それでも愛を誓いますか 8話。 それでも愛を誓いますか?|第52話|ネタバレあらすじ|感想│漫画village

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ8話

それでも愛を誓いますか 8話

前話では純は親友のサヨを羨ましがり、今回は篤郎が純を羨ましがっています。 なんというか人間って本当にナイモノネダリですよね…。 篤郎がリビングへと行くと兄家族が遊びにきていました。 兄からいつまでも実家住みであることや、人前でマスクをしないと話せないことを指摘され、なんだかおもしろくない篤郎です。 居心地が悪くなったのは篤郎は出かけることにします。 一方こちらは純宅。 今日は 日曜日なので武頼は友達と競馬に行くと言います。 純はこれを快く送り出しているようです。 今日は純が母親の住むところへ帰る日でもありました。 気を遣った武頼が俺もいこうかと尋ねますが、純はニコやかに断り、武頼に競馬を楽しんでくるように言います。 純は武頼に頭を撫でてもらいました。 純にとってはもうそれだけで十分気持ちが満たされています。 そんな程度でも幸せを感じてしまう純です。 一見して微笑ましい光景なのですが、そんな程度でいいの?と思ってしまいます…。 なんというか幸せの沸点が低いというか…。 純が一人でバス亭でバスを待っていると、偶然にも篤郎に遭遇します。 篤郎は純に気付きますが、バツが悪くて声をかけられません。 そうこうしているうちに純はバスへ乗車してしまいます。 純は、今でも月に1~2回は母親のもとを訪れてご機嫌伺いをしています。 母親のもとを訪れるというのは、純にとってはなんとなく憂鬱な気分になることでした。 気を紛らわせるために家族ドラマを見て暇な移動時間を凌ぎます。 そして母親の住む場所へと到着しました。 そこは、老人ホームでした。 それでも愛を誓いますか?・第8話の感想 純のお母さんは老人ホームに住んでいたんですね…! なんだか複雑です…。 武頼は友達と競馬へ行くと離していましたが、前日に沙織から連絡がきていたのがどうもキナ臭いですよね~…。 もしかして沙織と会っていたりして…さすがにそんなことはないか…仲直りしたばかりですしね! 武頼が何を考えているのかホントウに分からなくて純だけでなくこっちまでモヤモヤしっぱなしです。 2人は8年もの間、こうやって一見和解したような感じを繰り返して絆を繋いできたのでしょうか。 なんというか、今にも千切れそうな、とても脆い絆のように思えてしまいます…。 純はきっと自分は幸せなのだと言い聞かせているだけなんでしょうね…。

次の

それでも愛を誓いますかネタバレ8話9話10話!あらすじ感想!

それでも愛を誓いますか 8話

純は子供を望みますが、もう5年間体の関係はありません。 35歳という年齢から焦りが出ますが、仕事が忙しい武頼とはすれ違いの日々。 自分に自信を取り戻そうと、パートを辞め派遣社員として忙しい会社に入社。 2人の気持ちがすれ違い始めた時、武頼は高校の同級生である1人の女性と会いました。 周りと自分を比較し、どんどん落ち込んでしまう純。 ちゃんと自分達に夫婦の絆がある事は実感していました。 しかし、もし誰かが武頼を誘惑したら繫ぎ止めるものが無い、と不安です。 高齢の母の元へ行くのは気が滅入りましたが、月1回の義務として欠かさない純。 そして帰る途中、武頼と沙織が一緒にいるところを目撃してしまいます。 沙織の子供をおんぶしている武頼。 親子にしか見えないその光景に、純は怖くて逃げ出してしまいました。 純は内心気になりながらも、何も無かったように過ごします。 しかしある日、我慢できずにSNSで調べると「足立沙織」に辿り着きました。 調べたことを後悔していると、真山から『今から会えませんか?』とメッセージが届いたのです。 関わっていた企画が大成功をおさめ、久しぶりに社会人としての嬉しさを感じていました。 しかし武頼とは相変わらず雰囲気の悪いまま。 子供の話をすると、お互い大きな声を出して喧嘩してしまいました。 そのまま出て行った武頼。 取り残された純は一人で泣き崩れます。 その時、沙織と2人で会っておりキスをしてしまいます。 純は、仕事面では派遣社員から直接雇用へと順調。 その一方で、帰ってこない武頼を思う気持ちと体調不良も重なり、心も体もボロボロでした。 純が寝てから帰宅した武頼ですが、涙を流しながら自己嫌悪に陥ります。 武頼の優しさも感じる反面、イライラもしてしまう純。 喧嘩の発端はいつも自分の発言だと気付いた純は、イライラには蓋をして黙ってようと決めます。 真山からは、気になっている、と告白された純。 なんと返事を返すのか?! 恋愛感情では無いと誤魔化します。 告白かと思いドキドキした純も、家に帰ると武頼のことを思い冷静になりますが、真山と話してたくさん笑ったことを思い出していました。 クビ、離婚、慰謝料、など現実的だと自覚した真山は、純に告白するのは覚悟がいる事だと思い知ります。 しかし、それを考えた上でも、純への気持ちは変わりません。 来るか分からない待ち合わせの場所で、ただ純を待つ真山。 純は嬉しかった反面、真山と距離を置こうとします。 沙織からのメッセージには、『この前しちゃってごめん』と書かれていました。 辛い気持ちのまま仕事に行きますが、表向きはいつも通り振る舞います。 離婚するつもりは無いけれど、自分の足で立って歩こうと、強い気持ちで仕事をこなしました。 武頼は、沙織からの電話に出てしまい、泣きながら助けを求められます。 そこで、武頼のことが好きだと、告白されます。 冷たく断った武頼。 しかし今度は純に接触しようと、SNSのアカウントを探し出す沙織。 また、子供が欲しい理由を真山に尋ねられた純は『自殺防止』だと話しました。 それぞれが抱える闇は、この先どうなっていくのでしょうか?! ただ、感謝の気持ちや結婚した時の喜びは忘れていません。 純も仕事が忙しくなり、さらにすれ違うようになってしまった2人。 その時、ほとんど更新していない純のSNSに、通知が来ます。 開いて見ると、沙織からのアクションが。 パニックになった純は、武頼ではなく真山に連絡をしました。 また沙織と会って話をしますが、冷たく突き放す武頼に抱きつく沙織。 一方純も、停電になった社内の会議室で真山に抱きしめられました。 純も武頼も心が揺れますが、抱きしめ返すことはありません。 会議室で抱きしめられた後、連絡先を交換してしまいます。 一方、武頼は話をするためまた沙織と二人で会ってしまいました。 罪悪感が膨れ上がる武頼と、疲れ切った心に真山の優しさが染みていく純。 純は、真山と飲みに行く約束をしていた日の朝、武頼からも食事に誘われてしまいました。 少し黙って考える純ですが、その時、武頼が純にキスをしようとします。 とても驚きましたが、純は嬉しくなり、やっぱり武頼と向き合おうと、真山との約束は断ることにしました。

次の

「愛の不時着」第8話 あらすじ・感想 2人は離ればなれになってしまうのか?

それでも愛を誓いますか 8話

最新話をいち早くまとめ記事にしています。 記事を読むなら下記をタップしてくださいね。 萩原ケイク先生の作品でローソン限定の雑誌『めちゃコミックfufu』にて連載されています。 発売は毎月25日頃です。 『それでも愛を誓いますか? 』の前回21,22,23話(7話)のあらすじは・・・ 純と二人きりの夜を過ごした真山は純に告白しようと決めます。 しかし、同僚に指摘され、不倫や結婚の重さを実感して怖じ気づく真山。 それでも純がもし待ち合わせの場所にきてくれたら一歩踏み込もうと真山は思うのでした。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 』24、25、26話(第8話)のネタバレ 真山の葛藤 真山は会社ってうるさい、と思っていました。 飲み会に誘われるも断る真山。 営業への報告、メール後の声かけ、宴席でのマナー、メモは手書きで。 真山はできない新人だと言われ、小言を事あるごとに言われていました。 けれど純だけはどこか違っていたのです。 気づいたら、気になり好きになっていました。 真山は「好きです」と一瞬口走ったかと思いましたが、なんとか好きとは言わずに済んでいました。 気になると言われ、純は真っ赤になり照れてしまいます。 真山は純は既婚者だと思い出し冷静になります。 純が最近元気がないので気にしていたんです、またゲームしましょう、少しでも楽しくなるならと言う真山。 純はふっと笑います。 今の染みた、ありがとうとお礼を言います。 真山はお礼ではなく愚痴ればいいのに、それをしない純は強いと思います。 真山はオレホントは好…と言いかけてやめます。 好きだとはとても言えるものではありませんでした。 真山に翻弄される純 家に帰った純は「す…」とはなんだったのだろうとよろけます。 告白かと思ったと焦ります。 冷蔵庫を開けると武頼が買ってきたポカリがありました。 ありがとうとメールをすると具合はどうか、食べたいものはあるかと優しく聞いてくれる武頼。 優しさには優しさで返してくれるね、と純は言います。 鏡の前で武頼に笑いかける練習をする純。 鏡を見て笑った後のほうれい線がくっきり出ているのに気づきます。 今日はたくさん笑ったからと思い出すのは真山のことばかりでした。 武頼は会社で純のメールを見て笑います。 仲がいいねと言われ、馬鹿なことをしたから大事にしたいとつぶやく武頼。 一方、真山は家に帰ると母親に彼女できた?と聞かれます。 就職もしたのに恋愛をしていないとそんなに欠陥があるように見えるだろうかと思う真山。 真山はどんな相手でもいいの?年齢差があって大っぴらに言えない相手とか、と言って部屋に戻ります。 母親はまさかLGBTではないかと勘違いして青ざめます。 恋愛に興味を持てず距離を置いていたら、異物なのだと思って隠れていた真山。 それが最近は純のことで一杯です。 連絡をしたいけれど、どう連絡を取ればいいのかわからない真山。 言えないけど、言いたい。 「好きです」 真山の思いと決意 やったね、ありがとうって嬉しかったです。 もし旦那さんといて辛いこと多いなら、俺と… 告白の練習をしてフラらるわ、と突っ込む真山。 そもそも男として意識されていないのではと真山は煮詰まります。 外に出て頭を冷やそうとしますが季節は夏。 花火の赤い色を見ていると純が赤くなった顔を可愛かったなと思い出す真山。 頭が沸いている、ならいっそのこと言ってしまおうかと真山は携帯を取り出してメッセージを書きます。 ゲームのリベンジに明日も会いませんかとメールを送る真山。 一緒にいるところみられるとちょっとねと純は断りのメールを返してきます。 真山はでは二駅先ではどうかと食いつくといいよと返事が返ってきます。 思いは言語化すると強くなる。 明日言おう、純が好きだとはっきりと。 真山は告白の決意をしました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 』第9話最新話のネタバレ 『それでも愛を誓いますか? 』まとめ 今回は『それでも愛を誓いますか? 』第8話のネタバレ&最新話をお送りしました! 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の