ビーチ バレー 松山 大会。 「ATHLETE TEAM」フォトギャラリー 黒川選手

愛媛県ビーチバレーボール連盟 スケジュール・申し込み

ビーチ バレー 松山 大会

天気は晴れで暑かったです。 会場は、ビール、かき氷、から揚げなどの屋台が多数出店していました。 生観戦は初めてでしたが、予想以上に大盛り上がりでした。 こんな田舎にそんないい選手は来ないと思っていましたが、先日のアジア大会で銀メダルを取った選手や、オリンピック選手など世界レベルの選手が参加していて、レベルの高い大会でした。 熱戦の様子 女子決勝 愛媛朝日テレビが生放送しました。 男子決勝 アタックしたボールが跳ねて、会場の外まで吹っ飛んでいました。 そのたびにどよめきが これは生観戦しないと味わえない、迫力だと思います。 すぐ目の前で、プレーを見られ、興奮しました。 追記 試合の後、メダリストの方などと写真を撮らせてもらったり、握手やサインにも選手の方が笑顔で応じられていました。 選手が身近に感じられる大会でした。 世界で活躍する選手は、コートの外でも子供たちの見本になっていました。 今日出場した選手の中から、東京オリンピックのメダルを期待してしまいます。 一日楽しませてもらいました。 このような大きな大会を、今後も、松山で開催してほしいです。

次の

西堀健実

ビーチ バレー 松山 大会

歴史 [ ] ビーチバレーははじめ、アメリカ、のビーチレジャーとして始まったのが発祥とされる。 その後、に伝えられ、にはのビーチにおけるレクリエーションとして親しまれた。 草創期には6人制で行なわれていたが、にはダブルスで競技した記録が残っている。 のアメリカではやとしたショーの一部としてビーチバレーがの注目を集めた。 、カリフォルニア州で第1回・オープンが開催された。 この時期にでもプロ・トーナメントが開催されている。 競技団体の整備はに進み、にはアメリカでプロ選手らが自ら運営する団体、 AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足した。 、(FIVB)公認の初の国際トーナメント大会が、の・ビーチで開催され、これが第1回の世界選手権大会とされている。 さらにFIVBは、世界各地を転戦する国際サーキットを開始した。 開催期間中には、ので5大陸から100人以上の選手が参加し、が行なわれた。 これらの盛り上がりを受けて、ではの正式種目となった。 アメリカ、ブラジル、の3か国が強豪国として知られる。 著名なビーチバレー選手には室内のバレーボールから転向したプレーヤーが多い。 アメリカの、、らの活躍はアメリカ国内のみならず国際的なビーチバレー人気を高める原動力となった。 ブラジルからもやらのスター選手が登場した。 女子選手ではやらがおもな選手として挙げられる。 日本における概要 [ ] 2006年のマーメイドカップ 日本ではらが先駆となり、、・で第1回が開催されたのをきっかけに、ビーチバレーが広く認知されるようになった。 には、がを発足させている。 当初は室内の選手がシーズンオフとなる夏場に調整を兼ねて競技に参加していた(川合も当時は富士フイルムの選手だった)が、次第にビーチ専門の選手も増加の一途を辿っている。 オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは・組が5位、では高橋有紀子・組が4位に入賞している。 2002年、とは日本初のビーチバレーのプロチーム、を設立した。 2004年にビーチバレーに転向したは、モデルなどの活動を通してこれまでビーチバレーに関心の低かった層からも大きな注目を集めている。 近年は、室内とビーチの相互交流によって一体的に強化を図るのが世界の流れとなっており、ビーチから室内に替わってオリンピックのメダルを獲得した事例も出てきている。 日本でも近年、先述の川合がそうした海外の状況を踏まえて室内選手の獲得に動いているものの、固定観念に縛られ、戦力低下を恐れる室内側が強硬に反対しており、現時点ではのように室内代表を外れた選手などが自主的に転向するにとどまっており、世界的に見ても格段に後れを取っている。 2013年に初めて強化指定選手を公募。 男子17名・女子21名の応募があり、最終選考会には男子8名・女子5名が残り、フィジカルテスト(11月15・16日)、スキルテスト(17日)を行った。 同月下旬に男女各2名という予定通り 、・、・に決定した。 競技概要 [ ] 1チーム2名の選手で対戦、室内のバレーボールのようなポジションは定められていない。 ボールへの接触は3回まで(ブロックも含める)、この回数以内で相手コートにボールを返し、相手がボールを戻せなければ得点となるをとる。 1セットごとに2点をリードして21点先取(3セット目は15点先取)する3セットマッチで、2セット先取した方のチームがその試合の勝者となる。 第1・第2セットは、両チームの合計点が7の倍数になるごとに、第3セットは5の倍数ごとにコートチェンジを行なう。 また、各セット間は1分、各セット中に、各チームは30秒間のタイムアウトを1回とれる。 両チームの合計点が21点に達した時は、自動的に30秒間のテクニカル・タイムアウトとなる。 競技中は相手チームに見えないように腰の後ろで両手の指を使ったサインを送り、チームメイト同士でコンタクトをとる。 トーナメントはを採る場合が多い。 競技用具・服装 [ ] 「」も参照 競技のは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツやを着用する。 をかぶってもよい。 やは任意である。 チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければならない。 靴は履かず、で競技する。 競技中はけがのおそれのあるものは身につけてはならない。 は選手自身の責任において着用が認められる。 としている。 ユニフォームは、としてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしている。 では競技として、下記のスタイル規定をした。 タンクトップとショートパンツのセパレート型のユニフォームを着用する。 タンクトップは体にぴったりと密着したものとする。 ショートパンツはぶかぶかのものは禁止。 ショートパンツの裾は膝上15cm以上とする。 タンクトップは明るく鮮やかな色とする。 ショートパンツは暗い色でも可。 タンクトップとのセパレート型、もしくはワンピース型(上半身、下半身一体型)のユニフォームを着用する。 タンクトップは体にぴったりと密着したもので、袖ぐりは背中に深く、また胸の上部と腹部は大きくカットされたものとする。 ブリーフはぴったりとしたもので、裾は左右が上向きにカットされ、サイドは7cm以下とする。 ワンピース型もぴったりと体に密着するもので、背中と胸の上部は開いたものとする。 トップ、ブリーフ、ワンピース型は明るく鮮やかな色とする。 では、袖付きの上衣とショートパンツでのプレーも許可されることになった。 女子はが主流となっている。 しかし、従来も悪天候時の対応など、あくまでビキニ着用は強制でなかったことを示唆するFIVBによる発表もあった。 競技設備 [ ] 競技場の表面は、選手が怪我をするおそれのあるもの(石、貝殻など)が混じっていない、きれいで均一な砂でなくてはならない。 五輪競技においては、さらに細かい指定(「選手の体にくっつかない」など)があるという。 43m、女子2. 24mの高さのネットを張る。 フリーゾーンはエンドラインから5~6m必要となる。 夜間には照明をつけて競技する。 日本国内にもをはじめ、ビーチバレー用コートを備えたビーチが増えている。 ルールと戦術 [ ] バレーボールとは異なるルールがある。 (掌を開いた状態での)指の腹を使用したは禁止されている。 チョップ(揃えて伸ばした状態の指先で打つコブラショット)、グーの状態()や指を曲げた状態(ポーキーショット)、手の甲を使ってのフェイントは認められている。 オーバーハンドパスで相手コートにボールを返す際は、肩の線に直角方向以外は反則となる。 (風などでボールが流された場合は許される)。 サービスは、試合前に申し出た順序に従う。 サービスを打ったチームが得点したときは、同じ選手が続けて打つ。 相手にサービスが移り、サービス権を取り返したときは打つ選手を交代する。 ドリブルの基準が厳しく、サービスや強打でないボールをオーバーハンドでレシーブする場合は、ダブルコンタクト(ドリブル)の反則を取られやすい。 ブロックのワンタッチは、ワンタッチしたチームのプレー1回として数える。 バレーボールにおけるクロス打ちを「カット」、ストレート打ちを「ライン」と、それぞれ呼ぶ。 主な競技会 [ ]• アジアサーキット• 情報 [ ] が発行する「」にてビーチバレーコーナーが設けられている。 専門誌としてはかつて「バレーボールマガジン」の増刊号的扱いで「ビーチバレーマガジン」が年2回発行されていたが、2008年を以って休刊。 2009年には新たな専門誌「」が創刊され、年4回発行される。 同年にはビーチスポーツ全体を扱う「ビーチマガジン」も創刊されている。 ビーチバレーの登場する作品 [ ]• (漫画)• (漫画)• (漫画)• (漫画)• (ケータイゲーム)• V'BALL U. CHAMPIONSHP(開発の)• 『』(のテレビゲーム)• 『DEAD OR ALIVE XTREME 2』(同上)• 『DEAD OR ALIVE Paradise』(コーエーテクモゲームスのテレビゲーム)• ビーチバレー刑事• (映画)• 真夏の地球(映画)• 本気萌え グラドルビーチバレー(イメージDVD) 脚注 [ ] [] 注 [ ]• 英語名は「ビーチバレーボール」であるが、日本では「ビーチバレー」が正式名称となっている cf. 山岸紀郎「ビーチバレー」『日本大百科全書』小学館、JapanKnowledge. ビーチバレーの発祥についてはやはサンタモニカ説を採用している( cf. International Olympic Committee, ""およびFIVB, "")。 これに対し、それより前の1915年に、のアウトリガーカヌークラブ()でビーチバレーが誕生した、という指摘もある( cf. これによると、同クラブに所属していたがビーチバレーの西海岸での発展にも寄与したとされている。 団体名に含まれる競技名がBeach VolleyballではなくVolleyballとなっているが、これはアメリカ西海岸では「バレーボール」という語がもっぱら「ビーチバレー」を指すことからこのような命名となっている。 には・組が出場、予選リーグ敗退の17位であった。 なお、男子選手はアトランタ大会に・組が出場したのみで結果は17位である。 出典 [ ]• FIVB公式ウェブサイトより(Beach Volleyball was played as a demonstration sport in Olympic Games were held in Barcelona. も参照。 大修館書店編集部「ビーチバレーボール」『最新スポーツルール百科2007』、大修館書店、2007年、p. 342. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ビーチバレーに関連する および があります。 - (英語)• - 一般社団法人 (日本語)• - 日本バレーボール協会.

次の

ビーチバレー Japanツアー 松山大会

ビーチ バレー 松山 大会

本学は昨年この大会で悲願の初優勝 村上礼華・坪内紫苑 、3位 武田ひかり・ 大本真代 という成績を挙げ、2連覇目指して挑みました。 参加2ペアは順調に予選を1位通過、トーナメントも勝ち抜きベスト4まで進みました。 準決勝では、坪内紫苑・松尾優美が日本体育大学 藪見・西 ペアに敗戦、続く3位決定戦で産業能率大 奥野・山田 ペアに敗戦し、第4位となった。 一方、武田ひかり・大本真代は、準決勝で奥野・山田ペアを2-1の激戦を制し、勢いを持続し、高校時には日本一に輝いた実績を持つ藪見・西ペアを2-0のストレートで破り昨年の3位から優勝🏆という頂点にたった。 松山東雲女子大にとっては2連覇、次年度シード権2を獲得した。 現地には、野村から車でひかりの両親、京都からは紫苑の両親が応援📣にきていただき選手の力になった。 さらに、ライブ放送されたことで松山では多くのビーチバレー仲間や友人が熱い声援を送ってくれました。 松山空港では、真代の両親がお手製のうちわを作り出迎えていただきました。 7に愛媛県武道館で開催されました四国大学総合体育大会バレーボール競技において、優勝しました。 四国3冠を目標設定していますのでこれで2冠達成です。 この大会は、昨年豪雨のため大会が中止され一昨年が準優勝でしたのでやっと優勝することができました。 会場には、地元ということで沢山の教職員、学生、OB、保護者が応援にかけつけていただいて応援が力になりました。 25-16. 25-14)0 決勝 VS四国大学 3(25-21. 25-14.

次の