確認 ありがとう 英語。 ご確認ありがとうございますって英語でなんて言うの?

【英語メール書き方 Tips】質問、問い合わせ、確認の仕方【箇条書きを有効活用する】

確認 ありがとう 英語

「have a question」は「have an inquiry」、「ask you」は「inquire you」、「about」は「regarding」と、よりビジネスらしく固い表現に言い換え可能ですが、私は「question」「ask」「about」を使うようにしています。 理由は、英語話者の8割は英語非ネイティブなため、できるだけシンプルな言葉を使う方が相手に通じる可能性が高いためです。 詳しくは以下の参考記事をご覧ください。 参考:英語話者の8割は英語非ネイティブ 英語話者の8割は英語非ネイティブであることと、その注意点は、私がこのブログで伝えたい、キーメッセージの一つです。 詳しくは以下の記事もぜひご覧ください。 質問、問い合わせの例文• If possible, would you please send me a catalogue? I have bought your product order number XXXXX on Nov 26th Mon , but it has not yet delivered to me. Would you please confirm how it's going? 今どうなっているかご確認いただけますか?• Would it be possible to send the product A to our office address shown below by the morning of Dec 7th Fri at Japan time? 注文番号12345について質問があります。 I have bought your product on Nov 26th Mon , but it has not yet delivered to me. Would you please confirm how it's going? 今どうなっているか状況を教えていただけませんか? I look forward to hearing from you soon. ご返信をお待ちしています。 Thank you. Best regards, Taro 件名: Question about XXXXX Dear Customer Support, I would like to ask you the following questions. 下記事項について質問があります。 AAAAAAAAAA? BBBBBBBBBB? CCCCCCCCCC? I look forward to hearing from you soon. ご返信をお待ちしています。 Thank you. Best regards, Taro 英語メールの確認表現 質問や問い合わせというより、多分こうだと思うけど、そうだよね?という確認をしたい時もありますよね。 その場合は、下記の表現が有効で、私もよく使っています。 上記の例文は全て、相手が「yes or no」で回答できるようになっています。 こちらの推測が正しければ、相手はyesの一言で回答できるので、返信も早くもらいやすいです(この質問形式をyes-no questionと言います)。 間違っても、「どういう意味ですか?」などとopen end questionで確認してはいけません。 その場合、相手はもう一度回答を言い換えなければならず、めんどくさいため、返信を後回しにされがちになってしまいます。 ここからは、複雑な内容を処理するコツを見ていきましょう。 ポイントは英語をがんばらないことです。 複雑な質問、問い合わせ 件名: Questions about XXXXX Dear John, I would like to ask you the following questions. 下記事項について質問があります。 Questions• Q1: XXXXXXXXXX? Q2: If Q1 is yes, YYYYYYYYYY? Q3: If Q1 is no, ZZZZZZZZZZ? Situation• AAAAAAAAAA. BBBBBBBBBB. CCCCCCCCCC. 状況を説明する上で重要な情報を箇条書き。 Supportive Info• DDDDDDDDDD. EEEEEEEEEE. FFFFFFFFFF. 状況を説明する上で参考になる情報を箇条書き。 上述のSituationより重要度は低い。 場合によっては省略する。 Considerations• GGGGGGGGGG. HHHHHHHHHH. IIIIIIIIII. 問題を考える上で考慮すべき内容を箇条書き。 不要な時は省略可。 If you have any questions, please let me know. ご不明点があればお知らせください。 Thank you. Best regards, Taro 件名: Issues and Proposed Actions Dear John, We have found the following issues and I would propose some actions. Please confirm if you agree with my proposal. 私たちは以下の問題を見つけました。 私はいくつかのアクションを提案します。 それに同意いただけるか、ご確認をお願いします。 Issues• XXXXXXXXXX. YYYYYYYYYY. ZZZZZZZZZZ. Proposed Actions• xxxxxxxxxx. yyyyyyyyyy. zzzzzzzzzz. Situation• AAAAAAAAAA. BBBBBBBBBB. CCCCCCCCCC. Supportive Info• DDDDDDDDDD. EEEEEEEEEE. FFFFFFFFFF. Considerations• GGGGGGGGGG. HHHHHHHHHH. IIIIIIIIII. I wonder if you had similar experiences before, and I would appreciate any advices you could give me. あなたは過去に似た経験をしているのではないかと思います。 何かアドバイスをいただけるとありがたいです。 If you have any questions, please let me know. ご不明点があればお知らせください。 Thank you. Kind regards, Taro 質問、問い合わせ、確認• 」など。 質問、問い合わせが複数ある場合は「I have the following questions. 」「I would like to ask you the following questions. 」とし、箇条書きにする。 確認の表現は、yes-no questionにする。 Is this correct?

次の

ビジネス英語の「確認する」

確認 ありがとう 英語

*「confirm」は(証拠などを)確認するという意味の英語ですが、少し堅苦しいですので、友達同士では使わないです。 [例] Please let me confirm our meeting time. [例] I would like to double-check the contract file with you. 通常は文末に置くことの方が多いですね。 [例] Just in case he will come, get another one. [例] Please submit this paper just in case. 〜について確信させてくださいといったニュアンスの英語ですね。 ちなみにto be sureだけでなくto make sureにしてもOKです。 [例] May I confirm it to be sure? これと同じようニュアンスで捉えると「念のため確認させてください」という英語にRemindが登場する背景も非常に理解しやすくなります。 [例] This is to remind you that the next meeting is on March 7th. 省略して Just to be safeでも使うことができます。 最後に 「念のため確認させてください」を様々なビジネス英語表現でご紹介しました。 仕事のメールでも「念のため確認なのですが〜」と文頭につけたいビジネスマンも多いと思いますが、ぜひこの記事で紹介した英語表現で場面場面に合わせた英語表現をしてみてください。 ネイティブから見た時に、「お、こんな英語表現を知っているのか!」と驚かれますよ。 EIGOHEROの人気記事• 72,224件のビュー カテゴリ:• 58,614件のビュー カテゴリ:• 32,332件のビュー カテゴリ:• 31,653件のビュー カテゴリ:• 31,408件のビュー カテゴリ:• 28,931件のビュー カテゴリ:• 28,064件のビュー カテゴリ:• 26,519件のビュー カテゴリ:• 25,907件のビュー カテゴリ: ,• 21,748件のビュー カテゴリ:• 19,739件のビュー カテゴリ:• 18,388件のビュー カテゴリ:• 18,254件のビュー カテゴリ:• 17,130件のビュー カテゴリ:• 16,395件のビュー カテゴリ:• 16,212件のビュー カテゴリ:• 16,162件のビュー カテゴリ:• 14,646件のビュー カテゴリ:• 14,422件のビュー カテゴリ:• 11,482件のビュー カテゴリ:• 11,481件のビュー カテゴリ:• 10,797件のビュー カテゴリ:• 9,250件のビュー カテゴリ:• 7,783件のビュー カテゴリ:• 7,350件のビュー カテゴリ:• 7,220件のビュー カテゴリ:• 7,213件のビュー カテゴリ:• 7,168件のビュー カテゴリ:• 6,679件のビュー カテゴリ:• 6,629件のビュー カテゴリ:.

次の

ビジネス英語のメールの例文集

確認 ありがとう 英語

ご確認お願いは致します・・は、英語で, I kindly ask for your confirmation. ご確認お願い致します・・・この表現は、よく使いますよね。 メールで頻繁に使いますので、この表現は、覚えておいた方がいいですね。 I kindly ask for your confirmation. ポイントは、 kindly ですね。 日本語的に考えると、???になりますので、フレーズとして、覚えてしまうのが、いいです。 ここに、 kindly をつけることで、ぐっと、敬語的な丁寧なフレーズになります。 私も大家さんにメールをするときは、このフレーズをいつも使っています。 丁寧な表現として、 Could you confirm the documents? 書類を確認していただけますか? Could you check the documents? 書類をチェックしていただけますか? (confirm は、大切なときに、check は、ちょっとした確認の時に使います) などもありますが、ちょっと他の方と差をつけて、スルーされないためにも、 I kindly ask for your confirmation. こちらのフレーズをおすすめいたします。 日本人は、なんでも確認したがる国民性である?! いろいろ見てみると、わりと日本人の方は、大丈夫ですね?という感じで念を押して、確認をしたい国民であることがわかります。 安心して、安全を確保したい感情がほかの国の方より強いのかなとも思います。 これでいいでしょうか? のような質問も日本人は非常に多く、外国人の方が困ってしまうと聞いたこともあります。 外国人側からすると、問題がなければ、それについて何もいいませんので、OK! と言う意味であることが多いようです。 問題ならば、そこを指摘されますので。 しかし、丁寧に日本人のように大丈夫です・・という確認のメールなども来ない場合が多いので、日本人としては不安になることが多いようです。 ですので、海外とのメールなどでは、問題がなければ、指摘されない、大丈夫である! と覚えておいてくださいね。 あとは、相手から早めに返信が来るような英文を心がける・・というのも大事になります。

次の