精神科医 恋愛。 【無料試し読みあり】転移性恋愛~精神科医のタブー~

転移性恋愛

精神科医 恋愛

精神病のトピ主さんが医師に恋してしまうのは当然の傾向です。 そんな女性患者(女医なら男性患者)には医師も馴れたものですので、わざわざフェイクの為に面倒な事しないでしょう。 だって精神病の人は医師が結婚していようがしていまいが関係ないですから。 結婚している人と恋愛できないなんて「常識」が通用する相手じゃないんです。 その証拠にトピ主さんも結婚指輪を見たにも関わらず「フェイクじゃない?本当は未婚なんじゃ?」なんて妄想的願望をふくらませてこんなトピまでたててしまう始末。 病気なんですよ。 病気が治ったらそんな恋心なんて忘れちゃいます。 そのような話はありませんし、医師がトピ主さんのことを女性として見る事も絶対にありませんので真面目に治療に専念してくださいね。 ユーザーID: 1298237761• あんまりきいたことない 普通の医師なら、転移は忌み嫌って防ごうとすべきものではなく、むしろ転移するならその状態をうまくコントロールして治療に生かすものだと知っていますから、わざわざ転移を防ごうという考えの持ち主自体がそんなに多くないように私は思います。 ましてや普通の臨床キャリアがあれば、指輪くらいで転移が防げるなんてことはあまりないとわかっているものだと思います。 現にトピ主さんに対しては防げていないでしょう。 トピ主さんみたいなケース多いんです。 それに指輪がある方が余計に燃えてしまう厄介な人もいるので、意味ないんですよ。 もしフェイクだったとしても結婚指輪よりたちがわるいですよ。 単純に結婚している流れでしている指輪よりも、結婚してもいないのにわざわざはめられる指輪は普通よりも強固な恋愛お断りの意思であるからです。 ユーザーID: 9027422422• 私自身は精神科ではない 産科・女性 のですが、ちょうど数日前に同級生が集まったときに精神科医がいたので思い出してみました。 ちなみに人数は5人。 …私も学生時代精神科にも行きましたが… フェイクとかそういう対応は見たことがありません。 でも、確かに精神科ではこのようなケースはよくあるので。 あなたの気持ちを主治医に伝えて、きちんと対応していただいたほうがいいと思います。 陽性転移は非常に難しい状況です。 あなたにとっても、主治医にとっても。 精神科が専門ではない私が言えるのは… 『感情について詳しく主治医に報告すること』 『その感情に流されず、治療を優先すること』です。 お大事に。 ユーザーID: 2171267579• 指輪してません.

次の

精神科医にもお気に入りの患者はいる?患者と恋愛しても大丈夫?

精神科医 恋愛

かわいくない女医さんはほとんどいない まず、最近ではかわいくない女医さんはほどんどいません。 女医さんは努力家なので、きれいになろうと努力する人も多いのか顔立ちは置いておいても太ってる人はまずいません。 かわいい女医さんは初期研修で非常にモテます。 男の医者からしても女医さんというのは学歴も近いですし、基本的には家柄とか価値観とかが近い場合が多いので お互い激務なのは除いて 相手としてちょうどいいのでしょう。 女医さんの恋の心電図 女医さんは医学部5,6年になると結婚相手見つけないと大変だよ?と言われるようになります。 女医さんは一般男性からの受けが悪いとのこと。 やっぱり30歳位で年収1000万とか医学部と同等の学歴の男ってなると一握りですよね。 なので、女医さんは医者と結婚する場合が多いです。 女医さんのモテ期は心電図に例えられることが多いです。 これは医学部内で付き合ってそのままゴールとか、大学のサークルで出会ってそのままゴールとかの流れの奴です。 ただ、一割もいないかなという印象です。 次が初期研修医時代のQRS。 初期研修医でいろいろな科を回るときが女医さんが一番モテるときです。 後期研修医 男 と初期研修医 女 ってちょうど釣りあってるんですよね。 後期になった男性医師は仕事にも慣れて実際に病棟を回す主力として働いていて雄としての魅力がありますし、時期的にも30歳ぐらいで結婚しようかなという時期。 女医さんも単純にいろいろな科を回るので出会いが多いのもあって、ここで3,4割の人が結婚します。 最後が後期以降のT。 じわーと、科の中であったり、それこそ婚活等で結婚する人がいます。 そして残りの3分の1の人は生涯未婚となります。 結論:女医のキャリアパスと結婚は非常に相性が悪い ということで今日は女医さんのライフステージに沿った結婚相手の話でした。 こうやって見てみると女医さんの結婚って大変ですよね。 研修医で見つける場合には新人で慣れない中、結婚相手を探さないといけないですし、子供を産んで自分で育てるとなると一番働ける時期に時短勤務等をしないといけないです。 こういう背景があってきれいなのに意外と結婚していない女医さんが生まれるんですね。

次の

女医さんの恋愛事情 ~恋の心電図~

精神科医 恋愛

嵐の二宮和也(36)と元フリーアナウンサー、オードリーの若林正恭(41)と20代の看護師、イモトアヤコ(33)と日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ』のプロデューサーなど、2019年秋以降の芸能界は空前の結婚ラッシュが続いた。 そのなかで話題を呼んだのが、元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(24)と、25歳年上の A氏(49)との結婚だ。 A氏は都内でクリニックを開業する精神科医で、有安がももクロ時代から主治医を務めていたと報じられた。 2019年11月24日に有安がInstagramでA氏との結婚を発表すると、投稿から3時間で1万2000件以上の「いいね」がつく一方、ネットを中心に「素直に祝福できません」「精神科医と患者が結婚してもいいの?」との声が多数寄せられて賛否両論となった。 「有安さんのケースはさておき、一般的に精神科の患者が主治医に恋愛感情を抱くことはあるのですが、それから発展して性的関係を持つようになるのは問題です」と指摘するのは、精神科医の片田珠美氏だ。 「精神科の患者は、治療中に自分の悩みを真剣に聞いてくれ、何でも相談できて頼りになる主治医に恋愛感情を抱きやすい。 これは、フロイトが『ほれこみ』と呼んだ精神状態です」(片田氏) 心身が弱っている患者は悩みを真摯に聞いてくれる主治医に恋心を抱きやすいとの指摘だが、なぜ、転移性恋愛は「気をつけなければいけない」のだろうか。 「転移性恋愛が生じると、主治医が患者の愛情欲求を満たさなければ治療が中断することもあります。 また、一時的な恋愛関係を結んだとしても、その後で患者が精神的に傷ついたり、主治医に対する怒りや復讐心を持ったりすることもあります。 たとえ結婚しても、転移性恋愛は治療関係を通して引き起こされるのであり、必ずしも医師個人の人柄に魅力を感じたわけではないので、結婚生活に幻滅するかもしれません。 様々なリスクがあるからこそ、フロイトは患者とは距離を置き、深みにはまらないことを精神科医に求めました」(片田氏) 精神科だけでなく、内科や外科、産婦人科などの他科でも、症状で不安になった患者が信頼や尊敬、感謝などの気持ちから主治医に好意を抱き、それが恋愛感情に発展するケースがある。 例えば2017年に斉藤由貴(53)が横浜でクリニックを経営する50代医師とのW不倫疑惑を報じられた際も、ネットでは「転移性恋愛ではないのか」と議論された。 ただし臨床現場においては、患者が主治医に一方的な好意を抱くだけでなく、恨みや敵意、憎悪といったマイナスの感情を主治医に向けることもある。 精神的に不安定な状態になって受診した患者から「好き」と「嫌い」というまったく逆の感情を一方的に向けられるリスクを背負いながら、多くの医師は患者の治療に全力を尽くしている。 他方で精神科の医師には、他科よりも患者との関係に慎重であるべき事情があるという。 「患者が医師に恋愛感情を抱きやすいことに加えて、精神科医は脳内の神経伝達物質に作用する向精神薬を用いるからです。 だが精神科の臨床においては、医師が自らの立場を利用して患者を支配する可能性がないわけではない。 それゆえ、欧米では、治療中の精神科医が患者と性的関係を持つことを「犯罪行為」として刑法などで規制したり、医師資格の抹消を含む制裁を加えたりするケースが見られる。 例えばドイツの刑法は、「治療を行う関係を濫用して、精神療法が行為者に委ねられている者に対して性的行為を行うなどした者」は、「三月以上五年以下の自由刑」と定める。 だが日本には明確なルールが存在しない。 多くの精神科医が所属する日本精神神経学会は「精神科医師の倫理綱領」で、〈精神科医師は、専門的技能および地位の乱用を行ってはならず、精神を病む人びとからのいかなる搾取も行ってはならない〉とするが、罰則規定は設けられていない。 2019年11月には、通院先の鹿児島県内の精神科医から性的搾取を受けたことを原因として自殺したという女性(当時27)の遺族らが都内で会見を開き、医師と患者が性的関係を持つことを法律で禁止するよう求めた。 遺族らは、主治医だった精神科医が不適切な投薬や懲罰的な断薬を繰り返して女性を支配していたと主張している。 もちろん、知り合ったのは精神科医と患者としてであっても、治療終了後に恋愛・結婚へと発展するケースもあるだろう。 本人たちが望んだ生活を送るならば、出会ったきっかけにこだわる必要はない。 ただ一方で、精神科医と患者の関係は構造的に様々な問題をはらみやすいので、個々の医師の倫理観のみに委ねるのではなく、明確な規則を定めるべきではないかとの声も聞こえる。 「海外では法律などで規制されていること自体、裏を返せば、この問題がいかに根深いかを物語っています。

次の