新聞記者 ラスト セリフ。 映画「新聞記者」は駄作な上にアベガー映画でパヨクの僕でもうんざりした理由

『新聞記者』ネタバレ考察!映画ラストの口パクセリフは「ごめん」?どんな意味が込められていた?

新聞記者 ラスト セリフ

この作品が3冠受賞するなど誰が考えたでしょうか。 ハッキリって痛快です。 この作品は、実際に起こった 『森友・加計学園問題』『伊藤詩織さんのレイプ問題』など問題に非常に近しいエピソードが展開されることから、 「これは本当なのか?嘘なのか?」 「ジャーナリズムとは何か?」 「私たちは何を信じればいいのか?」 といった様々な想像を掻き立てる作品になっています 他の日本アカデミー賞ノミネート作品の良し悪しはここで触れませんが、 現在の安倍政権を批判する意味、 本質的な作品と判断された意味、 日本アカデミー賞の権威を示す(あるいは逆)の意味、 多くの意味と思惑と考えが交錯した最優秀作品だと感じます。 若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスという触れ込みですが、「権力とメディア」「組織と個人」のせめぎ合いを楽しみながら、 私達はどのように情報と向き合うべきかを考える意味で、非常に良作だと感じます。 正直、作風は好き嫌いがあると思います。 同じ年にアジア勢初の米国アカデミー賞を受賞した『』はブラックユーモアを交えたよくできた作品でしたが、日本のメディアや権力問題に、真正面から向き合うように作ったイメージのため、重厚感があります。 視聴するにはAmazonプライムがオススメです。 そして、ハッと息を吸い込む吉岡(シム・ウンギョン) その後のストーリーはご想像にお任せしますというパターン。 折れてしまったんですね。 権力に。 私は共感しました。 自分自身もサラリーマンで小さな子供がいて、家庭があります。 ここまで深く考えて決断していないかもしれません。 一度は神崎に報いるために自分の実名を出していいとまで言ったものの、この物語の中の真相はまたしても闇の中という結末でしょうか。 ごめんの意味 杉原の恩師、自殺した神崎は「俺のようになるなよ」と言い残して自殺しました。 権力に屈して言いなりになった結果、とんでもないことを引き起こしてしまった、後戻りできないことをしてしまった神崎。 「俺(神崎)と同じような道」に進んでしまうことに、 ごめんと謝ったのです。 吉岡と、神崎に。 しかし、恩師である神崎の死を無駄には出来ない。 この映画のラストシーンの先に、家族に悲しい思いをさせないように、権力に逆らわないように選んだ道の先に、神崎と同じ末路が待っていないことを思うばかりです。 新聞記者のネタバレ・あらすじ 「国を守るため」という大義のもとにある内閣情報調査室。 現政権に不都合なニュースをコントロールする官僚が 杉原拓海(松坂桃李)。 ある日、東都新聞に機密文書がFAXで送付されてきます。 頭紙にはサングラスをした羊の絵。 通常大学の新設に関しては文部科学省が管轄なのですが、内閣府の仕切りであることに違和感を感じた吉岡は調査を開始。 すると内閣府の神崎という男が浮上してくるものの、自殺をしてしまいます。 一方で外務省出身の杉原は、当時上司であった神崎とバッタリ会い久々に飲みにいきます。 「俺みたいになるなよ」という何気ない一言を残して、その後自殺します。 神崎は死ぬような人間ではないと知っている杉原は独自に調査を進めます。 その中で吉岡に出会います。 立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、 『新設される大学では生物兵器が研究される』という衝撃の事実 がわかります。 神崎は、その責任者になったことを知って追放されたのです。 父親のジャーナリズムを継いでいる吉岡は公開のための記事を制作。 杉原もバックアップします。 新聞社に圧力がかかり公開が危ぶまれますが、 杉原が「自分の実名を出していいから報道してくれ」と懇願。 最初の記事が出ます。 次に実名公開の記事を公開するはずが・・・ 杉原の上長から出世の道と家族の安全を提示され、家族の安全のため、自分の保身のため、吉岡にごめんと伝えて、この作品は終わりです。 新聞記者を観て、 ・事実の伝達とは? ・解説は評論は誰に向けた何のメッセージか? 受け取る私たちが考えなければなりません。 また、メディア側も考える余地が十分にあると思います。 作品としてはあと一歩な気もしていますが、よくまとまった作品と感じます。 アメリカをはじめ海外では実話をもとにした製作映画は数多くあり、 『』と『』などはエンターテイメント要素も取り入れ映画として成立させています。 この物語で彷彿させるのは『モリカケ問題』『伊藤詩織レイプ問題』ですが、ここの真偽を議論しようというよりは、 世の中の報道には真実に様々な主観と偽造、思惑などがブレンドされて発信されているということを今一度認識するべきという作品でした。 「メディアが言っているから」 「みんなが言っているから」 そんな大衆心理が重圧となって主人公に襲い掛かっています。 この見えない大衆の一つ一つが人であることが怖いです。 しかしながら、極めて事実に近い問題がピックアップされており、ここが物議を醸しているところ。 簡潔におさらいします。 『森友・加計学園問題』 モリカケ問題と言うことで話題になりました。 時期が近いので一緒になっていますが、一応別々の問題です。 森友学園=本来9億円ほどの不動産を1億円で森友学園は調達。 安倍首相の忖度では? 加計学園=52年間認められていなかった大学の獣医学部新設の事業者に認定。 加計理事長が安倍首相の友人であったため忖度では? 超要約するとこんな問題です。 新聞記者では加計学園問題に寄せていて、本来文部科学省管轄の大学新設が内閣府主導で進められている。 調べてみると生物兵器を研究する施設だった。 そこに国民の税金が投下されている。 というストーリーになっています。 また 自殺した神崎ですが、森友学園への国有地売却で公文書改ざんに加担させられた財務省近畿財務局の赤木俊夫さんと重なるのは私だけではないでしょう。 非常に現実と強くリンクしたメッセージが盛り込まれています。 『伊藤詩織さんのレイプ問題』 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、『総理』『暗闘』など安倍首相の著作を上梓している山口敬之に強姦されたとして損害賠償を求めた問題。 セクハラ被害者を支援する「 MeToo(私も)」運動があったことは記憶に残っています。 新聞記者では、女性の弱い立場について吉岡が言及するとともに、訴えた後に起こるセカンドレイプ問題にも触れています。 性被害にあった女性は、被害の証明が非常に難しいとされています。 2017年の政府の調査によると、日本の強姦被害者のうち警察に届け出たのはわずか4%。 暴力や脅迫があった、抵抗的出来なかった状態であることを証明しなければならず、事後ではそれが非常に難しいことが理由です。 わかりやすく言うと「昨日電車に乗ってた時に痴漢をされたが、やっぱり嫌だったから訴えたい」と思っても、かなりの言いがかりになってしまいできないのと同じで、痴漢の場合は現行犯ですが、薬で眠らされたなどの場合、寝ているので証明できません。 レイプが事実かどうかはもはや本人たちしかわかりません。 ただ、真偽はどちらだとしても、声を上げることで起こるセカンドレイプ問題は真意だと感じました。 羊の絵の意味 羊の絵は、神崎が自分の子供のために書いてあげた絵の一枚。 元々は羊がほほ笑んでいる絵でした。 しかし、その羊の目を盲目にして告発した。 神崎は、何が正義で何が悪なのか見えなくなってしまった。 そんな悲しい絵のように、私は感じました。 巻き起こった賛否両論 そもそも主演の松坂桃李は制作会社の役員が、所属事務所の社長だったから起用、主演女優は日本人女優が作風を理由に軒並み断られ、しがらみのない韓国人女優・シム・ウンギョンが起用されたという話です。 (しかし、これが日本アカデミー賞最優秀主演男優&女優賞を獲得!) 右だ、左だ。 興行収入は歴代日本アカデミー賞最優秀作品とは比較にならないから、安倍政権への批判の意味で受賞した。 ジャーナリストの気取りの戯言。 ただ面白くない。 真実のドキュメンタリっぽい作風が気に入らない・・・などなど、検索すると多くのコメント。 これって、 管理人の考えるいい映画の定義に当てはまっています。 毒にも薬にもならない映画が一番つまらないと思っているのですが、観る人によって毒か薬にはなっている印象を受けました。 特に批判する人の口調や声は強めに感じます。 そもそも日本では、政治を知ろう、関与しようという風潮がそもそも低め。 この作品をきっかけに、政治や政権に興味を持つ人が、よく自分で考えて情報を受け取る人が一人でも多くなってほしいと思います。 なお、原作があります。 深く知りたいという方はこちらもどうぞ。 しかし、 個人的な本作のMVPは本田翼と田中哲司。 本田翼がですね・・・抜群に可愛く、政治や旦那の仕事に全く介入しない。 ここがイイです。 純粋に温かな家庭を望んでいる。 産まれてきた命を愛しく思い、旦那への愛情も忘れない。 本田翼の存在が、ラストシーンの「ごめん」の説得力をグッと高めています。 田中哲司はさすがですね。 作品全体の照明の感じも手伝っていますが、 魔物のような存在が後ろに感じられる、威圧的な話し方が『逆らえない、逆らった時の絶望感』を際立たせています。 この2人なくしてラストシーンの説得力はないでしょう。 まとめ 『いま、あなたに問う』という予告編の通り、 この作品は私に、そしてあなたに問われています。 真実はどこにあると思いますか? 政府は正しいと思いますか? 逆にジャーナリズムは正しいと思いますか? そして、、 この作品をどう受け止めますか? ニュースは『どこを切り取るのか?』によって全く見え方、伝わり方が違うのが面白いところです。 残念ながら歴代日本アカデミー賞の中でも興行収入は低く、受賞報道の扱いも小さく、政治色の強い本作は地上波の放送も見込めないため、大きく拡散される機会はないでしょう。 映画ブロガーとして、『このような作品がある』と言うことを知ってほしい。 だから本作はS級映画とします。 新聞記者はU-NEXTなら無料でfull視聴できます。 31日間無料キャンペーン利用し、付与される600ポイントを消費して観れば0円です。

次の

映画『新聞記者』は高評価なのになぜマスコミに無視されるのか?

新聞記者 ラスト セリフ

(C)2010「告白」製作委員会 3月25日の終業式、この物語は担任の教師の森口が生徒に向けて最後の話をするところから始まります。 生徒たちは、配られた牛乳を飲んでいます。 そして、思い思いに雑談をしている中、構わず森口は生徒に向けて話をし続けているのでした。 そして、次の春にはこの学校にいない、教師を辞めると生徒たちに告げます。 そして、命について話し始めます。 森口は、カリスマ教師の桜宮という人物の話を始めました。 内容が進むにつれ、生徒は森口の話に耳を傾けるようになります。 シングルマザーだった森口は、その理由を、婚約者がHIVに感染したという事実を話します。 そして、それがわかった時は自分はすでに妊娠しており、婚約者との結婚はしませんでした。 1人で娘である愛美を育てますが、ある日、愛美は学校のプールで遺体となって発見されます。 そして、犯人は2人いて、その犯人はこのクラスの生徒であると告げるのでした。 森口の婚約者は、カリスマ教師の桜宮でした。 そして、その桜宮のHIVに感染した血液を、その犯人2人が先ほど飲んだ牛乳に混入したと言います。 そして最後に、「では、みなさん、有意義な春休みを過ごして下さい」といって学校を去るのでした。 春、始業式に、新任の担任、寺田が着任します。 寺田も桜宮の本に影響を受けた教師の1人で、そのまま熱血ぶりを発揮する教師です。 そして、生徒たちの兄のように接するのでした。 森口の娘を殺害した犯人の1人、下村直樹は学校へきませんでした。 直樹は、自分がHIVに感染したと思い込んでおり、潔癖なまでに自分の触れたものを綺麗にするのでした。 しかし、自分は風呂にも入らず、髪も伸ばして過ごしています。 母親の優子は直樹が心配になりますが、どうにもすることができませんでした。 そして、時折訪れる寺田にも期待していませんでした。 悲しみの限界に達した優子は直樹と心中しようと考えます。 しかし、直樹は自分を殺そうとした母親を返り討ちにし、殺害してしまうのでした。 直樹の精神は崩壊し、児童相談所に収容されるのでした。 もう1人の犯人、渡辺修哉は変わらず学校に通っています。 ですが、修哉に対するいじめが起こりました。 いじめを寺田にリークしたと疑われた北村美月も修哉と同様にいじめられます。 修哉はいじめの仕返しを始めます。 自分の血液を嫌がるクラスメイトの顔につけたり、男子生徒にキスをするなどの行動に出るのでした。 クラスメイトたちは、修哉はHIVに感染していると思い込んでおり、恐怖した生徒たちはその後いじめをすることを止めるのでした。 (C)2010「告白」製作委員会 修哉は秀才で、母親は優秀な研究者でした。 その才能を受け継いだ修哉は様々なものを生み出します。 しかし、母親は自分を見捨て、そして家を出て行きました。 母に認められようと修哉はコンテストでも優勝しました。 ただ、同じ日の新聞欄には週やの記事よりも同級生が殺人を犯した記事が大々的に掲載され、修哉は逆上します。 もっと目立とうと考えた修哉は、殺人を考えます。 そこで、森口の娘を殺すことを考えたのでした。 そして、さらに目立とうと考え、学校に爆弾を仕込みます。 そして、全校生徒のスピーチの時に、全員を巻き添えにして学校を爆発させようと考えたのです。 その計画を実行に移そうと、スピーチをしたのち、修哉は爆弾のスイッチを押します。 しかし爆発は起こりません。 その時、修哉の携帯がなりました。 森口からです。 森口は修哉の計画を全て知っていました。 そして、修哉が学校に仕掛けた爆弾を、修哉の母親である研究室に置いてきたのでした。 ボタンを押した時、爆発したのは、学校ではなく、修哉の母親がいる研究室だったのです。 そのことを知った修哉は発狂するのでした。 「これからあなたの更生の一歩が始まるのです・・・なんてね」森口はそうって、その場を立ち去るのでした。 映画『告白』を動画でみる方法については以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。 mtime. 映画『告白』ラストの「なんてね」が妙に怖い 森口の最後のセリフ。 「・・・なんてね」。 この一言、非常に悪意に満ち満ちている印象を与えていますね。 これは、犯人である修哉がよく言っていたセリフです。 人を騙し、人を裏切り、そして、失意へと落とし込むこのセリフ。 復讐を遂げた森口が、最後に修哉にこのセリフをいうことで、失意のそこへ落とし込むセリフ。 色々と考察できるこのセリフですが、やっぱり妙に恐ろしいですね。 スポンサーリンク 映画『告白』感想とみどころ いかがでしたでしょうか。 今回は、映画『告白』についてご紹介をしてまいりました。 主な登場人物それぞれの視点で構成されているこの作品。 一人一人の心境や思考がより理解できるからこそ、ラストシーンへの盛り上がりが巧妙に設計されている作品です。 みどころとしては、以下ですね。

次の

「新聞記者」ネタバレ!あらすじやラスト最後のセリフは?結末と見どころ!

新聞記者 ラスト セリフ

あらすじ [ ] ジャーナリストの父親が誤報のために自殺した東都新聞社会部の若手女性記者・吉岡エリカは、における記者会見でただ1人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。 そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。 極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。 彼女が調査を進めた結果、の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。 神崎の死に疑問を抱いた吉岡はその調査の過程で、の若手エリート官僚・杉原拓海と巡り会うが、彼は現政権に不都合なニュースをコントロールする立場でありながら、神崎の死に疑問を持っていた。 神崎は彼の元上司だったのだ。 立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。 キャスト [ ]• 吉岡エリカ:• 杉原拓海:• 杉原奈津美:• 倉持大輔:• 関戸保:• 河合真人:• 神崎千佳:• 都築亮一:• 神崎伸子:• 神崎俊尚:• 陣野和正:• 多田智也: 劇中座談会「官邸権力と報道メディアの現在」(特別出演)• 司会・南彰(中央執行委員長) 劇中座談会を収録した書籍は『同調圧力』(2019年6月8日、、) 映画公開を記念し、同メンバーによるシンポジウムが2019年6月17日・21日に開催された。 スタッフ [ ]• 原案:「新聞記者」(刊)、• 監督:• 脚本:詩森ろば、、藤井道人• 音楽:• 主題歌:「Where have you gone」• 企画・製作:河村光庸• エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸、岡本東郎• プロデューサー:高石明彦• 共同プロデューサー:行実良、飯田雅裕、石山成人• 撮影:• 照明:平山達弥• 録音:鈴木健太郎• 美術:津留啓亮• 編集:古川達馬• 衣装:• ヘアメイク:橋本申二• 演出補:酒見顕守• ラインプロデューサー:平山高志• 宣伝:KICCORIT• 配給:スターサンズ、• 制作プロダクション:• 制作:スターサンズ• 製作幹事:• 製作:『新聞記者』フィルムパートナーズ(VAP、スターサンズ、、、イオンエンターテイメント) 製作 [ ] 監督の藤井道人は、企画を持ちかけられた当時、新聞も読むタイプの人間ではなく、政治にも無関心だったために自信がなく、オファーを2回断っている。 製作段階では、新聞記者だけでなく、同じくらい官僚の人に念入りに取材してリアリティを追求したが、内閣情報調査室のことは誰に聞いても詳細はわからなかったと言う。 映画の内容から反政府というイメージを持たれかねないにもかかわらず、この難しい役の出演を承諾したに対して、その決断を評価する声があがった。 なお、松阪はこの映画を制作した制作会社The icon取締役の渡辺万由美が社長を務めるトップコート所属である。 また、ヒロインの女性記者役に至っては引き受けてくれる女優が誰も居なかったため、しがらみのない出身のが選ばれたと報じられている。 評価 [ ] 映画監督のは、「これは、新聞記者という職業についての映画ではない。 人が、この時代に、保身を超えて持つべき矜持についての映画だ」とコメントを寄せた。 映画公開日前後から公式サイトが断続的にサーバーダウンして閲覧が難しくなる状況が発生した。 特定のIPアドレスからシステムを使用した集中的なアクセスを受けていると公式から説明があり、ではないかという疑いも持たれた。 配給会社によると客層は従来の中高年層が徐々に増えてきており、全国42の劇場で売り切れとなっていたも1万部の増刷が決定したという。 受賞 [ ]• 第11回• 特別賞(監督、及びスタッフ・キャスト一同)• 最優秀新進女優賞()• 2019年度• プロデューサー賞()• 第32回• 作品賞• 最優秀作品賞• 最優秀主演男優賞()• 最優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)• 優秀監督賞(藤井道人)• 優秀脚本賞(、、藤井道人)• 優秀編集賞()• 2020年• 特別賞(製作チーム)• 日本映画優秀賞• 女優主演賞(シム・ウンギョン)• 第12回東京新聞映画賞• 第2回映画のまち調布賞• 撮影賞(今村圭佑)• 日本映画ペンクラブ賞• 日本映画部門第1位 興行成績 [ ] に全国143館で公開され、最初の週末となる6月29日と翌30日の全国映画動員ランキング初登場第10位となり、公開3日間の観客動員数4万9,871人、6,233万1,930円を記録し、1週目(6月28日〜7月4日)は累計で観客動員数10万6,807人、1億2,920万9,860円を記録した。 公開2週目の週末となると翌の2日間で観客動員数5万1,229人、6,485万8,230円を記録し、全国映画動員ランキングでは、10位から8位にランクアップした。 また、初週末3日間の数字を2週目週末が上回り、動員対比102. には、公開から11日間の累計で観客動員数17万2,127人、2億1,055万5,640円となり、累計2億円を突破した。 までに累計で観客動員数33万人、4億円を突破した。 受賞後の凱旋上映も合わせた累計興行収入は6億円を突破した。 備考 [ ] 制作総指揮のひとり、河村光庸は『新聞記者』の制作中、自身を追ったドキュメンタリー映画を企画。 映画が公開された年の11月15日、監督による『』が公開された。 制作・配給はスターサンズ。 脚注 [ ]• 映画ナタリー. 2019年4月19日. 2019年6月22日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月14日. 2019年6月22日閲覧。 com. 2019年5月22日. 2019年6月22日閲覧。 日刊ゲンダイDIGITAL 株式会社日刊現代. 2019年6月21日. 2020年1月25日閲覧。 com. 2019年6月4日. 2019年6月22日閲覧。 シネマカフェ. 2019年3月11日. 2019年6月22日閲覧。 2020年3月18日閲覧。 MOVIE MARBIE. 2019年7月6日閲覧。 アサ芸プラス 徳間書店. 2019年7月3日. 2020年1月25日閲覧。 日刊ゲンダイDIGITAL 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年6月26日. 2020年1月25日閲覧。 ハフポスト 2019年7月3日. 2019年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年10月3日. 2019年10月10日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月25日. 2020年2月13日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年12月12日. 2020年1月25日閲覧。 ステージナタリー. 2020年1月15日. 2020年1月17日閲覧。 朝鮮日報. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 モデルプレス. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 ナターシャ. 2020年1月22日. 2020年1月23日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年3月11日閲覧。 石川智也 2019年11月12日. 朝日新聞. 2019年11月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• shimbunkisha -•

次の