喪失感でいっぱい。 『喪失感』の意味とは?喪失感を感じる瞬間や乗り越える方法も紹介!

喪失体験ではうつに浸る期間が必要! 回復までにできる対処法

喪失感でいっぱい

全身が水の中を動いているように奇妙な抵抗感と喪失感になやまされた。 一足歩くごとに勝手な方向に足が出てしまうのだった。 … 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』 より引用• いつからだろうか。 まだ手に入れてもいない未来に対する喪失感をもつようになったのは。 ただ働き、他人に使われて人生をすり減らし、年をとって死ぬのは真っ平だと感じる。 … 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』 より引用• この時、弥生は、世界からあらゆる光が失われ、自分がゆっくりと暗黒の中へと吸い込まれていくような感覚を味わった。 それは、かつて誰も経験したことがないような底知れぬ喪失感だった。 彼女は、現実感を失ったまま、半壊した建物の中から、未だ夜の明けない外にさまよい出た。 … 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』 より引用• 一体、この数年間、わたしは何をやっていたのだろう、と途方に暮れる。 自分自身の存在まで消え去るような喪失感をあなたは味わうに違いない。 このような状況を目の当たりにしたとき、彼のことが一瞬にして嫌いになれたらどんなに楽だろう。 … 梅田みか『愛人の掟2』 より引用• そして、その存在しない声が、かえってぼくの喪失感を強めたのである。 ぼくは力のない足どりでベッドに歩み寄り、腰をかけた。 … 眉村卓『不定期エスパー3』 より引用• それもまた、変化の一つで。 培 つちかってきた関係を失っていくことに 喪失 そうしつ感を覚えないと言えば、嘘になる。 けれど以前の俺と致命的に、価値観が違ってきてしまっているのも事実だ。 … 入間人間『電波女と青春男 第07巻』 より引用• そしてどの関係もモモコは完璧にこなしてくれた。 一日で三人を失った喪失感は、背中の感覚が薄っぺらくなった気分だった。 渦を巻いた闇が目の裏側に迫っている。 … 池上永一『シャングリ・ラ 上』 より引用• それが、ヤコの答えであった。 爆発の 瞬間 しゅんかん、限りない喪失感と共に、グウの心は無となり、空となった。 そして、グウはすべてを失うと同時に、すべてを得た。 … 古橋秀之『ブライトライツ・ホーリーランド』 より引用• 今夜、一緒に過ごしたいと思える人間がいたとしたら、それは父かもしれない、と私はふと思った。 父の喪失感こそ、私の感じているそれに近いものかもしれなかった。 父は末娘を失い、私は恋人を失ったのだ。 … 小池真理子『狂王の庭』 より引用• いつかこういう日がくることは知っていた。 そしてまた、そのとき激しい 喪失感 そうしつかんに 襲 おそわれることも予想していた。 ぼくはわかっていた。 … 乙一『失踪HOLIDAY』 より引用• やってきた電車ではない何かに乗って出立すると、ようやく熊の少女は言葉学園商店街なる場所へ買い物に行くことを告げた。 言葉学園商店街を歩いていると、熊の少女は喪失感を買いに来たと説明する。 店に着くと本棚に脳髄が並べられていた。 D嬢の支えがあったからこそ成功した実業家でありつづけ、理想の夫、良き父親役を演じてこられたと、本気で考えた。 決定的な喪失感を自分の内にねじりこんで、彼はよろよろと歩き出した。 どこかポッカリあいた傷口から、血がたえず流れでていく感じがしていた。 … 森瑤子『さよならに乾杯』 より引用• もう四年も前のことだ。 あたしは、説明のつかない喪失感に涙ぐむような年齢ではなくなった。 それでも睦月は遠いと感じる。 … あさのあつこ『ガールズ・ブルー』 より引用• 僕は喪失感を埋めるために仕事に集中していたということもある。 でもそれだけが原因ではないことは自分でもよくわかっていた。 … 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』 より引用• 吹き荒れていた。 だが喪失感の中にいるおれは、じいさんの姿に恐れを抱くことはなかった。 そして〈エンタープライズ〉を失った悲しみ。 息子をなくした悲しみと同じではないが、喪失感のつらさに変わりはない。 新しい艦をもらっても、あの〈エンタープライズ〉の代わりにはならない。 … ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』 より引用• なぜかそれを聞いてガリオンは快い気持ちになった。 こんな大変な出来事のさなかですら、ガリオンは喪失感をおぼえていた。 そしてなんとなく、自分はもうその宝石をあきらめなくてはならないのだと思いこんでいたのだ。 … エディングス『マロリオン物語10 宿命の戦い』 より引用• 言葉では言い表せないくらい、彼との友情が懐かしい。 しかし、私の個人的な喪失感など、魔法界が失ったものと比べたら何でもない。 彼がホグワーツ歴代校長の中でもっとも刺激的でもっとも愛された人物であることは、疑いようがない。 … ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 暫定訳 』 より引用• 一人、残されるあの痛みをまだ身体は克明に記憶しているというのに。 魂の奥が忘れ得ぬ痛みと喪失感で軋みをあげているというのに。 … 同人『十二国記』 より引用• わたしのことじゃないのに、わたしが泣きそうになってた。 それはおじいちゃんのお葬式よりも、喪失感に満ちている想像だったのだ。 … 入間人間『電波女と青春男 第02巻』 より引用•

次の

好きな人が去り、喪失感でいっぱい。時間が解決してくれるでしょうか?

喪失感でいっぱい

恋人と別れた時の喪失感は、振った場合も振られた場合も、大きなものであると思われます。 これまで一緒だった人との別れは、生活スタイルがガラリと変わってしまうほどの影響力があります。 振った場合は、肩の荷が下りたことから来る無気力感を感じるでしょう。 その別れによって、ある種の空虚感を感じるかもしれませんが、それはそこまで寂しいものではなく、カップルであった状況がシングルに変わったことによるものなので、割と容易に乗り越えられるでしょう。 しかし、振られた場合の喪失感は、かなり大きいものであると言えます。 好きな人との別れは、寂しい状況を通り越して、無気力になってしまう可能性もあります。 寂しい思いを乗り越えるのも容易ではないでしょう。 しかし、寂しい思いに苛まれた状況に、いつまでも留まっている訳にも行かないので、自分に合った方法で乗り越えていかなくてはいけません。 乗り越えるのが困難な状況であったとしても、乗り越えられると信じて、別れを忘れる努力をして行くしかありません。 友人と離れ離れになった時の喪失感は、寂しいと思う気持ちが大半を占めていると思われます。 友人とは仲間であり、心が通い合っていて、苦楽を分かち合える大切な存在です。 そんな友人との別れは、とても寂しい気持ちになると同時に、ショックで瞬間的に無気力になり、ぼーっとしてしまうかもしれません。 大人になる程、友人と過ごす時間は少なくなってしまうものですが、それでも友人は大切な存在であり、友人と離れてしまうことは、寂しい気持ちでいっぱいになる、残念すぎて無気力気味になってしまうなど、辛い状況になってしまうことは否定できません。 しかし、また会う日を楽しみに思うことで、その寂しい気持ちを乗り越えていけるのではないかと思います。 誰かが亡くなることは、人生において大きな出来事です。 大切な存在が亡くなることは、残された者のライフスタイルまでも変えてしまうことがあります。 家族が亡くなることで生じる喪失感は、喪失感の中でも1番大きい喪失感ではないかと思います。 家族は自分にとって身近で大切な存在、子供は自分よりも大事な存在であると認識している人も多いかと思います。 生活を共にし、愛情を注いできた存在が亡くなることは、大きな悲痛であり、乗り越えるのが大変困難な喪失感に見舞われることでしょう。 苦楽を共にしてきた家族との別れは、悲しみや寂しさが大きく、食べ物も喉を通らないほど、無気力になってしまうこともあるだろうと思われます。 もう2度と会えない、共に笑ったり話したりすることも不可能になってしまったという喪失感は計り知れません。 ペットが亡くなることでも同様に、乗り越えるのが困難なほど大きな喪失感が私たちを襲います。 これまで愛情を注ぎ、自分を癒し、支えてくれた存在のペットが亡くなることで、一定の間、無気力にもなってしまうでしょう。 命あるものすべては、いつか亡くなりますが、大切な人やペットとのつながりは、人生の充実度そのものです。 そのような存在が亡くなることで生じる喪失感は、人生で1番辛い状況と言えるでしょう。

次の

喪失感はどうして起きる?仏教が教える失われない楽しみ

喪失感でいっぱい

この記事の目次• 母が亡くなる。 喪失感を抱えたままいつまで過ごすのか…。 心の痛みを回復させるには?• 悲しみや落ち込んでいることを否定しない 落ち込むことや悲しむことはいけないことではありません。 悲しみは心の痛みから回復するために誰もが通る大切な道筋です。 「突然涙がでる」「イライラする」「なにもやる気が起きない」などの状態の時は落ち込みを否定しないで「今は回復途中にいる」と今の状況を受け入れましょう。 何もしない時間を作る 私達はさみしい、苦しい気分になることを恐れ、暴飲暴食や買い物、ギャンブルなどの刺激の強いものに夢中になり自分の気持ちを紛らわそうそします。 他にも仕事や趣味などに過度に熱中するなど、いっけん問題に思えないこともさみしさを紛らわすための「代償行動」になっていることがあります。 楽しいことや仕事に夢中になって充足感や達成感を得るのは、心と体が元気になるために必要なことです。 落ち込まないためや悲しみを紛らわすために何かに熱中すると悲しみをを増やしてしまい、心身のバランスを崩すこともあります。 悲しむことも、落ち込むことも悪いことではありません。 むしろ心をケアして回復させるためにしっかり悲しみ、怒り、落ち込む気持ちを感じることが大切です。 母は自分よりも先に亡くなる存在であると覚悟しておくことが、喪失感を軽減させる。 親は必ず先に死ぬ、喪失感は必ずやってくると覚悟を決めることです。 自分の母親がどんな人生選択をしてきたのかを知ることも大切です。 都内在住のBさんは仕事のピンチを乗り越える度に、母が支えてくれたと感じます。 大好きな山に行くと心の中で母親と会話が出来ると言います。 以前知り合いが同じことを言っていた時は「そう思いたいだけ」と聞き流していましたが、今は「私が居てほしいと思う時は必ず母親がいてくれる」と信じています。 関西に住むPさんは母親に一時期抱いた確執は2人の関係に問題があったのではなく、自身の生き方が上手く行っていなかったせいだと気が付きました。 食器を洗った後、蛇口から水をチョロチョロと出しておくのも母親の影響。 母親が大事にしていたことを自分も大事にすることが今の私に出来ること。 母親が亡くなる喪失感や罪悪感について。 母親が亡くなって1ヶ月が過ぎました。 しかし強烈な罪悪感が毎日毎日、自分の胸をえぐります。 看取れなかったこと、余命が残りわずかとしりながら、寂しく孤独を感じていた母親に付き添わなかったこと。 どちらもその気になればいくらでも出来たことなのに、自分のことを優先していました。 その結果、母親は孤独と寂しさの中で誰にも看取られず逝ってしまいました。 今更嘆いても仕方のないことですが、どうしても考えてしまいます。 私もいつか逝くときはひとりで孤独なのだろうか?食事をするにしても、親不孝をしておいて、ご飯を食べる資格などあるのだろうか?とすべてが悲観的にしか考えられません。 日が経つと・・・と言いますが、私は日に日に罪悪感が大きくなります。 もちろんまだ母親が旅立った事実も受け入れていない状況です。 『受容の5段階プロセス』とは?• 受容の5段階のプロセス もともと「自らの死を受け入れていく過程」として構想されました。 愛する人の死を受け入れるときにも、同じ心の働きを経ると考えられています。 死は誰でもいつかは迎えることですが、多くの人が目を背けてしまうことです。 否定と孤独 死別への衝撃から、強い否定の感情が生まれます。 あせり、無気力感、不安感でいっぱいになります。 怒り 「どうして私を残して逝ってしまったの」など亡くなった人への怒りや、死別の苦しみを経験していない人へのねたみ、憤りなどを感じる。 取引 「もしもあの人が生き返るなら何でもする」というような思いが押し寄せる時期。 抑うつ 痛烈な孤独感や不安感、喪失感がやってきます。 誰とも関わりたくない、1人になりたいという気持ちになる時期です。 受容 穏やかに現実を受け入れることができるようになります。 親を看取ることが最大の親孝行である。 精神的な部分では、私たちは子供の時と変わらず、父親の愛情や勇気をくれる母親の自信に満ちたまなざしを必要としているのです。 それは、ほかの誰でもない、両親でなければできないこと。 両親を失うという経験は心に深いキズを残します。 親を看取れることが出来ないと、心の傷は完全に癒えることがないのです。 両親を失うことに前もって心構えが出来ている人はいません。 そのためには次のことに気をとめましょう。 私達が悲しみに浸りながら生きていくことを両親が望んでいるわけがありません。 とても難しいことですが、亡くなった両親のためにも笑顔を取り戻し両親との思い出を誇りに思って幸せになりましょう。 いい思い出で心をいっぱいにしましょう。 両親と共に過ごした最高の日々は、今度はあなたの子供たちへと受け継いでいける心の送り物です。 愛情の遺産で、人としての成長を支え自分達の根源に触れることにもなります。 私達は誰でにいずれは別れに直面します。 今生きることを学び、愛する人たちと一緒にいれる間は、心から一緒の時間を楽しみましょう。

次の