かえる の 合唱 歌詞。 玉川学園・岡本敏明とツィンメルマン博士

高齢者用の大きい字の歌詞集とレクリエーション用楽譜の無料ダウンロード

かえる の 合唱 歌詞

小さい頃は童謡を聞く機会が多いですよね。 教育テレビのおかあさんといっしょはもちろん、保育園や幼稚園でも、 童謡を歌うことが多いので家の中でも歌ったり聞いたりが多いと思います。 たまに、これ自分の幼少期の頃も歌ってたなぁとかこれ聞いたことある! っていう曲もママさんたちの中でもいらっしゃるのでは? 私の息子はまだ小さいですが、最近はよくいないいないばあや、 おかあさんといっしょを家で流していて、 興味がある歌に笑ったり手をバンバンしたりしています。 流していると、この曲幼稚園のとき好きだった曲だ! とわかるものもあり、 童謡は昔から変わらないんだなぁとしみじみと感じることもしばしばあります。 自分の小さい頃に歌っていた曲を自分の子どもが歌ってたりすると、 嬉しい気持ちになりますよね。 一緒にも歌えるし、楽しさも倍増です。 ただ、うる覚えだったり歌詞を間違えることも・・・ あとは、歌詞がこんなんだったっけ?歌詞って昔と変わったの? と思うものも中にはありますよね。 今回はそんな歌詞が新しくなったもの、「かえるの歌」についてまとめてみました。 ちゃんと覚えてお子さんと歌えるようにしましょうね。 かえるの歌を一緒に歌ってみよう 大人でも子どもでも幅広い世代で歌われているかえるの歌。 知らない人はほとんどいないことでしょう。 歌詞も簡単だしメロディーも歌いやすいので、 お子さんと歌うのにはもってこいの歌ですよね。 このかえるの歌ちゃんと歌詞を間違えずに歌えますか? かえるの歌が聞こえてくるよ クワクワクワクワ ケケケケケケケケ クワクワクワ 以上が歌詞になります。 あれ、ケケケケだっけ?と疑問に思う人も多いはず。 まさに私は疑問を抱きました。 私が覚えた歌詞だったら ケケケケじゃなく、ゲロゲロだった気がする・・・と 記憶を蘇らせて色々と考えてしまいました。 たしかにゲロゲロの歌詞もちゃんとあります。 ただ、ゲロゲロの場合はかえるの歌じゃなくてかえるの合唱になるんです。 驚きですよね。 かえるの歌だとケケケケになるので、同じのようで違うんです。 小さい頃に歌っていたのはかえるの合唱だったんだと思わずうなづいてしまいました。 もしかしたら、お子さんと歌って違う場合も出てくると思うので、 そのときは歌と合唱で違う!と覚えておきましょうね。 歌詞がケケケとゲロゲロと違う ケケケケとゲロゲロの違いはわかりましたか? おそらく同世代のママさんやまわりの大人の人はゲロゲロと歌ってきたと思うので、 うんちくとしてかえるの歌とかえるの合唱の違いを伝えてみるのもいいですよね。 かえるの歌はもともとはドイツ民謡としてあったもので、 それを日本語に替えてできた童謡なんですね。 ケケケケの部分はドイツ語でもそのままでケケケケと使われています。 なので、正式にはケケケケが正しいんですね。 私の勝手な憶測でもありますが、 ゲロゲロになったのには輪唱のしやすさからなのではと感じています。 ケよりもゲロの方が1つの音がしっかりとしているので、 重なりがきれいに聞こえるからゲロになったと考えています。 とは言え、ケケケケやゲロゲロのほかにもゲゲゲゲと言うところもあったり、 地域によってもばらつきがあるのでなんとも言えないんです。 奥が深すぎるかえるの歌。 歌い比べるのも楽しそうですね。 ぜひ、どう歌っているのか歌い比べてみてください。 平成に入り歌詞が変化していった 奥が深いかえるの歌。 さらに深いと言えば作曲が誰なのかもわかっていないところなんです。 謎が多いけれど、簡単で歌いやすいかえるの歌。 なんかギャップがありますね。 ゲロゲロで習った大人のみなさんが歌うかえるの合唱。 今の子は合唱ではなく、かえるの歌で習っていることが多いそうです。 そのひとつとして、合唱と言うよりも歌の方が、 子どもでも親しみが持てるのではないかということ。 なので現在かえるの歌が主流になってるとのことなんですね。 まず童謡が変化していることに驚きですよね。 昔のままじゃなく、より親しみを込めるために、 童謡も変化していることに時代を感じます。 今後も歌詞が変わるかもしれません。 そのときは時代の流れで進化したんだなぁと感じてみてはいかがでしょうか。 まとめ どうでしたでしょうか。 まず私自身、かえるの歌がふたつ存在することに驚いたのと、 童謡も時代時代に合わせて変化していることにびっくりしました。 たしかに時代時代でそれぞれ習慣も文化も違ってくるし、 それに合わせて童謡も変わっていくのもわかる気がします。 ある意味、これからどんな形に変化していくのか注目していきたいですね。 今回はかえるの歌についてでしたが、 ほかにもお子さんと歌って違う歌も出てくるかもしれません。 そのときは、一度調べてみて童謡の歴史に触れてみてください。 童謡の深さをもっと知れるとまたひと味違う、 童謡の楽しみ方が出てくるかもしれません。 ぜひ、童謡を楽しんでくださいね。

次の

高齢者用の大きい字の歌詞集とレクリエーション用楽譜の無料ダウンロード

かえる の 合唱 歌詞

スポンサーリンク youtube音源「カエルの合唱(かえるのうた)」童謡 いやー、懐かしいですねー。 幼い子供時代を思い出してしまう曲ですね。 ていうか、歌詞が「ケケケケケ」なんですね。 私は「ケロケロケロ」だった記憶が・・・。 地域や時代によってなのかな?「ケケケケケ」だったり「ケロケロケロ」だったり「ゲロゲロゲロ」だったり、といくつかパターンがあるみたいです。 「カエルの合唱」原曲はドイツ童謡だった? 「カエルの合唱」の原曲は、実はドイツ童謡「Froschgesang(フロシュ・ゲサング)」という19世紀の曲です。 原曲の「Froschgesang(フロシュ・ゲサング)」の作詞は、ドイツ国家などの作詞もした有名な童謡作家ホフマン・フォン・ファラースレーベンと言われています。 日本語での童謡「カエルの合唱」の歌詞も、ほぼ原曲の歌詞を日本語に訳した内容になっているので、訳詞になりますね。 ただ、原曲のドイツでは、「Froschgesang(フロシュ・ゲサング)」はもうほとんど歌われず、この曲を知らないドイツ人の方が多いみたいです。 スポンサーリンク というか、ドイツ人で「カエルの合唱」の原曲を知っている人がほぼいない、くらいだそうです。 原曲のドイツでは誰も知らず、異国の日本では超有名な童謡「カエルの合唱」になっているなんて、なんだか不思議な感じがしますねー。 「カエルの合唱」or「かえるのうた」どっちが正しい? ふと気になったのですが、日本語だと「カエルの合唱」or「かるのうた」、どっちが正しい曲名になるのでしょうか? 歌詞の歌い出しが「かえるのうたがー」となっていることもあって、曲名が「かえるのうた」と思っている日本人はかなり多いと思うんです(私もその一人です笑)。 で、ネットで検索してみていろいろと調べてみたところ、「カエルの合唱」が正しい曲名だ、と、この曲の日本語訳詞を担当した岡本敏明さんが言っていたとかいう記事を見つけました。 なので、日本語での正しい曲名は「カエルの合唱」ということですね! 篠笛用楽譜「カエルの合唱(かえるのうた)」童謡 ということで、篠笛用に「カエルの合唱(かえるのうた)」楽譜を作成しました。 8本調子の篠笛の音階で五線譜におこしています。 といっても、数字譜も書いておいたので、8本調子意外の篠笛でも(7本調子とか6本調子など)使える楽譜形式にしておきました。 この辺が篠笛の数字譜の便利なところですね! 「カエルの合唱」は、指打ち(打ち指)の練習になる曲ですねー。 同じ音が連続するメロディなので、テンポが乱れてしまわないように、ポンポンポンと指を打つように練習してくださいね。

次の

玉川学園・岡本敏明とツィンメルマン博士

かえる の 合唱 歌詞

生涯 [ ] (昭和4年)、教師、(昭和15年) 、で指揮を5年とった後、(昭和17年)からは興亜工業大学(現・)の音楽担当教員(正科目)などを務めた。 戦後はの設立に携わるとともに図書編集委員として、音楽教科書、音楽学習の指導要領の作成に携わった。 また讃美歌委員としても活躍。 多くのを残す。 父は組合教会牧師岡本松籟。 教会においてオルガンの音を聴きつつ育った。 東京上京以来死にいたるまでに所属し、指導者として活躍する傍ら、宗教音楽活動は教会内に留まらず合唱団の設立に携わり初代指揮者となった。 ドイツ留学より帰国直後のに師事した。 国立音楽大学で長く教鞭をとった、フリーの指揮者として国内外で活動する、玉川大学およびで教授を務めた、玉川学園・国立音楽大学で教鞭をとり(2006年定年退職)岡本イズムを継承し続ける(日本基督教団讃美歌委員)、玉川学園小学部の元音楽教諭で作曲家のは弟子。 年譜 [ ]• (明治40年) で生まれる。 (大正13年) 福島中学(現・)卒業。 (昭和4年) 東京高等音楽院(現・)卒業一回生。 創立に携わる。 (昭和15年)• 5年間日本放送合唱団で合唱の指揮をとる。 のために作曲した「祝祭讃歌」聖歌隊1500人の指揮をとる。 (昭和52年) 70歳で没する。 作曲した歌 [ ] 年次ごと• 校歌()• 宮城県小牛田小学校校歌(1946年)• 埼玉県校歌()• 神奈川県校歌()• 校歌()• 校歌()• 静岡県校歌• 校歌()• 東京都校歌(1957年)• 神奈川県校歌(1957年)• 校歌()• 神奈川県校歌()• 神奈川県校歌()• 広島県校歌• 長野県校歌• 山口県校歌• 新潟県校歌• 東京都校歌• 東京都校歌• 長野県校歌• 三重県校歌• 滋賀県校歌• 神奈川県校歌• 栃木県校歌 作詞した歌 [ ]• かえるの合唱(童謡)• 外部リンク [ ]•

次の