烏滸がましい。 「烏滸がましい」読めたら超すごい!意外とよく聞くあの言葉です

「おこがましい」の意味と漢字について。役立つ例文・類語集もご紹介

烏滸がましい

「おこがましい」の漢字と語源 「おこがましい」は漢字で <痴がましい><烏滸がましい><尾籠がましい>と3つの書き方があります。 それぞれに諸説があると言われていますので、解説していきます。 「おこがましい」の漢字・語源[1]痴がましい 「痴がましい」の語源は「痴」という時には「愚か」という意味があったためです。 「おこがましい」の元々の表記は「をこがましい」と書いていました。 「をこ」は「ばかばかしい」「愚かな」といった意味があります。 それにより「痴がましい」となりました。 「おこがましい」の漢字・語源[2]烏滸がましい 次に「烏滸がましい」となった語源ですが、「をこ」が「愚か」という意味なのは、昔の中国で揚子江や黄河のほとりで騒ぐ烏の様子を「烏滸(をこ)」と言っていました。 それが転じて、そのように馬鹿騒ぎをする愚かな人たちを「烏滸(をこ)」と呼んでいたことから、「烏滸がましい」と表記されるようになったというものです。 目下の人が目上の人に対して生意気な言動をした場合に指摘することができます。 ただ、ビジネスシーンでは主に次に説明する自分自身の言動を謙遜した表現として使います。 相手に対して「おこがましい」と言うのは失礼になるので気を付けましょう。 ・「彼のおこがましさには、いい加減呆れた」 ・「入ってきたばかりで、新しいプロジェクトのことで口出しするのはおこがましい」 「おこがましいですが」で自分自身の言動を謙遜した表現 「おこがましいですが」「おこがましいようですが」などと使うと 「自分の立場において、出過ぎた発言や行動」といったニュアンスを含み使われている言葉です。 特にビジネスシーンで、年齢や役職などが目上の人に対して身の程をわきまえずに発言したり行動したりする場合に使われています。 つまり、 自分自身の言動を謙遜している表現として使われています。 目上の人が間違った解釈をしていたり、納得できないことを言っていたり行動したりしている場合など、目下の立場でありながら意見をする際に用います。 ただそういったことに対して発言や意見をすると「生意気だ!」と思われてしまうため、まず自分から「おこがましいですが」と使うことで謙遜していることを伝える事ができます。 「おこがましい」と同様、目上の人に意見などをする時に自分自身のことを「厚かましいですが」と表現します。 「おこがましい」と「厚かましい」の違いは、 「おこがましい」が「身の程をわきまえないさま」を表すのに対して、「厚かましい」は「遠慮がないさま」を表す点です。 「厚かましいですが」と使う場合は「遠慮がないのですが」「図々しくありますが」となります。 「おこがましいですが」と使う場合は「目下である私が言うのは申し訳ないのですが」といったニュアンスになります。 そのため、 目上の人に対して謙遜していることを 強調して伝えない時は「おこがましい」を使うことが適切です。 お願いごとをする時は「厚かましい」を使い、上司に対して意見などをする時は「おこがましい」を使うなど、シーンによって使い分けましょう。 「必要以上におせっかいなことや厚かましいことなどをするさま」といった表現で使われています。 語源は、古語の「でしゃばる」「出過ぎたことをする」という意味の動詞「差し出づ(さしいづ)」に、「〜らしい」「〜みたい」という意味の接尾語「がましい」が付いたものです。 それが現代ではひとつの単語になり、読み方も「さしいでがましい」から「さしでがましい」になりました。 「おこがましい」は身分不相応な様を表し自分自身の行動のみを指して使うのに対して、「差し出がましい」は、自分と相手の行動についての内容に対しても使います。 そのため、目上の人だけではなく部下などの言動を注意する際にも使う事ができます。 ビジネスシーンでは「おこがましい」と「差し出がましい」がよく使われています。 「図々しい」の語源は、漢語の「図」から来ています。 「図」には「計画」とか「企み」などを意味します。 その「図」を「図」を重ねて形容詞化し、「図に乗る」とか「図に当たる」という意味になりました。 無神経な人、平気で列に割り込みをする人、人の物をもらおうとする人のことを「図々しい人」と言いますよね。 ビジネスシーンなどでは、「図々しいですが」と使うと「遠慮がないのですが」「自分勝手ではありますが」となります。 「おこがましい」などと同様に自分のことを謙りながら意見やお願いを言う時に使います。 しかし「図々しい」という言葉のイメージがあまり良くないので、 目上の人に対して謙遜を表する場合は「おこがましい」や「差し出がましい」を使うことをオススメします。

次の

「差し出がましい」の意味と正しい使い方!類語や敬語表現も紹介

烏滸がましい

別表記:、 主に「ゃばったまねをする」「なことを言う」「である」「気だ」といった意味で用いられる。 「おこがましい」のの例としては、たとえばの人などにするようなに、その「」というがゃばっ為であるとする(の意味をた)ようなが挙げられる。 としては、「の私がのにするのもおこがましいのですが」といっが。 これに続くは・・あるいはなどがされる。 「おこがましい」はもともとで「をこ(なり)」「をこがまし」のような形で用いられてきたである。 「をこ」はでは「」や「痴」とされる。 「馬鹿げている」「」「みっ」といった(ような)がある。 「おこがましい」とが共通するに「」がある。 「」を指すという点では共通する。 「おこがましい」は「」「」というがであるが、「」は「」「」という・のをとする。 僕がの事を例に出すのも おこがましいが僕なぞはをするのがの楽みだね。 実に()の愉快だね。 (『』「冬の巻」)• ている。 になりそうだ。 の目はない。

次の

「烏滸」とは?意味や使い方をご紹介

烏滸がましい

「おこがましい」の意味 「おこがましい」は、「身の程をわきまえない。 差し出がましい。 生意気だ」「ばかばかしい。 ばかげている」という意味です。 一見「生意気」「ばかばかしい」なんて、悪口のような感じですね。 ビジネスシーンで使うなんて変だと思うかもしれません。 ですが、ご安心ください。 この「おこがましい」は、自分に対して用いることが多い言葉なんです。 ビジネスシーンで、相手に向かって「おこがましいですよ」と使うことはめったにないと思います。 ほとんどの場合、「おこがましいのですが…」と自分の行為や発言に対して用いることで、へりくだって相手を敬う意味を表します。 「おこがましい」の漢字と語源 「おこがましい」は漢字で「痴がましい」「烏滸がましい」と書きます。 もともと、「おこ(をこ)」は「馬鹿げていること」「愚かなこと」という意味の古語です。 「痴」は「愚か」という意味の漢字です。 「烏滸」の方は、「烏」は「カラス」、「滸」は「水際」のことです。 昔の中国で、川辺に集まって騒ぐうるさい人たちのことを、水辺に集まるカラスに例えて「烏滸」と言ったことから来ているそうです。 その「おこ」に、「その状態に似ている」という意味の接尾語「がましい」がついたものが「おこがましい」です。 「がましい」は「未練がましい」「押し付けがましい」「晴れがましい」などと一緒ですね。 このような成り立ちで、「ばかばかしい」という意味の「おこがましい」という言葉ができました。 そして、近世以降に現在のように「身の程をわきまえない」というような意味で用いられるようになりました。 「おこがましい」の使い方 「おこがましい」は先ほど述べたように、ビジネスシーンでは自分に対して使って謙譲の意を表すことがほとんどです。 人に対して使うにはかなり強い言葉ですので、面と向かって言う際には注意が必要ですね。 私が言うのもおこがましいのですが、彼の意見にも一理あるのではないでしょうか。 おこがましいお願いをしてすみません。 親の私が言うのもおこがましいが、我が息子ながらよくできた子だ。 なんておこがましい奴だ。 「厚かましい」との違いは? 「おこがましい」と似た意味でよく使われるのは「厚かましい」という言葉ではないかと思います。 「厚かましい」は「行動や態度に慎みがない。 図々しく遠慮がない」という意味です。 「厚かましい」も、人に対してだけでなく自分の言動に対して使うこともできるので、「おこがましい」と同じように使えます。 二つの違いとしては、 「厚かましい」が「遠慮がないさま」を表すのに対し、「おこがましい」は「身の程をわきまえないさま」を表すという点です。 「厚かましいですが」という場合は単に「図々しいですが」「遠慮がないですが」ということです。 「おこがましいですが」という場合は「目下の私が言う(する)のも申し訳ないですが」というニュアンスが加わります。 ですから、 目上の人に対して申し訳ないですが、という気持ちを強調したい時には「おこがましい」が適していますね。 微妙な違いではありますが、使い分けることができるとそれだけ微妙な心情を表すことができます。 「おこがましい」の類語 他にも「おこがましい」の類語をいくつかご紹介しておきます。 差し出がましい…出しゃばること。 おせっかい• …自分の地位や立場を超えて出すぎたことをすること• 身の程知らず…自分の身分や能力の程度をわきまえないこと• 生意気…自分の地位や実力を超えて出しゃばること• 分不相応…身分や地位などを超えていること• 洒落臭い(しゃらくさい)…小生意気だ• 出しゃばる…関係ないことや、自分の立場や身分に不相応なことに口や手を出すこと• 図々しい…人に迷惑をかけても平気でいること。 厚かましい• 猪口才(ちょこざい)…小生意気でこざかしいこと 他にもいろいろあると思います。 「自分の立場を超えて生意気な」というニュアンスの言葉だけでもたくさんありますね。 相手に向かって言う事は少ないかもしれませんが、自分の言動を謙遜して言う時にも、とても使える表現です。 いくつか覚えておくと良いでしょう。 まとめ 「おこがましい」の意味がしっかりお分りいただけたかと思います。 このような言葉をいわゆる「クッション言葉」としてうまく使うと、相手に謙虚な印象を与えます。 会話もビジネスもうまく進みそうですね。 ぜひ参考にしてください。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の