は くら マスク。 かたくら明和園 マスクを頂きました。

一般向けマスク不足を受けて緊急開発!100%国内生産、『柏木モールド』の独自技術を活かした立体構造の抗菌「3D

は くら マスク

「柏楽(はくら)」は、緊急開発した立体構造のAEROADシリーズ、抗菌「3D-MOLD(スリーディーモールド)」マスクを、4月21日(火)より発売する。 また、「3D-MOLD」インナーマスクも同日発売。 「3D-MOLD」マスクの性能そのままに、お手製の布製マスクなどあらゆるマスクに装着可能。 マスクを衛生に保ち、機能性をアップする。 医療用の高性能マスクも不足していることから、厚生労働省は使い終わったマスクを再利用するよう自治体を通じて医療機関に周知するとの報道発表があり、まさにマスク不足は深刻化している。 このたび新発売するAEROADシリーズ 抗菌「3D-MOLD」マスクは、同社が販売するスポーツマスク「AEROAD(エアロード)」の派生モデル。 生産は、親会社であり、これまで医療業界向けに製造を行ってきた、創業52年の歴史を誇る真空成形・不織布成形の「柏木モールド」。 互いの知識と技術を集積して緊急開発をした製品となっている。 立体形状で口元に十分なスペースを確保した構造で不快な密着感が少なく、口紅もつきにくく呼吸が楽にできる。 詳しくは。

次の

くればぁマスク【日本製 高性能マスク・オーダーメイドマスク】

は くら マスク

2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 3 4 5 14 15 17 18 20 23 24 25 26 27 28 29 30• 過去の投稿 過去の投稿• 人気記事(過去7日間)• こんにちは!児童家庭支援センターパラソルです。 梅雨に入り、... 80ビュー• 誠信会は、本年度より静岡県富士市を拠点に活躍する地域密着型プ... 42ビュー• こんにちは、かたくら明和園です。 先日、職員のご家族よ... 35ビュー• こんにちは! 富士和光学園です。 現在、新型コロナウイ... 26ビュー• こんにちは。 今日は、暑いですね。 車内の温度計では、す... 24ビュー• 人気記事(過去30日間)• 156ビュー• 135ビュー• 130ビュー• 130ビュー• 125ビュー• 122ビュー• 120ビュー• 105ビュー• 102ビュー• 102ビュー• 101ビュー• 98ビュー• 97ビュー• 94ビュー• 94ビュー• 人気記事(平成25年4月~)• 12,127ビュー• 8,583ビュー• 7,840ビュー• 4,921ビュー• 4,662ビュー• 3,670ビュー• 3,236ビュー• 3,033ビュー• 2,822ビュー• 2,739ビュー• 2,738ビュー• 2,718ビュー• 2,413ビュー• 2,334ビュー• 2,251ビュー• 2,249ビュー• 2,217ビュー• 2,037ビュー• 1,945ビュー• 1,925ビュー• 1,910ビュー• 1,822ビュー• 1,744ビュー• 1,724ビュー• 1,652ビュー• 1,616ビュー• 1,606ビュー• 1,570ビュー• 1,569ビュー• 1,557ビュー• モバイルサイト.

次の

かたくら明和園 マスクを頂きました。

は くら マスク

なぜ欧米ではマスク着用をめぐって意見が衝突しているのか? 写真:Newsday LLC/Getty Images 世界中でコロナウイルスの猛威が止まりません。 ピリピリした雰囲気のなか、国同士のぶつかり合いも目立ちます。 マスクを入手するためにアメリカが市場価格を大きく上回る値段を中国に支払い、既に契約を結んだ欧州の国から契約を奪い取ったというニュースも報じられました。 フランスの政治家が「中国に発注していたマスクをアメリカに横取りされた」と話し、アメリカの高官が「それは嘘だ」と語る など、まさに国同士の「マスクの奪い合い」が起きています。 しかしコロナウイルスが登場する前から「マスク文化」が根付いていた日本や韓国などのアジア圏とは違い、欧米ではコロナウイルスが登場してからも、初期段階では「マスクをする人」はそれほど多くありませんでした。 マスクで風邪はもとよりコロナウイルスの感染を防ぐことはできない、というのが欧米のコンセンサスだったはずです。 マスクの奪い合いをするまでにはどのような変化があったのでしょうか。 マスクを通して見えてくる海外の習慣や文化にもスポットを当てながら考えてみたいと思います。 「マスク論争」で二転三転する欧米人 当初WHO(世界保健機関)は「マスクの着用は必ずしも新型コロナウイルスの感染予防にはならない」としていました。 ところが4月になってからWHOはマスク着用に関する指針を一部変更し、自分が感染している場合に他の人にうつさないためには効果があるという見解を示しました。 ドイツを含む欧米のメディアも最近は日本や韓国の「マスク文化」を好意的に報じるようになりました。 たとえばドイツのFOCUSという雑誌のオンライン記事の中では、アジアについて「周囲の人を護るためにマスクをする人が多く、それがまわりまわって自分への感染を防ぐことにつながっている」と評価しながら、欧米に関しては「マスクの着用によって他人から感染することを防げないならば、マスクはしなくていいやという自己中心的な姿勢が西洋では目立つ」と非難しています。

次の