気 は 長く 心 は 丸く 腹 立て ず 口 慎め ば 命 長 かれ。 気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく 。

長寿三訓… : 芙蓉の花は枯れたけど…

気 は 長く 心 は 丸く 腹 立て ず 口 慎め ば 命 長 かれ

気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく。 2016年8月17日• この様な話を伺いました。 あるお寺のご住職はご門徒さんが参るたびに阿弥陀如来のお慈悲の話をされていたそうです。 浄土真宗のお寺をお預かりしているご住職ですから当然のことです。 そこへご門徒さんの一人がご住職にこのようなことを告げました。 「ご住職さんは毎回のように阿弥陀様のことを話してくださるけれども、ちっともわけがわからない。 もう少しわかり易い話をして欲しい」 すると、ご住職は 「わかりやすい話はどのようなお話ですか?」 と、尋ねます。 すると、このご門徒さんは 「先日聞いたお話は非常にわかりやすかった。 ご住職にもこんな話をして欲しい」 と言い、一枚の紙を取り出しました。 725件のビュー August 17, 2016 に投稿された• 139件のビュー October 20, 2017 に投稿された• 126件のビュー March 30, 2018 に投稿された• 96件のビュー April 23, 2016 に投稿された• 78件のビュー September 10, 2016 に投稿された• 63件のビュー May 28, 2020 に投稿された• 57件のビュー August 7, 2016 に投稿された• 37件のビュー October 13, 2018 に投稿された• 32件のビュー June 22, 2018 に投稿された• 32件のビュー June 10, 2016 に投稿された.

次の

気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく 。 : おもいこみ歳時記

気 は 長く 心 は 丸く 腹 立て ず 口 慎め ば 命 長 かれ

気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく。 2016年8月17日• この様な話を伺いました。 あるお寺のご住職はご門徒さんが参るたびに阿弥陀如来のお慈悲の話をされていたそうです。 浄土真宗のお寺をお預かりしているご住職ですから当然のことです。 そこへご門徒さんの一人がご住職にこのようなことを告げました。 「ご住職さんは毎回のように阿弥陀様のことを話してくださるけれども、ちっともわけがわからない。 もう少しわかり易い話をして欲しい」 すると、ご住職は 「わかりやすい話はどのようなお話ですか?」 と、尋ねます。 すると、このご門徒さんは 「先日聞いたお話は非常にわかりやすかった。 ご住職にもこんな話をして欲しい」 と言い、一枚の紙を取り出しました。 725件のビュー August 17, 2016 に投稿された• 139件のビュー October 20, 2017 に投稿された• 126件のビュー March 30, 2018 に投稿された• 96件のビュー April 23, 2016 に投稿された• 78件のビュー September 10, 2016 に投稿された• 63件のビュー May 28, 2020 に投稿された• 57件のビュー August 7, 2016 に投稿された• 37件のビュー October 13, 2018 に投稿された• 32件のビュー June 22, 2018 に投稿された• 32件のビュー June 10, 2016 に投稿された.

次の

気は長く 心は丸く 腹立てず 口慎めば 命長かれ

気 は 長く 心 は 丸く 腹 立て ず 口 慎め ば 命 長 かれ

最初に言った人物は分からなかったが、以下の資料に詩句の記述、類似の詩句の記述があり、これを提供した。 『成語大辞苑 故事ことわざ名言名句』(主婦と生活社 1995) p747-748〈短気は短命〉の解説に「気長をすすめる有名な道歌(教訓を含む短歌)がある。 『気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ』」とあり。 『日本宗教と日系宗教の研究 日本・アメリカ・ブラジル』(中牧弘允著 刀水書房 1989) p306 ある宗教団体の信者がもってきたとして「気心腹口命」を紹介している。 『日本の条件 16 高齢化社会』(NHK取材班編 日本放送出版協会 1985) p129 アンケートの回答に「『気は長く、心は丸く、腹立てず、口慎めば、命長かれ』 六五歳 」とあり。 また、類似の詩句に以下のものがあった。 1「気は長く心は丸く腹は立てずに商売繁盛」 「特集・ことば20のQ&A」(『言語 14 5 』p65 大修館書店 1985) 「「気心腹二升五合」と書いて、「気は長く 心は丸く 腹は立てずに 商売繁盛」と読ませる」とあり。 2「気は長く心は丸く腹たゝす勤はきつく言はのこして」 『東都茶会記 1 明治四十五年~大正三年 近代茶会史料集成』(高橋箒庵著 熊倉功夫校注 淡交社 1989) p218 井伊直弼の短歌「気は長く心は丸(まろ)く腹たゝす 勤(つとめ)はきつく言(こと)はのこして」あり。 この短歌は「又最も面白きは気の字を長く書き、心の字を丸く書き、腹の字を横に書き、勤の字を正しく書き、言の字の最後の一画だけを書き残して左の如き歌あり」とあり。 3「気は長く勤めはかたく色薄く心はふとく食は細かれ」 『狂歌鑑賞辞典 角川小辞典 36』(鈴木棠三著 角川書店 1984) p129下段「気は長く勤めはかたく色薄く心はふとく食は細かれ」[豊芥子日記・上/耳袋・1]狂歌師手柄岡持の作。 」とあり。 『続日本随筆大成 別巻 10 近世風俗見聞集』(吉川弘文館 1983) 手柄岡持「豊芥子日記」収載。 p306に「気勤色心 気は長く勤めはかたく色薄く心はふとく食は細かれ」とあり。 4「気は長くつとめは堅く色うすく食ほそうして心ひろかれ」 『道歌教訓和歌辞典』(木村山治郎編 東京堂出版 1998) p106下段「気は長く勤めは強く色薄く食細うして心広かれ(作者未詳『閑窓瑣談』後)」とあり、「耳袋」にも所収。 一本に天海僧正の作とされるが、そちらは第二句が「勤めは堅く」となっている旨の記述あり。 『日本随筆大成 第1期 14』(吉川弘文館 1975) p416「閑窓瑣談後編 第49 熨斗」〔割註〕に「「気は長く勤めは強く色薄く食細うして心広かれ」とあり。 「誰も知れる歟、養生の歌あり」とあり、作者の記述なし。 『比叡山延暦寺 世界文化遺産 歴史文化ライブラリー 55』(渡辺守順著 吉川弘文館 1998) p66「寛永20年 1643 に、家光らの厚い看護も空しく天海は入滅した。 辞世に『気は長くつとめは堅く色うすく食細うして心ひろかれ』がある。 」 『小江戸川越見て歩き ぶらり旅、見どころ情報満載 見て歩きシリーズ 8』(松尾鉄城編 幹書房 2009) p26の欄外に、天海僧正の長寿歌として以下の二首が紹介されている。 「長命は 粗食 正直 日湯 陀羅尼 折々 御下風 あそばさるべし」 「気は長くつとめはかたく色うすく食細うして心広かれ 」 回答プロセス Answering process.

次の