シリア 生まれ変わり。 シリア難民の悲惨な実体

【衝撃事実】シリアでの処刑は運命?湯川遥菜の川島芳子(愛新覺羅顯)生れ変りか性同一障害か?

シリア 生まれ変わり

湯川遥菜氏が処刑されることははじめから決まっていた? 内戦の続くシリアで今度は、邦人を巻き込む惨事が起きてしまいました。 シリアのISISに捕まり、スパイと疑われ、処刑されてしまったのです。 処刑されたのは、民間軍事会社PMCの社長である湯川遥菜さん。 湯川遥菜さんの渡航目的に関しては、明かされていない秘密な部分もあるため、未だ謎ではあるものの、残された湯川遥菜さんのブログをたどると、驚くべき事実が明らかになりました。 今回の湯川遥菜氏の処刑には衝撃的な事実が隠されていたのです。 そもそも遅かれ早かれ、処刑されることが決まっていて、本人もそれを自覚していたのです。 すでに自分の死期を知り、ブログに書いていました。 「占いとスピリチュアル」という題名で書いていたページに、「 僕は自分で短命で寿命が40歳代で死ぬのは知っていた。 しかし 聞いても誰も答えてくれなかったよぉ。 」と記している。 そしてブログの随所で、自ら危険地帯に踏み込むことで、処刑されるであろう可能性についてはっきりと言及していました。 ・政府軍に拘束後、処刑される。 ・自由シリア軍に拘束後、処刑、兵隊にさせられる。 ・アルカイダ(ISIS)に拘束、処刑される。 ・各軍のいずれに拷問、投獄される。 (上記の場合、自決を覚悟していた) ・最前線で撃たれる。 爆撃される。 ・シリアに入国できないで失敗に終わる。 ・シリアに入国後、送り返される。 というのも、湯川遥菜氏はブログで「いつも生きている実感が欲しいと言うか、スリルみたいなものを求めていた。 」と語っていたが、自身のブログの最後の更新となったページには次のように書かれています。 「今回は1ヶ月弱滞在するのでブログの更新はその帰国後になる。 多分、今までの中で一番危険かもしれない。 」 「この様なリスク(命懸け)がある仕事だし、恋人を 作るのをどこかいつも避けている。 」 と書いており、さらに自らも銃を持って戦闘に加わるであろうことを匂わすような次の一言もある。 「今回の渡航では僕の戦闘シーンも多く撮影したいと思う。 」 今回、ISISに拘束されたことを考えると、この時に湯川遥菜氏が言っていた戦闘とは、ISISとの戦闘を指していたと考えられます。 そもそも現在入国が制限されているシリアに入る手段として、湯川遥菜さんは密入国という手段をとっています。 日本の外務省もシリアに関しては最高危険度レベル4「退避を勧告します。 渡航は延期してください。 」としていることからも、シリアに入国した時点で、自殺行為だったと言っても仕方ありません。 これで終われば、湯川遥菜さんは、危険を承知っで無謀な行動をしていたというだけで終わりますが、じつはこれだけでは終わらないのです。 性同一障害?いや湯川遥菜の川島芳子(愛新覺羅顯)生れ変り人生 川島芳子とは、中国で活躍した日本のスパイでした。 北京で生まれた後、川島浪速の養女となり来日。 昭和の初め、清朝の再興を画策し上海に渡り、日本軍の工作員として諜報活動に協力したものの、日本の敗戦後、中国で逮捕され国賊として銃殺された。 この川島芳子は、男装の女性としても有名だったが、湯川遥菜氏はこの女性の生まれ変わりだと主張していたのだ。 そのため、性同一障害ではないかとも言われている。 湯川遥菜氏は、自分がこの川島芳子氏の生れ変りであると主張し、それに関しての本も執筆し、今年中には出版予定でもあった。 本の企画書の表紙 目次 一、はじめに(前世を知る) 二、生死と別れ 三、正義感と清朝王女の誇りを持って 四、一度の人生で二人分生きる。 五、人生を経験した多くの出来事 六、前世の記憶が蘇える 七、僕の本質、輝く七彩色 八、軍隊と事業 九、天の川銀河の一番星 十、前世と現世の類似性 十一、川島芳子の知られざる真実 十二、現代史認識、再度歴史に名を残す為に 十三、後日談(あとがき) ブログでは、湯川遥菜氏は自分の人生と川島芳子氏の人生を重ねあわせて、その共通点を指摘していた。 湯川遥菜氏は2014年3月25日に死ぬはずだった? 死ぬ直前のブログでは、これから川島芳子が生きなかった時代に突入すると言っていたものの、結局、川島芳子が死んだのとほぼ同時期に、川島芳子と同じような死因である、処刑によって、命が絶たれてしまった。 川島芳子の死期を湯川遥菜氏に重ねると、本来であれば2014年3月25日になくなる予定でした。 そこから五ヶ月弱過ぎたものの、ほぼ川島芳子と死期も死因も似ているといるのです。 これはもう、ただの偶然では片付けることのできない、事実です。 川島芳子 湯川遥菜 享年 42才 42才 死因 処刑 処刑 仕事 スパイや軍事関係に関わっていた スパイや軍事関係に関わっていた 境遇 真珠湾攻撃から5年後ぐらいに 漢奸(かんかん)として投獄 9. 11同時多発テロの5年後ぐらいに、ある出来事 から、引きこもり 自殺も経験 身体手的特徴 太ももに痣 太ももに痣 生い立ち 幼少時代にいじめられる 幼少時代にいじめられる 奇しくも望み通りになった悲劇的な結末 川島芳子の生まれ変わりだとしたら、本来生きるはずのなかった42年めに突入したものの、シリア軍による処刑という形で生涯に幕を閉じてしまった湯川遥菜氏。 最後は、安江塁氏によって素性を明かされてしまい、最終的にはISISに田母神氏との関係まで知られることになり、スパイと断定され、処刑されてしまいました。 」とブログに記していたが、結局川島芳子氏の人生をなぞるような、悲劇的な形で、名を残すことになってしまいました。

次の

あなたが誰かの生まれ変わりであることを証明する5つの兆候!【輪廻転生】

シリア 生まれ変わり

今だけ! LINEの友だち追加で2大特典プレゼント!! 1.動画セミナー 『一流の心理セラピストが伝える!DNAを変える技術』 2.有料の体験会セミナーへの無料招待券! 今回は、スピリチュアルやオカルトに詳しい人なら知る人ぞ知る「 レムリア」について解説をしていきます。 レムリアとは、「遠い過去に存在していた」とまことしやかに囁かれている、伝説の大陸、もしくは文明のことです。 実在したという証明はできていませんが、存在をほのめかす根拠があり、実際に存在していたと信じている人も多くいます。 古代という時代にそぐわない高いレベルの技術力や文化を持っていたとされ、スピリチュアルの世界でも大変注目されている文明です。 そんなレムリアですが、実はなんと、 日本人と大変密接な関係にあると言われています。 今回の記事を読み込めば、レムリアが持つスピリチュアル的なメッセージや、日本人との関係を知ることができるのです。 あなたもレムリアについて詳しく知って、古代のロマンやスピリチュアルを感じましょう。 レムリアってなに? レムリアとは、ムー大陸、アトランティス大陸と並ぶ、3つ目の伝説的な大陸であり、古代文明です。 他2つの文明と同じく、 非常に高い文化と技術力を持っていたとされています。 レムリア大陸の存在については、1874年にフィリップ・ラトレー・スレーターというイギリスの動物学者によって提唱され、1888年に神秘主義者であったヘレナ・P・ブラヴァツキー夫人によって刊行された著書『シークレット・ドクトリン』において登場したことで、一躍有名となりました。 しかしレムリア大陸は、 スピリチュアルの世界においてとても大きな意味を持っているのです。 その辺りについて、この先より詳細をご説明していきましょう。 レムリア大陸は実在した? まず、レムリア大陸を語る上で真っ先に挙がるのが、「 本当に実在していたのか」という疑問です。 実際、レムリア大陸は実在していたと断言するのが難しい大陸なのですが、存在の根拠はあります。 それが、フィリップ・ラトレー・スレーターが調査によって発見した、キツネザルの化石による根拠です。 フィリップは動物学者として、マレー半島とマダガスカル島の生態系を調査していました。 そのさいに、 マダガスカル島にしか生息しないはずのキツネザルの化石が、なんと インドであるマレー半島から発見されたのです。 このことからフィリップは、およそ5000万年以上前に、マレー半島とマダガスカル島の間に、お互いの島を繋ぐ大きな大陸が存在していたのではないか、という推測をしました。 それが「レムリア大陸」です。 ちなみに、レムリアという言葉は、化石が発見されたキツネザルの名前からとったものです。 ただ、フィリップの説は、1912年に気象学者のアルフレート・ヴェーゲナーが提唱した「 大陸移動説」とは真っ向から対立するものでした。 大陸移動説とは、元々1つの大陸だったものが割れて、移動したことによって離れてしまったという説です。 そして1968年、この大陸移動説の裏付けがされてしまったために、「レムリア大陸は実在が疑わしい大陸である」と一般的に判断されてしまったのです。 しかし、スピリチュアルの世界では、いまだにレムリア大陸の存在を信じている人が少なくありません。 それは、レムリア大陸に存在していたレムリア文明およびレムリア人が、 スピリチュアル的にとても大きな意味を持っていたとされているからです。 そもそもの話、大陸移動説が本当だったからといって、レムリア大陸がなかったという証明にはなりません。 レムリア大陸は、その昔確かに存在しており、そして大きな意味を担っていたのです。 レムリア文明とレムリア人の特徴と正体 ここからは、レムリア大陸にあったとされるレムリア文明や、その文明の下で暮らしていたレムリア人の正体について迫っていきましょう。 古代に存在していたレムリア人は、今の人類に比べて とても高い精神性を持っているという特徴がありました。 彼らの文明は土地との共存を大事にするもので、今でいうハワイにあたる場所を聖地として、穏やかながらも豊かな暮らしをしていたといいます。 レムリア人については、巨人であったという説や、宇宙人であったという説や、地底人であったという説など、さまざまな説がありますが、そのどれもが根拠のある話ではありません。 しかし、彼らがとても神秘的な存在であったということについては確かなのです。 また、レムリア人は非常に高い能力を持っており、なんと 脳の90%から94%を活用していたと言われています。 今の人類がたった10%しか脳を使えていないという事実から考えても、彼らがかなり優秀であったということが分かりますね。 彼らレムリア人はその優秀な知能により、物質をエネルギーに変える術に長けていました。 そのためレムリア文明は、エネルギーを中心とした、今の文明では想像もつかないような形態をしていたといいます。 精神性に長け、エネルギーの扱いに長けていた存在、それがレムリア文明であり、レムリア人なのです。 新事実! 日本人はレムリア人の生まれ変わりだった!? 実は、 日本人がレムリア人の生まれ変わりであるという説があります。 日本人の過去生 前世 が、レムリア人であったという話です。 レムリア文明は、レムリア大陸が海に沈んだことにより滅んだとされています。 そのとき、彼らの魂が、今でいう日本に移動したということなのです。 つまり、 日本人の魂は、元々レムリア人の魂でもあったということなんですね。 もしかすると私もあなたも、5000万年前にはレムリア大陸で生活をしていたのかもしれません。 そのため、レムリアと日本には、とても密接な関係があるとされているのです。 日本人の中には、レムリア人であった頃の記憶の断片を持っている人もいます。 そういった人々が、 インディゴチルドレンとして、特別な使命を帯びているとされているのです。 インディゴチルドレンとは、今の地球を「新しい地球」に変化させるという使命を帯びた人々のことです。 もしあなたが日本人なら、あなたもインディゴチルドレンである可能性があります。 あなたにも大事な使命があるかもしれませんので、1度下記の記事で、自分がインディゴチルドレンかどうか確認してみてください。 【まとめ】レムリア人を知って、日本人のルーツに想いを馳せてみよう 今回は、ムー大陸、アトランティス大陸と並ぶ伝説の大陸、レムリア大陸と、そこに存在していたレムリア文明、レムリア人についてお話をしてきました。 レムリア大陸は、動物学者であったフィリップ・ラトレー・スレーターと、神秘主義者であったヘレナ・P・ブラヴァツキー夫人によって提唱された大陸です。 そこにはレムリア文明という高度な文化が根付いており、レムリア人という高い精神性を持った種族が暮らしていました。 レムリア文明は、神秘主義者であるヘレナ・P・ブラヴァツキー夫人が取り上げたところからも分かる通り、 スピリチュアルの世界において、とても重要な意味を持った古代文明です。 そしてなんと、 日本人はレムリア人の生まれ変わりだという説があるのです。 レムリア大陸が沈み、レムリア文明が滅んださいに、レムリア人の魂は、今でいう日本に移動したとされています。 そして彼らの魂は、日本人として生まれ変わりを果たしたのです。 そのため、日本人には 特別な使命を帯びたインディゴチルドレンがたくさんいると言われています。 インディゴチルドレンの意味などについては、今回の記事でも説明していますので、ぜひもう1度読み直してみてください。 レムリアは、われわれ日本人にとって、スピリチュアル的なルーツでもあります。 そんな彼らに想いを馳せ、より高い精神性を培っていきましょう。 【オススメ記事】自分らしく生きるための方法 自分なりに努力しているのに、なんだか人生がうまくいかない… 自分らしい人生をイキイキと歩んでいきたい… そんな悩みを抱えてモヤモヤしていませんか? 私たちの人生をコントロールしているのは、意識の 97%を占める「潜在意識」であると言われています。 たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません… 反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。 「潜在意識の書き換えなんてできるの!?」と疑問に思う人や、スピリチュアルやカウンセリング、ヒーリングに興味がある方に絶対に知ってほしい、理想の人生を引き寄せる方法とは? 続いて読みたい記事: -.

次の

【衝撃!】前世の記憶から殺人犯を特定!輪廻転生ってあるんだ・・3才の少年「あなたに斧で殺された。ぼくの体が今どこにあるのかもわかるよ」

シリア 生まれ変わり

今だけ! LINEの友だち追加で2大特典プレゼント!! 1.動画セミナー 『一流の心理セラピストが伝える!DNAを変える技術』 2.有料の体験会セミナーへの無料招待券! 今回は、スピリチュアルやオカルトに詳しい人なら知る人ぞ知る「 レムリア」について解説をしていきます。 レムリアとは、「遠い過去に存在していた」とまことしやかに囁かれている、伝説の大陸、もしくは文明のことです。 実在したという証明はできていませんが、存在をほのめかす根拠があり、実際に存在していたと信じている人も多くいます。 古代という時代にそぐわない高いレベルの技術力や文化を持っていたとされ、スピリチュアルの世界でも大変注目されている文明です。 そんなレムリアですが、実はなんと、 日本人と大変密接な関係にあると言われています。 今回の記事を読み込めば、レムリアが持つスピリチュアル的なメッセージや、日本人との関係を知ることができるのです。 あなたもレムリアについて詳しく知って、古代のロマンやスピリチュアルを感じましょう。 レムリアってなに? レムリアとは、ムー大陸、アトランティス大陸と並ぶ、3つ目の伝説的な大陸であり、古代文明です。 他2つの文明と同じく、 非常に高い文化と技術力を持っていたとされています。 レムリア大陸の存在については、1874年にフィリップ・ラトレー・スレーターというイギリスの動物学者によって提唱され、1888年に神秘主義者であったヘレナ・P・ブラヴァツキー夫人によって刊行された著書『シークレット・ドクトリン』において登場したことで、一躍有名となりました。 しかしレムリア大陸は、 スピリチュアルの世界においてとても大きな意味を持っているのです。 その辺りについて、この先より詳細をご説明していきましょう。 レムリア大陸は実在した? まず、レムリア大陸を語る上で真っ先に挙がるのが、「 本当に実在していたのか」という疑問です。 実際、レムリア大陸は実在していたと断言するのが難しい大陸なのですが、存在の根拠はあります。 それが、フィリップ・ラトレー・スレーターが調査によって発見した、キツネザルの化石による根拠です。 フィリップは動物学者として、マレー半島とマダガスカル島の生態系を調査していました。 そのさいに、 マダガスカル島にしか生息しないはずのキツネザルの化石が、なんと インドであるマレー半島から発見されたのです。 このことからフィリップは、およそ5000万年以上前に、マレー半島とマダガスカル島の間に、お互いの島を繋ぐ大きな大陸が存在していたのではないか、という推測をしました。 それが「レムリア大陸」です。 ちなみに、レムリアという言葉は、化石が発見されたキツネザルの名前からとったものです。 ただ、フィリップの説は、1912年に気象学者のアルフレート・ヴェーゲナーが提唱した「 大陸移動説」とは真っ向から対立するものでした。 大陸移動説とは、元々1つの大陸だったものが割れて、移動したことによって離れてしまったという説です。 そして1968年、この大陸移動説の裏付けがされてしまったために、「レムリア大陸は実在が疑わしい大陸である」と一般的に判断されてしまったのです。 しかし、スピリチュアルの世界では、いまだにレムリア大陸の存在を信じている人が少なくありません。 それは、レムリア大陸に存在していたレムリア文明およびレムリア人が、 スピリチュアル的にとても大きな意味を持っていたとされているからです。 そもそもの話、大陸移動説が本当だったからといって、レムリア大陸がなかったという証明にはなりません。 レムリア大陸は、その昔確かに存在しており、そして大きな意味を担っていたのです。 レムリア文明とレムリア人の特徴と正体 ここからは、レムリア大陸にあったとされるレムリア文明や、その文明の下で暮らしていたレムリア人の正体について迫っていきましょう。 古代に存在していたレムリア人は、今の人類に比べて とても高い精神性を持っているという特徴がありました。 彼らの文明は土地との共存を大事にするもので、今でいうハワイにあたる場所を聖地として、穏やかながらも豊かな暮らしをしていたといいます。 レムリア人については、巨人であったという説や、宇宙人であったという説や、地底人であったという説など、さまざまな説がありますが、そのどれもが根拠のある話ではありません。 しかし、彼らがとても神秘的な存在であったということについては確かなのです。 また、レムリア人は非常に高い能力を持っており、なんと 脳の90%から94%を活用していたと言われています。 今の人類がたった10%しか脳を使えていないという事実から考えても、彼らがかなり優秀であったということが分かりますね。 彼らレムリア人はその優秀な知能により、物質をエネルギーに変える術に長けていました。 そのためレムリア文明は、エネルギーを中心とした、今の文明では想像もつかないような形態をしていたといいます。 精神性に長け、エネルギーの扱いに長けていた存在、それがレムリア文明であり、レムリア人なのです。 新事実! 日本人はレムリア人の生まれ変わりだった!? 実は、 日本人がレムリア人の生まれ変わりであるという説があります。 日本人の過去生 前世 が、レムリア人であったという話です。 レムリア文明は、レムリア大陸が海に沈んだことにより滅んだとされています。 そのとき、彼らの魂が、今でいう日本に移動したということなのです。 つまり、 日本人の魂は、元々レムリア人の魂でもあったということなんですね。 もしかすると私もあなたも、5000万年前にはレムリア大陸で生活をしていたのかもしれません。 そのため、レムリアと日本には、とても密接な関係があるとされているのです。 日本人の中には、レムリア人であった頃の記憶の断片を持っている人もいます。 そういった人々が、 インディゴチルドレンとして、特別な使命を帯びているとされているのです。 インディゴチルドレンとは、今の地球を「新しい地球」に変化させるという使命を帯びた人々のことです。 もしあなたが日本人なら、あなたもインディゴチルドレンである可能性があります。 あなたにも大事な使命があるかもしれませんので、1度下記の記事で、自分がインディゴチルドレンかどうか確認してみてください。 【まとめ】レムリア人を知って、日本人のルーツに想いを馳せてみよう 今回は、ムー大陸、アトランティス大陸と並ぶ伝説の大陸、レムリア大陸と、そこに存在していたレムリア文明、レムリア人についてお話をしてきました。 レムリア大陸は、動物学者であったフィリップ・ラトレー・スレーターと、神秘主義者であったヘレナ・P・ブラヴァツキー夫人によって提唱された大陸です。 そこにはレムリア文明という高度な文化が根付いており、レムリア人という高い精神性を持った種族が暮らしていました。 レムリア文明は、神秘主義者であるヘレナ・P・ブラヴァツキー夫人が取り上げたところからも分かる通り、 スピリチュアルの世界において、とても重要な意味を持った古代文明です。 そしてなんと、 日本人はレムリア人の生まれ変わりだという説があるのです。 レムリア大陸が沈み、レムリア文明が滅んださいに、レムリア人の魂は、今でいう日本に移動したとされています。 そして彼らの魂は、日本人として生まれ変わりを果たしたのです。 そのため、日本人には 特別な使命を帯びたインディゴチルドレンがたくさんいると言われています。 インディゴチルドレンの意味などについては、今回の記事でも説明していますので、ぜひもう1度読み直してみてください。 レムリアは、われわれ日本人にとって、スピリチュアル的なルーツでもあります。 そんな彼らに想いを馳せ、より高い精神性を培っていきましょう。 【オススメ記事】自分らしく生きるための方法 自分なりに努力しているのに、なんだか人生がうまくいかない… 自分らしい人生をイキイキと歩んでいきたい… そんな悩みを抱えてモヤモヤしていませんか? 私たちの人生をコントロールしているのは、意識の 97%を占める「潜在意識」であると言われています。 たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません… 反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。 「潜在意識の書き換えなんてできるの!?」と疑問に思う人や、スピリチュアルやカウンセリング、ヒーリングに興味がある方に絶対に知ってほしい、理想の人生を引き寄せる方法とは? 続いて読みたい記事: -.

次の