在職 老齢 年金 制度。 「在職老齢年金」制度の見直しについて

在職老齢年金とは?支給停止される判定基準の改正と生活への影響

在職 老齢 年金 制度

早ければ2021年にも廃止されるとの見方が有力だ。 現在、60~64歳までは月給と年金の合計収入が28万円、65歳以上は47万円を超えると働き続ける限り年金がカット(支給停止)される。 この在職老齢年金の仕組みによって、年金を減らされている人は約124万人にのぼり、毎年約1. 1兆円もの年金が支給停止されている。 早ければ2021年に廃止となるとの見方が有力だ。 在老廃止の影響は世代によって違いがある。 図を見ていただきたい。 男性の場合、最も恩恵を受けるのが年金受給を控えた現在59歳から62歳までの世代だ。 そのため、現行制度のままであれば、特別支給の年金を全額受け取るためには、短時間勤務などで月給を低く抑える必要がある。 しかし、2021年までに在老が廃止されれば、どれだけ稼いでも特別支給の年金を減額されなくなる。 フルタイムで働き、給料と年金を全額受け取ることでこれまでとは段違いに「老後資金」を増やすチャンスが広がる。

次の

年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました|厚生労働省

在職 老齢 年金 制度

在職老齢年金とは? 年金をもらいながらの働き方について、週刊誌などに特集が組まれています。 「 在職老齢年金」とはどんな制度か確認してみましょう。 在職老齢年金とは、 60歳以降に厚生年金に加入して働きながら受ける老齢年金のことです。 在職していて給与と調整が行われるのは、老齢厚生年金のみです。 給料と調整され減額されるのは「 特別支給の老齢厚生年金」なので、「繰上げした老齢基礎年金」は、60歳から64歳までそのまま受けられます。 ただし、 国民年金期間の長く婚姻期間の長い妻がいる男性の場合、老齢基礎年金を繰り上げすると、この男性亡き後、妻が「寡婦年金」をもらえなくなるので要注意です。 また、 「老齢基礎年金の繰上げ」をすると、厚生年金に加入して働いていても障害厚生年金を請求できなくなってしまいます。 働きながら老齢年金を繰り下げたら? 働いている場合、お給料をもらっているので、「 年金繰り下げ」も考えることでしょう。 老齢年金を66歳以降に受ける代わりに年金を割り増しして受け取ることを「繰り下げ」といいます。 老齢厚生年金を65歳で受け取り、老齢基礎年金を66歳以降に受け取る等(逆も可能)、別に繰り下げられます。 繰下げ受給の請求をした時点(66歳から1ヶ月ごとに選べる)に応じて、 年金額が1月につき0. 例えば、老齢厚生年金を65歳から80万円、老齢基礎年金を70万円もらう人が、老齢厚生年金を66歳0ヶ月で繰り下げして受けた場合 86万7,200円に増額します。 併せて老齢基礎年金を1年繰り下げると 75万8,800円です。 そういう人が老齢基礎年金だけを66歳まで繰り下げると、 8. 投資信託の運用利率より高い可能性もあります。 「じゃあ、給料で止まっているけど老齢厚生年金も繰り下げして年金を増やしちゃおう!」と考えたとします。 ところがそう甘くありません。 ところが 「もらっていない老齢厚生年金部分」は繰り下げで増額させることはできないのです。 配偶者のいる人は、老齢年金繰り下げで損をする場合もあり 配偶者のいる人で家族手当ともいうべき 「加給年金」や「振替加算」を65歳からもらう要件を満たした人は、「年金繰り下げ」すると損をする可能性があります。 66歳で老齢厚生年金を繰り下げした場合、 1年間で39万100円の加給年金を受けることができなくなります。 66歳で老齢基礎年金を繰り下げすると、振替加算も66歳までの間受けられません。 老齢年金繰り下げをできない場合 遺族年金や障害年金など老齢年金以外の年金をもらっている(権利がある)場合は、 老齢年金を66歳以降に繰り下げることはできません。 厚生年金に加入して働きながら、お得に老齢年金をもらうには? 今までのお話と併せて、厚生年金に加入して働きながら、お得に老齢年金をもらうには、どうするかまとめてみました。 60歳から64歳までは、雇用保険に入って働き続け、高年齢雇用継続給付金を受ける。 65歳過ぎて働き続ける場合でも、可能なら厚生年金に入らない働き方にする。 65歳までそのまま労働時間を変えずに働いた場合、厚生年金に加入し続け、保険料を支払います。 65歳を契機に労働時間を30時間未満に減らし、厚生年金から外れると給与が高くても年金を全額受け取れます。 65歳過ぎに厚生年金に入り続けるなら、年金月額と給与が47万円を超えないように調整する。 いろいろな事情で週30時間以上働くこともあるでしょう。 厚生年金に加入し続けるなら、給与を調整すれば、老齢年金を全額受け取れます。 65歳の前々日以前(65歳に達する前)に退職すると失業等給付を多くもらえます。 可能なら、 65歳になる前々日以前(64歳)の給与締切日に雇用契約終了にすれば、65歳以降に退職するより失業等給付は多くもらえます。 余命いくばくもなければ、年金は早めにもらいましょう 在職老齢年金は、厚生年金保険料を長く支払いその分、退職後に増えた老齢年金を受けるので「 長生きするほど得」です。 自分が短命だと思う人は、無理をせず、労働時間を短めにし、厚生年金には入らず、必要に応じて老齢年金を繰り上げ、早めに老齢年金をもらえるような働き方をした方が得です。 (執筆者:社会保険労務士 拝野 洋子).

次の

在職老齢年金制度の改正で60歳以降働いても年金は減額されないようになる?|@DIME アットダイム

在職 老齢 年金 制度

みなさんこんにちは 安井宏 定年退職 FPです 最近ニュースなどで 在職老齢年金の廃止が話題になっています。 別名「年金カット制度」とも言われ、高齢者が働く意欲をなくしてしまう悪い制度だと思っていますが、いよいよ政府も廃止に動きはじめました。 具体的には私たち定年退職世代にとって、どんな得や損があるのか解説します。 結論を先に言えば、ちょっと損をするかもしれないが「 働き損にはならないので、働き続けるのが吉」 また、まもなく制度廃止になりそうなので「うまく間に合えば大変オトク」です。 在職老齢年金とは 名前に似合わず年金カットの制度 在職老齢年金という名前を聞いて、想像するのは仕事をしながらも、更に年金がもらえるいい制度のように思います。 しかしながら実際のところは反対で、60歳以降も厚生年金に加入して働きながら年金をもらうと、 本来もらえる年金が一部カットされてしまうという、名前とは反対のむしろ損をする制度です。 現役世代とのバランスから、一定の賃金を有する高齢者については給付を制限すべきというのがこの制度の理由です。 これは、厚生年金の制度の一部なので、厚生年金に加入して働く場合だけ問題になります。 国民年金に含まれる老齢基礎年金は無関係です。 65歳前後で取扱が変わる 給与と厚生年金の月額の合計が一定金額を超えたら、超過分の厚生年金が一部カットされるのですが、年齢により基準が変わります。 65歳より若い人たちが年金をもらいながら働き、厚生年金の額と総報酬月額相当額の合計が 28万円を超えると、金額に応じて在職老齢年金の減額などの調整が開始されます。 65歳以上の場合は、厚生年金の額と総報酬月額相当額の合計額が 47万円を超えると、金額に応じて在職老齢年金の減額などの調整が開始されます。 65歳以上ではボーダーが47万円なので、厚生年金をカットをされるのは、かなりの高所得の人、あるいは年金の非常に多い人だけとなります。 自分の場合を詳しく計算したい場合には、に詳しい計算方法が紹介されています。 将来はなくなる期限限定制度 現在、年金制度は過渡期で、将来的には65歳から年金支給されるのが原則になります。 しかしながらかつて60歳であった年金支給開始年齢を徐々に徐々に引き上げて65歳に持っていくため、経過措置として厚生年金の一部を受け取れる制度が設けられています。 例えば、昭和32年4月2日から昭和34年4月1日までに生まれた男性と、昭和37年4月2日から昭和39年4月1日までに生まれた女性は、63歳から厚生年金の一部 報酬比例部分 を特別支給という名前で受け取れます。 しかしながら、これは将来的に徐々に引き上げられるため、やがて特別支給の年金をもらう人がいなくなり、この在職老齢年金制度もなくなってしまいます。 働く意欲を削ぐ在職老齢年金 在職老齢年金の支給停止 在職中に受ける老齢厚生年金(在職老齢年金)については、年金をもらいながら働く人から年金を減らすのは当然だという考えがあります。 一方で、現在のように働き手がない社会環境の中で、あるいは政府が70歳まで働くのは当然だという雰囲気を作ろうとしてる中で、働けば本来もらえる年金がカットされるというのは 働く意欲を減退させるというのは当然です。 これについてはいくつかの研究をされていますが、その学術的な研究の成果でも少なくとも65歳以下の人で年金カットされるというのは、働く意欲を減退させているということがでも紹介されています。 年金カットでも働き続ければ報われる それでは在職老齢年金があるので、カットされる手前で仕事を辞めるのが正解かというと必ずしもそうではありません。 確かに年金のカットはありますが、 トータルの金額で言えば働けば働くほど収入が増えます。 また厚生年金に入りながら働くということは、将来の年金受給額が増えるということにもなりますので、体が元気であれば長く働く方が有利です。 ちょっと損をしたような気分にはなりますが、短気を起こさず働き続けましょう。 定年前後世代は動向に注目 現在定年退職の前後の世代は、自分の老後生活を支える年金制度の動きに、ぜひ注目していただきたいと思います。 年金カットされない働き方に注意 在職老齢年金は厚生年金の制度なので、定年退職をした後、定年延長や再雇用、嘱託などの厚生年金に加入する雇用形態で働くと年金カットの対象になります。 一方で会社から業務請負で働いたり、起業して厚生年金の制度のない個人事業主として働くなどであればこの年金のカットは適用されません。 週刊誌などを見ていると「年金をカットされない働き方」として、業務請負をすすめる専門家がいます。 しかし、業務請負と雇用では仕事の安定性も違いますし、年金のカット幅だけで判断せず、総合的に考えることが大切です。 在職老齢年金制度廃止に動く政府 政府は今年6月、在職老齢年金制度「将来廃止も展望」と骨太方針に明記し、この在職老齢年金制度を将来的に廃止すると表明しました。 具体的には法案を出したり様々な手続きがあるため、いつからということは明言されていませんが、現在定年退職の前後にある世代にとっては有利になる可能性が大きいでしょう。 在職老齢年金の廃止によって、60歳以降の人の労働収入が増えれば、その人たちが厚生年金保険料を支払うことになります。 また所得税もたくさん払うことになり、国にとっては年金財政と税制の両面でメリットがあるのが廃止の背景にあるようです。 実際にどういう風になるのか、日々のニュースに注目することが必要です。 年金財政の検証にも注意 厚生年金などについて超長期の財政状況を5年に1度、検証することになっており、今年はこの年金財政の健康診断とも言われる財政検証の年です。 財政検証の年には今後の年金財政がどうなるかという数字が出てくるもこともあって、年金の制度を色々変更するということになります。 在職老齢年金制度の制度変更だけではなく、様々な制限なども出てくる可能性がありこちらの方についても注意しておきましょう。 定年退職世代に直接影響しそうなこととしては、 公的年金等控除の廃止や縮小の動きが出てくると予想しています。 まとめ ここまで述べたように、在職老齢年金は年金をもらいながら働けば一定以上の収入があればカットされてしまうという制度で、一見すると非常に損をするような制度に思います。 しかしながら働けば働くほど減るわけではなく、働けばもらえる年金は少し減りますがトータルの収入は増えます。 さらに将来的に受け取る年金金額も増えることから、過度に気にせず働けばいいと思います。 また政府の制度廃止の動きがうまく新たに間に合えば、年金カットされる以上にお得なシニアライフを過ごすことができるかもしれません。 定年前の現役時代は、会社任せで過ごされたみなさんも、定年を気に年金のもらい方や、医療介護などの社会保障を少し学んで見ればいいでしょう。 定年後は、お金の知識があるかないかで、大きく生活の質が変わります。 teinen2018.

次の