもスライの役で出演している。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目 一般項目 使用するカード• (次男)• (三男)• (したいヤツがいる・・・!)• [群].

次の

水晶機巧(クリストロン) デッキレシピ一覧

遊戯王 デュエル リンクス クリス トロン

元々ランク戦なんかではそこまで見かける印象なかったですが、大会なんかだとけっこう活躍していたそうです。 実際、ランク戦の人気モンスターカードランキング50の中に「クリストロン」モンスターは1体もいません。 何よりエースモンスターの『水晶機巧-グリオンガンド』がめちゃくちゃカッコいいです。 私もこのデッキをパク…リスペクトして、新リミットにあわせて組んでみました。 結論 めちゃくちゃ強いです。 キング帯なのでアレではありますが、ランク戦で10連勝くらいしました。 デッキの強みについては概ね動画で紹介されている通りですが現段階で既にコズミック・サイクロンを使わない構築を試している人が多く、海潜奇襲が相手にとってかなりの脅威になっていたと思います。 シストバーンとサルファフナーが2枚ずつなのは、恥ずかしながら3枚持っていないからなんですが、それでも初ターン事故って動けないということはほぼありませんでした。 防御札としてクリボールを入れていますが、海潜奇襲で自分のモンスターを除外して場が開いてしまうことは多々あったので、手札から投げれるボールはかなり重宝しました。 先行でクジラ立てたら返しのターンでBFにぶん回されて為す術なくやられてしまうことがあったんですが「あ、これ理不尽ワンキル決めてくるデッキだな」って察したら、どうにかして相手ターンに 『甲化鎧骨格 インゼクトロン・パワード 』をシンクロ召喚できる形を作った方がいいでしょう。 そういう、相手のキャラ・スキルで使用デッキを予想して動く判断力も必要になります。 こいつの効果発動に成功さえすれば、とりあえずそのターン中にライフが削られることはありません。 相手ターンにこれが出来るのは水晶機巧の大きな強みの一つですね。 今後の水晶機巧カードの強化についてですが、シンクロテーマなのでシンクロモンスターが増えるほど、EXデッキ枠が増えるほど強くはなります。 実は現状OCGに存在する「クリストロン」カードのうち、メインデッキに入るカードは既に全てリンクスに実装されています。 そしてEXデッキに入る「クリストロン」カードでは3枚リンクスに未実装のモンスターがいます。 もう1枚のハリファイバーはリンクモンスターなので割愛します。 フェニキシオンは『クリストロン・インパクト』のイラスト手前に移っているモンスターで、相手の場と墓地の魔法・罠カードを全て除外するというグリオンガンドの対になるようなド派手な効果を持っています。 クオンダムをS素材にする場合相手ターンにシンクロできるのも強力ですね。 このアクセル・シンクロをメイン戦術とするTG テックジーナス というテーマを使うキャラクタでアンチノミーというキャラがいるので、このキャラが実装されるタイミングくらいでシューティングスターやフェニキシオンも実装されるんじゃないかなと思います。 シンクロ同士でシンクロなんかやり始めたらEXデッキ枠を最低でも8枚とかにはしてもらわないとまともに動く気しないですけど。 ちなみに、グリオンガンドの「チューナーモンスター2体以上+チューナー以外のモンスター1体以上」という召喚条件は、ジャックの後期エースモンスター 『スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン』と似たものになっています。 こういう面でもグリオンガンドの対になっている感じですね。 攻撃力がだいたい5000に届き、効果破壊耐性を持つという化物みたいなモンスターですが、現状のリンクスでも『クインテット・マジシャン』とか『月光舞剣虎姫』みたいなもっと簡単に出せる化物モンスターがいるので全然出てきていいような気はしますね。 イベントストーリーの進行にあわせて出てくるのかもしれませんが。 だいぶ脱線しましたが、そんなわけで海水晶機巧は新環境ではけっこう強いと思います 雑 以上!.

次の

相手ターン中に浮鵺城が強すぎる!!!リアクター蘇生で理不尽ゲー出来る「古代クリストロン」が強すぎるw【遊戯王デュエルリンクス】

遊戯王 デュエル リンクス クリス トロン

とは、「」の登場人物である。 は、泰(・の場合)。 概要 第2部「編」以降から登場した。 初登場は編開始に当たる26話より。 の長であるにもかかわらず、その姿はで最も幼げであり、と口元のみを露出したっぽい姿に不似合いな分厚いを常に被り、長いをにした、という異様な外見をしている。 体格もよりさらに一回り小さく、容姿だけで見るなら間違いなくが最年少であるが、の・が「への非礼は私が許さない」と絶対の信頼を寄せているほどであるため、以上の年である可性も高い。 またには達と同様にの の紋章があり、さらには左がいつもく染まっていてしかも時折発したりもしている。 こちらにも紋章と同じくのが備わっているのだろうか。 が常に彼の側に仕え、達を通して(および他のや所有者)に干渉するなど「体は、頭は」な雰囲気を携えているかと思いきや、は「ゥーンの鑑賞」というみたいな嗜好を持つ。 キャンは使えないが、伏せの透視はできるようだ。 それどころかのを彷彿させる狂気じみた笑いにも定評があり、薄暗いの中で複数のでいくつものを同時に視聴しては邪気に笑い転げているなど、とが入り混じったような奇妙な生活を送る。 そんなから、達の間では「の使用(群)はか?」などとくも予想と期待が高まっていた。 しかしではではなく、「」の名を冠するや「紋章()」と名の付くを使用する。 続く第話にてのを行いが持つのをから奪い取り、物体をへ吹き飛ばす(跡形もく破壊する)を自分のものにし、それを試すためにの一室を柱ごと削り取っている。 に対して並々ならぬ心を燃やしており、を率いてへ参加したのも全ては彼へのを果たすためであるようだ。 もっとも当のからは名前も存在も忘れられたようであったが、後述の通り「」という名前が彼の本来の名前ではない以上、忘れられるのも理はいかもしれないが。 一方で、の事はであるを通して知ってはいるようで、一と面識があるらしい。 詳細は後述。 の定石として長らく表に姿を現さなかったが、続く第話にていよいよ決勝祭という表へと登場。 の見せ場を奪い突如現れ、然とする参加者達をに 「、大好きなんだ!」とっぽく振る舞っていたかと思えば、上のの元へ歩み寄り 「は。 ぶっ潰してあげる!」などとをかまして去っていく。 このとき、にもをかけており、ののおかげなのかの姿が見えるような素振りも見せていた。 そして、帰りの送迎の中ではに没頭して遊んでいる新たな一面も見られた。 ところであの、専属の係はやっぱりだったのか? そしてあのは、SEから察するに製のなのか? 続く決勝戦ではに乗りながら自らが差し向けた賞稼ぎ「ル・ズ」とのを観戦しながら進行していたが、続く第話にて元実行委員であるとのを行う。 ここでついにのが初披露となるのだが、にものを言わせたので(く「璧なだ、隙なんてない」)を展開されたにも関わらずはの効果で相手から名前を奪う事でが構築したを逆利用しを追い詰め、さらには紋章のでから記憶や精を奪いにしてしまうという ぶりを見せつけ、や以上のえげつなさで達を驚かせる。 で八方塞がりにされたのに対するふざけた態度と、本気の顔の落差には、のを彷彿させる恐怖やさを覚えたも多かったのではなかろうか。 ところでといいといい、中のはの常套戦術なのだろうか。 続く話でもとののへ登場。 がの身内を手にかけたのも全てはの差しである事、そしてそれもフェーへの計画の一端であるというが判明、はの独やを煽るに対して怒りを煮えたぎらせるが・・・ また、に起こった悲劇やフェーにを誓う理由も、第話にての口からられることになる。 それによれば、の正体は案の定(というべきか)達のであり、かつてや()とともにへのについて研究を進めていた者であった。 ちなみにここで彼の本名が「 ・」であるというも判明する。 ちなみに編にて登場したのの中では3に加えの存在も確認できたが、このが登場した当時から「彼がと同一人物ではないか」とも言われていた。 ここでの彼は顔が見えないものの、体格がの以上に大柄であり、やもと酷似していたので彼がと同一人物である、という推測はごくに浮上する事になったのだが。 その後(旧名:)のの中でフェーとの・一と共に3人で協しての遺跡へと足を踏み入れるが、やがて遺跡ので「へのを開く」という的(=私欲)にがんだフェーの裏切りによっては一と共にに嵌められ、へのを開くための生贄としてへ送られてしまうのだった。 ?いいえ、です。 そしてからの元へ帰還した頃には、作品中でと呼ばれているのの姿になってしまっていたようで、同時に性格も大きく変貌してしまっていたらしい。 が一の事についてを知っていた事も、がの助手として共に活動していたためであったようだ。 上記の経緯から、(?)がへの恨みをらすべく行動しているのも納得の余地がある反面、上記のはのでからられた内容を元にしたであると思われるため、この内容全てがとは言い切れないのもまた確かなのであるが。 そればかりか作中ではとのを経て、「他者の記憶を封印したり、奪い取る(く『記憶を食べる』)」という 千年錫っぽいを披露した事もあり、『 の正体とは、の記憶を食べた何者かがに成りすましているのではないか?』という予測が出ていた事もあった。 彼らの言うとおりとが同一人物なのだとすれば、や御伽の、剛やアクナ達に並んでが言うところの「ろくでなしの品評会」にフェー共々ップされるであろう。 特にあまりの過さにではなかった事にされた御伽とは共通点が非常に多く、もしかするとと言うのなのかもしれない。 でも、こっちの方が色んな意味でヤバい気がするのは気のせい。 まぁ編がしたは、 とが同一人物である事がとなっているようだが。 そして決勝戦にてはついに、準決勝でを破った『』の召喚をきっかけにを外し素顔を明かす。 の下から現れた素顔は何と、左を中心に顔の左半分が深淵の闇そのものを形成しているという恐るべき に続く顔であった。 にく「心を湛えながらを彷徨っているうちに、このような顔になった」との事だが、一体何があればを内蔵した顔ができあがるのか。 これもやはりのなのか。 (ちなみに左のい部分はどうやらの左ではなくのだったようで、の顔から溢れる闇のを抑える具のようなものであると推測される。 もっとも観客には「ヴィの演出」としか受け取られなかったようだが。 ) この脅威のに対し、もと共にので対抗し壮絶な攻防を繰り広げた結果、強な(・ウェ)ので9を破壊され、敗れる。 決着後、へ飲み込まれそうになるところを、身を挺してに助け出そうとするの姿を見たはかつて自分と共に同じ遇に遭った一と重ね、「はの具じゃない」というのとフェーの策略に嵌められた自分を救出しようとしての一の意に気づくと、彼はまでに奪ってきた人々の魂や記憶と共に達3人の魂を解放、「への思い」をした事にしながら、切った表情でへ飲み込まれ消滅していった。 やがて第話、と達のが決着後にが崩壊を始める中、フェーや達の前に姿を現すと、残された紋章ので達の身柄をの外の安全な場所まで送り届け救出してみせた。 (この時、フェーの一連の謝罪の言葉を受け入れて尚且つフェーを「友」と呼んでいる事から、フェーが達との中口にした「自分をに嵌めてへの門を開こうとした意」をの中で知った(聞いていた?)ものと思われる。 ) 上記の一件によっては全に(消滅)してしまったかのように思われたが、翌週(第話)で3人の達と共に何事もく登場、とのを見届けると帰っていった。 そしてこの時、達3人の本名が判明するのだが、達の名前はそれぞれ• (本名:)• (本名:)• (本名:) という。 でも以外もいない場所でくらいは、本名や称で呼び合ってもよさそうなもんだが。 また、に対する並々ならぬ心が成せる業なのか、のような態度で相手を化したり心理の弱い面を的確に突き回しては相手(達をも)をさせ、前述の『』を解放するための糧にしたり人心を握したのち駒として思うがまま利用するなど、歴代を顧みても屈のを得意とする の持ちである。 ちなみに、本来の姿であるは達を優しく見守ったり、研究に行き詰まる親友のフェーに協してみせるほどの穏やかな人柄で、一と共に互いの達を自慢し合える仲でもあった。 (編が決着した以降は、こちらの人格に戻ったと見ていいようだ。 ) その後がとの戦いへ移っていき、彼のたちがたちと共に勢との戦いへ身を投じ、彼らのを行ったのち消滅してしまってもなお長らく姿を見せなかったが、が倒されとの互いのを賭けた最終局面にてようやく登場。 が「」へ題されて以来、およそ1年半ぶりの再登場である。 にいると協して、2つのが引き寄せあう事態を紋章ので食い止める事でとの最終の行く末を一と共に見守るのだった。 なお、達の持つの紋章のの詳細については結局最後までにされなかったが。 余談だが、のを担当した・は「」でもスライの役で出演している。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目 一般項目 使用するカード• (次男)• (三男)• (したいヤツがいる・・・!)• [群].

次の