マイレージ プラス jcb カード。 MileagePlus JCBカードの入会キャンペーン!メリット・デメリット・審査基準まとめ

世界一わかりやすい『マイレージプラスゴールドカード』比較|あなたにベストな一枚が選べる!

マイレージ プラス jcb カード

マイルアップメンバーズに参加すると、 ショッピング利用1,000円につき10マイルが加算されます。 リボ払いによる金利でコストがどんどん高くなってしまう可能性があります。 ダイナースクラブカードの付帯サービースを上手く活用できる人にはいいかもしれません。 マイル還元率1. Table 年会費 マイル還元率1. だだし、マイル還元率1. 上限なくマイル還元率1. 特典航空券 貯めたマイルは特典航空券に交換して利用することで価値があるものです。 特典航空券に交換できなければマイルを貯める意味が無いといっても過言ではないと思います。 特典航空券に必要なマイル数を持っているのに、希望の日程で特典航空券を取るとこができないことは多々あります。 なぜなら、ほどんどの特典航空券は、それぞれに利用枠があるからです。 ここで朗報です! セゾンゴールドとセゾンプラチナに新サービスが追加されました。 プラチナ ゴールド ラウンジサービス 主要空港カードラウンジ 復路に利用可能な ユナイテッドクラブ利用パス2枚 主要空港カードラウンジ マイル購入優遇 10%OFF 10%OFF 特典航空券の交換優遇 交換座席数UP! 特典航空券の予約制限無し! 交換座席数UP! 特典航空券の予約制限無し! 搭乗サービス 優先搭乗 なし 毎年のサンクスマイル 5,000マイル 1,500マイル アメックスのみ ユナイテッド航空運行便に限られますが、特典航空券の利用が可能なフライトで座席が残り1席であっても、 空席がある限りエブリディ特典の予約が可能となり、一般会員に比べ交換できる座席数が増えます。 これは、特典航空券の予約にとても大きなことです! JCBゴールドとセゾンゴールドの年会費の差額は5,000円 税別 です。 この差額で特典航空券の予約制限がなくなるのなら、セゾンゴールドの方が利用価値が高いと思います。 なぜなら、特典航空券を希望の日程で利用できる可能性がとても高くなるからです。 ただし、セゾンゴールドのマイル還元率1. カード利用金額にすると年間最大500万円なので、不足もないかと思います。 年間利用金額が500万円以上になる人は、セゾンプラチナを検討してもいいかもしれません。 セゾンゴールドとセゾンプラチナの年会費の差額は30,000円 税別 です。 この差額で受けられる特典は以下の通りです。 優先搭乗• まとめ カード利用で安定的にマイル還元率1. 特典航空券に交換できなければマイルを貯める意味が無いと言っても過言ではないと思います。 交換座席数UP! 特典航空券の予約制限無し! これがとても大きいです。 特典航空券を希望どうりに使えるための数千円のコスト増はマイルを使い慣れている人にとってありだと思います。 マイレージプラス マイルを貯めるなら、マイレージプラス セゾンゴールドがおすすめです。 ゴールドカード以上は、国内空港ラウンジを無料で利用することができます。 \ SNSでシェアしよう! / まいるとりっぷの 注目記事を受け取ろう•

次の

【有効期限無し】マイルを貯める:マイレージプラスクレジットカードを比較(セゾン・JCB)。一緒に組み合わせるおすすめカードも紹介。

マイレージ プラス jcb カード

マイレージプラスが有効期限無期限に改善!ますます使い勝手の良いマイルに ユナイテッド航空のマイレージプラスは、 2019年8月28日より、マイルの有効期限が無期限に延長されました。 これまで、マイレージプラスの有効期限は18か月間となっており、期間中にマイルの獲得・利用があれば18か月延長される仕組みとなっていました。 有効期限無期限で、失効の心配の無いマイレージプラスで、友人・恋人と一緒にお得なタダ旅行を目指してみてはいかがでしょうか。 クレカでマイルを貯めるポイント マイレージプラスの特典航空券の必要マイル数 ユナイテッド航空のマイレージプラスは、 2019年11月15日より、シーズンによる変動制となりました。 変動制のため、特典航空券の交換に必要となるマイル数は一律ではありませんが、 マイル数の目安は以下のとおりです。 日本国内線 5,000マイル〜 韓国 8,000マイル〜 香港 20,000マイル〜 フィリピン 20,000マイル〜 ハワイ 27,500マイル〜 オーストラリア 30,000マイル〜 アメリカ本土 35,000マイル〜 ヨーロッパ 45,000マイル〜 上記の必要マイル数は、いずれも 片道の特典航空券交換に必要なマイル数となります。 特典航空券を利用する時期、予約から搭乗までの日数によって必要マイル数が変わりますので、正確な必要マイル数はユナイテッド航空のホームページで確認しましょう。 ユナイテッド航空の特典航空券は、公式ホームページからオンラインで発券、座席指定までできますので、手軽に特典航空券を利用することができます。 また、ユナイテッド航空の特典航空券は、 2つの特典で必要マイル数が変わります。 セーバー特典:必要マイル数は少ないが、航空券の席数も少ない。 エブリデイ特典:特典航空券の席数が多く予約を取りやすいが、必要マイル数は多い。 このように、2つの特典では、 必要マイル数と特典航空券に用意された席数に違いがあります。 夏休みや年末年始・GWなどの繁忙期は、マイル数は多くなっても、エブリデイ特典の方が特典航空券をゲットできる可能性は高くなりますね! マイレージプラスの注意点 ユナイテッド航空のマイレージプラスでは、 特典航空券の発券時期によっては、必要マイル数が割高になってしまう点に注意が必要です。 搭乗の30日以内の発券では、通常必要となるマイル数に加えて、3,500マイルを追加で支払う必要があります。 たとえば、国内線の特典航空券は5,000マイル〜の交換ができますが、搭乗まで30日を切っている場合、片道で8,500マイル〜の特典航空券の交換となります。 さらに、ユナイテッド航空の特典航空券は変動マイル制となっており、 直前の発券は1,000マイル〜2,500マイルが加算されますので、余裕を持った特典航空券の交換が必要です。 ただし、これまで搭乗の21日前の発券では、直前発券手数料75$が必要でしたが、直前発券手数料は無料となりました。 直前発券手数料がマイルに置き換わった形になりますが、いずれにしてもお得に特典航空券を手に入れるためには早めの予約が必要ですね! スターアライアンスでANA特典航空券をゲット ユナイテッド航空のマイレージプラスでは、同じ「スターアライアンス」に所属する ANAの特典航空券を交換することができます。 航空アライアンスでは、航路やマイレージの共有化がなされており、マイルを同一の航空アライアンスに所属する航空会社に交換することが可能です。 スターアライアンスには、• ANA• アシアナ航空• エアチャイナ をはじめ、 26の航空会社が加盟しています。 国内発着の路線が多いANAの特典航空券に交換できるのは、日本人にとってもマイレージプラスの大きなメリットになりますね! また、マイレージプラスでの特典航空券の交換では、 燃油サーチャージの費用がかからないため、ANAマイルで特典航空券を交換するよりもお得になるケースがあります。 ですので、ユナイテッド航空マイレージプラスは、ANAマイラーにとっても注目すべきマイレージプログラムということになりますね。 ANAマイルのお得な貯め方• ユナイテッド航空はプレミア会員になりやすい ユナイテッド航空は、他の航空会社に比べると、 上級会員である「プレミア会員」になりやすいメリットがあります。 プレミア会員になるためには、• PQF:プレミア資格取得必要区間数• PQP:プレミア資格取得必要ポイント の両方、またはPQPを必要ポイント貯める必要があります。 PQF・PQPは、ユナイテッド航空のフライトはもちろん、ANAをはじめとした スターアライアンスの航空会社でのフライトでも取得することができます。 ですので、ANA便を利用する機会の多い日本人にとっても、ユナイテッド航空のプレミア会員は目指しやすいですね! ユナイテッド航空のプレミアムゴールドになると、ステータスマッチでスターアライアンスの上級会員資格 「スターアライアンスゴールド」も取得することができます。 スターアライアンスゴールドになれば、 ANAラウンジをはじめとしたスターアライアンスのVIPラウンジを利用できますので、プレミアムゴールドを目指してみるのも良いのではないでしょうか! ANAの上級会員資格• ユナイテッド航空のマイレージプラスをお得に貯められるおすすめクレジットカード 日本人にとっても使い勝手の良い マイレージプラスは、クレジットカードを活用することで効率的に貯められます。 ショッピングマイルの還元率の高さもマイレージプラスのメリットのひとつとなっていますので、フライト無しで年間数万マイルを貯めることも充分に可能ですよ! ここでは、ユナイテッド航空のマイレージプラスをお得に貯められる、7枚のクレジットカードをご紹介します。 MileagePlusセゾンカード• 最高1. 5%の高還元率でマイレージプラスが貯まる• コスモ石油で最大還元率2. セゾンカードのお得な優待が付帯 低コストで効率的にマイレージプラスを貯めたい方には「MileagePlusセゾンカード」がおすすめです。 MileagePlusセゾンカードでは、税別5,000円の「マイルアップメンバーズ」に加入することで、 いつでも1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯めることができます。 マイルアップメンバーズに加入していれば、コスモ石油での給油で2. 0%の還元率でマイレージプラスを貯められますので、ガソリン用のクレジットカードを探している方にも最適ですね。 また、MileagePlusセゾンカードでは、西友・リヴィンでの5%オフをはじめ、セゾンカードのお得な優待が付帯しますので、節約用のカードとしても優秀です。 国際ブランドをアメックスに選択すれば、 毎年カードの更新時に500マイルがプレゼントされますので、アメックスでの発行がおすすめです。 セゾンカードのメリット• MileagePlusセゾンゴールドカード• マイルアップメンバーズが無料で付帯• 空港ラウンジサービスが付帯• 家族特約も付いた手厚い海外旅行保険 ユナイテッド航空で海外旅行する機会の多い方には「MileagePlusセゾンゴールドカード」がおすすめです。 MileagePlusセゾンゴールドカードでは、通常、 税別5,000円のマイルアップメンバーズが無料で付帯しますので、 いつでも1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯めることができます。 年間で75,000マイルまで1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯められますので、年間500万円利用するヘビーユーザーでも効率的にマイルを貯められますよ! MileagePlusセゾンゴールドカードでは、国内主要空港のラウンジサービスが無料で付帯しますので、実際にユナイテッド航空でフライトをする際にもお得です。 家族特約まで付帯した手厚い海外旅行保険が付帯しますので、海外旅行用のゴールドカードとしても最適ですね! MileagePlusセゾンプラチナカード• MileagePlusセゾンカード:年間30,000マイル• MileagePlusセゾンゴールドカード:年間75,000マイル MileagePlusセゾンプラチナカード以外では、年間上限を超えた利用分は還元率0. 5%にダウンしてしまいます。 ですので、 年間500万円以上カードを利用する方は、MileagePlusセゾンプラチナカードを利用した方が効率的にマイレージプラスを獲得することができますね。 また、MileagePlusセゾンプラチナカードでは、 24時間・365日対応のコンシェルジュサービスも付帯しますので、最上のサービスのプラチナカードを手に入れちゃいましょう! MileagePlusセゾンプラチナカードのメリット• MileagePlus JCBクラシックカード• カードの利用でマイレージプラスが貯まる• ユナイテッド航空の航空券でマイル還元率2倍• 最高2,000万円の海外旅行保険が付帯 使い勝手の良いJCBブランドでマイレージプラスを貯めたい方には「MileagePlus JCBクラシックカード」がおすすめです。 MileagePlus JCBクラシックカードでは、カードの利用で 還元率0. 5%でマイレージプラスを貯められますので、毎日のお買い物でお得にマイルを貯めることができます。 さらに、 ユナイテッド航空の航空券購入では、マイル還元率が2倍になる特典もありますので、ユナイテッド航空を利用している方にもおすすめですよ。 MileagePlus JCBクラシックカードでは、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しますので、海外旅行の際にも安心の補償を受けられます。 カードの入会では、新規入会ボーナスマイルとして1,000マイルがプレゼントされますので、お得にMileagePlus JCBクラシックカードを手に入れちゃいましょう! MileagePlus JCB一般カード• 還元率1. 0%でマイレージプラスが貯まる• ユナイテッド航空の航空券でマイル還元率2倍• 海外旅行保険は手厚い最高3,000万円 年間70万円以上カードを利用する方なら「MileagePlus JCB一般カード」がおすすめです。 MileagePlus JCB一般カードでは、 いつでも1. 0%の高還元率でマイレージプラスを貯めることが可能となっており、MileagePlus JCBクラシックカードよりも還元率が0. 5%有利です。 MileagePlus JCBクラシックカードとの年会費の差は3,750円となっていますので、1マイル=1円としても年間70万円以上利用する方ならMileagePlus JCB一般カードがおトクですね。 海外旅行保険も、MileagePlus JCBクラシックカードよりも手厚い最高3,000万円となっていますので、海外旅行時の安心感にも違いがあります。 MileagePlus JCBカードを選択する際には、年間のカード利用金額を判断基準にすれば、後悔の無いカード選びをすることができますよ! MileagePlus JCBゴールドカード• いつでも1. 5%の高還元率でマイルが貯まる• 空港ラウンジサービスが付帯• グルメ優待サービスでレストランが20%オフ ワンランク上のゴールドカードで効率良くマイレージプラスを貯めたい方には「MileagePlus JCBゴールドカード」がおすすめです。 MileagePlus JCBゴールドカードでは、 いつでも1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯められますので、ショッピングだけで効率的にマイルを貯めることができます。 国内主要空港のラウンジサービスも付帯しますので、実際にユナイテッド航空でフライトする際にも快適に空港を利用できますよ! 家族特約も付いた海外旅行保険も付帯しますので、海外旅行用のゴールドカードとしてはMileagePlus JCBゴールドカードを1枚持っておけば安心です。 さらに、全国250店舗のレストランの会計が20%オフになるグルメ優待サービスも利用できますので、旅行だけではなく毎日の生活にもワンランク上のメリットがあります。 SPGアメックス• 25%の高還元率でマイレージプラスが貯まる• マリオットボンヴォイの上級会員資格を取得• 毎年高級ホテルの無料宿泊券がプレゼント マイル還元率だけではなく、宿泊時の特典にもこだわりたい方には「SPGアメックス」がおすすめです。 SPGアメックスでは、ボーナスポイントを含めて 最大1. カードの入会で、 マリオットボンヴォイの上級会員資格を取得することができますので、客室のアップグレードや無料宿泊などの特別なサービスをうけられますよ! さらに、毎年カードの更新時にはマリオットボンヴォイ参加ホテルの 無料宿泊券がプレゼントされますので、それだけで年会費の元を取ることも充分に可能です。 国内主要空港のラウンジサービスは、同伴者1名まで無料で利用することができますので、マイルを貯めるだけではなく、快適に旅を楽しみたい方に最適なカードとなっています。 SPGアメックスでマイルを貯める• 使い勝手の良いマイルが失効のリスクなし!ショッピングでマイレージプラスを貯めよう ユナイテッド航空のマイレージプラスは、有効期限が無期限に延長されたことで、より使い勝手の良いマイレージプログラムに進化しました。 有効期限無期限で誰でも特典航空券を交換可能• 特典航空券の30日以内の発券ではマイルが割高に• マイレージプラスはクレカでも貯めやすい ユナイテッド航空のマイレージプラスは、友人・恋人など、家族以外の特典航空券の発券も制限がありませんので、有効期限無期限になることでより使い勝手が向上します。 ただし、搭乗まで30日を切っての特典航空券の発券では、3,500マイルの発券手数料が加算されてしまいますので、発券期間には余裕を持っておくようにしましょう。 マイレージプラスは、クレジットカードでも貯めやすいマイルとなっていますので、フライト無しでショッピングだけでも年間数万マイルを充分に貯めることができます。 まずは、マイレージプラスが貯まるクレジットカードを手に入れて、気軽に特典航空券を目指してみるのも良いのではないでしょうか。 あわせて読みたい•

次の

ロイヤルオーキッドプラスJCBカード / JCB

マイレージ プラス jcb カード

もくじ• ユナイテッド航空・マイレージプラスは有効期限無し、期限を気にしながら貯めなくて良い ANA・JALのマイルを貯めている方は沢山いると思いますが、気になるのが有効期限。 毎月数百万の決済できる方なら有効期限前にマイルを利用できるでしょうが、毎月数万 ・たまに数十万位の決済では 目標マイルを貯める前に有効期限が来てしまい、「もう貯めなくて良いや」とか。 そもそも「3年以内に必要マイル数貯まらないよ」と最初から諦めている方も居るのでは無いでしょうか。 年数をかけてマイルを貯められる ここでは、私が長年利用している「有効期限が無い」ユナイテッド航空マイレージプラスが効率良く貯まるクレジットカード。 マイレージプラスセゾンカード及び、マイレージプラスJCBカードを比較しながら紹介いたします。 これは今現在、私のユナイテッド航空マイレージプラスの積算マイル数です。 途中ちょくちょく利用したり、バイマイルを利用したりして増減していますが、この数字はほとんどクレジットカード利用で貯めたマイル数です。 (実際はもっと貯まっていましたが、利用しているため現在はこの数字です) 有効期限が無いため、何年もこつこつマイレージプラスクレジットカードを決済利用していれば誰でも数十万マイル貯める事ができるのです。 さらに。 ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスグループになるため、ANAの国内線利用時にもマイルを使って航空券を手に入れる事が出来ます。 私はこれで色々国内線を利用しています。 更にシンガポール航空やタイ航空も同じスターアライアンスグループになるため利用可能、マイルで国際線のビジネスクラスを利用したりしています。 シンガポール航空ビジネスクラス利用時 タイ航空ビジネスクラス利用時 これらはユナイテッド航空マイレージプラスの特典航空券で利用しました。 MEMO ユナイテッド航空をはじめ、スターアライアンス加盟航空会社のフライトをご利用するたびに飛行マイルを加算。 さらにショッピングやお食事をMileagePlusカードでお支払いするだけでご利用代金に応じてマイルが加算されます。 マイルの有効期限は無期限。 マイル獲得に上限はありません。 使えば使うほどマイルがたまります。 ユナイテッド航空マイレージプラスのメリット• マイルの有効期限なし• マイルはユナイテッド航空、 ANAなどの特典航空券と交換が可能• 家族以外の名義で特典航空券を予約することが可能• 5,000マイルから特典航空券へ交換可能• マイルの購入が可能・特典航空券と交換するのにあと少し足りないときも安心• 特典航空券は燃油サーチャージなし マイルの有効期限がないのが最大の魅力。 数年かけてマイルを貯める事が可能です。 家族登録(特典利用者登録)しなくても家族名義発券可能 ANAやJALでは家族登録しないと家族名義で発券できません。 さらに大人(18歳以上)を登録する場合、航空会社のクレジットカード所有が条件になり、家族もクレジットカードが必要になります。 これは不便。 しかし、 マイレージプラスでは家族登録不要、さらに家族以外の名義で発券出来るため、親戚や友人等と予約する事も可能。 これだけでもマイレージプラスで貯める価値があります。 ANA国内線が利用できる マイレージプラスを使ってANA国内線の特典航空券を発券する場合は以下のようになっています。 出発地~目的地までの距離が800マイル以下 発券日 マイル数 出発の 21日以上前 5,500 出発の 9-20日前 6,000 出発の 5-8日前 8,000 出発の 当日-4日前 7,500 こちらが800マイル以下の路線例、羽田(東京)ー千歳(札幌) 検索日(2020年6月28日) 出発地~目的地までの距離が801マイル以上 発券日 マイル数 出発の 21日以上前 9,000 出発の 9-20日前 9,500 出発の 5-8日前 11,000 出発の 当日-4日前 10,500 こちらが800マイル以上の路線例、羽田(東京)ー那覇(沖縄) 検索日(2020年6月28日) このように、距離や発券日(搭乗日までの日数)によって必要マイル数に変化がありますので、予定が決まっているなら早めに発券した方がお得になります。 特典航空券予約方法などはコチラ ブラックアウトが無い 上記マイル利用カレンダーをご覧下さい。 8月夏休みの羽田-沖縄のANA便が全日予約できる事にお気づきでしょうか。 ユナイテッド航空の特典航空券はブラックアウトが有りません。 基本、現地に行ける便があれば発券出来ます。 「現地に行ける便」ですが、直行便以外でも現地にいけるよう色々なルートが出てきます。 私は夏休みに鹿児島経由の沖縄行きで予約でき、沖縄まで行く事が出来ています。 ANAではこのようなルートで発券出来ません。 羽田から函館に行きたい時、羽田-千歳-函館と予約できた事も有ります。 これはマイレージプラスの凄い所です。 経由になっても現地までの距離で計算されますので必要マイル数は変わりません。 マイル還元率が高い• JCBクラシックカード:200円で1マイル• セゾンカード(マイルアップメンバーズ登録時): 1000円で15マイル• JCB一般カード:100円で1マイル• セゾンゴールドカード: 1000円で15マイル• JCBゴールドカード: 100円で1. 5マイル セゾンノーマル(マイルアップメンバーズ登録時)とセゾンゴールドカードで支払いをすると、1000円で15マイル付与されます。 JCBカードは100円単位でマイルが付与されます。 マイル付与計算は毎月利用金額合計なので、1000円単位でも取り残しは少ないのですが、100円単位ならより細かくマイルを得る事が出来ます。 セゾンマイルアップメンバーズ この中で一番お得なのはセゾンノーマルカードにマイルアップメンバーズ登録した時です。 マイルアップメンバーズは有料(5500円)ですが、ノーマルカードの年会費1650円と合わせても7150円。 この年会費でゴールドカードと同じ還元率になるのです、ちなみにゴールドカードの年会費はJCB16500円・セゾン22000円。 超絶お得なプランですが上限があります。 マイルアップメンバーズ説明 マイルアップメンバーズは、 ショッピングご利用1,000円につき10マイルが加算されるオプションプランです。 ご登録はカード発送時に同封の「マイルアップメンバーズお申込み書」にご記入のうえ、ご返送ください。 お持ちでない場合は、カード裏面のインフォメーションへご連絡いただければお申込み書をお送りいたします。 また、 ショッピングマイル換算は年間(毎年3月4日~翌年2月4日お引落とし分)30,000マイルを超えた分のご利用は1,000円につき5マイルのマイル換算となります。 (マイレージプラスセゾンカードページより) マイルアップメンバーズはカード申し込み時に同時申し込みでは有りません。 カード到着後同封の申し込み用紙を返送する必要が有りますのでご注意ください。 私が申し込んだ時と今も変わりなし。 一緒にネットでもう込み出来れば良いのですが色々事情が有りそうですね。 だいたい年間200万円まではマイルアップメンバーズを利用した方がお得ですが、 200万円以上利用する可能性が有る方は最初からゴールドカード利用がお得ですし、旅行ではゴールドカードがとても役に立ちますので(カードラウンジ利用・カード付帯各種補償)マイレージプラスクレジットカードは 最初のゴールドカードとしてもオススメできます。 次にマイレージプラスセゾン及びJCBの詳細です。 MileagePlusセゾンカード詳細 年会費が安く、爆発的にマイルが貯まるカード。 ナショナルブランドは、VISA・マスター・アメックスから選ぶ事が出き、条件はありますが、7150円の年会費で1000円で15マイル貯める事ができるカードです。 ゴールドカードは各種保険も充実していますし、まず申し込んで間違いが無いカードでしょう。 カード申し込み前にマイレージプラスに登録を忘れずに。 カード種類ナショナルブランド(VISA・マスター・アメックス) MileagePlusセゾンカードは、 VISA・マスター・アメックスから国際ブランドを選択する事が可能 ご自分が所有していないブランドを選んでも良いですし、 メインで利用するならVISA・マスターを選んでおけば良いかと思います。 (この2種類なら世界中で使えないところはまず無いでしょう) 年会費 :1650円(マイルアップメンバーズ加入時、合計7150円) :22000円 MileagePlusセゾンカード特典 MileagePlusセゾンカードの特徴を抜粋してお知らせします。 公共料金の支払いでもマイルが貯まる MileagePlusセゾンカードは、公共料金の支払いでもマイルが貯まります。 こちらでも100円で1. 5マイル貯まるのです(マイルアップメンバーズ・ゴールドカード)。 電子マネーのチャージでもマイルが貯まるので各種支払い用にカードを利用すると良いでしょう。 全国の西友・リヴィンで5%OFF 毎月「第1・第3土曜日5%OFF」開催日に西友・リヴィンでセゾンカードをご利用いただくと、食料品から衣料品まで5%OFFになります。 日用品の購入で割引になります。 西友で買い物する方はとてもお得です。 食料品日用品利用金額を年間で考えたら5%は大きいと思います。 ETCカード年会費無料 年会費永久無料でETCカードの同時お申し込み可能です。 マイル購入が10%OFF buymiles. mileageplus. 他の割引サービス、キャンペーンとは併用ができません。 バイマイルキャンペーンの記事はいつもお知らせしていますが、どうしてもセールまで待てなかった場合でもMileagePlusセゾンカードを利用すると10%割引になります。 コチラはユナイテッド航空マイル購入ページに表示されるバナーです(私はマイレージプラスセゾンゴールドカードを所有しているためコチラのバナーが表示されます) MileagePlusセゾンプラチナもしくはゴールドカードをお持ちなら、いつでもマイレージプラスマイルを10%割引で購入いただけます。 VISA・マスター・アメリカンエキスプレスのキャンペーンも併用利用可能 セゾンのキャンペーンが利用できるのは当然ですが、選んだナショナルブランドのキャンペーンも利用出来ます(一部対象外あり)。 海外で例えば「VISAで支払えば10%オフ」等の表示が有る場合、セゾンVISAカードでも対象です。 勿論マスターやアメックスでも同様な利用が可能です。 MileagePlus JCBカード詳細 ゴールドカードとしてはセゾンゴールドカードより年会費が安く(16500円)、100円で1. 5マイル貯まるカード。 ナショナルブランドはJCB。 JCBゴールドカードは旅行系各種保険が特に充実しています。 こちらも申し込んで間違いが無いカードでしょう。 ハワイに行く予定があるならJCBを選びましょう(別途説明) カード種類ナショナルブランドはJCB MileagePlusJCBカードの世界ブランドはもちろん JCBです。 VISAやマスターに比べたら若干使えるところが減りますが、日本国内はもちろん使えますし、日本人が多く行く外国なら使える店が多いです。 年会費 :1375円 :5500円 :16500円 JCBカード特典 MileagePlusJCBカードの特徴を抜粋してお知らせします。 JCBカードは旅行に特化した各種特典が有ります。 以下の特典はJCBならではの行き届いた内容になっています。 JCB PLAZA(プラザ)利用 JCBプラザは、快適な海外旅行をサポートします! 「JCBプラザ」は、海外に設置されたサービス窓口です。 JCB加盟店のご予約や観光に関するお問い合わせをJCBプラザ・スタッフが日本語で承ります。 「JCBプラザ ラウンジ」・「JCBプラザ」共通サービス• JCB加盟店情報、JCB優待情報、観光情報• JCB加盟店のご予約 ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット など緊急サポート• JCBカードの紛失・盗難時のサポート• Wi-Fi 無料利用サービス JCBプラザ ラウンジ• 一部主要都市には、JCB会員の方専用の自由にくつろげる空間「JCBプラザ ラウンジ」を設置。 「JCBプラザ ラウンジ」では、JCBプラザの共通サービスに加え、フリードリンクやマッサージ機など、ラウンジならではのサービスを利用できます。 また、インターネットや現地情報誌などを自由にご覧になれます。 「JCBプラザ ラウンジ」専用サービス• インターネット、プリントアウト無料• 日本語新聞、雑誌の閲覧• 現地ガイドブック、情報誌の閲覧• フリードリンク• マッサージ機• レンタル傘• お荷物の当日中一時預かり ラウンジではお茶ができますので、疲れた時などにちょっと休めるのでとても助かります。 ハワイ・グアム・シンガポールで利用した事が有りますが、海外でも日本語で色々相談する事が出来ます。 レストランの相談や予約も代行していただけます(支払いはJCBカードで)。 また、JCBカード特典や限定のレストランメニューもあります。 ここら辺のキメの細かさはJCBカードならではです。 ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 日本人ハワイ利用シェアを広げているJCB。 こちらもJCBならではのサービス。 JCBカードを見せるだけで、ハワイのワイキキ・トロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料となります!ご乗車の際に、JCBカードをご提示ください。 ご家族が同乗される場合は、乗車時にワイキキ・トロリー・スタッフに「ファミリー」とお伝えください。 対象とならない方/おひとり様US2ドル(2歳以下無料) ハワイに旅行に行くなら必ずJCBカードを作って行きましょう。 (JCBならなんでも良いです。 )ワイキキトロリー乗車無料はとても便利で助かります。 最高に楽で気持ち良いです。 なら年会費1375円でこれらの特典を利用することができます。 正直現地でバスチケット(1回2ドル)を数回買うよりクレジットカード年会費の方が安いかも?• 後にマイレージプラスカードのサブカードとしてお勧めする、・をJCBで発行してもコチラの特典が利用できます。 国内・海外航空機遅延保険(ゴールドカード) 国内外の航空便ご利用時の出航遅延および乗継遅延等で生じた宿泊・飲食費や、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等を補償。 JCBゴールドカード特典として素晴らしい内容の一つ。 航空便の各種遅延で生じた内容の補償です。 補償金額はコチラ。 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代) 2万円限度• 出航遅延費用等保険金(食事代) 2万円限度• 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等) 2万円限度• 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等) 4万円限度 台風や機材故障。 その他遅延により生じた宿泊・食事・必需品などの補償です。 この補償だけでもJCBゴールドカードを持つ理由になります。 1回ごとの利用料US32ドルを入室時にJCBプレミアムカードでお支払いください。 混雑する空港ターミナルのけん騒から逃れ、ごゆっくりおくつろぎください。 サービス内容 対象会員 JCBグループ発行のJCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド会員(家族会員の方も含みます)。 空港ラウンジ利用料金 1回につきUS32ドル、同伴者もUS32ドルで利用できます。 利用できる主なサービス• ドリンクサービス• 新聞や雑誌の閲覧• 電話やFAX、インターネット接続• 5マイル 海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯) 本会員様は最高5,000万円、カードをお持ちでないご家族様も最高1,000万円 (自動付帯) 最高2,000万円 (自動付帯) 最高3,000万円 (自動付帯) 最高1億円 「搭乗する公共交通乗用具」または、「参加する募集型企画旅行」の料金のお支払いに、MileagePlus JCBゴールドカードを利用された場合最高1億円。 上記条件を満たさない場合は、最高5,000万円の補償となります。 国内旅行傷害保険 — 国際線同等額 (国内旅行傷害保険は旅行代金の一部をカード決済いただくと補償の対象となります。 ) — — 最高5,000万円 (自動付帯) 国内・海外航空機遅延保険 — — — — 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代) 2万円限度 出航遅延費用等保険金(食事代) 2万円限度 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等) 2万円限度 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等) 4万円限度 その他特典 VISA・マスター・アメックスの特典併用利用可能 VISA・マスター・アメックスの特典併用利用可能 JCBプラザ・JCBラウンジ利用可能 ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 JCBプラザ・JCBラウンジ利用可能 ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 JCBプラザ・JCBラウンジ利用可能 ラウンジ・キー有償利用(32ドル) ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 国内空港カードラウンジ — 利用可能 — — 利用可能 専用デスク — ゴールドカードインフォメーションセンター — — ゴールド会員専用デスク 手荷物宅配サービス — VISA・マスター国際線手荷物 宅配優待サービス(有料) — — 国際線手荷物 宅配優待サービス(有料) ショッピング安心保険 — 国内・海外を問わずマイレージプラスセゾンゴールドカードで利用して購入した物品の破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、1事故上限100万円まで補償いたします。 購入された品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償。 海外最高100万円 購入された品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償。 海外最高100万円 購入された品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償。 海外最高500万円 国内最高500万円 継続ボーナスマイル 1,500マイル (アメリカン・エキスプレス限定) 1,500マイル (アメリカン・エキスプレス限定) 1,000マイル 年間ショッピング売上100万円以上利用・ ボーナスマイル判定日時点でMyJチェック登録者 1,500マイル 年間ショッピング売上200万円以上利用・ ボーナスマイル判定日時点でMyJチェック登録者 1,500マイル 年間ショッピング売上300万円以上利用・ ボーナスマイル判定日時点でMyJチェック登録者 気になるところを 赤字にしました。 こう見ると各社絶妙、甲乙つけがたいです。 あらためて表で比べてみると、どれもこれもバランス良すぎ。 が、あえて条件による「おすすめカード」を考えてみます。 コストパフォーマンス(最安)重視はマイレージプラスセゾンカード+マイルアップメンバーズ 一番コストパフォーマンスが良くマイルが貯まる組み合わせがこちら。 私が始めて航空系のカードを作ったのもコチラの組み合わせです。 マイレージプラスセゾンカードにマイルアップメンバーズ追加申し込みです。 私はゴールドカードを発行するまではこちらの組み合わせでマイルを貯めていました。 カード年会費1650円に年会費5500円のマイルアップメンバーズに申し込むだけで 「1000円で15マイル」貯まるようになります。 これは ゴールドカードと同等の還元率なのです。 年間200万円以内の利用や、「ゴールドカードまでは必要ないかな」という方は こちらの組み合わせで間違い無いでしょう。 マイルを貯める初めてのカードに最適。 :年会費1650円(マイルアップメンバーズ加入時、合計7150円) 決済額が増えたり、海外に行くようになると、ゴールドカードが視野に入ってきます。 私はココからゴールドカードに変更しています。 併用オススメカードは楽天プレミアムカード・ANA JCBカード JCBを併用したい場合、プライオリティパス(世界の空港有料ラウンジ・航空系ラウンジ利用可能)が無料発行できる を持っていると海外旅行がとても楽になりますし、楽天市場や楽天トラベルがお得に使う事が出来ます。 年会費2200円のを合わせるのも良いかもしれません。 国内空港を利用するときに便利です。 年会費を出来るだけ抑えたい!という方はコチラ 年会費無料の併用オススメカードは・。 ・などをJCBブランドで作れば年会費を抑えられます。 航空機遅延保証がこころ強いマイレージプラスJCBゴールドカード 年会費16500円で高還元率(100円で1. 5マイル)のゴールドカード。 こちらは旅行系の補償に特化していてます。 年に数度旅行に行く方はこちらのカードがオススメです。 何と言っても 航空機遅延保証が超絶助かります。 しかも自動付帯なので「申し込み忘れた!」と言う事が有りません。 普段は利用する機会が無いかもしれませんが、いざ補償が必要な時には 「このカード持っていて良かった」と思うでしょう。 上限はありますが。 ホテル代はもとより、交通費・食事代。 はたまた旅行中に必要な衣類購入費まで補償されるのです。 :年会費16500円 併用オススメカードは楽天カード・エムアイカードゴールド JCBは世界どこでも使えますとは言い切れませんが、日本人が行くような所なら結構使えますし、こちらのカードは普段の決済と補償として所有し、・などの年会費無料や、特典豊富な:年会費5500円などのVISA・マスターが付いたカードを所有すれば完璧です。 のVISA・マスター(年会費1650円)を選んでマイレージプラス2枚持ちも良いかも。 メジャーブランド(VISA・マスター)で安心マイレージプラスセゾンゴールドカード マイレージプラスゴールドカードでVISA・マスターを選択する事が出来る。 コチラは私が始めて発行したゴールドカードでも有ります。 初めてでしたのでメジャーなVISAを選択。 VISAかマスターを選んでおけば世界中利用可能。 1000円で15マイル付与及び海外保険も自動付帯(条件付国内旅行保険自動付帯)。 空港カードラウンジも利用出来ますし、このゴールドカード1枚で殆ど済みます。 自分でも利用しているので人にオススメ出来る安定感抜群のカードです。 :年会費22000円 併用おオススメカードはJCBブランドカード ハワイなどJCBが強い地域に行くならサブで年会費1375円の や年会費2200円の、年会費無料の・のJCBが付いたカードを作っておくととても便利です。 JCBの特典をお得に利用したいマイレージプラスJCBクラシックカード マイル付与数は少ないのですが、1375円でJCBのサービスをほぼ利用することができます(ゴールドカード特典は利用できない)。 海外旅行保険は自動付帯ですし、ショッピング保険も有ります。 何よりハワイに行く予定があるなら抜群のコストパフォーマンス。 JCBラウンジでレストラン相談やちょっと休憩ができたり、ワイキキトロリーも無料で利用できるんです。 「マイルが沢山貯まるのは分かっていてもそこまで年会費を払うのはちょっと・・・」と言う方にオススメのカード。 :年会費1375円(家族カード440円) 併用おすすめカードは楽天プレミアムカード このカードを選ぶという事はマイル加算をそれほどメインに考えていないと思われます。 サブ的利用を考えてるかと。 そうなると、旅行で役に立ちメインとしてお勧めしたいのが。 プライオリティパス(世界の空港有料ラウンジ・航空系ラウンジ利用可能)が無料発行でき、楽天市場や楽天トラベルなどを利用するとき特典が有ります。 プライオリティパスをお得に所有したい方にオススメのカードです。 年会費を出来るだけ抑えたい!という方はコチラ 年会費無料の併用オススメカードは・。 ・などをVISA・マスターブランドで作れば年会費を抑えられます。 併用お勧めカード一覧 併用(サブ)カードとしていくつかオススメしてみました。 他にもたくさんのカードが発行されていますが、 自分が利用していたり友人にオススメしたカードの中から選んでみました。 は所有していませんが、プライオリティパス が無料で使えるカードとして有名ですし、友人などにオススメしています。 コストパフォーマンス最高のカードです。 ・・・は所有しています。 ANAを乗る機会が多いのでANA JCBは色々役に立っています(更新時にボーナスマイルが有るので実質無料と思っています)エムアイカードは羽田国際線利用時、TIATラウンジ(航空系ラウンジ)が使える数少ないカード(プライオリティパス でも利用できない)ですし、伊勢丹を利用する時ポイントが多くたまります。 おわりに(まとめ) MileagePlus セゾン・JCBカード各種紹介しました。 ユナイテッド航空のマイレージサービス「マイレージプラス」は有効期限が無いため、コツコツ気長に貯める事が出来るプログラムです。 さらにスターアライアンスという航空会社グループに加盟しているため、同加盟他社(ANA・シンガポール航空・タイ航空・ルフトハンザ航空など、他にも多数)の航空券を特典航空券として利用する事も出来るのです。 そのマイレージプラスを高い還元率で手に入れる事が出来るのがマイレージプラスクレジットカード(セゾン・JCB)なのです。 普段これらのカードを利用していれば、1年では難しくても有効期限が無いため数年マイルを貯め、家族旅行が可能なのです。 最後に。 再度一覧を載せておくので色々見比べてください。 5マイル 海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯) 本会員様は最高5,000万円、カードをお持ちでないご家族様も最高1,000万円 (自動付帯) 最高2,000万円 (自動付帯) 最高3,000万円 (自動付帯) 最高1億円 「搭乗する公共交通乗用具」または、「参加する募集型企画旅行」の料金のお支払いに、MileagePlus JCBゴールドカードを利用された場合最高1億円。 上記条件を満たさない場合は、最高5,000万円の補償となります。 国内旅行傷害保険 — 国際線同等額 (国内旅行傷害保険は旅行代金の一部をカード決済いただくと補償の対象となります。 ) — — 最高5,000万円 (自動付帯) 国内・海外航空機遅延保険 — — — — 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代) 2万円限度 出航遅延費用等保険金(食事代) 2万円限度 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等) 2万円限度 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等) 4万円限度 その他特典 VISA・マスター・アメックスの特典併用利用可能 VISA・マスター・アメックスの特典併用利用可能 JCBプラザ・JCBラウンジ利用可能 ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 JCBプラザ・JCBラウンジ利用可能 ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 JCBプラザ・JCBラウンジ利用可能 ラウンジ・キー有償利用(32ドル) ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料 国内空港カードラウンジ — 利用可能 — — 利用可能 専用デスク — ゴールドカードインフォメーションセンター — — ゴールド会員専用デスク 手荷物宅配サービス — VISA・マスター国際線手荷物 宅配優待サービス(有料) — — 国際線手荷物 宅配優待サービス(有料) ショッピング安心保険 — 国内・海外を問わずマイレージプラスセゾンゴールドカードで利用して購入した物品の破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、1事故上限100万円まで補償いたします。 購入された品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償。 海外最高100万円 購入された品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償。 海外最高100万円 購入された品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償。 海外最高500万円 国内最高500万円 継続ボーナスマイル 1,500マイル (アメリカン・エキスプレス限定) 1,500マイル (アメリカン・エキスプレス限定) 1,000マイル 年間ショッピング売上100万円以上利用・ ボーナスマイル判定日時点でMyJチェック登録者 1,500マイル 年間ショッピング売上200万円以上利用・ ボーナスマイル判定日時点でMyJチェック登録者 1,500マイル 年間ショッピング売上300万円以上利用・ ボーナスマイル判定日時点でMyJチェック登録者.

次の