宅建資格 フォーサイト。 フォーサイトで人気の4つの資格講座の良い評判・悪い評判・教材の評判・料金の評判を徹底比較!

【真実はこちらです】フォーサイト宅建講座の評判|銀行員が社畜を脱出する資格ブログ

宅建資格 フォーサイト

Contents• フォーサイトの通信講座とは 株式会社フォーサイトは、1993年に設立した通信教育専門の資格スクールです。 創立25年と、通信講座の歴史は非常に長いです。 特に宅建講座は、設立当初から開講しており、フォーサイトが力を入れている講座の一つです。 フォーサイトの人気講座ランキングでも 2位となっています。 【フォーサイト公式サイト参照】 累計受講者は約20万人に上り、通信講座専門の資格スクールとしてはかなり成長してきています。 単科講座には、「 基礎講座」と「 過去問講座」があり、初学者にとってはどちらの講座も必須になります。 バリューセットそれぞれの講座の違いは、大きく二つあります。 直前対策は法改正や統計資料などの受験生が苦手とする分野の対策ができる講座となっています。 独学では学習が難しい分野なので他の受験生に差をつけることができます。 この制度はフォーサイト宅建講座を受講し、一定基準を満たしたにもかかわらず不合格となった場合は 全額受講料を返金するという制度です。 フォーサイトの講座に対する自信がうかがえる制度となっていますね。 他の資格スクールとの受講料比較 それでは、フォーサイトの宅建講座の受講料と他のスクールの受講料を比較してみましょう。 通信講座スクール名 コース名 受講料 資格スクエア 宅建未来問合格パック 77,000円 TAC スマートWEB通信講座 89,000円 LEC パーフェクト合格フルコース(WEB) 126,500円 クレアール 完全合格パーフェクトコース(DVDあり) 56,860円(期間限定価格) 4つのスクールと比較してみましたが、やはり大手のスクールと比較すると圧倒的に低価格ですね。 通信講座専門スクールでは、資格スクエアよりは安く、クレアールとはほぼ同じ金額でした。 調査の結果、フォーサイト宅建講座は、かなり安い水準の講座なのかなと感じました。 フォーサイト宅建講座が低コストという評判は間違っていないと思います。 フォーサイト宅建講座の特徴 フォーサイト宅建講座が低コストであることはわかりましたが、講座の質が低くては意味がありません。 講座のクオリティーと特徴は以下3つです。 ・要点重視の効率学習 ・WEBシステムによるスキマ学習 ・フォーサイト宅建講座の担当講師 合格点主義の効率学習 フォーサイト通信講座のモットーは「 最短・最速で合格すること」です。 満点を狙うのではなく、合格基準点を効率よく取りに行くという学習方法です。 そのため、重要論点を中心に学習を行い、 インプットより アウトプットを重視する学習方法となっています。 時間のない社会人や、短期合格を目指す人には非常に相性の良い通信講座といえると思います。 ただその反面、応用問題に対応しづらくなるため、難易度の高い年度の試験だと不合格の確率が上がります。 運に大きく影響される点が、欠点といえるでしょう。 WEBシステムによるスキマ学習 フォーサイトには「 道場破り」と呼ばれる、優秀なWEBシステムがあります。 その特徴は大きく分けてこの3つです。 ・講義動画をスマホやタブレットでどこにいても視聴できる。 ・講座のテキストは全てスマホやタブレットに入っている。 ・リアルタイム講義 いつでも見れる講義動画 フォーサイトの 道場破りを使えば、どこでも講義動画を視聴できます。 しかも、事前にダウンロードしておけば通信料も気にする必要はありません。 気軽に講義動画をみれるため学習の効率はかなり上がります。 いつでも見れるテキスト フォーサイトの 道場破りを利用することで、スマホやタブレットでテキストも全て見ることができます。 お昼休みに見たり、通勤で利用するなど、スキマ時間の有効活用ができます。 こちらも勉強の効率にかなり貢献してくれます。 リアルタイム講義 リアルタイム講座とは、リアルタイムで講師と受講生が、講義を受講することができるサービスです。 YOUTUBERとしても活躍しており、 くぼたっけんというチャンネル名で活動している有名な先生です。 講義の中身も非常にわかりやすく、はきはきと講義が進んでいきます。 経験豊富なだけあって、話もかなり面白いので是非YOUTUBEを見てみて下さい。 執筆活動もされていて、自分の本も出版されています。 信頼できる先生なのは間違いありません。 フォーサイト宅建講座のテキストの評判 フォーサイト宅建講座、テキストのいい点 フォーサイト宅建講座のテキストは、要点を重視した、コンパクトな フルカラーテキストです。 【フォーサイト公式サイト参照】 フォーサイトはテキストをフルカラーにすることにこだわっており、アメリカの研究で、白黒よりフルカラーの方が記憶の定着が良いとの報告もあることから、一定の効果が期待できます。 また、フルカラーで図解も多く、具体例を用いて解説がされるため、さくさく理解が進みます。 特に初学者にとっては、かなりいいテキストだと感じました。 勉強するのに慣れていない人も、ストレスを感じずに学習できると思います。 フォーサイト宅建講座、テキストのイマイチな点 フォーサイトのテキストは、要点重視のため、細かい部分は説明が省かれています。 民法の権利関係など、深く勉強したい方には不向きかなと感じました。 また、効率重視で合格点さえとればいいという方針であるため、フォーサイトのテキストだけの学習では、応用力が必要な問題に対処ができない可能性があります。 効率の良いテキストである反面、中身が薄いと感じる方もいるかも知れません。 フォーサイト宅建講座の評判と口コミ フォーサイトいい評判の口コミ 宅建の学習をeラーニングしてます。 家でこもることが多い時期です。 自分のための学習は eラーニングが本当に便利。 三密の条件もクリアしつつ 安全に集団授業もできる点は いま、この時期のベストチョイス ではないでしょうか。 — ばんそうこうでチチンプイ bansoko55 フォーサイトの宅建講座で勉強してるんだけど窪田先生の説明分かりやすいし面白いから勉強楽しいwww — NOa noa320 Twitter上ではフォーサイトの肯定的な意見が多かったです。 フォーサイトのWEBシステム道場破りは利便性が良いとの評判ですね。 また窪田さんの動画も評価が高いです。 フォーサイト、イマイチな評判の口コミ 初学者で今年フォーサイトを受講した者です。 結論から申し上げると、これだけで合格は相当難しいです。 理由は誤植が多く、テキストの範囲が極端に絞られている為です Twitter上の口コミでは批判コメは少なかったですが、Yahoo知恵袋にはいくつかありました。 効率重視のテキストに対し、不安視する声もあるみたいですね。 フォーサイト宅建講座、評判まとめ フォーサイト宅建講座の、総合的な評価は、値段の割にはクオリティーが高い!!です。 確かに、効率重視のため、テキストの内容が薄いと感じるかも知れませんが、その分インプットがはやく終わるため、アウトプットに時間を使えるというメリットも生まれます。 それに加えて、 優秀なWEBシステムと、 カリスマ講師の存在という点が加わるなら、コスパはかなりいい!! というのが私の結論です。 特にカラーテキストで丁寧に基本を学ぶことができる点は、初学者にとっては、かなり適していると思いました。 反面、学習が進んでいる人向きではないかなという気がします。 自分の今の実力をしっかり把握して、自分にあった通信講座を選んでください。 おまけ 口コミ調査では、フォーサイトの効率重視のテキストを不安視するコメントがありました。 そんな方向けに、紹介したいのが、「 LEC出る順合格テキスト」です。 このテキストの特徴は、圧倒的な情報量の多さです。 科目ごとに3冊、計1200ページもあり、市販のテキストではこの本より詳しいテキストはありません。 フォーサイトのテキストが物足りないと感じる方は、このテキストでがっつし勉強してみて下さい。

次の

資格スクエアの宅建講座の評判は?口コミや合格率の実態を調査!

宅建資格 フォーサイト

宅建の合格を目指す上で、 「独学」ではなく 「資格学校の講座」を活用したいなら、複数の講座を比較検討してみるのがおすすめです。 宅建士の講座を検討する場合、必ず候補にあがるのが フォーサイトの宅建講座です。 フォーサイトの宅建講座は 累計5万人を超える受講者数を誇り、 高い合格実績でも知られています。 しかし、実際に どのような講座があり、どのような特徴があるかを知らないという人は多いのではないでしょうか。 「教育訓練給付制度」が使えるかどうかを気にする人もいるでしょう。 そこで今回は、 フォーサイトの会社の内容や講座の特徴、講座の種類や値段などをまとめました。 また、魅力の一つである 全額返金保証制度についても解説しています。 これを読んで、宅建講座選びの参考にしてください。 宅建講座で有名なフォーサイトはどんな会社? フォーサイトは 資格の通信教育講座で有名です。 宅建講座にも定評があり、 累計の受講者数は5万人を超えています。 教材の特徴を見る前に、どんな会社が提供しているのか、まずは 運営会社と沿革について見てみることにしましょう。 1-1. foresight. 沿革 株式会社フォーサイトは1993年、名古屋で 不動産研修会社としてスタートしました。 当時のフォーサイトは企業を対象に、 宅建研修や通信講座、不動産コンサルティング試験の対策講座などを提供していました。 創業社長である山田浩司さんは、もともと 行政書士事務所を経営されていましたが、宅建講師としても活躍をされていました。 1999年には 1冊目の書籍として「宅建主任者に面白いほど合格する本」を出版しています。 2001年には東京支社を開設し、2002年には 行政書士や社労士、FP、簿記などの通学講座を開講しています。 その後もフォーサイトは順調に拡大を続け、2007年には 通信教育の年間受講生が1万人を突破するまでになります。 2012年には本社を東京に移転。 2015年になると、レベルの高い映像教材の作成を目指し、 日本最大級の電子黒板をもつ新スタジオを完成させます。 2017年には 累計の受講者数が19万人を突破しました。 2020年に入ってからも進化を続けています。 ライブ配信で講義を行うという「リアルタイム講義」をスタート。 また4月からは インテリアコーディネーターの通信講座を開設しました。 8月には 保育士の講座をスタートさせる予定もあります。 今後もますますの拡大が期待される資格学校です。 行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引士、FP(2・3 級)、簿記(2・3 級)、マンション管理士、管理業務主任者、通関士、旅行業務取扱管理者(国内・総合)、IT パスポート、インテリアコーディネーター、保育士(2020年8月予定) 2. フォーサイトの宅建講座の特徴は? 数ある宅建講座の中で、フォーサイトの宅建講座にはどのような特徴があるのでしょうか。 フォーサイトならではの9つの特徴をピックアップしてご紹介します。 2-1. 受講生の合格率が高い フォーサイトの宅建講座の1番目の特徴は、なんといっても 合格率の高さです。 実に4倍を超える数字です。 フォーサイトは宅建以外にも講座を展開していますが、 提供している11の資格試験で、受講生の合格率「全国平均合格率を上回る」という結果を出しています。 これは2013年度から7年連続です。 後ほど紹介するように、フォーサイトには 「フルカラーテキスト」や「ハイビジョン撮影の講義映像」、「道場破り」というeラーニングシステムなど、さまざまな特徴があります。 質の高い充実した学習環境が、こうした結果につながっていると言えそうです。 フォーサイト受講生の宅建合格率は71. 2-2. 5色のフルカラーテキスト見やすい フォーサイトの宅建講座の2番目の特徴は 「フルカラーテキスト」を使っていてわかりやすいという点です。 フルカラーによる宅建テキストは業界初とも言われています。 記憶に残りやすいと好評です。 色の少ないテキストの問題点は、大事な部分がわかりにくいことです。 また 色が単調なので、読み進めていくうちに気力も削がれて眠くなってしまうという人も います。 実際に心理学の研究でも、 カラー画像を使ったものはモノクロ画像に比べると印象に長く残りやすいといわれています。 フォーサイトのテキストは図解やイラストも多く、難しい用語の多い宅建の知識を理解するには、バッチリと言えるでしょう。 また、2020年度の講座からテキストがリニューアルされました。 常にわかりやすさを追求するフォーサイトの姿勢があらわれていると言えそうです。 テキストのサンプル画像のPDFを見れば、フルカラーテキストのわかりやすさは一目瞭然です。 2-3. ハイビジョン撮影の講義映像が見られる フォーサイトの宅建講座の3番目の特徴は 「ハイビジョン撮影の講義映像」を使っているという点です。 DVDとeラーニングで視聴が可能です。 テキストだけを使った学習は、わからないところがあると自分で調べなければならず、つい挫折しがちです。 しかし 映像を使った教材なら内容がわかりやすいため、はるかに理解が早まります。 時間や労力も大きく削減できるはずです。 さらにフォーサイトの講義映像は、 日本最大級の電子黒板を備えた専用スタジオで収録されています。 ハイビジョン撮影となっており、 キスト表示も見やすく、講師の声も聞きやすいと定評があります。 まるでマンツーマンレッスンのような臨場感があるとの声もあります。 YouTubeで サンプル講義の映像が見られるので、ぜひチェックしてみるとよいでしょう。 フォーサイトの講義映像なら、手元にテキストが無くても十分に理解が可能です。 ぜひサンプル映像をチェックしてみてください。 2-4. 「フォーサイト道場破り」でスマホ学習ができる フォーサイトの宅建講座の4番目の特徴は、 スマホ学習システム「道場破り」の存在です。 2008年から運用されているeラーニングシステムで、 宅建学習を大いにサポートしてくれます。 主な機能は次のとおりです。 2-4-1. 学習スケジュールを作成してくれる! 1つ目は、宅建の 合格に向けた学習スケジュールを作成してくれる機能です。 空き時間や通勤時間など、自分の生活パターンを入力すると、自動で1日の勉強可能時間が算出されます。 その上で、 本試験日までの学習期間や、過去のフォーサイト受講生の指導実績等にもとづいて、「学習スケジュール」を提案してくれます。 映像をダウンロードすれば、ネットに接続していないオフライン環境でも映像を見ることが可能です。 2-4-4. テキストがデジタルでも用意されている! 4つ目は 「テキスト」がオンラインで見られるという機能です。 講義で使われるテキストは、デジタルデータでも収録されています。 そのため、 移動中や、ちょっとしたスキマ時間でもスマホでテキスト内容をチェックすることができます。 「デジタルテキスト」と言ってもよいでしょう。 2-4-5. メールで質問することができる! 5つ目は質問の機能です。 講師やスタッフに対して、学習上の質問をすることができます。 利用している講座により質問回数の上限は決まっていますが、その範囲内であれば、 試験の前日までは無料で質問をすることが可能です。 単価講座の場合:5回まで• バリューセット1の場合:10回まで• バリューセット2の場合:15回まで 宅建試験の問題の中には暗記が必要となる分野もあります。 ツールを使いながら効率よく覚えていきましょう。 2-5. 充実のアフターフォロー フォーサイトの宅建講座の5番目の特徴は 「アフターフォロー」が充実していることです。 具体的に4つのフォロー体制を紹介していきましょう。 メールによる質問の受け付け• フォローメルマガの発行• 社長ブログと講師ブログ• 合格お祝い金 2-5-1. メールによる質問の受け付け 質問はメールに限定されますが、 質問や疑問があれば、専任講師や専任スタッフがメールで返してくれます。 テキストや過去問に関する具体的な質問だけでなく、 試験に対する漠然とした不安やアドバイスが欲しい時にも使えます。 なお、 フォーサイト受講生の年間の平均質問数は3回となっているようです。 対象は「バリューセット2」のみです。 他の講座の場合は適用されません。 2-6-2. 全額返金保証制度の利用条件と流れ 細かい規定や必要書類などはウェブサイトに記載されています。 1つでも条件を満たしていない場合は返金保証の適用外となるため、しっかりと内容の確認をするようにしてください。 主な条件は以下のとおりです。 【受講の開始日から本試験の前日までに】 すべての確認テストで100点を取得する。 (何度でもチャレンジ可能) 【本試験の1ヶ月前から本試験の前日までに】 25点満点の専用試験(40分間の模擬形式の学力テスト)を2回受験し、それぞれ20点以上を取得する。 (いずれも1回しか受験できない) 【本試験の5日前までに】 受験票・本人確認書類のコピーと「返金申請書」を提出した上で本試験を受験する。 【本試験の後に】 「返金希望」と記入したメモ用紙、教材一式、返金先口座情報をフォーサイトへ送る。 以上の条件をクリアすると、 必要書類の到着から1週間前後で返金される仕組みです。 なお、 その他の詳しい条件は、フォーサイトのウェブサイトを参照してください。 対象は「バリューセット1」と「バリューセット2」のみです。 2-7-2. 制度の詳細はウェブサイトで確認を 「 教育訓練給付制度」については細かい条件があります。 受給条件や受給の流れなど、必ずウェブサイトでチェックするようにしてください。 2-8. オリジナルの合格グッズの存在 フォーサイトの宅建講座の8番目の特徴は 「オリジナル合格グッズ」が付属しているということです。 フォーサイトでは、次の 3つの合格グッズが用意されています。 合格手帳• 合格ポスター• マークシート用シャープペンシル 宅建の学習は本当に大変です。 テキストを読んでもなかなか理解できなかったり、気分が落ち込んでしまったりすることもあるでしょう。 学習をサポートしてくれるツールは貪欲に利用していきましょう。 2-8-1. 合格手帳 フォーサイトの合格手帳なら、 1週間ごとの宅建学習の目標を立てるのが簡単です。 目標を立てるだけでなく振り返りもできるので、勉強の進捗をきちんとチェックすることができるようになります。 マークシートを塗りつぶすという作業は、案外と手間になるものです。 こういうツールも活かしていきましょう。 2-9. 無料サンプルが充実している フォーサイトの宅建講座の9番目の特徴は 「資料請求の無料サンプルが充実している」ということです。 フォーサイトの宅建講座は、 合格率ナンバーワンの「バリューセット2」なら66,800円です。 申し込む前にテキストやDVDを見てみたいという人もいるはずです。 そんな人には サンプル教材を請求することをおすすめします。 ウェブサイトから 無料で取り寄せることができ、以下の6点が送られてきます。 宅建講座のサンプルテキスト• 宅建講座のサンプルDVD• 宅建講座の講座案内パンフレット• 宅建講座の合格体験記• フォーサイトの会社案内• 各種パンフレット サンプル教材の請求は無料です。 申込みを悩んでいるなら、まずは申し込んでみましょう。 2-9-1. 「宅建合格ノウハウ」のメール講座も この無料サンプル教材を請求すると 「宅建合格ノウハウ」のメール講座もついてきます。 宅建試験合格のために大切なノウハウが、約2週間にわたってメールで送られてくるというものです。 もちろん、メール配信はいつでも解除することが可能です。 2-9-2. eラーニングシステム「道場破り」も14日間の利用が可能に また、 フォーサイトのeラーニングシステムである「道場破り」も無料で試すことができます。 14日間の期間限定ですが、フォーサイトの講義動画や確認テストなどの学習メニューを実際に試してみることができます。 試用版なので一部の機能は制限されていますが、 実際に受講する時の雰囲気はつかめるはずです。 興味があれば、ぜひチャレンジしてみてください。 実際に使ってみると、意外な発見があるはずです。 積極的に試してみましょう。 フォーサイトの宅建講座の評判・口コミ フォーサイトの宅建講座の9つの特徴を見てきました。 今度は、 受講者の生の声を聞いてみることにしましょう。 3-1. 良い評判・口コミ 良い評判としては 「テキストが分かりやすい」「サポートが充実している」「合格率が高く、歴史も長いので1番信頼できる」などの意見がありました。 合格率70. 8%と圧倒的な合格率を誇る『フォーサイト』のレビューです。 宅建の通信講座で悩んでいる方は絶対に選ぶべき教材です! 実際に私が3ヶ月の学習期間で合格できたのはフォーサイトを選んだからです。 — 宅建・行政書士合格方法 tuuut1992 これは合格者の声です。 「3ヶ月の学習期間で合格できたのはフォーサイトを選んだから」だと語っています。 フォーサイトの宅建講座で勉強してるんだけど窪田先生の説明分かりやすいし面白いから勉強楽しいwww — NOa noa320 また 「説明がわかりやすくて面白い」というのもフォーサイトの評判になっています。 3-2. 悪い評判・口コミ 一方で 「悪い評判」についてはツイッター内に見つけることはできませんでした。 ブログ記事などでは 「DVD講義が、テキストを読み上げているだけに感じる」「他の講座に比べて高い」「合格のために頻出の要点に絞るのはよいけれど、ギリギリの合格を目指すというやり方はどうかと思う」などがありました。 私が利用したフォーサイトは安くて、基礎のテキストは四冊、カラーでわかりやすく編集されていました。 デメリットは、怠けても叱ってくれる人がいないこと。 — なお マイペースに生きる 703ramuchop 「怠けても叱ってくれる人がいない」という意見を見つけることができました。 これは通信講座全般について言えることですが、合格のためには いかに自己管理を徹底するかということも大切です。 フォーサイトの講座と値段 フォーサイトの宅建講座は「 単価講座」と「 直前対策講座」、その2つをパッケージにした「 セット講座」に分かれています。 詳しくは以下のとおりです。 4-1. 単科講座 単科講座は「 基礎講座」と「 過去問講座」の2種類があります。 基礎講座はインプットが中心で、過去問講座はアウトプットが中心となっています。 単科講座 基礎講座 42,800円 単科講座 過去問講座 42,800円 4-2. 直前対策講座 直前対策講座は「 法改正・統計資料対策編」と「 択一対策編」の2種類です。 宅建試験の直前期の対策がまとめられたもので、試験の1ヶ月前くらいに発送されます。 なお 2つを同時に申し込むと4,800円お得になります。 直前対策講座 法改正・統計資料対策編 9,800円 直前対策講座 択一対策編 9,800円 直前対策講座セット 2編同時申し込み 14,800円 4-3. バリューセット バリューセットは、 上記の講座がまとめて手に入るお得なパッケージです。 インプットとアウトプットをセットにした「 バリューセット1」と、直前対策までを網羅し、合格率ナンバーワンの「 バリューセット2」があります。 ウェブサイトでチェックしてみてください。 フォーサイトの宅建講座がおすすめな人 フォーサイトの特徴と商品の構成を解説してきましたが、 フォーサイトの宅建講座にも「向き・不向き」があります。 今まで説明したとおり、 フォーサイトの一番の特徴は「高い合格率」という実績と「質を追求したカラーテキスト」、そしてeラーニングシステムという学習環境です。 そのため、 他の通信講座に比べると値段は高いです。 しかしフォーサイトの特徴の数々を念頭に置けば、 トータルで考えたときに信頼感の高い学習教材だと言えるでしょう。 多少の値段の高さはあるものの、確実に合格をしたいという人には、フォーサイトの宅建講座はおすすめです。 「宅建講座のフォーサイト」のまとめ 宅建講座で有名なフォーサイトについて、 会社の内容や講座の特徴、講座の種類や値段などを解説してきました。 現在さまざまな資格学校が宅建の講座を展開しています。 いろいろな情報があって、どの宅建講座を選択するのがよいかで迷う人も少なくありません。 そんな中、 フォーサイトの合格率の高さは大きな魅力ではないでしょうか。 ぜひこの記事を参考に、フォーサイトの宅建講座が 自分に向いているかどうかを判断してみてください。 現在のお仕事に不満を抱えている方へ 現在のお仕事に不満を抱えていませんか? いま、あなたがご覧になっている「宅建Jobコラム」の運営会社では、不動産業界専門の転職支援サービスを提供しています。 もし就職・転職を成功させたい!という方がいましたら、「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください。 数々の転職を成功させてきた、あなた専任のキャリアアドバイザーが無料でご相談に乗らせて頂きます。

次の

【辞めた方がいい?!】フォーサイトの宅建講座!リアルな口コミ評判

宅建資格 フォーサイト

宅建の合格を目指す上で、 「独学」ではなく 「資格学校の講座」を活用したいなら、複数の講座を比較検討してみるのがおすすめです。 宅建士の講座を検討する場合、必ず候補にあがるのが フォーサイトの宅建講座です。 フォーサイトの宅建講座は 累計5万人を超える受講者数を誇り、 高い合格実績でも知られています。 しかし、実際に どのような講座があり、どのような特徴があるかを知らないという人は多いのではないでしょうか。 「教育訓練給付制度」が使えるかどうかを気にする人もいるでしょう。 そこで今回は、 フォーサイトの会社の内容や講座の特徴、講座の種類や値段などをまとめました。 また、魅力の一つである 全額返金保証制度についても解説しています。 これを読んで、宅建講座選びの参考にしてください。 宅建講座で有名なフォーサイトはどんな会社? フォーサイトは 資格の通信教育講座で有名です。 宅建講座にも定評があり、 累計の受講者数は5万人を超えています。 教材の特徴を見る前に、どんな会社が提供しているのか、まずは 運営会社と沿革について見てみることにしましょう。 1-1. foresight. 沿革 株式会社フォーサイトは1993年、名古屋で 不動産研修会社としてスタートしました。 当時のフォーサイトは企業を対象に、 宅建研修や通信講座、不動産コンサルティング試験の対策講座などを提供していました。 創業社長である山田浩司さんは、もともと 行政書士事務所を経営されていましたが、宅建講師としても活躍をされていました。 1999年には 1冊目の書籍として「宅建主任者に面白いほど合格する本」を出版しています。 2001年には東京支社を開設し、2002年には 行政書士や社労士、FP、簿記などの通学講座を開講しています。 その後もフォーサイトは順調に拡大を続け、2007年には 通信教育の年間受講生が1万人を突破するまでになります。 2012年には本社を東京に移転。 2015年になると、レベルの高い映像教材の作成を目指し、 日本最大級の電子黒板をもつ新スタジオを完成させます。 2017年には 累計の受講者数が19万人を突破しました。 2020年に入ってからも進化を続けています。 ライブ配信で講義を行うという「リアルタイム講義」をスタート。 また4月からは インテリアコーディネーターの通信講座を開設しました。 8月には 保育士の講座をスタートさせる予定もあります。 今後もますますの拡大が期待される資格学校です。 行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引士、FP(2・3 級)、簿記(2・3 級)、マンション管理士、管理業務主任者、通関士、旅行業務取扱管理者(国内・総合)、IT パスポート、インテリアコーディネーター、保育士(2020年8月予定) 2. フォーサイトの宅建講座の特徴は? 数ある宅建講座の中で、フォーサイトの宅建講座にはどのような特徴があるのでしょうか。 フォーサイトならではの9つの特徴をピックアップしてご紹介します。 2-1. 受講生の合格率が高い フォーサイトの宅建講座の1番目の特徴は、なんといっても 合格率の高さです。 実に4倍を超える数字です。 フォーサイトは宅建以外にも講座を展開していますが、 提供している11の資格試験で、受講生の合格率「全国平均合格率を上回る」という結果を出しています。 これは2013年度から7年連続です。 後ほど紹介するように、フォーサイトには 「フルカラーテキスト」や「ハイビジョン撮影の講義映像」、「道場破り」というeラーニングシステムなど、さまざまな特徴があります。 質の高い充実した学習環境が、こうした結果につながっていると言えそうです。 フォーサイト受講生の宅建合格率は71. 2-2. 5色のフルカラーテキスト見やすい フォーサイトの宅建講座の2番目の特徴は 「フルカラーテキスト」を使っていてわかりやすいという点です。 フルカラーによる宅建テキストは業界初とも言われています。 記憶に残りやすいと好評です。 色の少ないテキストの問題点は、大事な部分がわかりにくいことです。 また 色が単調なので、読み進めていくうちに気力も削がれて眠くなってしまうという人も います。 実際に心理学の研究でも、 カラー画像を使ったものはモノクロ画像に比べると印象に長く残りやすいといわれています。 フォーサイトのテキストは図解やイラストも多く、難しい用語の多い宅建の知識を理解するには、バッチリと言えるでしょう。 また、2020年度の講座からテキストがリニューアルされました。 常にわかりやすさを追求するフォーサイトの姿勢があらわれていると言えそうです。 テキストのサンプル画像のPDFを見れば、フルカラーテキストのわかりやすさは一目瞭然です。 2-3. ハイビジョン撮影の講義映像が見られる フォーサイトの宅建講座の3番目の特徴は 「ハイビジョン撮影の講義映像」を使っているという点です。 DVDとeラーニングで視聴が可能です。 テキストだけを使った学習は、わからないところがあると自分で調べなければならず、つい挫折しがちです。 しかし 映像を使った教材なら内容がわかりやすいため、はるかに理解が早まります。 時間や労力も大きく削減できるはずです。 さらにフォーサイトの講義映像は、 日本最大級の電子黒板を備えた専用スタジオで収録されています。 ハイビジョン撮影となっており、 キスト表示も見やすく、講師の声も聞きやすいと定評があります。 まるでマンツーマンレッスンのような臨場感があるとの声もあります。 YouTubeで サンプル講義の映像が見られるので、ぜひチェックしてみるとよいでしょう。 フォーサイトの講義映像なら、手元にテキストが無くても十分に理解が可能です。 ぜひサンプル映像をチェックしてみてください。 2-4. 「フォーサイト道場破り」でスマホ学習ができる フォーサイトの宅建講座の4番目の特徴は、 スマホ学習システム「道場破り」の存在です。 2008年から運用されているeラーニングシステムで、 宅建学習を大いにサポートしてくれます。 主な機能は次のとおりです。 2-4-1. 学習スケジュールを作成してくれる! 1つ目は、宅建の 合格に向けた学習スケジュールを作成してくれる機能です。 空き時間や通勤時間など、自分の生活パターンを入力すると、自動で1日の勉強可能時間が算出されます。 その上で、 本試験日までの学習期間や、過去のフォーサイト受講生の指導実績等にもとづいて、「学習スケジュール」を提案してくれます。 映像をダウンロードすれば、ネットに接続していないオフライン環境でも映像を見ることが可能です。 2-4-4. テキストがデジタルでも用意されている! 4つ目は 「テキスト」がオンラインで見られるという機能です。 講義で使われるテキストは、デジタルデータでも収録されています。 そのため、 移動中や、ちょっとしたスキマ時間でもスマホでテキスト内容をチェックすることができます。 「デジタルテキスト」と言ってもよいでしょう。 2-4-5. メールで質問することができる! 5つ目は質問の機能です。 講師やスタッフに対して、学習上の質問をすることができます。 利用している講座により質問回数の上限は決まっていますが、その範囲内であれば、 試験の前日までは無料で質問をすることが可能です。 単価講座の場合:5回まで• バリューセット1の場合:10回まで• バリューセット2の場合:15回まで 宅建試験の問題の中には暗記が必要となる分野もあります。 ツールを使いながら効率よく覚えていきましょう。 2-5. 充実のアフターフォロー フォーサイトの宅建講座の5番目の特徴は 「アフターフォロー」が充実していることです。 具体的に4つのフォロー体制を紹介していきましょう。 メールによる質問の受け付け• フォローメルマガの発行• 社長ブログと講師ブログ• 合格お祝い金 2-5-1. メールによる質問の受け付け 質問はメールに限定されますが、 質問や疑問があれば、専任講師や専任スタッフがメールで返してくれます。 テキストや過去問に関する具体的な質問だけでなく、 試験に対する漠然とした不安やアドバイスが欲しい時にも使えます。 なお、 フォーサイト受講生の年間の平均質問数は3回となっているようです。 対象は「バリューセット2」のみです。 他の講座の場合は適用されません。 2-6-2. 全額返金保証制度の利用条件と流れ 細かい規定や必要書類などはウェブサイトに記載されています。 1つでも条件を満たしていない場合は返金保証の適用外となるため、しっかりと内容の確認をするようにしてください。 主な条件は以下のとおりです。 【受講の開始日から本試験の前日までに】 すべての確認テストで100点を取得する。 (何度でもチャレンジ可能) 【本試験の1ヶ月前から本試験の前日までに】 25点満点の専用試験(40分間の模擬形式の学力テスト)を2回受験し、それぞれ20点以上を取得する。 (いずれも1回しか受験できない) 【本試験の5日前までに】 受験票・本人確認書類のコピーと「返金申請書」を提出した上で本試験を受験する。 【本試験の後に】 「返金希望」と記入したメモ用紙、教材一式、返金先口座情報をフォーサイトへ送る。 以上の条件をクリアすると、 必要書類の到着から1週間前後で返金される仕組みです。 なお、 その他の詳しい条件は、フォーサイトのウェブサイトを参照してください。 対象は「バリューセット1」と「バリューセット2」のみです。 2-7-2. 制度の詳細はウェブサイトで確認を 「 教育訓練給付制度」については細かい条件があります。 受給条件や受給の流れなど、必ずウェブサイトでチェックするようにしてください。 2-8. オリジナルの合格グッズの存在 フォーサイトの宅建講座の8番目の特徴は 「オリジナル合格グッズ」が付属しているということです。 フォーサイトでは、次の 3つの合格グッズが用意されています。 合格手帳• 合格ポスター• マークシート用シャープペンシル 宅建の学習は本当に大変です。 テキストを読んでもなかなか理解できなかったり、気分が落ち込んでしまったりすることもあるでしょう。 学習をサポートしてくれるツールは貪欲に利用していきましょう。 2-8-1. 合格手帳 フォーサイトの合格手帳なら、 1週間ごとの宅建学習の目標を立てるのが簡単です。 目標を立てるだけでなく振り返りもできるので、勉強の進捗をきちんとチェックすることができるようになります。 マークシートを塗りつぶすという作業は、案外と手間になるものです。 こういうツールも活かしていきましょう。 2-9. 無料サンプルが充実している フォーサイトの宅建講座の9番目の特徴は 「資料請求の無料サンプルが充実している」ということです。 フォーサイトの宅建講座は、 合格率ナンバーワンの「バリューセット2」なら66,800円です。 申し込む前にテキストやDVDを見てみたいという人もいるはずです。 そんな人には サンプル教材を請求することをおすすめします。 ウェブサイトから 無料で取り寄せることができ、以下の6点が送られてきます。 宅建講座のサンプルテキスト• 宅建講座のサンプルDVD• 宅建講座の講座案内パンフレット• 宅建講座の合格体験記• フォーサイトの会社案内• 各種パンフレット サンプル教材の請求は無料です。 申込みを悩んでいるなら、まずは申し込んでみましょう。 2-9-1. 「宅建合格ノウハウ」のメール講座も この無料サンプル教材を請求すると 「宅建合格ノウハウ」のメール講座もついてきます。 宅建試験合格のために大切なノウハウが、約2週間にわたってメールで送られてくるというものです。 もちろん、メール配信はいつでも解除することが可能です。 2-9-2. eラーニングシステム「道場破り」も14日間の利用が可能に また、 フォーサイトのeラーニングシステムである「道場破り」も無料で試すことができます。 14日間の期間限定ですが、フォーサイトの講義動画や確認テストなどの学習メニューを実際に試してみることができます。 試用版なので一部の機能は制限されていますが、 実際に受講する時の雰囲気はつかめるはずです。 興味があれば、ぜひチャレンジしてみてください。 実際に使ってみると、意外な発見があるはずです。 積極的に試してみましょう。 フォーサイトの宅建講座の評判・口コミ フォーサイトの宅建講座の9つの特徴を見てきました。 今度は、 受講者の生の声を聞いてみることにしましょう。 3-1. 良い評判・口コミ 良い評判としては 「テキストが分かりやすい」「サポートが充実している」「合格率が高く、歴史も長いので1番信頼できる」などの意見がありました。 合格率70. 8%と圧倒的な合格率を誇る『フォーサイト』のレビューです。 宅建の通信講座で悩んでいる方は絶対に選ぶべき教材です! 実際に私が3ヶ月の学習期間で合格できたのはフォーサイトを選んだからです。 — 宅建・行政書士合格方法 tuuut1992 これは合格者の声です。 「3ヶ月の学習期間で合格できたのはフォーサイトを選んだから」だと語っています。 フォーサイトの宅建講座で勉強してるんだけど窪田先生の説明分かりやすいし面白いから勉強楽しいwww — NOa noa320 また 「説明がわかりやすくて面白い」というのもフォーサイトの評判になっています。 3-2. 悪い評判・口コミ 一方で 「悪い評判」についてはツイッター内に見つけることはできませんでした。 ブログ記事などでは 「DVD講義が、テキストを読み上げているだけに感じる」「他の講座に比べて高い」「合格のために頻出の要点に絞るのはよいけれど、ギリギリの合格を目指すというやり方はどうかと思う」などがありました。 私が利用したフォーサイトは安くて、基礎のテキストは四冊、カラーでわかりやすく編集されていました。 デメリットは、怠けても叱ってくれる人がいないこと。 — なお マイペースに生きる 703ramuchop 「怠けても叱ってくれる人がいない」という意見を見つけることができました。 これは通信講座全般について言えることですが、合格のためには いかに自己管理を徹底するかということも大切です。 フォーサイトの講座と値段 フォーサイトの宅建講座は「 単価講座」と「 直前対策講座」、その2つをパッケージにした「 セット講座」に分かれています。 詳しくは以下のとおりです。 4-1. 単科講座 単科講座は「 基礎講座」と「 過去問講座」の2種類があります。 基礎講座はインプットが中心で、過去問講座はアウトプットが中心となっています。 単科講座 基礎講座 42,800円 単科講座 過去問講座 42,800円 4-2. 直前対策講座 直前対策講座は「 法改正・統計資料対策編」と「 択一対策編」の2種類です。 宅建試験の直前期の対策がまとめられたもので、試験の1ヶ月前くらいに発送されます。 なお 2つを同時に申し込むと4,800円お得になります。 直前対策講座 法改正・統計資料対策編 9,800円 直前対策講座 択一対策編 9,800円 直前対策講座セット 2編同時申し込み 14,800円 4-3. バリューセット バリューセットは、 上記の講座がまとめて手に入るお得なパッケージです。 インプットとアウトプットをセットにした「 バリューセット1」と、直前対策までを網羅し、合格率ナンバーワンの「 バリューセット2」があります。 ウェブサイトでチェックしてみてください。 フォーサイトの宅建講座がおすすめな人 フォーサイトの特徴と商品の構成を解説してきましたが、 フォーサイトの宅建講座にも「向き・不向き」があります。 今まで説明したとおり、 フォーサイトの一番の特徴は「高い合格率」という実績と「質を追求したカラーテキスト」、そしてeラーニングシステムという学習環境です。 そのため、 他の通信講座に比べると値段は高いです。 しかしフォーサイトの特徴の数々を念頭に置けば、 トータルで考えたときに信頼感の高い学習教材だと言えるでしょう。 多少の値段の高さはあるものの、確実に合格をしたいという人には、フォーサイトの宅建講座はおすすめです。 「宅建講座のフォーサイト」のまとめ 宅建講座で有名なフォーサイトについて、 会社の内容や講座の特徴、講座の種類や値段などを解説してきました。 現在さまざまな資格学校が宅建の講座を展開しています。 いろいろな情報があって、どの宅建講座を選択するのがよいかで迷う人も少なくありません。 そんな中、 フォーサイトの合格率の高さは大きな魅力ではないでしょうか。 ぜひこの記事を参考に、フォーサイトの宅建講座が 自分に向いているかどうかを判断してみてください。 現在のお仕事に不満を抱えている方へ 現在のお仕事に不満を抱えていませんか? いま、あなたがご覧になっている「宅建Jobコラム」の運営会社では、不動産業界専門の転職支援サービスを提供しています。 もし就職・転職を成功させたい!という方がいましたら、「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください。 数々の転職を成功させてきた、あなた専任のキャリアアドバイザーが無料でご相談に乗らせて頂きます。

次の