はらだいこ 倍率。 初心者用ページ/努力値の振り方

【最強】天才俺氏、ポケモンで理論上絶対に勝てる戦法思いついてしまう・・・

はらだいこ 倍率

ジャラランガ うろこポケモン ガラルNo. 394 ヨロイ島No. 167 ぜんこくNo. 784 高さ 1. 6m 重さ• 2kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Kommo-o タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 35で『ジャラコ』から進化• 音系の技『いびき』『いやしのすず』『いやなおと』『うたう』『うたかたのアリア』『エコーボイス』『おしゃべり』『おたけび』『きんぞくおん』『くさぶえ』『さわぐ』『スケイルノイズ』『すてゼリフ』『チャームボイス』『ちょうおんぱ』『とおぼえ』『ないしょばなし』『なきごえ』『バークアウト』『ハイパーボイス』『ばくおんぱ』『ほえる』『ほろびのうた』『むしのさざめき』『りんしょう』『ブレイジングソウルビート』『オーバードライブ』を受けない。 粉系の技『いかりのこな』『キノコのほうし』『しびれごな』『どくのこな』『ねむりごな』『ふんじん』『まほうのこな』『わたほうし』、特性『ほうし』の効果を受けない。 攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 [『ジャラランガZ』を持たせると『スケイルノイズ』がZワザになる。 『ジャラランガ』の専用Z技。 自分の『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』が1段階ずつ上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

次の

【ポケモン剣盾】ベロリンガの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

はらだいこ 倍率

HPが最大の半分に満たない場合は失敗する。 アピール DPt アピール効果 DPt 次のターンに使うわざの評価が2倍になる。 はらだいこは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• ・:じぶんの たいりょくを けずって こうげきを さいだいまで あげる• ・ ・・:じぶんの HPを さいだい HPの はんぶん へらして じぶんの こうげきを さいだいに あげる。 ・・ 漢字 :自分の HPを 最大HPの 半分 減らして 自分の 攻撃を 最大に あげる。 コンテストわざ• :アピールの ちょうしが あがる きんちょうも しにくくなる• :つぎの ターンで ひょうかが 2ばいに なる。 :とても アピール できるが このあと おどろきやすく なる• 一方HP半分は大きな足かせとなり、使う場合は道具や他のポケモンのサポートが必須となる。 におけるはらだいこ 「 自分にダメージカウンターを3個のせる。 その後、自分の山札から「基本エネルギーカード」を2枚選び出し、 自分につけ、その山札をよく切る。 」という効果のワザとして登場する。 におけるはらだいこ 自分のこうげきの段階を最高まで上げるが、おなかが1になってしまう。 おなかが1以下の時は効果がない。 連れている仲間は歩きでおなかが減らないが、この技を使えば例外的におなかが1まで減る。 敵では主にレベル1ダンジョンでが使用してくる。 使われる前に倒せばいいのだが守りが堅いため、この技と共に強敵とされる所以となっている。 アニメにおけるはらだいこ ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 尻尾でお腹を叩く。 攻撃力が上がるが体力を減らす。 わざの初出 手でお腹を叩く。 叩くたびに振動が発生する。 攻撃力が最大まで上がるが体力が半分になる。 マンガにおけるはらだいこ ポケットモンスターSPECIALにおけるはらだいこ• では、のなどが使用する。 消費するHPの計算時、小数点は切り捨てる。 が既に最大まで上がっている場合は失敗し、HPは減らない。 が最大HPの半分以上残っていない場合は失敗し、HPは減らない。 のみ、失敗したと表示されているにも関わらず実際にはこうげきが2段階あがる。 使用者の特性がである場合、「こうげきががくーんと下がった!」「体力を削ってパワー全開!」というメッセージが出るが、後者に意味は無くこうげきが最低まで下がっている。 このときこうげきが最低まで下がっていても失敗せず、HPは減る。 各言語版での名称 言語 名前 はらだいこ Belly Drum Bauchtrommel Cognobidon Panciamburo Tambor 배북 腹鼓 Belly Drum 関連項目•

次の

はらだいこ

はらだいこ 倍率

概要 本来ポケモン自体に・・・ ではとくこう・とくぼう合わせて ・のステータスの値があるが、バトル中はそれとは別にそれぞれのステータスにランクという概念が設けられる。 実際には、・を加えた7つ 第一世代では6つ のステータスにそれぞれランクが設定されており、ランクの値によって元のステータスの値が補正される。 率にもランクの概念はあるが、やなどの対象ではない。 実際の補正についてはを参照。 バトルに入ったときのランクの初期値を0とすると、最低値は-6、最高値は6の13段階ある。 実際にランク補正の上下が起きるやなどについては、それぞれのステータスのページを参照。 ランク補正の上下が起きると、演出効果に加えて、その上がり幅や下がり幅に対応して以下の文が示される。 ランク補正はポケモンをするとリセットされる。 によるものを除く ランク変動時に発動する・に以下のものがある。 相手からランクを下げられない• 全能力:・・・・ タイプのみ ・• ・・のポケモンは特性を無視してランクを下げることができる。 自分で自分の能力を下げた場合、これらの効果は発動しない。 ミラーアーマーは、さらに下げられようとした効果を相手に跳ね返す。 相手からランク補正を下げられた場合、ランクを2段階上げる。 自分で自分の能力を下げた場合や、味方から能力を下げられた場合これらの効果は発動しない。 ランク変動値を2倍にする• ランク変動のプラスマイナスが逆になる• 以下の技によるランク変動は上記全ての特性・状態の影響を受けない。 による能力の引継ぎ• 技を受けたときのみ• による付加効果 補正 ステータスのランク補正 ランクが高いほど、そのの値は高くなる。 実際のステータスに以下の倍率をかける。 命中率・回避率のランク補正 自分のランクが高いほど、また、相手のランクが低いほど、命中する確率が高くなる。 急所率のランク補正 急所ランクが高いほど、攻撃技が急所に当たりやすくなる。 「ランク補正」という用語は正式名称ではない。 そのため、ランク補正の表記方法は統一されておらず、「最低値が0、初期値が6、最大値が12」と記述しているサイトも見受けられる。 自分のランク補正を上げることを「積む」と表現することがある。 ランク補正を上げることは当然火力や耐久を底上げするためであるが、火力を底上げすることが引いては攻撃技のPPの節約をもたらしたり、逆に耐久を底上げすることが相手のPP切れを誘ったりすることがある。 ポケモン黎明期ではをバトル時のみ上げ下げするという概念自体がプレイヤー間で浸透しておらず、の発売からしばらくはランク補正の影響が、バトル後も永久に残ると勘違いするプレイヤーもそれなりに存在していた。 第五世代まではなどの育成難からなる個体の妥協をランク補正でカバーするケースがあった。 関連項目• もちもの• ・・・・• ・・・• ・・・• とくせい• ・・・• ・・・• ・・・・・・• ・・・.

次の