乗車券分割。 JR西日本の定期券の分割購入方法

乗車券分割購入時の無賃送還

乗車券分割

JRの乗車券は営業キロ100キロを超える場合、途中下車が可能です 例外あり。 わたしはこれを知らなくて今までだいぶ損をしていたと気付いて落ち込みました。 JR乗車券は途中下車可能 旅行好きの人なら当然知っていることかもしれませんが、 JRの営業キロ100キロを超える乗車券は後戻りしない限り 途中下車が何回でもできます。 しかも有効期間内であれば日付を跨いでも大丈夫だそうなのです。 つまり東北地方の実家から東海地方の自宅まで帰る場合、途中の東京で途中下車、買い物して1泊して翌日帰って来ても大丈夫だったのです。 わたしはこれを知らず、乗車券を分割して購入していたため損をしていたことに気付いてショックを受けました。 乗車券を通しで購入すれば、分割した場合に比べて片道でも1,500円以上安く済んだはずだったのです。 「途中下車」とは、旅行途中(乗車券の区間内)の駅でいったん改札口の外に出ることをいいます。 次の例外を除き、乗車券は、後戻りしない限り何回でも途中下車することができます。 次の表のきっぷでは途中下車できません。 片道の営業キロが100キロまでの普通乗車券• 大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券• 回数券• 一部のトクトクきっぷ• 特急券、急行券、グリーン券、寝台券、指定席券、乗車整理券、ライナー券• 特定の都区市内(「特定の都区市内駅を発着する場合の特例」参照)発着となる乗車券は、それぞれ同じゾーンの駅では途中下車できません。 山手線内発着となる乗車券も同じです。 特急券は別に必要です• しかも往復乗車券であれば片道の営業キロ601キロメートル以上であれば1割引。 東京で分割して購入した場合の乗車券 往復とも :24,860円 その差額6,260円です。 東海道新幹線のEX予約や東北新幹線のトクだ値を利用して「得した」とか思ってる場合ではなかったのです。 もちろんEX予約もトクだ値も単独で利用する分にはお得です 乗車券の有効期間 乗車券の有効期間は営業キロによって変わります。 営業キロが100キロメートルまでの場合と大都市近郊区間内のみを利用になる場合の乗車券は発売当日のみ有効。 101キロメートル以上の乗車券の有効期間は次のとおりです。 往復乗車券の有効期間は、片道乗車券の2倍です(博多から新下関間にかかわる往復乗車券の有効期間は、「ゆき」「かえり」それぞれの合計です)。 乗車中に有効期間を経過した場合は、途中下車をしない限り券面に表示された最終駅まで使用できます。 ちなみに今回わたしが実家に帰るのに購入した往復乗車券は有効期間が12日間でした。 実家で2泊して帰ってきて東京で1泊して遊んでも十分な余裕があります。

次の

JR西日本の定期券の分割購入方法

乗車券分割

はこちらです。 の確認やも可能です。 みなさんはJRの切符料金がどのようなルールで決まっているかご存知ですか? 私は金券ショップの店員になって初めて知ったのですが、距離で料金を決めているんです。 このルールを利用すると、切符を区切った方が安くなる区間があったり、逆に切符を区切ってしまうと高くなってしまう区間があったりと、色々な発見があります。 今日は金券ショップの店員である私も利用している切符の分割ツールについて紹介したいと思います。 この記事をご覧の方には「」も参考になります。 JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合はもあります。 切符の料金はどういうルールで決まっているの? 切符の料金は、営業キロという区間における距離から計算されます。 ただ、この営業キロは実際の距離とは微妙にずれていて、 端数を切り捨てて計算することが多く、基本的には距離が長いほうが割安になるような設定となっています。 今回の切符の分割でポイントとなるのは、端数を切り捨てて計算していることです。 ここを利用すれば、ほとんどの区間で通常価格でも切符を安く購入することができるようになります。 切符は分割しても普通に使えるの? 金券ショップでは分割している切符を販売することも多く、よくお客様からも聞かれるのですが、切符は分割されていても、特に問題なく利用できるので心配ありません。 ただ、 自動改札を通る時だけちょっと注意が必要です。 新幹線の自動改札口だと、切符は合計4枚まで、さらに乗車券が2枚まで、特急券も2枚までなら同時に通してしまって問題ないような仕様になっています。 私のお店でたまに扱うことがありますが、乗車券を3枚に分割した切符に特急券を買い足して、合計4枚で1つの区間の切符にした場合などは、自動改札を通ることができなくなるので注意して下さい。 とは言っても、自動改札横の人がいる方を通ってもらえればいいだけなので、利用は問題なくできます。 在来線の場合は駅によって自動改札の仕様が違ったりするので一概には言えませんが、3枚以上に分割した切符の場合は、自動改札が通れなくなることが多いみたいです。 2枚程度なら、大抵の駅の自動改札は通れてしまいますから、特に気にず2枚重ねて通してしまっていいと思います。 万が一エラーが出てしまっても、改札横の駅員さんに切符を見せて通れば問題ありませんから、こちらも問題なく利用できます。 切符を分割すると安くなるって本当!? 金券ショップでは、よく区間を区切って安くしている切符を販売しています。 ただ、ひとつ注意しておきたいのが、 その区間に限り切符を分割して安くなっているという点です。 区間によっては、区間を区切ると値段がJRの定価より高くなってしまう場合もあるので、行き先はきちんと店員に伝えておくのをおすすめします。 切符の基本的な考え方は下のようになります。 新幹線の切符 距離が長くなると区間を区切らない方が安くなる場合が多くなってきます。 また、商品として取り扱っていない区間に関しては、基本的にJRで購入した方が安くなる(区間を区切ると高くなる)場合がほとんどです。 普通電車の切符 距離が長くなるとどこかの駅で区間を区切ったら安くなる場合が多くなってきます。 ただ、利用したい区間によっては、どの区間で区切っても定価より高くなってしまう場合があります。 販売している切符が区間を区切っている場合は、その方が安くなるという場合しかありません。 逆に区間を区切っていない切符(1枚の切符)は区間を区切ると高くなります。 欲しい切符が金券ショップで売ってなかったけどなんで? 初めて来店したお客様に多いのですが、利用者のあまりいない駅の切符は取り扱っていない場合があります。 また、基本的には最寄駅発着の切符を取り扱う形にはなりますから、ご了承いただけると助かります。 というのも、金券ショップでは回数券を購入してバラ売りをしているのですが、在来線の回数券は11枚セットになっています。 また、有効期限も購入日から3ヶ月となっているので、取り扱う場合、有効期限内に売り切る必要が出てきます。 有効期限が近づいてくると売りにくくなってきますから、目安としては 大体1ヶ月半~2ヶ月以内に売り切る見込みのある切符しか取り扱っていません。 ただ、区間を区切って安くなる切符があるので、意外とマイナーな駅を取り扱っていることもあったりします。 店員もちゃんと説明しますから、利用したい区間をとりあえずでも伝えてもらえると嬉しいです。 たまに「こんな区間取り扱ってるの!?売れるの!?」なんてビックリされるお客様もいますが、もしかしたらそれは区間を区切って作っている切符の方割れかもしれません。 ラッキーですね。 切符の分割を簡単に調べる方法ってないの? 最近ではネットで簡単に乗換検索などができるようになりました。 しかも、乗換検索だと料金も一緒に出てくるから便利ですよね。 ただ、切符の分割を調べるとなると、乗換検索で計算するのはさすがに大変です。 「でも時刻表とか料金表とかとにらめっこして分割した料金調べるの面倒だし・・・。 」と思っているそんなあなたに朗報です。 切符の分割を簡単に計算できるサイトがあります。 かくいう私も区間を区切れる駅を探すのに利用しています。 それが「」です。 「」をクリックすると、分割の計算ができるようになります。 このように分割する区間を選択します。 最大分割数は特にこだわりがなければ「無限」でいいと思います。 すると1秒程度で区間を割り出してくれます。 今回は差額が170円になりました。 これはJR定価の料金ですから金券ショップで取り扱いがあった場合はもう少し安くなることもあります。 ちなみに、在来線の切符はJRみどりの窓口ならどの区間でも購入できるようになっています。 なので、購入時にちょっとした工夫をするだけでも安くすることができますから、出かける前にちょっと調べてみるのもいいですね。 旅行では特に1泊してゆっくり遊ぶことが多いと思いますが、出張でも1泊して多くのお客様を訪問するということがあると思います。 出張の場合を考えて、今回は10月6日(木)~7日(金)の代金を調べてみました。 ホテルの検索は楽天トラベルが便利です。 がおすすめするホテルランキング。 「東京-新大阪」の1泊2日でかかる新幹線チケット代金(往復)とホテル代金の合計は下記の通りになっています。 料金の比較が適切になるように、同じホテルを選択した場合の料金比較となっています。 それ以外の時間に移動したい場合は、 新幹線こだまを利用すれば安くなるようになっています。 ただし、「東京-新大阪」の場合、のぞみで約2時間30分、ひかりで約3時間、こだまだと約4時間となるので、なるべく移動時間が長くならない、出発時間の調整をおすすめします。 ホテルの空き部屋は首都圏や大都市圏なら1週間前ぐらいまで、それ以外の場所なら3日~4日前を目途に予約をすれば希望のホテルに泊まることができると思います。 宿泊先のホテルを探す、または予約するなら が便利です。

次の

乗車券類の分割購入

乗車券分割

乗車券分割プログラムの使い方 乗車区間を決める まず、どこからどの駅の切符を分割するかを決めます!! 今回は試しに五反田から船橋までの切符を分割してみたいと思います。 乗車券分割プログラムのトップページへ行く まず「」のトップページに行きます。 「乗車券分割プログラム」の実行をクリックします。 そうすると次のような画面が出てきます。 デフォルトでは、「名古屋」になっていますのでまずそれを変えるところからやります。 学割などはここを選択 学割や往復切符など条件をつけて行う際は、「券種」であらかじめ選択しておきます。 発駅の線名を探す まず発駅に五反田駅を入れるため、五反田駅が所属しているJR線を探します。 要するに発駅の線名を探せばOKです。 今回の場合、発駅の五反田駅は山手線の駅なので、「山手線」を探します。 「送信」を再びクリックする 「送信」を再びクリックします。 そうするととりあえず五反田から品川までの切符を分割した際の結果が出ます。 品川から船橋に向かう路線を小刻みに選ぶ 電車に乗るだけでは品川から船橋は総武線快速で1本ですが、JRの正式な路線で考えると品川〜東京間は「東海道本線」、東京〜船橋間は「総武本線」という扱いになります。 ココらへんは鉄道の知識が若干必要になるので難しいですが、なんとなく着駅の方向に向かう路線を小刻みに選んでいけば大丈夫です。 完全にこのサイトは 鉄道マニア向けですね! 参考スクリーンショット1 参考スクリーンショット2 参考スクリーンショット3 分割結果が表示される 発駅と着駅の選択が完了し、最後に「送信」を再びクリックすると結果が表示されます。 これで分割する駅がわかります。 ちなみに分割して安くなる仕組みや分割切符の買い方はこちらにページにまとめてあります。 あわせて読みたい まとめ いかがでしたか、「乗車券分割プログラム」はとっても優秀な機能がありますが、鉄道にある程度詳しくないと使いこなすのは難しいかもしれないですね。 ただ一回覚えてしまえば、ずっと節約できるので、ちょっと距離のある切符を買う際は使ってみてくださいね!! 海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJiyu! がオススメ!! 海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと! 海外で少しでも現金を使う場合、 セディナカードJiyu! の発行がオススメです!! セディナカードJiyu! を使って両替すると… どの 他の方法よりお得に両替することができます! 例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか?? 空港の両替所 1,500円 街中の両替所 3,280円 日本の銀行 1,100円 金券ショップ 980円 一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円 セディナカードJiyu! 両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します! 逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、 浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!! 実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました! 更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。 そしてイオンではポイントが3倍など、 普段の買い物の節約にも貢献します!! もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。 18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。 (学生・主婦の方も可、高校生は不可) 今作れば最大10,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます! の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

次の