りんご 英語 で。 リンゴが数えられない「不可算名詞」になる?「a piece of」の使い方

紅玉 (リンゴ)

りんご 英語 で

google. " となっています。 geocities. html 「一番美しい・・」の部分については、上記のように「the fairest one」が使われていたり、他には「the loveliest lady」が使われているものもありました。 ivyjoy. html 上記のGoogleの検索結果の中から、適当なものを探して使用されればいかがかと思います。 geocities. ivyjoy. google. " となっています。 geocities. html 「一番美しい・・」の部分については、上記のように「the fairest one」が使われていたり、他には「the loveliest lady」が使われているも...

次の

リンゴ(apple)を使った英語フレーズ【くだもの英語表現2】

りんご 英語 で

Apples are a crunchy and sweet fruit. There are many different kinds of apples. For example "Fuji Apples", "Red Delicious Apples", and "Granny Smith Apples". Sometimes you might just call an apple by its variety name if you want to be specific. For example, "I only like green apples, like Granny Smiths. " or "Fujis are my favourite kind of apple. りんごはapple と言います。 りんご(apple)はおそらくアルファベットのAを習うときにたいてい使われていますね。 Aと言う文字を説明するときも A as an apple. 「りんごのA」と言うように説明することがほとんど。 りんごの季節は日本もアメリカも「秋」だと思います。 アメリカではapple ciderと言うりんごのジュースがお店に出回ります。 サイダーとついていますが炭酸ではありません。 シュワシュワを期待するとがっかりします。 でもすごく美味しいし、「秋だなー」という気持ちになります。 I associate drinking apple cider with autumn. りんごジュースというと秋を思い出します。

次の

りんごって英語でなんて言うの?

りんご 英語 で

「鉛筆」は可算名詞(数えられる名詞) 一方、「不可算名詞(数えられない名詞)」は、「目に見えないもの」「具体的な形を持たないもの」などが特徴で、「1つ、2つ……」と数えられない名詞のことです。 不可算名詞は「数を数えられない」ので、 複数形がありません。 「可算名詞」は、目で見て「1つ、2つ……」と数えられるはずなのですが、実は、 「可算名詞」が「不可算名詞」に変化することもあるんです。 オオカミ I see some apple s. (いくつかのリンゴが見える) と言ったりしますが、この場合の「apple」は「可算名詞」ですよね? リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」 丸ごとのリンゴは、「1つ、2つ…」と数えますから、「an apple、2 two apples…」なのですが、切ってしまうと「不可算名詞」に大変身するのです。 リンゴを切ると不可算名詞に?! 例えば、ホームパーティーなどで、カットフルーツがあるとしますよね。 このときに「 リンゴを何切れか持ってきてくれない? 」というときにはどう言えばいいのでしょうか? 不可算名詞になる「カットされたリンゴ」 もしここで、こんなふうに言うとどうなるでしょうか? ウサギ Can you get me some pieces of apple? (リンゴ、何切れか取ってきてくれない? ) 「1切れ」を表す「piece」という言葉 ここでのポイントは、こちらの表現です。 some pieces of apple 「piece」は「1切れ」という意味です。 上では「some(いくつかの)」が付いているので「piece s」と、複数形になっていますが。 この「piece」ですが、日本語で言うときの「 パズルの1ピース」の元になっている英語ですね。 出典: Amazon『Ingooood-ジグソーパズル - 絵画シリーズ - カラフルな猫 '私はあなたと一緒にすべての9人の人生を過ごすだろう' - ディーン・ルッソ - 成人繁殖のための1000個の木製のパズルの装飾のおもちゃ』 この「piece」が、 数えられない不可算名詞になった「apple」の代わりに、「 2 pieces」のように数えられてくれる役目です。 ほかの例も見てみましょう。 たとえば、切られていない状態のホールケーキ(whole cake)だと「可算名詞」ですが、切られて小さくなると、その物(名詞)は「不可算名詞」になるのです。 「cake(ケーキ)」が可算名詞と不可算名詞になる例 可算名詞の「cake」 2 cake s (ケーキ2個) 不可算名詞の「cake」 2 piece s of cake (ケーキ2切れ) このような形で「piece」を使うことで、「小さくなった部分」を表すことができます!

次の