モンタージュ 漫画。 モンタージュとは

モンタージュ: 感想(評価/レビュー)[漫画]

モンタージュ 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 総合的画力は高いと思われる。 軍艦島を扱った部分がスパイスとなっていた。 主人公が誰も信じられないところから始まる導入が良い。 モンタージュと言うタイトルが、事件に関わる悲しい登場人物たちの実態 実生活 のなさを思わせ、緊張感と悲壮感を感じさせる。 【悪い点】 漫画として面白くない。 リアリズムの世界でありながら、リアリティーが全くない。 創作されたストーリーを追いかけ、作家自らが終始つじつまを合わせる展開が印象として強かった。 複雑な人間関係を描く為に描写は常に説明的なっているにも関わらず、リアリティーのある魅力的な人物が描けていないので結局何も面白味がなく、結果的にストーリーすらドラマチックに入って来ない。 特に女性に対する認識が浅く、全く豊かに描けていない。 主人公がただただ悲劇的で、読んでいてストレス。 時代背景とは別に、センスが古い。 取材で補えない部分が全て浅く、著しい創作力不足を感じた。 愛や人生の価値観がテーマなのは分かるが、色々とご都合が良すぎて全く伝わって来ない。 【総合評価】 本当につまらなかった。 つまらない推理小説を義務感で最後まで読んでしまった時と同じ感覚。 『嫌い』ではなく、酷く『つまらない』。 肝心なところが浅はかで極めて雑。 強いて言えば『まあまあ』と言う最低評価。 画力もそれなりに高く、事件を扱ったストーリーは良いのに全く楽しめないのが不思議。 多くのファンも居られるだろうし、最後まで読んでその意味も理解出来るが、私の評価は10段階で3点止まりである。 日本犯罪史上もっとも有名といっても過言ではない「三億円事件」を題材にしたサスペンス。 私が生まれるよりもずっと前に時効を迎えていながら現在もドラマなどで題材になることも多く 日本人ならばこの設定だけで少なからず興味が沸いてしまうでしょう 【良い点】 ・題材の扱い方 三億円事件を題材にした作品はそれなりに多くて 未解決事件なだけに作品ごとに異なる展開と事件の裏側がどう創作されるかが見所になるのですが 本作はそこにきちんとオリジナリティがあり、安易に扱ってはいません 【悪い点】 ・少し長い 全19巻。 近年の漫画は長期連載の傾向が強いため単純には長いと言いにくいのですが 緊迫感こそが大事なサスペンスには長いです。 初期の緊張感がすさまじかっただけに それを維持できていたとはいえませんでした 主に沖縄編 【総合評価】 間違いなくおもしろいんですが、あと一歩の構成力が圧倒的に足りていません。 入り組んだ複雑な事件模様なものの、登場人物たちは信念に基づいて一貫した行動をとっていました。 確かに練ったストーリーは組めています しかし構成が「出来ている」だけで「上手」ではないんですよね。 というのも連載では定期的にインパクトのあるヒキが必要になってきますが、そちらの演出を重視しているため 物語の細部に丁寧さが感じられず そこまで期待してしまうのは良く出来ている証明でもありますが 全体を通してみると筋こそ通っていても雑な部分も多く、特にヤマトの最後の決断は、、、うーん。 難解です 漫画でサスペンスはやはりテンションを維持するのが難しいな。 と再認識させられた作品ですね。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

モンタージュ: 感想(評価/レビュー)[漫画]

モンタージュ 漫画

映画の「フィルム編集」のこと。 特に時代に起こった,フィルム結合の際の美学的的問題に関する映画理論をさす。 はフランス語で「組み立て」の味。 最初にこの語を使ったフランスの映画批評家レオン・ムシナックは,モンタージュとは映画にリズムを与えることである,と主張した。 このようにモンタージュを映画の本質論としてとらえる考え方は,同時期にでも論じられた。 フセボロド・イラリオノビッチ・は各を結合させて「映画的現実」をつくりだすことがモンタージュであると考え,技術論の延長線上でとらえたが,セルゲイ・ミハイロビッチ・は二つのショットの衝突,葛藤によりが生じることを期待するを展開。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 【イントレランス】より …フィルムの長さにして5200m,サイレントスピードによる上映で4時間半以上。 〈アメリカ映画の父〉がここで用いた数多くの〈映画的〉技法は各国の映画に影響を与え,とくに革命後のソ連の若い映画作家たち エイゼンシテイン,プドフキン,クレショフ にとっては〈理論〉の形成を促すきっかけとなった。 夫を無実の罪で捕らえられ,生まれたばかりの子どもも奪われて〈施設〉に預けられてしまう女性 メー・マーシュ を描く現代アメリカ編〈母と法律〉に,古代バビロニア編〈バビロンの崩壊〉,古代エルサレム編〈キリストの受難〉,中世フランス編〈聖バルテルミーの大虐殺〉という三つの異なる時代の歴史的事件のエピソードをつけ加えて,人間の不寛容の事実を描く。 … 【戦艦ポチョムキン】より …はじめにエイゼンシテインとニーナ・アガジャーノワ・シュトコが準備した脚本《1905年》は,革命の全般を描こうとする数百ページに及ぶものであったが,その内のわずか半ページにあたる黒海艦隊の反乱をテーマにした部分を〈五幕の悲劇〉,すなわち〈人間と蛆〉〈後部甲板上のドラマ〉〈死者からの訴え〉〈オデッサ階段〉〈艦隊との遭遇〉という構成で完成した。 実際にあった歴史的事件を題材に個人ではなく集団を主人公として,中心的な役のほかは〈ティパージュtypage〉 タイプを中心とした配役 によって素人をつかい,俳優の演技よりも〈〉のほうが雄弁であること,〈モンタージュ〉が映像による思想の伝達手段であることを立証した。 とくに,エイゼンシテインが23年に発表した〈アトラクション 吸引 のモンタージュ〉理論を具象化し,カットの組合せから生まれる〈衝突〉のイメージによって激しい動的なリズムと緊迫感を盛り上げた有名なオデッサ階段の虐殺シーンは,モンタージュの手本とされている。 … 【トーキー映画】より … トーキーの理論的基礎は,まだトーキーを製作してもいなかったソビエトで築かれた。 パプストが《三文オペラ》 1931 で新しい音楽映画の道を開いた。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

モンタージュ: 感想(評価/レビュー)[漫画]

モンタージュ 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 総合的画力は高いと思われる。 軍艦島を扱った部分がスパイスとなっていた。 主人公が誰も信じられないところから始まる導入が良い。 モンタージュと言うタイトルが、事件に関わる悲しい登場人物たちの実態 実生活 のなさを思わせ、緊張感と悲壮感を感じさせる。 【悪い点】 漫画として面白くない。 リアリズムの世界でありながら、リアリティーが全くない。 創作されたストーリーを追いかけ、作家自らが終始つじつまを合わせる展開が印象として強かった。 複雑な人間関係を描く為に描写は常に説明的なっているにも関わらず、リアリティーのある魅力的な人物が描けていないので結局何も面白味がなく、結果的にストーリーすらドラマチックに入って来ない。 特に女性に対する認識が浅く、全く豊かに描けていない。 主人公がただただ悲劇的で、読んでいてストレス。 時代背景とは別に、センスが古い。 取材で補えない部分が全て浅く、著しい創作力不足を感じた。 愛や人生の価値観がテーマなのは分かるが、色々とご都合が良すぎて全く伝わって来ない。 【総合評価】 本当につまらなかった。 つまらない推理小説を義務感で最後まで読んでしまった時と同じ感覚。 『嫌い』ではなく、酷く『つまらない』。 肝心なところが浅はかで極めて雑。 強いて言えば『まあまあ』と言う最低評価。 画力もそれなりに高く、事件を扱ったストーリーは良いのに全く楽しめないのが不思議。 多くのファンも居られるだろうし、最後まで読んでその意味も理解出来るが、私の評価は10段階で3点止まりである。 日本犯罪史上もっとも有名といっても過言ではない「三億円事件」を題材にしたサスペンス。 私が生まれるよりもずっと前に時効を迎えていながら現在もドラマなどで題材になることも多く 日本人ならばこの設定だけで少なからず興味が沸いてしまうでしょう 【良い点】 ・題材の扱い方 三億円事件を題材にした作品はそれなりに多くて 未解決事件なだけに作品ごとに異なる展開と事件の裏側がどう創作されるかが見所になるのですが 本作はそこにきちんとオリジナリティがあり、安易に扱ってはいません 【悪い点】 ・少し長い 全19巻。 近年の漫画は長期連載の傾向が強いため単純には長いと言いにくいのですが 緊迫感こそが大事なサスペンスには長いです。 初期の緊張感がすさまじかっただけに それを維持できていたとはいえませんでした 主に沖縄編 【総合評価】 間違いなくおもしろいんですが、あと一歩の構成力が圧倒的に足りていません。 入り組んだ複雑な事件模様なものの、登場人物たちは信念に基づいて一貫した行動をとっていました。 確かに練ったストーリーは組めています しかし構成が「出来ている」だけで「上手」ではないんですよね。 というのも連載では定期的にインパクトのあるヒキが必要になってきますが、そちらの演出を重視しているため 物語の細部に丁寧さが感じられず そこまで期待してしまうのは良く出来ている証明でもありますが 全体を通してみると筋こそ通っていても雑な部分も多く、特にヤマトの最後の決断は、、、うーん。 難解です 漫画でサスペンスはやはりテンションを維持するのが難しいな。 と再認識させられた作品ですね。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の