水いぼ 子ども。 プールでの感染に注意!水いぼの特徴とは

日本小児皮膚科学会

水いぼ 子ども

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 小さな子供や赤ちゃんがなりやすい「水いぼ」。 発症しても日常生活に支障はありませんが、人にうつしてしまう恐れがあることや、自然に治るまでに時間がかかることから、なるべく早めに治療を始めた方がいいとされています。 そこで今回は、子供や赤ちゃんが水いぼを発症したときのために、水いぼの治療にはどのような薬が使われるのか、リンデロンという薬を使っていいのか、市販の薬では何が効くのかをご説明します。 水いぼってどんな病気なの? 水いぼとは、別名「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」といい、伝染性軟属腫ウイルスに感染して発症する「いぼ」のことです。 水いぼは直径2〜5mm程度の大きさで、水っぽい光沢があり、真ん中が少しくぼんでいるのが特徴です。 また、水いぼは人から人へと感染します。 関連記事 水いぼはどんな薬がある?市販薬も? 水いぼの治療には以下で紹介する薬が使われることがあります。 ただし、水いぼの治療方法は他にもいくつかあり、医師の間でもどの治療法を選択するべきか意見がわかれています。 主成分のイミキモドが水いぼの原因となる伝染性軟属腫ウイルスの増殖を抑えるため、効果があるとされています。 ただし、本来は尖圭コンジローマや日光角化症の治療のために使う薬です。 現在は肌荒れやニキビ用のサプリメントとして市販されています。 ヨクイニンを飲み始めるときは、事前に医師に相談しましょう。 具体的には、水いぼをかき破った後や取り除いた後に綿棒などで塗ります。 イソジンの水いぼに対する効き目については不確かなことが多いため、治療に使用する際は医師に相談してください。 関連記事 水いぼの薬以外の治療法は? 水いぼの治療では、薬を使わず、次のような治療が行われる場合があります。 ピンセットでつまみ取る 水いぼの数が少ないうちに行うのであれば、数ある治療法の中でももっとも効果的とされています。 先端が輪になっている専用のピンセットで水いぼをつまみ、中身を取り除きます。 10個以内であれば子供も痛みに耐えられますが、それ以上になると嫌がって泣き出すことが多いとされています。 液体窒素で凍らせる ピンセットでつまみ取るのと同じく、確実に効果のある治療法ですが、痛みを伴います。 自然治癒するのを待つ 医師に診てもらった結果、とくに治療はせず、自然に治癒するのを待つことになる場合もあります。 この方法は、完治するのを待っている間に水いぼの数が増えてしまったり、他の子供に水いぼをうつしてしまう恐れがあります。

次の

子どもの夏の皮膚病「あせも・とびび・水いぼ」は悪化に要注意!症状・治療法・ケア方法まとめ

水いぼ 子ども

夏になると流行する水いぼ。 特に幼児から学童によく発症する皮膚の病気です。 子どもに水いぼができるとあわてますよね。 一般的に多く知られている治療法は、 ピンセットで引きちぎるやり方、硝酸銀で焼く治療法などがあります。 しかし、読者の中にはそれに疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 今回は薬などの対症療法だけに頼らない、 家庭でもできる、水いぼの本当の治し方について考えてみましょう。 水いぼとは? 水いぼは「伝染性軟属腫ウイルス」というウイルスに感染することで起こります。 主な感染経路は接触感染。 水いぼが何らかの刺激によって破れ、 そこから飛び出したウイルスが皮膚に触れることで起こります。 水いぼ自体は痛くもかゆくもなく、体にも無害です。 水いぼから飛び出したウイルスに触れた場合のみうつりますが、 それ以外の接触ではうつりませんし、同じプールに入ってもうつりません。 どんなに増えても何もせずに放っておけば免疫力で自然に治るもので、 痕が残るものでもありません。 一般的な治療法 筆者の子どもに水いぼができたとき、とりあえず一度皮膚科へ行ってみました。 皮膚科ではピンセットで引きちぎるやり方、硝酸銀で焼く治療法などが一般的です。 私が行った皮膚科でもそれらのやり方をすすめられました。 硝酸銀という薬品を塗る方法もあります。 水いぼのひとつひとつに硝酸銀ペーストを付け、炎症反応を起こして治すやり方です。 しかし硝酸銀が周りの肌に付着するとその部分が黒く変色したり、 ただれる場合があります。 一時的な対処方法は、根本的な解決ではない 私たちのひとつ前の順番の子どもがピンセットでの治療を受けていましたが、 悲痛に泣き叫ぶ声があまりにも痛々しく、 私は思わず「少し考えさせてください・・・」と医師に申し出ました。 自分も幼いころに経験があるのでわかりますが、この方法はあまりにも痛いのです。 麻酔テープを使えば少し痛みが和らぎますが、 それでも1度には取りきれないので数回行うことになります。 そして、ピンセットも硝酸銀も 一時的な対処法でしかありません。 これをするからといって二度と水いぼにかからない、というわけではないのです。 せっかく水いぼを取ってもウイルスが残る場合があり、ぶり返します。 結局、何度も痛い思いをし、強い薬を使い、 治癒するまでに何週間もかかってしまうことになるのです。 もちろん、これは、これ以上水いぼが広がらないようにするには、 短期的に有効な対処方法でしょう。 なぜならこれらを放っておいて自然治癒を待つ方法は、 完治するのに半年から1年もかかるからです。 本当の原因は何? 「水いぼになってしまうのは仕方がない」と思う親御さんもいるかもしれませんし、 一般的にはそう捉えられているでしょう。 筆者の子どもは比較的肌が弱く、夏に虫に刺されればそこからすぐにとびひが広がる、 常に乾燥していてせっけんやボディソープなどを使うと、 あかぎれのような傷が広がる、など皮膚のトラブルが絶えませんでした。 水いぼができたときも、 一時的に対処したとしても根本的に治療しない限りはまた再発するんだろうなと感じていました。 「根本的に解決したい」そう思った私は漢方の専門家に尋ねてみました。 すると、「その水いぼ、どこに出来ていますか?」と聞かれたのです。 患者さまの自覚症状を重視し、病気を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえるのが目的。 人が本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高めることに重点をおいています。 東洋医学では 体内の世界は別々に独立して存在するものではなく、 影響しあっていると考えられています。 どこかが悪くなればどこかにその原因があるということです。 また、「経路」という考え方があります。 これは内臓、筋肉、皮膚など体のすべてを連絡し機能させ、 気と血を全身に運び生命活動をつかさどっているもので、目には見えません。 たとえば体の表面に現れた症状がある場合、 それと関係している部位に異常があるのではないかと推測します。 そこで以下のようなアドバイスをもらいました。 東洋医学から考える、部位別、水いぼの原因 1「首に関係する部位の不調?」 わがの子の場合、水いぼができたのは首でした。 首に4本の経路が通っています。 内臓と関係があり、とても重要な経路です。 首の表面に症状が出たということは呼吸器系、 胃腸、目などに何か不調があるのではないか、ということでした。 ただ、首にはその他にもさまざまな経路が通っているため、 原因を特定することができませんでした。 2「免疫力の低下?」 水いぼは感染により起こるものだから免疫力が弱まっているのが原因かもしれません。 「免疫」とは外からやってきた細菌やウイルスなどに対抗する体の仕組みです。 この仕組みを持っている細胞を免疫細胞と呼びます。 細菌やウイルスから体を守ってくれる役割をするのが免疫細胞です。 この免疫細胞が弱くなっているのではないか、ということです。 3「肺と関係がある?」 皮膚の問題は漢方では肺の問題でもあります。 だから肺に何か問題があるのかもしれません。 4「胃腸の問題?」 皮膚の問題は「気」から来るものでもあります。 東洋医学では気血水理論というものがあり、 人間の体を構成する3つの要素「気」「血」「水」のバランスから病気を診断するものです。 「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」は全身を駆け巡るエネルギーを指します。 気は目に見えないのでわかりにくいですが、 人間の体を常に出入りし、体と心の状態を左右するとても重要なものです。 また、気は胃腸と関係しています。 そのため下痢をしやすいなど胃腸が弱いことが原因である可能性もあります。 わが子に当てはまったのは呼吸器と胃腸の問題でした この中でわが子に当てはまっていたのは呼吸器系、そして胃腸の不調。 もともと喘息を持っていて、下痢もしやすかったのです。 いろいろな要素が関係して発症しているとも考えられるので、 一概にそれだけが原因だとも言い切れません。 しかし、「首に水いぼができた」というたったひとつの情報からこれだけの可能性があることがわかり、 目からうろこが落ちたような気持ちでした。 結局、ピンセットや薬品を使う治療法は選択せず、 今まで以上に呼吸器や胃腸のケアをしながら水いぼは放置。 半年くらいできれいになくなりました。 それ以来、夏がきても子どもの肌に水いぼができることはなくなりました。 また、毎年できていたとびひやあせもも年々軽くなっています。 水いぼの一番いい治療法は? このことを通して私が感じたのは表面的なことではない、 「根本的な原因を見つけるのが一番早い解決方法」ということでした。 目に見えるものだけを考えているとすぐに効果が実感できるものに飛びついてしまいがち。 もちろんあまりにも皮膚の状態がひどい場合はそうしなければならない場合もあるでしょう。 しかしそれはあくまで応急処置と考えてください。 根本の原因と解決策を探るのが一番の早道、 そして今後も長く健康な体を保っていくための秘訣なのです。 最後に 私の場合、その原因について相談したのは漢方の専門家でした。 東洋医学の考え方では体のそれぞれの部位は独立して存在しいるのではなく、 影響しあっているとされています。 どこか悪いところがあれば別のところに原因がある可能性がある、と考えられているのです。 信頼できる漢方薬局などが近くにあるなら頼ってみるとよいでしょう。 しかし、すぐに相談できる人がいない、という人はお子さんの状態をよく見てあげてください。 普段から調子を崩しやすい体の部分はどこなのか 特別に体や心の変化があった前後には何かなかったか 生活のリズムはどのようなのか これらのことを普段から知り、できれば記録しておきましょう。 原因を知り、体の中から解決するために必要です。 また、本格的に漢方を取り入れてみたいと思った場合にも役立ちますよ。 IN YOUMarketで体を整える、子供でも食べられるオーガニックグッズを買ってみよう.

次の

プールでの感染に注意!水いぼの特徴とは

水いぼ 子ども

気付くと少しずつ増えていた『いぼ』 最初は体の脇腹あたりにぽつっと出来ていた『いぼ』 というか、最初はいぼなのか何なのかもわかりませんでした。 色は肌色で、中央が少し白っぽくなっているもの。 かゆみもないようでした。 そして数か月してふと気づくと腕にも小さないぼが2個できでいました。 調べてみると『いぼ』っぽい…。 自分でつぶすととびひになることもあるとのことで 皮膚科を受診しました。 水いぼって何?特徴は? ネットで水いぼを調べてみても 「中央がくぼんでいる」などとありましたが…素人では良くわかりませんでした。 受診の結果…「水いぼですね」 と即答。 特徴として教えてもらったのは、 ・光を当てたときにキラッとする ・中に白いものがある ・1~5ミリのいぼ ・プールなどの時期は水いぼが出来やすい という事でした。 水いぼ自体は、ウイルスが原因で出来るもので 放っておくと治るようですが、掻いてとびひになって数が増える可能性もあるようで 数が少ないうちにとっておいたほうが良いという事でした。 水いぼが出来やすい場所 一般的に、 お腹など皮膚の薄いところ、こすれやすい箇所に出来やすいようです。 うちの子の場合は、脇腹あたりに2ミリくらいのいぼが1個、ひじの内側に1ミリのものが2個、その周りに小さな出来始めのいぼが5個くらい よく見ないとわからないくらい 出来ていました。 腕は見つけやすいですが、お腹や脇腹は注意してみないとわからないのでたまに見てあげてください。 治療方法は…ピンセットで取る! 私はてっきり液体窒素で取るものだと思っていたのですが… ピンセットで取る 摘除 が一般的なようです。 まず、麻酔のテープ剤 シールのようなもの を貼り、30分~40分程度待ちます。 麻酔が効いてからピンセットで1つずつ取りました。 普通のピンセットではなく、 先端が丸になっている専用のピンセット ? で取りました。 麻酔テープを貼ったので、痛くないのかと思ったのですが 子どもにとって超絶痛かったようで…大泣き…暴れていました。 看護師さんが押さえてくれたのですが、見ていてかわいそうでした。 治療が終わったら、ガーゼを貼って終了でした。 治療当日の注意点 ・治療当日はシャワー浴のみ ・ガーゼは止血のためなので、止血後は剥がして良い と看護師さんに説明を受けました。 ただ、本人は痛がるため、お風呂の後は絆創膏を貼りました。 傷口に塗る薬もなく、再診もなく…想像よりあっさりとした治療でした。 プールは入っていいの? 治療の翌々日から保育園でプールが始まる予定だったので、 先生にプールについて確認しましたが、 プールは入ってもいいという事でした。 プールの水でうつることはないようです。 ただ、 タオルの使いまわしや皮膚の接触は水いぼが出来ているときは避けたほうが良いようです。 もちろん保育園や学校も行っても大丈夫です。 ただ、 水いぼが出来ているときは絆創膏などを貼るなど配慮が必要かと思います。 もし他の子にうつしてしまうといけないので…。 最後に 水いぼの治療は、想像していたよりあっという間の治療でした。 何度も通院したり、薬をもらって…ということはありませんでした。 水いぼは出来始めたら、出来るだけすぐ受診したほうが治療が簡単に終わります。 たくさんのいぼが出来ると何より子供が可愛そうです…。 少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

次の