絢香 あいことば 歌詞。 絢香『あいことば』歌詞考察・残忍な希望を未来を明日を愛し

絢香 あいことば

絢香 あいことば 歌詞

あいことば 絢香 映画『人魚の眠る家』主題歌 作曲︰絢香 作詞︰絢香 -- 発売日:2018 絢香の新曲「あいことば」が、11月16日に公開となる映画『人魚の眠る家』の主題歌に決定した。 『人魚の眠る家』は、ベストセラー作家・東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して書かれた同名小説を『TRICK』『明日の記憶』『天空の蜂』などの堤幸彦監督が実写映画化したもの。 篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、ヒューマンミステリーだ。 映画側の「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香であれば最も美しく表現してくれる」という強い想いから、絢香が主題歌を担当することになった。 絢香は楽曲制作の過程で「原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが止めどなく溢れてきて、読み終える頃に『あいことば」は形を成していた」という。 それほどまでに絢香自身が映画に自分の気持ちを重ねて制作した楽曲「あいことば」は、大切な存在に対して誰もが経験したことがあるであろう感情に寄り添い、背中を推してくれるような壮大なバラードになっている。 現在、「あいことば」が使用された最新予告映像も公開されている。 絢香の楽曲がストーリーに深みを持たせており、映画の公開が待ち遠しくなるような映像になっている。 なお、絢香は12月から全国ツアーを開催することが既に発表されていたが、こちらの詳細も発表となった。 申し訳ございませんが、まだ歌詞を用意出来ておりません。 補足をお願いします。

次の

絢香 あいことば

絢香 あいことば 歌詞

アルバム収録曲である「あいことば」は、映画『人魚の眠る家』の主題歌となっており、アルバムリリースに先行してYouTubeにてMVが公開され、映画の内容とリンクするその素晴らしい楽曲にファンやリスナーからは賞賛の声が上がっている。 今回はそんな絢香さんの「あいことば」の歌詞の意味や込められた想いなどについて考察します。 スポンサーリンク 絢香「あいことば」歌詞の意味とは? 「あいことば」ー絢香 作詞:絢香 作曲:絢香 透明な愛言葉 今宵は 旅支度を確かめ 諦めない 一人でも大丈夫 エピローグ 抱き寄せて 離さない 私はあなたと ずっとずっと未来を見ながら 永遠に愛します 例え 何があっても もう一度 あの声が もう一度 あの笑顔に会いたい どうしてなの? 幾千の 生きる意味 神様に祈る度 繋がって 私はあなたと ずっとずっと明日の希望を 願い続けます 例え 何があっても 私はあなたと ずっとずっと未来を見ながら 永遠に愛します 例え 何があっても ずっとずっときっと 希望を ずっとずっときっと 未来を ずっとずっときっと 明日を 透明な愛言葉 「あいことば」について絢香さんはこうコメントしています。 不思議なことが。 原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが私の中で止めどなく溢れてきて、読み終える頃に「あいことば」は形を成していました。 映画に携わる方々の熱意を感じながら仕上げていくことで、より研ぎ澄ませながら世界観を創り込めた気がします。 曲をお渡ししてしばらくした後に試写を初めて観て、何度も涙しました。 本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、 この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています。 「あいことば」は私の作曲家としてのキャリアの中で、特別に誇れる一曲となりました。 それでは歌詞を見ていきましょう。 透明な愛言葉 今宵は 旅支度を確かめ ここで出てくる「透明な愛言葉」とは、母から子へ送る目には見えない「愛情」のようなものであると思います。 ある人と自分の間にしか分からない言葉、それを通じて時にはお互いの結束の固さや信用できる相手であることを確かめることもあると思います。 映画『人魚の眠る家』では、意識不明で回復の見込みがなく、眠り続ける我が子の奇跡を信じ、全てを投げ打って我が子を守ろうとする姿が描かれています。 しかしどこかで、我が子の死が頭をよぎる瞬間もあるのです。 そんな時の為に自分の気持ちを確かめ、心の準備をしておくという意味で「旅支度を確かめ」という表現が使われているのではないでしょうか。 諦めない 一人でも大丈夫 エピローグ 抱き寄せて 離さない 「他の誰が諦めても私は諦めない。 一人でも大丈夫。 我が子の人生の物語の結末は私が抱きしめて離さない。 」 ここではエピローグという言葉が使われていますが、エピローグというのは、物語の結末や小説で言えばあとがきなどのことを言います。 それを抱きしめて離さないということは、 まだ終わりではない、終わらせない、結末ではないんだ、という強い気持ちが表れているのではないでしょうか。 私はあなたと ずっとずっと未来を見ながら 永遠に愛します 例え 何があっても 「私はあなたと一緒にずっとずっと未来を見ながら、あなたを永遠に愛します。 例え何があっても。 」 この曲は、 自分にとって愛おしい人を強く想い、目に見えない透明な「愛」という心の言葉でその人に語りかけ、包み込む。 例え何があっても、その人と永遠に共に未来を見ながら希望を持って明日へと向かっていく。 そんな二人にしかわからない 「あいことば」を歌っているのではないでしょうか。 とても素敵な曲ですね。

次の

絢香 の新曲 あいことば 歌詞

絢香 あいことば 歌詞

アルバム収録曲である「あいことば」は、映画『人魚の眠る家』の主題歌となっており、アルバムリリースに先行してYouTubeにてMVが公開され、映画の内容とリンクするその素晴らしい楽曲にファンやリスナーからは賞賛の声が上がっている。 今回はそんな絢香さんの「あいことば」の歌詞の意味や込められた想いなどについて考察します。 スポンサーリンク 絢香「あいことば」歌詞の意味とは? 「あいことば」ー絢香 作詞:絢香 作曲:絢香 透明な愛言葉 今宵は 旅支度を確かめ 諦めない 一人でも大丈夫 エピローグ 抱き寄せて 離さない 私はあなたと ずっとずっと未来を見ながら 永遠に愛します 例え 何があっても もう一度 あの声が もう一度 あの笑顔に会いたい どうしてなの? 幾千の 生きる意味 神様に祈る度 繋がって 私はあなたと ずっとずっと明日の希望を 願い続けます 例え 何があっても 私はあなたと ずっとずっと未来を見ながら 永遠に愛します 例え 何があっても ずっとずっときっと 希望を ずっとずっときっと 未来を ずっとずっときっと 明日を 透明な愛言葉 「あいことば」について絢香さんはこうコメントしています。 不思議なことが。 原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが私の中で止めどなく溢れてきて、読み終える頃に「あいことば」は形を成していました。 映画に携わる方々の熱意を感じながら仕上げていくことで、より研ぎ澄ませながら世界観を創り込めた気がします。 曲をお渡ししてしばらくした後に試写を初めて観て、何度も涙しました。 本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、 この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています。 「あいことば」は私の作曲家としてのキャリアの中で、特別に誇れる一曲となりました。 それでは歌詞を見ていきましょう。 透明な愛言葉 今宵は 旅支度を確かめ ここで出てくる「透明な愛言葉」とは、母から子へ送る目には見えない「愛情」のようなものであると思います。 ある人と自分の間にしか分からない言葉、それを通じて時にはお互いの結束の固さや信用できる相手であることを確かめることもあると思います。 映画『人魚の眠る家』では、意識不明で回復の見込みがなく、眠り続ける我が子の奇跡を信じ、全てを投げ打って我が子を守ろうとする姿が描かれています。 しかしどこかで、我が子の死が頭をよぎる瞬間もあるのです。 そんな時の為に自分の気持ちを確かめ、心の準備をしておくという意味で「旅支度を確かめ」という表現が使われているのではないでしょうか。 諦めない 一人でも大丈夫 エピローグ 抱き寄せて 離さない 「他の誰が諦めても私は諦めない。 一人でも大丈夫。 我が子の人生の物語の結末は私が抱きしめて離さない。 」 ここではエピローグという言葉が使われていますが、エピローグというのは、物語の結末や小説で言えばあとがきなどのことを言います。 それを抱きしめて離さないということは、 まだ終わりではない、終わらせない、結末ではないんだ、という強い気持ちが表れているのではないでしょうか。 私はあなたと ずっとずっと未来を見ながら 永遠に愛します 例え 何があっても 「私はあなたと一緒にずっとずっと未来を見ながら、あなたを永遠に愛します。 例え何があっても。 」 この曲は、 自分にとって愛おしい人を強く想い、目に見えない透明な「愛」という心の言葉でその人に語りかけ、包み込む。 例え何があっても、その人と永遠に共に未来を見ながら希望を持って明日へと向かっていく。 そんな二人にしかわからない 「あいことば」を歌っているのではないでしょうか。 とても素敵な曲ですね。

次の