ハイパー リーグ おすすめ ポケモン。 【ポケモンGO】フェアリー2体パーティ編成・立ち回りと対策:ハイパーリーグで初心者にもおすすめ|ポケらく

【ポケモンGO】ラグラージのハイパーリーグおすすめ技と対策ポケモン:高威力&高回転攻撃が魅力!|ポケらく

ハイパー リーグ おすすめ ポケモン

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! シンオウ地方イベントはどうだったかな? お兄さんはとりあえず色違いヒポポタスを1匹ゲット!! リオルとフカマルについては…… 聞かないでおくれ。 まあ、しばらくはコツコツと7kmタマゴを割り続けるよ! それはさておき、現在開催中のGOバトルリーグ「 ハイパーリーグ」のプレシーズンは楽しんでいるだろうか? これまで2回に渡ってオススメパーティをご紹介してきたが、今回は第3弾! とりあえず戦える態勢を整えたい人は、ぜひ参考にしてくれよな! ・まずは何体かだけでも育てよう お兄さんはハイパーリーグのプレシーズンを何回か戦ってみて、いくつか感じたことがある。 それは「 スーパーリーグより出てくるポケモンの種類が少なくね?」ということ。 スーパーリーグと比べて「うぉッ! それ!? 」と驚くようなポケモンが少ないような気がするのだ。 どういうことかと言うと、おそらくコレは「ハイパーリーグの育成まで手が回っていないトレーナーが多い」という証拠ではなかろうか? つまりは「 何体か育てればとりあえずは戦える。 あとは腕次第」となるハズ。 なので「何したらいいかわからない……(絶望)」というトレーナーもまずは目先の何体かだけを育ててみよう。 きっと、それで、大丈夫、なハズ。 スーパーリーグのプレシーズンは「260戦ほどしました~」と穏やか表情で語っていたAさんだが、いやおかしいだろ! 1日何キロ歩いてんだ!! 底なしのスタミナかよ! それはどうでもいいとして、第1回の「」第2回の「」に続き、今回もAさんにオススメパーティを教えてもらった。 ・メガニウム 「スーパーリーグでメチャメチャ強いメガニウムは、 ハイパーでもかなり強力です。 本当にメガニウムはステータスが優秀で、それはハイパーリーグになっても変わりません。 1体くさタイプを育てるなら、迷わずメガニウムをオススメします。 あとはやはり、ニョロボンやラグラージ対策ですね。 わざも回転の早さもステータスも言うことはありません。 メガニウムのベスト個体値は100%なので近い個体値がいれば迷わず育てましょう。 ステータスも優秀ですし、ギラティナの攻撃をほぼ無力化するフェアリータイプなので、対面になって負けることはありません。 むしろギラティナには余裕勝ちです。 抱え落ちのリスクは高いです。 とはいえ、その他のポケモン、例えばラグラージなどには強くないので運用には気をつけたいところ。 ピクシーもベスト個体値は100%なので、ほしのすなが少なくて済むキラを育てるといいでしょう」 ・ラグラージ 「スーパーリーグで大活躍のラグラージは、ハイパーリーグでも みずタイプのエース格として活躍できます。 じしんはレジスチルに刺さり、またギラティナにもかなりダメージを与えられます。 みずタイプを1体育てるなら、ハイドロカノンを覚えたラグラージがオススメです」 スーパーリーグと比べた場合、ハイパーリーグは ほしのすなもアメも大量にかかるため、手広くポケモンを育てるのは難しい。 とはいえ、最低限のポケモンを育てないと戦えないこともまた事実。 なので、 これまでご紹介した9体くらいは頑張って何とかしたいところだ。 というわけで、ほしのすな獲得とアメ確保にも全力を出しつつ、ハイパーリーグ用のポケモンもコツコツ育てていこう。 とりあえずお兄さんは不足してるレジスチルのアメを200個くらい集めるよ……! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

炎竜レシラム、ハイパーリーグでの運用法!強くてコスパ抜群、今のうちに厳選しとけ【ポケモンGO 秋田局】

ハイパー リーグ おすすめ ポケモン

ギラティナ アナザー ,レジスチル,ラグラージ ギラティナ アナザー レジスチル ラグラージ ゴースト ドラゴン はがね みず じめん SCP:2804 SCP:2843 SCP:2514 総評 ギラティナと レジスチルは SCPが高く相性補完が良い(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)。 ただしその二体だとハガネール・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 レジスチル,メガニウム,ギラティナ アナザー レジスチル メガニウム ギラティナ アナザー はがね くさ ゴースト ドラゴン SCP:2843 SCP:2527 SCP:2804 総評 SCPが高く技範囲が優秀な レジスチルを中心に組んだパーティ。 二体目にはレジスチルが弱い ラグラージ・ニョロボンなどへのケアとして メガニウムを採用。 メガニウムが弱いトゲキッス・フシギバナにレジスチルが強いのでこの二体は相性が良い。 ただし、この二体では 炎・格闘タイプへのケアが甘いため三体目にSCPが高くタイプが優秀な ギラティナを採用した。 オプション 相手の フリーザー・リザードンを意識する場合はギラティナのかげうちを げんしのちからにする選択肢もある。 クレセリア,レジスチル,ラグラージ クレセリア レジスチル ラグラージ エスパー はがね みず じめん SCP:3027 SCP:2843 SCP:2514 総評 SCPが高く技範囲が優秀な クレセリアを中心に組んだパーティ。 二体目にはクレセリアが弱い レジスチル・ベトベトン アローラ へのケアとして ラグラージを採用。 三体目にはここまで一貫している相手の ギラティナとフェアリー・草タイプへのケアとして レジスチルを採用した。 オプション クレセリアの技構成は環境上位のギラティナとラグラージの両方に弱点をつける構成となっているが、 フシギバナやリザードンを意識する場合はくさむすびを みらいよちにする選択肢もある。 トゲキッス,カビゴン,ラグラージ トゲキッス カビゴン ラグラージ フェアリー ひこう ノーマル みず じめん SCP:2482 SCP:2736 SCP:2514 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスとの相性補完が良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い鋼・岩・電気タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 三体目には トゲキッスと合わせてギラティナの通常技の一貫を切りつつ高いSCPでパーティ全体の耐久力をケアできる カビゴンを採用した(ギラティナのりゅうのいぶきはトゲキッス、シャドークローはカビゴンが有利に戦える)。 オプション フシギバナに強くしたい場合はカビゴンを ベトベトン アローラ にする選択肢もある。 ハガネール,フシギバナ,ニョロボン ハガネール フシギバナ ニョロボン はがね じめん くさ どく みず かくとう SCP:2725 SCP:2519 SCP:2575 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに対して圧倒的に強い ハガネールを中心に組んだパーティ。 二体目には ハガネールと相性補完の良い フシギバナを採用(ハガネールが弱い水・地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱いエスパータイプやギラティナにハガネールが強い)。 この二体だと ベトベトン アローラ ・ラプラスなどへのケアが甘いため三体目には ニョロボンを採用した。 またニョロボンが弱いエスパータイプにハガネール、フェアリータイプにフシギバナがそれぞれ強いのでこの二体との相性補完も良い形となっている。 ピクシー,リザードン,ニョロボン ピクシー リザードン ニョロボン フェアリー ほのお ひこう みず かくとう SCP:2470 SCP:2383 SCP:2575 総評 ハイパー環境でトップメタの ギラティナに強い ピクシーを中心に組んだパーティ。 二体目にはピクシーが弱い レジスチル・フシギバナに強く出られる リザードンを採用。 リザードンが苦手なギラティナにピクシーが強いのでこの二体の相性補完は良い。 三体目にはリザードンが隙を見せる 水タイプへのケアとして水ミラーで強い ニョロボンを採用した。 ニョロボンは鋼タイプにも強いのでピクシーとも相性が良い。 オプション ニョロボンが弱い クレセリアなどのエスパータイプをケアしたい場合はリザードンを バクフーンにする選択肢もある。

次の

【ポケモンGO】まろが選ぶハイパーリーグ3体パーティ(まろパ)

ハイパー リーグ おすすめ ポケモン

ラグラージの強さ 強力技&高回転力で相手を圧倒 「ラグラージ」の大きな魅力は 「マッドショット/ハイドロカノン」技構成で 高威力技を高速(短い間隔)でガンガン撃てることです。 「ラグラージ」自体のステータス(種族値)では耐久力は高くありませんが、 『やられる前にやる』戦法で多くのポケモンに対して互角以上のバトルができます。 弱点は「くさ」タイプのみ 「ラグラージ」の弱点は 2重弱点となる 「くさ」タイプのみです。 ハイパーリーグではそれほど強い「くさ」タイプ・技持ちのポケモンが選出されないことも「ラグラージ」が活躍できる追い風になっています。 「くさ」タイプの攻撃に気を付ければスペシャルアタックの一撃で倒されることもないため、 相手からのダメージが蓄積される前に強力な攻撃でガンガン相手のHPを削ることができます! レジスチルに有利だが相手の高威力技に注意 「ラグラージ」は レジスチルに対しタイプ一致強力技「ラスターカノン」にタイプ耐性があり、こちらの強力なハイドロカノンは等倍で入るため 有利にバトルができます。 ハイパーリーグ環境トップのポケモンに有利なのは非常に魅力的ですね! ただし「ラグラージ」は耐久力が少し低めなため 強力技を受けたり、相手のノーマルアタックが高威力だとダメージがすぐ蓄積されていきます。 「ラグラージ」を活躍させたい場合は 相手の技を把握してシールド・交代を上手く使ってバトルしていきたいところです。 おすすめ最適技 ノーマルアタックはマッドショット一択 ノーマルアタック(通常技)は威力が低いですが スペシャルアタック(ゲージ技)のゲージ増加が速い 「マッドショット」がおすすめです。 素早くゲージをためてガンガンスペシャルアタックを撃っていきましょう。 ハイドロカノンが超強力 全スペシャルアタック随一のダメージ効率(DPS:時間当たりのダメージ量)の高さを誇る 「ハイドロカノン」が超強力です。 この「ハイドロカノン」を主な攻撃技として攻めていきます。 汎用型の「じしん」/フェアリー対策の「ヘドロウェーブ」 開放して覚えさるスペシャルアタックは タイプ一致の強力な 「じしん」がおすすめです。 レジスチルなど「はがね」タイプポケモンに効果抜群です。 また 「じしん」は「ハイドロカノン」でダメージを与えにくいドラゴンタイプに等倍で入るため、 苦手とする「ギラティナ」への有効打にもなります。 攻撃範囲は少し狭くなりますが、 「ヘドロウェーブ」を覚えさせてトゲキッスやピクシー「フェアリー」タイプに対抗する戦い方もあります。 流行りのポケモンやパーティ構成によって変更するのもアリです。 「ギラティナ」や「ギャラドス」がこの分類です。 くさ技で攻める 「ラグラージ」の 2重弱点となる 「くさ」タイプ技で攻撃することができれば相手に大ダメージを与えることができます。 「くさ」タイプポケモンでは 耐久・耐性面を考えると 「メガニウム」が最適です。 「フシギバナ」でも活躍できます。 ただし 「くさ」ポケモンはハイパーリーグ環境トップのレジスチル・ギラティナに不利なため選出しにくい状況があります。 技開放や強化のコストが高くなりますが、 「クレセリア」に特別限定技の「くさむすび」を覚えさせることでかなり有利な対面となります。 「フェアリー」タイプで押し切る 「フェアリー」タイプポケモン・技は「ラグラージ」の弱点となりませんが、 「フェアリー」側も弱点を突かれることはないため 高威力の「あまえる」連打が有効です。 「トゲキッス」または「ピクシー」がおすすめです。 「フェアリー」タイプは現在のハイパーリーグ環境に刺さるので1体は育成しておきたいです! GOバトルリーグ情報.

次の