クロル ヒドロキシ アルミニウム。 クロスヒドロキシアルミニウム

収れん成分の解説と成分一覧

クロル ヒドロキシ アルミニウム

このページの目次 OPEN• 【選び方】ワキガ向けデオドラントを市販品の中から選ぶ際のポイント3 ドラッグストアや薬局で売られているデオドラントの中で、ワキガ向けのアイテムを選ぶ際のポイントを3つに絞ってご紹介します。 選び方を間違うと効かないだけじゃなく、ワキガが悪化することもあるので、購入前に必ず確認してください。 殺菌 抗菌 ・消臭 抑臭 における有効成分と、制汗における有効成分の2種が入っている医薬部外品であることが望ましいです。 有効成分が入っていないデオドラントは化粧品という位置づけになりますので、 デオドラントに「医薬部外品」と書かれているかチェックしてください。 シャクヤク、セージ、ワレモコウ、ダイズ、ヨクイニン、天然ビタミンE、アーティチョーク、海藻、ドクダミ、オウバク、ラベンダー、アロエ、サクラ葉、カモミラ、グリチルリチン酸2K 甘草 、オウゴン、イタドリ、シナノ、セラミド、BG、グリセリン、コラーゲン等々 をご覧ください。 完全無添加が良いですが、添加物はデオドラントの品質を保つうえで必要です。 添加物が入っているのは仕方ないですが、 できるだけ低刺激な処方で作られているデオドラントを選びたいところです。 また、 有効成分においても刺激の強さが違いますので、その辺も確認したほうが良いです。 痒みが出たりかぶれたりする とワキガが悪化してしまって本末転倒になってしまいますので。 市販で買える人気ワキガデオドラント15種を徹底比較! 実際に市販で買えるワキガ向けデオドラントの中から人気15種をピックアップして比較してみました。 特に アルミニウムヒドロキシクロリドは塩化アルミニウムのことで、 医薬品にも使われるくらいの高刺激成分です。 制汗効果は高いですが 副作用が起きやすく、 かゆみや かぶれといった炎症が起きやすいです。 似た名前の、「クロルヒドロキシアルミニウム」は低刺激ですが、パラフェノールスルホン酸亜鉛に比べると刺激が高めです。 他には、 ベンゼトニウム塩化物やベンゼトニウム塩化物など消毒液のような成分が殺菌目的として入っているのも気になります。 敏感肌の方は特に要注意でワキガの悪化、黒ずみの原因にもなりかねません。 市販のデオドラントだとワキガが悪化しやすいので注意が必要 でも書きましたが、ドラッグストアや薬局で買えるワキガデオドラントは有効成分の刺激が強いし、保湿や整肌に関してはあまりこだわりがありません。 どれもその場しのぎ的なデオドラントばかりです。 最悪、臭いや汗がひどくなる可能性があります。 市販のデオドラントではワキガが悪化しやすい理由 「市販のデオドラントではなぜ悪化しやすいのか?」 それは 肌刺激が高いことで乾燥するからです。 出典:ハイネス公式サイト 確かに上記でご紹介した市販のデオドラントには殺菌・消臭・制汗成分は含まれています。 ですが、それだけだと肌が刺激を受けて乾燥してしまいます。 乾燥すると体が危険を察知し、皮膚を潤して保護するために必要以上の汗や皮脂を分泌します。 そうなると ワキガが悪化してしまうんです。 そのため、でも書いていますが、 ワキガを軽くするには保湿や整肌成分で肌を整える必要があるんですね。 市販品に通販限定のような高品質ワキガデオドラントがない理由 では、なぜ市販では当サイト「」で推奨しているようなアイテムがないのかと言いますと、理由は以下の2点です。 また、定期コースなどのサービスを提供することで高品質なデオドラントをできるだけ低価格で提供できるというわけなんですね。 市販で販売されているようなデオドラントは比較的大手メーカーのアイテムが多いですが、もちろん売上重視で商品開発をします。 そうなると採算重視で大量生産が必須となりますので、 安価で大量に使える成分で商品を作ることとなります。 結果的に添加物が多く刺激の多いデオドラントが出来上がりやすいんです。 ワキガには市販のデオドラントより質の高いアイテムの方が結果コスパが良い 当サイトで推奨している、「クリアネオ・ノアンデ・デオシーク」は1回の価格が5,000円前後で高価です。 ですが、正しく継続すれば 3ヶ月~半年くらいでワキガが軽くなっていくので、使用量も徐々に減り、休み休みの注文で十分ワキガ対策できるようになります。 これは 私の体験からも同じことが言えます。 例えば 6回の継続で約3万程ですが、 手術すると皮下組織吸引法15万~、皮下組織削除法20万~、直視下手術法30万~程費用が必要で、リスクも考えると質の高いデオドラントでのケアの方が、安くて安全、安心ですよね。 手術についてはこちらでしていますので、参考にどうぞ。 一方、市販のデオドラントは1個1,000円もしなかったりしますが、1回の持続性も低いですし、肌が整うことも無いので 永遠に使い続けないといけません。 むしろ悪化していき、悪循環に陥ると抜け出すには時間がかかります。 市販品ではワキガが根本的に軽くなることは無いので、結果コスパが悪いですね。 そうなる前に、 していますので、是非参考に検討してみてください。 ただ、効き目が弱かったり、刺激が高かったり保湿・整肌できなかったりして結果 満足できないことが多いです。 それでも市販品のデオドラントでわきが対策する場合の条件としては• 有効成分が入った医薬部外品であること• 保湿・整肌成分も含まれている事• 添加物や刺激物の少なさ と、お伝えしました。 この条件をもとに市販の人気デオドラント15種を比較した結果、 1番おすすめなのはクラシエ「Hミッテル」という結果になりました。 ただ、 それでも保湿・整肌成分がセージの1種しか配合されていません。 これじゃとてもじゃないですが長期目線でのワキガ対策ができないので、ワキガ自体が軽くなることはないでしょう。 「早くワキガを改善したい!」「手術なしで軽くしたい!」という方は肌環境を整える必要があるので、 質の高いデオドラントでケアされることを推奨します。 市販のワキガ用デオドラントで子供への使用を明記しているアイテムはありません。 市販のデオドラントに子供用って特になくて、 基本は大人向けのデオドラントを子供にも使うことになります。 とはいえ、大人のワキガ向けデオドラントも 「何歳から使用可能」とか一切かかれていないので、 あくまでも自己判断となります。 当ページ「」でご紹介しているデオドラントであれば低刺激なので使ってトラブルになることはないかと思いますが。 ただ、不安な方は「」のページを参考にデオドラントを選んでいただければ安心です。 販売ページにもしっかり明記されているので心強いですよ。 ちなみに、はのように子供には使えないタイプもあるので使用は控えておいてください。

次の

化粧品用語集

クロル ヒドロキシ アルミニウム

収れん剤とは、一般的には肌の引き締め作用をもつ成分であり、化粧品科学の分野では、• 角層タンパク質であるケラチン収縮による肌の引き締め(astringent:アストリンジェント)• 汗腺開口部の引き締め・凝固による発汗抑制(antiperspirant:アンチパースピラント) 主にこれらの作用のいずれか、または両方を有する成分のことをいいます。 冷水やアルコールなど皮膚温を一時的に低下させ、急冷によって肌を引き締める物理的収れん作用もありますが、化粧品科学の分野における収れん剤とは、タンパク質のケラチンの凝固・収縮により起こる化学的収れん作用を有する成分としています。 収れん剤を分類すると、以下のように、• 陰イオン型収れん剤:有機酸、ポリフェノールおよび有機酸を含有する植物エキス• 陽イオン型収れん剤:金属塩 これらに大別されます。 陰イオン型収れん剤 皮膚のタンパク質を収縮させることによる 緩和な収れん作用のほか、皮膚の酸性の維持、微生物の発育抑制などの特性を有しており、皮脂抑制や化粧崩れ防止など複合的な目的で配合されます。 陽イオン型収れん剤 タンパク質を凝固・収縮させることにより 強力な収れん作用を発揮します。 これらが化粧品科学における収れん剤の解説となりますが、化粧品とは化学的な効果・作用だけで効果を得るのではなく、使用感や効果実感などを伴う総合的な体感で評価されるため、総合的な体感の向上や既存製品との差別化を考慮し、収れん成分を軸におきながらも、アルコールやメントールなど清涼実感のある感覚性成分を組み合わせて配合されるのが一般的です。 収れん成分一覧• A-Z ア-ンの順番に並べてあります• 目的の成分がある場合は目的の行 ア行カ行など をクリックすると便利です.

次の

クロルヒドロキシアルミニウム(部外品):Cosmetic

クロル ヒドロキシ アルミニウム

制汗剤の成分は安全なのか? 多くの市販の制汗剤は【医薬部外品】として販売されています。 制汗剤に配合されている有効成分は、どれも長く使われてよく知られている成分です。 制汗作用のある成分が配合されている薬用化粧品も、医薬部外品の一種です。 医薬部外品は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に定める基準によって厚生労働大臣が承認します。 正しい使用方法を守れば、安全性と有効性を国が認めているものです。 (医薬部外品は)効果・効能の認められた有効成分が含まれていますが、人の体に対する作用が穏やかなもので、日常的な不快感の緩和を目的とする育毛剤、入浴剤などが該当します。 従来の効能に殺菌や消毒効果を強めた「薬用化粧品」も、化粧品ではなくここに含まれます。 殺虫剤、殺そ剤など人または動物の保健目的に使用されるものも医薬部外品です。 また、比較的安全性が高いと判断され、医薬品から移行した整腸薬などの「指定医薬部外品」もこの区分です。 もちろん肌につけるものなので、副作用が皆無ではないのですが、危険があるのではないかと過度に心配する必要はないものです。 では、具体的にどんな成分が配合されているのか見ていきましょう。 制汗剤の成分には、汗を抑える作用、ニオイを抑える作用のある有効成分が配合されています。 これらのナショナルブランドでよく使われている有効成分は、以下のとおりです。 制汗成分:クロルヒドロキシアルミニウム、焼ミョウバン、フェノールスルホン酸亜鉛• 防臭成分:イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)、塩化ベンザルコニウム 制汗に使われているミョウバンの別名は「硫酸アルミニウムカリウム」です。 ミョウバンは古代ローマですでに制汗剤として使われていた、といわれています。 クロルヒドロキシアルミニウムもフェノールスルホン酸亜鉛も、アメリカで制汗剤の効果を比較検証した50年以上も前の学術論文に、有効成分として記載されています。 この論文に記載されているAluminum chlorhydroxideがクロルヒドロキシアルミニウムで、Zinc phenolsulfonateがフェノールスルホン酸亜鉛です。 市販薬には配合されていませんが、塩化アルミニウムも制汗成分として使われています。 効果がある分肌への刺激も強いため、医師の指導のもとで第一選択の外用処方薬として多汗症の治療に使われています。 防臭剤に使われているのは殺菌剤です。 汗はほとんど無臭ですが、皮膚の雑菌が汗の成分を分解してニオイを発生させます。 そこで雑菌を抑えるために、殺菌剤が配合されているのです。 イソプロピルメチルフェノールも塩化ベンザルコニウムも、消毒剤として医療現場などで日常的に使われている一般的な殺菌剤で、制汗剤に限らず多くの医薬品やヘルスケア製品にも含まれているものです。 制汗剤が汗を止める仕組み 制汗剤を肌に塗ると• 有効成分がタンパク質と反応して、汗腺や毛穴を詰める栓をつくる• 有効成分の収れん作用で、汗腺や毛穴を引き締めて汗の出口をせまくする という2つの反応がすすんで汗を止めます。 汗の出口を物理的に塞ぐことで、汗が出ないようにする。 これが、制汗剤が効果を発揮する仕組みです。 汗自体の発生を止めるものではないので、止められた汗はほかの汗腺や毛穴を通して出ていくとされています。 しかし、この仕組みはつい最近まで解明されていなかったそうです。 (塩化アルミニウムの外用療法は)治療としての長い歴史がありながらその作用機序は未だ明らかにされておらず、不明な点が多い。 「作用機序」というのは学術的な言葉ですが、「ものごとが起こる仕組み」と言い換えてもいいでしょう。 何がどうなってどうなるかという「ある現象が起こる因果関係」をいいます。 上記の引用元は、国から費用の助成を受けている研究に関する報告書ですが、2014年の日本皮膚科学会で「塩化アルミニウム外用による角化への影響」として論文が公表されています。 制汗剤は何十年も使われているのに、作用機序の解明がつい最近になったのは意外ですよね~ でも、昔から経験的に効果があるとわかっていたことが、科学的に解明されたのはわりと最近(ここ10年くらい)ということは、案外多いです。 それは、最近になって電子顕微鏡をはじめとする観察技術の精度が、飛躍的に向上したことと関係があります。 以前は見ることのできなかった「作用機序」が分子レベル、原子レベルで見られるようになり、ようやく仮説通りの現象が起こったと確認できるようになったのです。 論文では、塩化アルミニウムの塗布によって、汗腺の皮膚表面に近い場所が角栓で塞がれて発汗が抑制される、と書かれています。 角栓は、表皮の角質内のタンパク質と有効成分に含まれるアルミニウムからできたことが観察されました。 収れん作用の観察は、それを示唆する細胞の変化はあったようですが、証明する実験が組めなかったので今後の課題としています。 これは、予算か時間が足りなかったようですね。 残念ながら、この報告書をつくった研究グループが今後の課題としていた、収れん作用の作用機序は未解明のままのようです。 もしかしたら解明されているかもしれませんが、私は専門家ではなくエビデンスを探すことはできませんでした。 ミョウバンをふくめてアルミニウムの化合物が有効成分になっている制汗剤は、基本的に塩化アルミニウムと同じ作用機序になるでしょう。 余談ですが、汗をかかないようにする薬もあります。 これは内服薬で抗コリン薬とよばれています。 脳が出す汗をかく司令が皮膚に伝わらないように、脳の司令を伝える神経伝達物質アセチルコリンの機能を邪魔する作用があります。 制汗剤の体への影響について 前章で引用した論文では、塩化アルミニウムが肌表面で皮膚のタンパク質を変性させるけれど、汗腺の奥の方までは影響していないことを観察したとしています。 長期間の塩化アルミニウムの外用によって塩化アルミニウムの蓄積は生じないと考えられた。 つまり塩化アルミニウムは、肌の表面で作用して制汗効果を発揮し、肌の奥の方までは入っていかないことを明らかにしています。 最も肌への刺激が強いとされる塩化アルミニウムでも、体内に蓄積しないということなので、制汗剤の有効成分として配合されているアルミニウム化合物は体内で重大な問題を起こすことはなさそうです。 アルミニウム系ではない制汗成分のフェノールスルホン酸亜鉛は、アルミニウムとは若干作用機序がちがうようです。 とはいえ、汗を抑えるメカニズムはどれも「人工的に角栓を作って汗腺をふさぐ」と、基本的には同じ。 汗の水分に溶けてゲル状になるクロルヒドロキシアルミニウム(ACH)や塩化アルミニウムなどで汗腺をふさぐ、汗に含まれるたんぱく質に反応して凝固するパラフェノールスルホン酸亜鉛で汗の出口を小さくする、といった手法が用いられている。 フェノールスルホン酸亜鉛に関しては、学術論文が見つけられませんでしたが、アルミニウムほどの強い制汗作用がないことがわかっているので、体への悪影響もアルミニウム以上にはなさそうです。 アルミニウムの健康へのリスクに関しては、こちらの記事で専門家の見解を紹介しました。 関心のある方はぜひお読み下さい。 関連記事>>> フェノールスルホン酸亜鉛は、主に肌の薄い顔にも使える制汗剤の有効成分として配合されています。 有名なブランドでは資生堂のシーブリーズシリーズの製品に使われています。 顔汗用の制汗剤は、街の薬局などで市販されているものはないようですが、化粧下地にもなる薬用化粧品としてネット通販で販売されています。 サラフェプラス テサラン フェイス• 30g(約30日分)• 初回3,218円、2回目以降5,918円(税込)• 送料無料• いつでも休止できます• 公式サイト限定 25日返金保証• 15種の美容成分配合• 35g(約50日分)• 5,378円(税込)• 2本以上で送料無料、3本セットにすると1本無料• 単品で購入できます• 公式サイト限定 365日返金保証• 4種の美容成分配合 関連記事>>> まとめ 制汗剤の有効成分は、正しい使い方をしている限り、体への悪影響はないようです。 汗の気になる季節には、心配せずに使っても大丈夫なのではないでしょうか。

次の