福岡 県 ダム 貯水 量。 福岡県主要ダム貯水状況

一般向け 個別ダム観測所

福岡 県 ダム 貯水 量

2020年6月29日 午前9時現在 場所 水位 貯水量(万立方メートル) 貯水率 油木貯水池 199. 44メートル 1,381 95. 6% ます渕貯水池 154. 38メートル 994 87. 6% 耶馬溪貯水池 161. 15メートル 919 93. 8% 力丸貯水池 97. 98メートル 830 93. 2% 頓田貯水池 21. 00メートル 915 100. 0% 畑貯水池 70. 96メートル 296 100. 0% 白木貯水池 102. 47メートル 24 72. 5% 道原貯水池 136. 06メートル 45 100. 0% 松ヶ江貯水池 68. 57メートル 102 67. 7% 遠賀川河口堰 1. 50メートル 884 100. 0% 本日貯水量合計 6,390 94. 4% 前年同日貯水量合計 3,587 53. 0% 北九州市では、約6,772万立方メートルの貯水能力があり、6月29日現在の貯水量は6,390万立方メートルで貯水率94. 本市水道の特徴は水源を多数有することで、市全体で計画的に運用しています。 したがって一部貯水池が低下しても他水源でのカバーが可能です。 特に主水源である遠賀川は、水量が豊富で安定した給水が可能です。 現在のところ本市の水事情は良好な状態ですので、市民のみなさまには安心して水道水をご使用いただけます。 (注)「北九州市の水源状況」の更新は、平日16時(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く)を目途に行います。 また、データ収集等の都合により更新が遅れる場合がありますのでご了承ください。

次の

福岡県 河川防災情報

福岡 県 ダム 貯水 量

「福岡県主要ダム貯水状況」の更新について 毎月の1日、3日、6日、9日、11日、13日、16日、19日、21日、23日、26日、29日のデータを当日の午後2時頃に公表します。 上記公表日以外にも、必要と認められる場合には、公表する場合がございます。 (公表日が土日祝日の場合は、翌日に上記公表日と当日の情報を併せて掲載します。 諸事情により更新が遅れる場合がありますのでご了承ください。 ) また、大山ダムは大分県所在のダムですが、筑後地域と福岡地域に水道用水が供給されるなど、本県において重要なダムであるため、運用が開始された平成25年4月1日から主要ダムに追加しています。 日向神ダム、南畑ダム、油木ダム、力丸ダムについては、洪水調節容量(洪水期に備えた空容量)を確保するため、梅雨期、台風期に利水容量が減少します。 利水容量の変更前後では、貯水量にかかわらず貯水率が大きく変化します。 【システム上の注意点】 インターネット閲覧ソフト(ブラウザ)で、以前閲覧した時点の情報が表示されることがありますので、最新の情報に更新(再読み込み)することをお勧めします。 江川ダムについては、小石原川ダムの試験湛水期間中は小石原川ダムに一旦試験貯留された水量を加算して表示しておりますので、実際の江川ダム貯水量とは異なります。 福岡県から節水のお願いです。

次の

牛頸ダムを紹介します

福岡 県 ダム 貯水 量

牛頸ダムの目的 牛頸ダムは、二級河川御笠川水系牛頸川の大野城市大字牛頸地先に治水ダムとして建設されました。 ダムはロックフィルダムとして高さ52. 7m、総貯水容量2,280,000m3、有効貯水容量2,100,000m3で、洪水調節、流水の正常な機能の維持を目的としています。 牛頸ダムの建設の歴史• 昭和45年~46年度 予備調査• 昭和47年~51年度 実施計画調査• 昭和52年度 建設事業着手• 昭和57年10月 付替道路着手• 昭和59年10月16日 ダム本体工事着工• 昭和60年 1月16日 仮排水路坑口着手• 昭和60年 3月 ダム本体掘削開始• 昭和61年 2月19日 洪水吐コンクリート打設開始• 昭和61年 8月29日 仮排水路転流• 昭和61年10月30日 起工式• 昭和61年12月 6日 監査廊コンクリート打設開始• 昭和62年 8月 6日 ダム本体盛立開始• 昭和62年 9月 3日 定礎式• 平成 元年 1月21日 ダム本体盛立完了• 平成 2年 3月 3日 湛水式• 平成 2年11月14日 竣工式• 平成 3年 1月 ダム本体竣工• 平成 4年 3月 ダム完成 事業費 17,900,000千円 ダムの設備 放流操作装置・警報装置 ダムから放流する量を調整する操作装置及び洪水放流時に河川警報局より警報を吹鳴させる装置.

次の