風あざみ 歌詞。 井上陽水が『少年時代』の歌詞に込めた意味とは?風あざみや夢花火って何?

風あざみの意味とは?少年時代の歌詞からわかる井上陽水の変人ぶり

風あざみ 歌詞

「少年時代」誕生秘話 まず、少年時代という曲についてご説明しましょう。 この曲は1990年9月にリリースされ、現在でも 井上陽水最大のヒット曲となっています。 もともとは、井上氏が荻野目洋子に提供するシングルのB面に使う予定で作曲したものの、その曲のできばえがよかったことに加え、 同名映画「少年時代」の主題歌の依頼が来たこともあり、自身でカバーし、シングルでリリースすることになったという経緯があります。 その映画「少年時代」は、藤子不二雄A氏の連載漫画が原作で、以前から藤子氏と飲み仲間として親交のあった井上氏に主題歌の依頼が入ったというわけです。 発売後 20 年たっても新 CM が続々と! そんな風にして誕生したこの曲ですが、ヒットにつながるには少々時間がかりました。 発売直後は、オリコンチャート最高20位だったものの、発売から1年後にソニーのCM曲に採用されたことでオリコンチャート4位まで上昇し、TV番組のテーマとしても使用されるなどしてロングヒットになりました。 2008年にはキリンビール、2013年には日本コカ・コーラ、そして2014年には健康家族と、 各社のCMに「少年時代」が使用されています。 また、井上氏が子ども時代を過ごした福岡県田川郡糸田町では、防災無線でこの曲のオルゴール音を流しているそうです。 この曲の魅力はいつまで経っても色あせないことがわかりますね。 えっ!ぜんぶ造語だったの!? ここまで少年時代という曲について述べてきましたが、いよいよ本題の3つの言葉についてです。 調べてみると、なんとこれらはすべて 井上氏による造語ということがわかりました。 どうりで、辞書を開いても載っていないはずです。 ちなみに、彼の楽曲には他にもたびたび造語が登場するようです。 それぞれの言葉に込められた意味を解説していきます。 風あざみ 植物のアザミを連想しますが、風あざみという種類は存在しません。 風が吹いてあざみをゆらしている情景を表現した言葉が 「風あざみ」なのです。 アザミは夏から秋に花を咲かせます。 夏が終わり、アザミの花を揺らす風に秋の気配を感じている情景が浮かびますよね。 夢花火 これは、夢で見たような花火、あるいは夢のようにはかない花火を意味します。 響きもとてもきれいですよね。 ちなみに、ナオト・インティライミにも 「夢花火」という曲があります。 二つの曲の関連性はわかりませんが、こちらの歌詞では「夜空に広がるユメハナビ」とカタカナ表記にしています。 宵かがり 宵とは、日暮れから間もない頃の時間です。 かがり火は、鉄のかごに薪などを入れて焚く火のことです。 夏には花火やお盆、祭りなど、夜のイベントが多いですよね。 そんな情景を「宵」「かがり火」という2つの言葉が連想させるわけです。 それにしても、いかにも昔からありそうな言葉に思えてしまいます。 ちなみに、井上陽水がインタビューでこれらの歌詞の意味を聞かれたとき、「響きのよさで作った言葉で、 意味ないんだよ。 」と答えたそうです。 それでこんなに情景を十分に表す言葉を作り出してしまうなんて、すごいセンスですね。 「少年時代」は、毎年聞きたくなる、そして時おりどこかで耳にする名曲です。 次にカラオケにいった時は歌声と一緒に、この 歌詞にまつわる話も披露してはいかがでしょう。

次の

風あざみの意味とは?造語?広辞苑に載ってる?歌の歌詞も解説!

風あざみ 歌詞

従来のお墓(石墓)に代わって自宅でいつも側で供養できる小さなクリスタルガラスのお墓 納骨問題(お墓)でお悩みの方へこれからの新しい供養スタイルをご紹介させていただいております。 風あざみ~クリスタルの小さなお墓 用途 お墓 お部屋の永代供養墓 材質 クリスタルガラス k-9、クラスA サイズ 4. 5cm立方体 カラー 5種類からお選びください 彫刻 お名前と生没年 内容 ご遺骨 ご遺灰 を密封(約10g) 追加 ご兄妹等の追加注文は1. 8万円 カラー含む 風あざみとは、 ご遺骨の一部を特殊樹脂で密封したクリスタルガラスの小さなお墓。 しきたりや宗教から離れ、旅行にも一緒に行ける新しくて綺麗なお墓は、散骨や自宅供養と併用してご利用いただけます。 なお、風あざみ クリアホワイト の他にも4種類のカラークリスタルをご用意しております。 永 遠 / 時空を超えて 夢花火は底面に金属を蒸発させて着装 蒸着 し、見る角度により色が変わる色彩豊かなお墓となりました。 名前の由来は夢と人生の儚さ、時空を超えて生きていた「刹那」を表現しています。 (Cコース・Dコース対象)。 〇単体価格について 少量のご遺骨をお持ちの方やご遺骨をすべて粉末化(粉骨)されない方の場合にご利用ください。 クリスタルガラスの小さなお墓のみの単体販売をご希望の方にご用意させていただいております。 単体販売時のご遺骨の送り方としましてはご注文後に 「クリスタルに納めるご遺骨分(約5cmほどのご遺骨3本位)」を専用封筒で当店にお送り下さい。 ご遺骨を粉末化後、クリスタルのお墓に密封してお届け致します。 〇彫刻について クリスタルの彫刻はサンドブラスト彫刻で印字しております。 彫刻料は無料です。

次の

風あざみの意味とは?造語?広辞苑に載ってる?歌の歌詞も解説!

風あざみ 歌詞

井上陽水「少年時代」の歌詞の意味がわからない。 井上陽水さんの代表曲である「少年時代」とは 1990年9月に発売され、オリコンの週間シングルチャート で、最高4位までなった名曲ですが、歌詞の意味が分かり にくくて感情移入が出来ないという方はいらっしゃいま せんか? ちょっと、というかとても難解な言葉の組み合わせですからね。 意味が分からない!くわしく知りたい!と、ついつい調べたくなっちゃいますよね。 スポンサーリンク 井上陽水「歌詞には響きのよさで作った言葉を散りばめている。 意味なんてないんだよ。 」 「少年時代」には井上陽水さんの造語がちらほらと見受けられます。 例えば、「風あざみ」「夏模様」「宵かがり」「夢花火」などがあります。 井上陽水さんの正式なコメントでは、これら造語には意 味なんてない。 と断言しておりまして、ファンをモヤモヤさせています。 きっと、井上陽水さんは、歌詞の意味の答えは一人一人 違っていいんだよ。 人生と同じだよ。 と言っているかのようです。 しっかりと意味を噛み締めて欲しいのではなく、「少年 時代」のイメージを伝えたいのだと思うのです。 そんな「少年時代」ですが僕独自の見方で意味を紐解いてみたいと思います。 僕から見た「少年時代」の意味 そもそもこの「少年時代」とは隣り合った言葉同士の関連を調べるというよりも、言葉 の単語そのものの集合体を、「意味」としてとらえるべきだと思うのです。 つまり、「少年時代」は5章節に別れていますので、5つ の意味で作れてた楽曲であるとイメージしております。 1章節目の「夏が過ぎ 風あざみ」とありますが、いきなり難解な歌詞です。 「風あざみ」とは存在しない言葉ですので、井上陽水さんの造語です。 きっと植物のあざみを元に作り上げた言葉かと思います が、あざみは春から初夏まで咲く花です。 「あざみが咲いていた頃の風を感じて、夏の終わりを感じた」という意味と考えられます。 2章節目の前半が難しくて答えを出せずにいますが、ネガティブな表現をされています。 最後の「夢はつまり 想い出のあとさき」とありますの で、「夢とはいろんな思い出にくっついているものだ」 と言いたいのだと思います。 3章節目は比較的イメージしやすく、「夏とは花火の様 に美しく儚い。 私の心はまだ、その夏を忘れられないでいる」といったニュアンスだと思います。 4章節目前半に「夢」がまた登場し、「夢=思い出」に 直して考えてみると、「思い出の陰が夜に伸びて、星屑 の空に吸い込まれていく」様子を映像化した表現になり ます。 4章節目の最後に「夢はつまり 想い出のあとさ き」と再びが出てきますので、「夢とは思い出の の中にある」と言いたいのだと思います。 5章節目は1章節目とほぼ同じで、新しい言葉が出て来 ない事から、意味もほぼ同じと考えられます。 さて、1章節から5章節の意味を総合的に見てみると、 「ふと夏の終わりを感じ、寂しさを感じた。 夏とは儚いもので、子供の 頃に描いた夢について思い出す。 そんな時代が遠い星屑 のようにキラキラ光って見える。 私はあの頃の夏の物語 を思い出している。 」といった感じでしょうか。 つまり、大人となった私が、忘れていた子供の頃の自分 を思い出して懐かしんでいるいる姿を歌った楽曲である と思うのです。 子供の頃を懐かしんで悲観的になってい る様子なのか、子供の頃に描いていた夢を思い出し、勇 気をもらっている様子なのかは、感じ方次第なのかな。 と思います。 ちなみに僕は仕事で疲れたサラリーマンが夏の終わりの 星空を見上げて、子供時代の楽しかった頃を思い出して いる様子を思い浮かべました。 子供の頃を思い出すにつ れて、あの時一生懸命に夢を追いかけてた事を思い出し、 「よーし、もう一度、あの頃みたいに楽しく全力で頑張って みてよう!」と、子供の頃の自分に勇気をもらって いる物語として僕の頭の中で映像化されています。 みなさんはいかがですか? イメージする人物が聞いている側の「私」なのか、歌っ ている井上陽水さんの自身の事を表現しいるのか。 など 、考えさせられる事はいっぱいあります。 それだけ「少年時代」とは奥が深く、すばらしい楽曲であると思います。

次の