字 を きれいに 書く に は。 字を綺麗に書くなら文字を綺麗に書く練習をしないこと│トイコタエ

黒板の字のきれいに書くポイントを教えます!これで汚い字とはオサラバしよう!

字 を きれいに 書く に は

字が汚い男。 はい、それは私のことです。 サラリーマン歴13年のこのわたし、字を書くスキルは新卒のころと全く変わっていないです、はい。 自慢するようなことじゃないですが。 自分でも何とかしたい・・でもペン習字を習うほどの気力も無い。 一体どうすればいいんだろうと悩んでいました。 いくらパソコン業務がメインとはいえ、事務書類で自筆サインが必要なケースはあります。 電話の伝言メモ、ちょっとした自分のメモ。 手書きって地味に重要だし、これからも必要。 上手くなくてもいいから、せめて見やすい字にしたいなーと思い、いろいろ調べたり自分なりに工夫しました。 同じように悩んでいる男子に見てもらいたいです。 綺麗に書くと、スピードがない 頑張って本気出したら、それなりの字はかけると思います。 一字一字に集中して書けば。 でも、ビジネスの現場でそんな悠長なことはしていられない。 アーティストじゃないんだから。 ある程度のスピードで文字を書かなければならない。 でも、サラサラっと書くと形が崩れて汚くなる。 ~字が汚いあるある~ 自分で過去のメモを見返すと、何書いているのか読めない時がある。 「これ、なんて書いている?」と人に聞くことがある。 自分の字なのに。 きれいに書きたいけど、早さも出したい。 なら「見やすい」字を目指せばいいんじゃないかと。 どうしても、キレイに書きたいというのが根底にあるから、逆におかしくなっている気がします。 褒められるために字を書くのではなく、確実に目的を自分や相手に伝えるための「字」であることが、仕事ですから。 見やすい字を書くには ボールペン字のテキストを1冊ほど買って、練習しましたがレッスンがあまりに退屈で続かない。 モチベーションを保つのが難しいです、こういうたぐいのものって。 ここは一つ発想を変えて、レッスンするというよりも「見やすく書くコツ」だけ吸収しようと思い、もう一度テキストを見てみました。 コツらしきものを自分で見つけながら、あとは実践の場で試す・・ということをしてきました。 その結果、効果があったことを紹介します。 文字は斜めに書く 筆記体じゃねーし!って突っ込みが入りそうですがw、少し右上がりになるように角度をつけると、文字が整って見えやすくなります。 右肩でも左肩でも良いのですが、およそ15度くらい上がるようにすると良いです。 土台となる紙を、ちょっと斜めにしながら書いてみるなど、自分にとって書きやすいツボを見つけると良いでしょう。 注意点は、右上がりならずっと右上がりを全ての文字で継続すること。 途中で左上がりにしてはいけません。 実践の中で、トライ&エラーをしていくのが続けるコツです。 家に帰って、ノートを広げてコツコツやるのは辞めましょ。 続かないし、もっとやるべきことがあるはずですよ。 省略する 漢字を書く場合、言葉は悪いですがバカ正直に、きっちりかかずに手抜きするとキレイに見えます。 どういうことかと言いますと、たとえば「資本」という漢字を書くとします。 通常なら、「資」の下側は、「目」に「ハ」を書きますよね。 「目」の部分を一本抜いて「日」にするんです。 字、間違っているじゃね-かよ!と思う方もいるかもしれません。 ですが、「資」の下が一本少なくても、何の字かわかりますよね? 漢字テストじゃないんですから、正確に書く必要はありません。 『読めればいい』んです。 こういう字のように、細かい部分に線が密集していると、つぶれて汚くなります。 それを回避するんです。 文字を早く書けるというメリットもありますしね。 これは基本形で、あとは実践を通じて、棒の1本くらい抜いても何の文字だかわかりそうなことは、どんどん省略して検証してみましょう。 嘘くさいと思うかもしれませんが、意外とビックリすると思います。 見やすいですから。 ただし、いざ正確に各場面があった時に、省略した書き方が染みついてしまう可能性もありますがw 実践を通じてやる、マインドを保つ 社会人で忙しいので、字を良くするために時間を必要以上にかけなくていいと思います。 あくまで実践で見やすくする試行錯誤をすればいいので。 その時に上記の2つを心がけると良いですよ。 あとはマインドですね。 きれいに書くという意識を捨てて「見やすい字」を書くことを念頭に置きましょう。 美意識をクリエイトな方向ではなく、現実的な方向に向けましょう。 うまい!と言われたらそりゃあ嬉しいですが、これは元々のセンスに左右されます。 字を書くのは無難に、他の面で評価されるように頑張りましょ。

次の

【明日からの実践】黒板に書く字が10倍上手くなる方法6選!【意識するだけ】

字 を きれいに 書く に は

漢字をきれいに書くコツ 漢字をきれいに書きたいのであれば、きれいに書くコツを押さえておかなければなりません。 きれいな漢字が書ける3つのコツを見てみましょう。 横線は右上がり 例えば、一番分かりやすい漢字として、「書」という字を書いてみてください。 いつもよく書かれている文字はどれが一番近いと思いますか? それぞれの文字には特徴があり、横線の角度が右上がりに書かれているもの、バラバラなもの、右下がりに書かれているものの3種類があります。 一見するとバラバラに書かれているもの以外は特に違和感がないかもしれませんが、実は一般的に書かれている文字は右が下がるようには書きません。 毛筆であれば「隷書」という書体でのみ右下がりになるように書きますが、ペン字では右下がりの横線になることはまずありません。 そのため、 漢字を書く場合には横線がまっすぐよりも、気持ち右上がりになるように書くときれいに書けます。 右下は常に一番下 漢字を書く時に次にチェックしておきたいのが漢字の書き終わりです。 大抵の漢字の書き終わりは右下が多いことがうかがえますね。 例えば、「大」という漢字を書いてみてください。 最初のコツの時に漢字の横線は右上がりに書くというコツがあるとお伝えしましたが、右上がりに書くことにばかり気を付けて漢字を書こうとすると、上の図(下の文字)のように左下の部分が浮いてしまうことも多々あります。 こうなってしまうと、漢字のバランスが悪くなってしまい、まるで漢字が前のめりになっているような感じになってしまいます。 右下の部分、つまり 漢字の最後の1画が一番下になるように書くことが2つ目のコツになります。 右下に重心を置くことで、自然とバランスが取れた字を書けるようになりますよ。 間隔は均等に 漢字をいくら練習しても「何か変」。 そう感じる人の多くが線と線の間隔がバラバラになっていることがわかります。 1つ目のコツでも参考にした「書」という漢字を見てみましょう。 とても顕著に書いたものですが、この〇で間隔を図ってみるとよくわかるのですが、横線の間隔がバラバラであればどこか潰れたような感じになってしまいます。 漢字を書く時に 横線の間隔を均等にすることを心掛けながら書くと、比較的早く・簡単にきれいな漢字が書けるようになります。 漢字をきれいに書くための練習方法 コツが3つわかったところで次のステップに移ってみましょう。 コツを押さえた練習方法には以下の3ステップがあります。 順番に見ていきましょう! 右上がりの横線を書く 最初のステップとして、 右上がりの線に慣れることから始めていきましょう。 練習方法としては、マジックや太めのマーカーなど定規を使って一本横線を書きます。 目安としては6度程度の緩い右上がりになるように書いていきましょう。 まっすぐに引いた横線をスタート地点として、何本か同じような角度や長さを意識して練習していきましょう。 「永」の字を書く 右上がりの線が書けたら、次は 「永」という漢字を練習していきましょう。 この「永」には、漢字に使われる全てのパーツが含まれています。 下の画像を見て頂ければわかりますが、漢字を書く時に必要となる「点・角・ハネ・ハライ」の全てが含まれています。 また、2つ目のコツとして紹介した「右下に重心を置く」ことも、この「永」という漢字を練習すれば自然と身につくようになりますよ。 「田」「書」で間隔を掴む 最後のステップとして、一番難しい 「間隔を均等にする」ことを練習していきましょう。 最初は「田」から始めます。 「田」の4つの空間がほぼ同じ間隔になるように書いていきましょう。 この「田」では「空いた空間の均等さ」についての練習が出来ます。

次の

【明日からの実践】黒板に書く字が10倍上手くなる方法6選!【意識するだけ】

字 を きれいに 書く に は

ボールペン字をきれいに書くコツ6つ コツはズバリ6つ! 私がお伝えしたいのは、たったこれだけです。 決して難しくない6つのコツを意識してみませんか? 字の正しい形を見直す 本来の字の形や書き順をしっかりと覚えていますか? こうしてネットを通じてこの記事を読んでいらっしゃるのであれば、一度自分の名前の漢字でも良いですので、正しい形や書き順を調べてみて下さい。 書き順やトメ・ハネ・ハライが正しければ自然と字の形が整ってきます。 自分が間違って覚えていたことを自覚することで、自然とクセも落ち着いてきますよ。 顔と紙の距離を測る 正しい距離間は 30cm~40cm。 紙と顔の距離が近すぎると、紙全体を見られなくなります。 それだけでなく、文章を書く上でも字の大きさにバラつきが出来てしまったり、字の並びが歪んでいたりといった問題に気づけずに最後まで書いてしまいます。 30cm~40cmという距離感がつかめると、文字を書く姿勢も気を付けられるようになりますよ。 正しい姿勢を保つことが綺麗な字を書くための第一歩となります。 手本を探す 自分が書きたいなぁと思う字を探しましょう。 いくら綺麗な字として手本に挙げられている字でも、苦手な字やあまり好きではない字も中にはあります。 私も書道家なのですが、先生の字が自分にとって嫌いな字であったなら、そもそも書道自体始めていなかったかもしれません。 それほど「手本にしたい字」というのは大切です。 どのような字が良いのか悩むのであれば、通信講座のを見てみるのも1つ。 例として掲示されている字を見て選ぶのも良いでしょう。 手本を真似する 何事も試してみなければ始まりません! まずは手本を真似してみましょう。 スポーツでも何でも 真似することが上達する最大のポイントですよ。 文字を大きく書く 大きく文字を書くことで自分のクセに気づけることがあります。 また、自分の字に自信があると文字は大きく書けるとも言います。 小さな字を何度も書くよりも、大きい字をしっかり決めた回数書くほうが早く綺麗な字に近づけますよ。 書き慣れる 手本を真似したり、正しい字の形を覚えたりと書くことがわかってきたら、最後に書き慣れていきましょう。 自分では手本が選べなかったり、繰り返し練習するために何が必要なのかが分からなかったりした場合には、ボールペン字講座に入会してみても良いですね。 自分が「コレが書きたかった!」と思える内容の教材が見つかれば、後は早いですよ。 ボールペン字が上手くなるための練習方法5ステップ 上手くなるためには、正しい姿勢でしっかりペンを持ち、 たくさん練習することが一番です。 たくさん練習するには、その練習方法も気になりますよね? また、綺麗な字を練習するには必要なものもありますので、準備しておきたいものも含めてみていきましょう。 準備するもの 手本 自分が真似たい・書けるようになりたいと思うお手本を見つけましょう。 チェックするべきところは「永」という字とひらがなです。 「永」という字には、字形の基礎となるトメ・ハネ・ハライが入っています。 この文字とひらがなが、自分の好みに合っているものであるかどうかを見ておく必要があります。 ひらがなが気に入れば、そのお手本は自分に合っているといえますよ。 もしもどのお手本が良いのか悩んだら、一度ボールペン字講座を覗いてみても良いかもしれませんね。 ステップ1. 姿勢をキープ 字を書くためにはきれいな姿勢でなければなりません。 誰でも楽な姿勢ほどしやすいものはありませんよね? ですが、綺麗な字を書きたいのであれば我慢! 背筋を伸ばして肘をつかずにボールペンを持ってみましょう。 もちろん、ボールペンの持ち方も、ペンを握り込むのではなく、親指・人差し指・中指で支えるように、ボールペンであれば60度~90度の角度で持つようにします。 力を入れずに楽に書ける持ち方が正解ですよ! と、ここまではどこのサイトでも書かれている事なのですが、ペンを持つ時に「小指」に意識を向けられたことはあるでしょうか? 親指・人差し指・中指の3本だけで持つとすっとペンが抜けてしまうくらい軽く持つと良いのですが、それだとうまく字が書けませんよね? そこで「小指」の出番なんです! 「小指」を曲げてペンを持ち、くっと軽く力を入れることで無理なく字を書くことが出来ますよ! 力を込めてノートに字を書いた場合、下敷きを使わなければ必ず裏面が凸凹してしまいます。 しかし、3本の指でペンを支えるように持ち、小指に軽く力を入れておくことでこの凸凹のない仕上がりになります。 さて、次は実際の練習方法をご紹介していきましょう! ステップ2. ぐるぐる書き ボールペンでぐるぐると書いてみましょう。 私の経験上、文字を書く前にはまず線や曲線を書いていきます。 ボールペンに慣れることもボールペン字で綺麗に字を書くためには大切なことだと思いますよ! 出来るだけ大きくぐるぐると書けたら、次のステップに移りましょう。 ステップ3. 真っ直ぐな線を書く どの字にも含まれている直線。 直線をまっすぐ書くというのは、実はぐるぐる書くことよりもはるかに難しいことです。 そのため、綺麗な字を書くために、まっすぐな線が書けるように練習をしてみましょう。 ステップ4. 書き順を意識して書いてみる ひらがなでもカタカナでも漢字でも、書き順は一番大切な綺麗な字を書くステップの1つです。 この書き順、例えば「右」と「左」という漢字の書き始めはどちらも違うことをご存知でしょうか? 「右」は上から、「左」は横から書き始めます。 この 書き順が間違っていると字の形が歪んでしまう原因になると言っても過言はありません! 正しい書き順を再確認して書いてみるようにしましょう。 ステップ5. 真似る・慣れる 慣れることが大切! 素敵な手本に出会えたら、後は真似ていくだけ。 この時に、 できるだけ大きな字を書いて練習するようにしましょう。 例えば、小学1年生が使う国語のノートのように大きなマスのあるノートを使ってみるのも良いでしょう。 また、どれくらい練習すれば良いのか、どういった文句を練習していけば良いのか悩み始めたら、ボールペン字講座を参考にしてみても良いですね。 インターネットでは、関連画像も出てきますし、実際に「興味が湧いて入会したよ」という方もいらっしゃいます。 「綺麗な字が書きたい」なら、頑張って何度も練習していくことが一番大切と言えますね。

次の