ソラシドエア wifi。 ソラシドエアの機内Wi

【ソラシドエア特典航空券】たった6,000円分のポイントで神戸

ソラシドエア wifi

羽田空港を中心に 宮崎・鹿児島・大分・熊本・長崎など九州の各地に就航し、九州を代表する航空会社が 「ソラシドエア」です。 かつて、 「スカイネットアジア航空」として就航を開始したソラシドエアは、2011年に現在の社名に変更し、羽田空港を拠点に 九州・沖縄などへの路線を主に展開しています。 最新の情報と異なる可能性がございますのでご了承ください。 ソラシドエアとは?航空会社の解説! それではまず初めに、 「ソラシドエア」とはどういった航空会社なのでしょうか? ソラシドエアは九州の宮崎県宮崎市に本社を置く、 九州・沖縄地方を本拠地とした 地域密着型の航空会社です。 現在は、 羽田空港・那覇空港をハブ空港として、九州地方への路線を多数運行しています。 そんなソラシドエアは、1997年に誕生した中堅航空会社の1社です。 2011年までは 「スカイネットアジア航空」という名称で、ANAとは密接な関係にあり、多くの便でコードシェアをしています。 ANAのウェブサイトから 「ソラシドエア運行」の航空券を予約することも可能となっています。 2011年から「ソラシドエア」 「空から笑顔の種を巻く」といったコンセプトのもと を社名として使用しています。 また、中堅航空会社としてスカイマークのように、 大手よりチケットが安くフルサービス ドリンク・荷物預かりなど である事が特徴です。 羽田-大分の運賃 2ヶ月前に予約した際の2月14日 金 の例 JAL ソラシドエア 最も安い運賃 予約変更不可 13890円 スーパー先得 13090円 バーゲン35 ・ 最安値 大人普通運賃 40890円 35890円 一方、機内サービスは大手航空会社と同じようなサービスが展開されています。 座席間隔も大手と変わらない間隔で広々としています。 フライト中はドリンクサービスが無料で、九州の特産品を使用した 「アゴユズスープ」が非常に人気です。 また、wifiの装備はありませんが、ソラシドエア専用の動画・音楽視聴のプログラムがあり、スマートフォンを通じて視聴することが可能です。 ソラシドエアはANAと密接な関係にあり、91便もANAとの共同運行便です。 羽田空港に着くと、早速ANAのチェックインの機械へ向かいます。 ソラシドエア は、予約システムもANAと共通しているため、ANAの機械でも搭乗手続き等を済ませることができます。 見づらいですが左側の黄緑色のカウンターがソラシドエアのスペースです。 歩くのがめんどくさい人はANAの機械でチェックインや荷物預けを済ませちゃいましょう。 保安検査場を抜けて、バス搭乗のゲートまで向かいます! ソラシドエアやエアドゥなどの中堅航空会社はバスでの搭乗も多いようで、お昼出発の鹿児島・宮崎行きの便もバス搭乗の案内になっていました。 しかし、ゲートについてみると「大分行きの便はゲートを変更しました」とのことで、ボーディングブリッジからの搭乗に変わっていました。 ソラシドエアの他にANA運行の地方路線はバスでの搭乗が多いようです。 変更されたゲートに着くと、既に飛行機が駐機していました。 ソラシドエアが使っている航空機はB737-800型機という、世界中でベストセラー機として運行されている信頼性の高い飛行機です。 時間になるとソラシドエアのグラウンドスタッフがやってきて搭乗開始となります。 ANAとコードシェア便ですので 「ANAの上級会員の方」は優先搭乗で機内に入ることが可能です。 飛行機は定刻でプッシュバック・離陸し、順調に高度を上げていきます。 ソラシドエアの内装は 「可愛らしく」「華やかな」印象で、シートのデザインなどにも遊び心が入った機内となっています。 ビジネス向けというより、観光向けの機内内装になっていました! また、最近導入した機材では、 全席でコンセントが設置されたり、 タブレット用の専用置き場が装備されたりと機内環境も年々改良されているようです。 中堅航空会社の割にはかなり清潔で新造の飛行機に乗ったかの印象。 座席ピッチは大手と変わらず広々。 ソラシドエア専用の機内誌の他にANAの機内誌も頼めば持ってきてくれる模様。 マウスウォッシュ・生理用ナプキン・コットンセット・ウエットティッシュなど国際線の様なラインナップ。 離陸してから10分ほどすると早速サービスが開始されます。 ドリンクは大手同様、無料で コーヒー・水・ジュース・あご柚だしなどの中から選択できるようになっています。 一方、 機内エンターテイメントでスマホなどから、ソラシドエアの機内プログラムが視聴可能で、wifiがない分、退屈な時間を減らす工夫がなされていました。 「空から笑顔の種を撒く」がソラシドエアの理念なので、サービスの良さと客室乗務員のフレンドリーな接客も特徴の一つなのでしょうね。 国内線では十分。 もう少しレパートリーがあると良いかもしれません。 近年はANAでも読めますが暇つぶしには最適です。 ドリンクを配り終わった後は、各々ビデオを見たり、睡眠を取ったりと機内はゆったりとした空気が流れていました。 ちなみに、ソラシドエアは今後国際線進出も視野に入れており、九州から台北へのチャーター便も多数運行しています。 山口県上空に入ると降下のためにベルト着用サインが点灯します。 総括 いかがだったでしょうか? 国際線と比べて国内線は、フライト時間が短くサービスに力を入れずらい面も多々あると思います。 しかし、ソラシドエアのフライトは非常に快適で、CAの接客も良く非常に良い印象を持ちました。 正面に見えるのが滑走路で180度旋回した後、定刻で到着しました。

次の

ソラシド、Wi

ソラシドエア wifi

この記事を読む事によって、エバー航空のおすすめ観光地がわかります。 私は、年間8回以上海外に行っていいて、そのうち数回ビジネスクラスで世界にアクセスしています。 またこの国には5回以上訪れています。 東南アジア諸国連合に全て行った実績もあります。 実際私が現地に行って体験した内容をあなたにシェアします。 実際に私が鹿児島ー沖縄間で搭乗してまいりました。 私としては好きですね。 特にANAさんと比較しても大きな違いはありません。 もちろん、ANAさんで予約している際は鹿児島のANAラウンジも利用できます。 話題のソラシド航空評判ってどうなの? 【航空券が安い】ソラシドエアとその魅力とは 日本には北は北海道から南は沖縄県まで、実にたくさんの見どころが存在しています。 車で何十時間もかかるような距離でも、飛行機で移動すれば数時間で到着することができます。 しかしその分、航空券代として交通費がかかってしまうのが悩みのタネ。 そう思っている方におすすめなのが、航空券が安く購入できるソラシドエアという航空会社です。 特に九州地方の都市を中心に就航しているため、これらの都市を利用する際にはお得です。 今回はソラシドエアについて、ご紹介します。 【ソラシドエアの成り立ち】 もともとソラシドエアは1997年に福岡市で、パンアジア航空株式会社として設立されました。 1999年にスカイネットアジア航空株式会社と名前を変え、その後本社を現在の宮崎県に移転して、2002年に初めて東京-宮崎に就航をしました。 ANA(全日本空輸)が株主となることで支援を受け、座席予約システムの共有化や就航路線の共同運航などを通して、経営再建を目指すことになりました。 【九州を中心とした就航地とANAとの共同運航】 ソラシドエアは、沖縄県を含む九州地方に多く就航しています。 そのことからも、九州のローカルエアラインとも呼ばれています。 しかし実はソラシドエアのハブ空港は、羽田空港と那覇空港となっています。 以外ですよね。 私もてっきり宮崎かと思ってました(笑) 羽田空港から宮崎や長崎、大分、熊本、鹿児島の各空港へ。 そして那覇空港からは宮崎や鹿児島、石垣の他、神戸、中部の各空港へ就航しています。 また中部と鹿児島間でも就航しています。 すべての路線でANAと共同運航(コードシェア)をしているので、ANAのウェブサイトなどからも航空券を購入することが可能です。 しかし同じ便でもソラシドエア側から申し込んだ方が、価格は安いことが多いです。 またこの後ご紹介するソラシドエアカードを所持していると、さらに割引を受けられる場合があります。 【安い航空券と、気になる安全性】 ・航空券が安い理由 ソラシドエアを利用したり知っていたりする人の中には、ソラシドエアはLCC(格安航空会社)だと思っている方が少なくありません。 それだけ大手航空会社と比べて航空券を安く購入することができるということですが、決してLCCではありません。 実は大手航空会社と運賃体系上は、あまり航空券の価格に違いはありません。 航空券が発売された時にそれぞれの航空券の価格に違いがなければ、カスタマーはどうしても大手航空会社の航空券を購入しがちです。 するとソラシドエアの航空券は必然的に売れ残り、結果、安く販売されることになります。 ・ソラシドカード割で安く購入 ソラシドエアでは、ソラシドエアカードという名前のクレジットカードを発行しています。 年会費がかかりますが、ソラシドエアの航空券を購入する際に、ソラシドカード割というディスカウントを受けることができます。 早めに予約する必要がありますが、ソラシドエアをたくさん利用するのであれば、お得に航空券を購入することが可能です。 ・気になる安全性 航空券が安いと気になるのが安全性です。 ソラシドエアでは安全報告書の中で、安全に関する取り組みを発表しています。 機材点検や整備のための整備士確保は十分に行い、有資格者を半数以上配置するなどの対策を取っています。 またパイロットやキャビンアテンダントには定期的に技能審査を行っているので、安全性には問題ないと言えます。 【機内仕様と機内サービス】 ・機内仕様 ソラシドエアの機内は、全てエコノミークラスに設定されています。 プレミアムエコノミーやビジネスクラスはありません。 一般的な座席の間隔はLCCで約74センチ、 日系の大手航空会社のエコノミークラスで約79センチとなっています。 しかし ソラシドエアの座席間隔は約81センチと、広めに作られていることが分かります。 短時間のフライトであっても、足元に余裕があって足を伸ばすことができるとラクですよね。 ソラシドエアは疲れることなく目的地まで移動することができます。 さらに最前列と非常口付近の座席は、座席間隔が広くなっています。 ソラシドエアはLCCと違って座席指定が無料でできるので、事前に指定をしておくことがオススメです。 座席指定はソラシドエアのウェブサイト上か、予約センターへの電話で行うことができます。 ・機内サービス 機内食はありませんが、無料でドリンクサービスを受けることができます。 お茶やアップルジュースなどの冷たい飲み物、コーヒーやハーブティなどの温かい飲み物が準備されています。 また九州や沖縄県のご当地ビールは、有料でオーダーすることが可能です。 アゴスープ頂きましたがしっかり出汁の味が出ていて美味しかったです。 アクセントにゆずを入れているのがにくいです!! シートモニターは設置されていません。 しかし機内に持ち込んだスマートフォンやタブレットPCなどを通じて、無料で機内エンターテインメントを利用することができます。 アニメやバラエティ、テレビドラマの他、雑誌や音楽などを楽しむことが可能です。 【預け入れ手荷物など】 ・預け入れ手荷物 スーツケースなどの預け入れ手荷物は、20キロまで無料です。 20キロを超えた分は、キロ数に応じて超過料金が徴収されます。 最大で100キロまで預けることができます。 ・機内持ち込み手荷物 リュックやボストンバッグなど、機内に持ち込む手荷物は10キロまで可能です。 【マイレージサービスも提供】 ソラシドエアでは、ソラシドスマイルクラブというマイレージサービスを提供しています。 ソラシドエアが運航している路線で、運賃種別によって積算されるマイル数は変わります。 注意が必要なのが、ANAの便名で利用した場合はマイルの積算はありません。 【安い航空券と、気になる安全性】でもご紹介したソラシドエアが発行しているクレジットカード、ソラシドエアカードでもマイルを貯めることができます。 普段の買い物や光熱費など、クレジットカードで支払ったものは全て100円で1マイル相当が積算されます。 正確には1000円の利用で、三井住友カードが提供している1ワールドポイントが貯まります。 1ワールドポイントを、ソラシドスマイルクラブの10マイルと交換することが可能です。 獲得したマイルは、獲得した月から36か月後の月末まで使用できます。 ソラシドエアの特典航空券と交換することが可能です。 最後に 今回はソラシドエアと、その魅力についてご紹介しました。 大手の航空会社と、比べるとまだ就航路線は少ないです。 しかし大手航空会社に負けないようにサービス向上に力を入れ、航空券の価格も抑えることができるように企業努力をしています。 安さだけではなく高い機内サービスから、リピーターも多く存在しています。 機会があれば1度ソラシドエアを利用してみてはいかがでしょうか。 今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。 これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか? さらに世界をもっと身近に感じませんか? あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!! 月給19万7千円のサラリーマンがANAとJALダイヤモンドを駆使しお得な旅行術。 年間に海外に8回程度アクセスしています。 (数回はビジネスクラスで移動) また、国内では沖縄に月に1度程度アクセスしています。 2017年に東南アジアを全て回りました。 また、ホテルはヒルトンダイヤモンド、ハイアットグローバリスト、SPGゴールド、Airbnbを活用して世界にアクセスしています。 綺麗な海を見ながら、本を読んだり、語るのが好きです。 今は東南アジアと沖縄を拠点に動き回っています。 今後はヨーロッパにも長期滞在して、もっと知見を広げていきます。 blogerからVlogerに転身致しました! *海外では一般的なビデオとブログをあげています。

次の

【ソラシドエア】ボーイング B737

ソラシドエア wifi

ソラシドエアは、スカイネットアジア株式会社が運営する日本の航空会社です。 かつてはスカイネットアジアのブランド名で運航していましたが、2011年7月よりソラシドエアのブランド名で運航しています。 スカイマークエアラインズ、AIR DOに続く新規参入の航空会社のひとつで、JALやANAなどの大手に比べ格安な料金が特徴です。 本社が宮崎県ということもあり、東京-宮崎線、東京-熊本線、沖縄-鹿児島線、沖縄-長崎線など、九州、沖縄方面を結ぶ線がメインとなっています。 みん評のクチコミを見てみますと、沖縄県民なのでよく利用しているが、ほとんどANAとの共同運航便なので、サービスもいいほうだという意見がありました。 しかし、座席感覚が狭いので少しストレスを感じる方もいるかもしれないとのこと。 10月13日 13:05発のソラシドエアさんに 大分から東京へ 初めて乗りました。 その日は 滅多にないことですが とても耳が痛くて 耳を押さえていたら CAさんが キャンディーとお手紙を渡してくれました。 キャンディーはわかりますが なんで手紙?と不思議に思いながら 読んでみると 誕生日のお祝いのメッセージが書かれていました。 どうして ご存知なのか 不思議でしたが 思い当たることがあり 納得しました それが CAさんに 伝わっていたことに 驚きと嬉しさで感動しました 綺麗な文字で 優しいメッセージのお手紙でした! この歳になると?あまり 誕生日は 来てほしくないですが 笑 とても 嬉しい誕生日になりました。 中には感じのいい客室乗務員の方も居るのです。 ですが、半分は挨拶もろくに出来ず、通路が狭いのに客が後ろに詰まっていても気づかない、気づいていても気の利いた一言が言えない。 またシートベルト着用サインが消えているときにトイレへ行き、席に戻ってきたばかりにも関わらず、「揺れてるのでシートベルトはお閉め下さい」と注意を受けたり、「もっときつくシートベルトを閉めてください」と言い、勝手にシートベルトを閉めてきたりとかなり失礼な態度が目立ちました。 隣に座っていた乗客は花粉症なのか、持参していたティッシュを切らし、ポケットティッシュを頼んだのですが、箱ごと持ってきてそれを数枚取ってくださいという感じ…。 安くても気分が悪いので、これからは他社を利用します。 高いお金を払ってもいいサービスを受けたいですね。 私は学生ということもあり、ソラシドエアは他LCCと比べて少し高めかな?という印象だったので、3回ほどだけヤング割を使って羽田から九州の便を利用させていただいたことがあります。 今回もヤング割を使って羽田-九州便を予約していたので、搭乗手続きを行う際にサービスデスクで学生証 海外大学 を提示すると、海外大生だからヤング割対象外です、と断られてしまいました。 以前3回利用した際は断られたことがなかったのですが、今回は普通運賃を払わないと搭乗できないということでした。 以前対応していただいた時は問題なかった、と説明するとスタッフの方から「羽田でですか?」と疑うような態度を取られました。 非常に不愉快でした。 私もヤング割対象について勉強不足だったとはいえ、以前は海外大生として三回も利用できていたので、ソラシドエア側にも非があると思いました。 もう二度とこの航空会社を利用したくないと思いました。 もう少し社員教育をしっかりしてほしいですし、LCCとはいえ運賃は安いとはいえないので、ソラシドエアを利用するくらいなら次はちゃんとした全日空や日本航空を利用します。 やはりLCCスタッフは二流ですね。

次の