バリアブル ファミマ。 Amazonギフト券バリアブルカードは金額指定OK?買い方・使い方を解説|アマギフの達人

ファミリーマートのiTunesカード割引キャンペーン【2/12更新】

バリアブル ファミマ

ボーナス金額は、ギフトカード利用時に利用者のApple IDへ自動的に加算されます。 対象カード 対象店舗でキャンペーン期間中に購入したAppStore&iTunesギフトカードバリアブル1500-50,000が対象となっています。 バリアブルカードとは バリアブルカードとは、1,500~50,000円までの間で、好きな金額を自分で設定できるiTunesカードです。 1円単位で金額を指定できるので、iTunesのクレジット残高が半端に残ることもありません。 バリアブルカードの購入方法 バリアブルカードは、お近くのコンビニで簡単に購入することができます。 iTunesカードと記載されているカードをレジに持っていき、チャージしたい金額を伝えることで、指定の金額がチャージされたiTunesカードを購入できます。 また、受取期限が1月17日までなので注意しましょう。 万が一ボーナスを取得できなかった場合のために、ボーナスが加算されるまでは、AppStore&iTunesギフトカード・台紙 パッケージ ・購入時のレシートは捨てないように保管しておきましょう。 次回の時期予想 2月上旬と予想 ファミリーマートの次回のイベント開催時期は、2月上旬と予想します。 ファミマTカードでiTunesカードを購入すると、0. 常に0. 他の方法は現金のみ ファミマでiTunesカードを購入する際は、ファミマTカード以外では現金でしか購入できません。 コンビニは、金券や利益にならない公共料金の支払いは現金のみが多いです。 ファミマTカードがない場合は、現金を所持してからitunesカードを買うようにしましょう。 返品はできないので注意 ファミリーマートでiTunesカードを購入した際は、ほとんどの場合返品・返金・交換は受け付けられません。 コンビニ側からは、コードが使用できるかの確認はできないためです。 どうしても返品や交換がしたい場合は、AppleStoreに問い合わせをしましょう。 iTunesカードのキャンペーンとは? iTunesカードのキャンペーンは、コンビニ各店や携帯キャリアが、iTunesカードをお得に購入できるよう不定期的に開催します。 iTunesカードを割引価格で購入できたり、購入したカードの額面に応じたボーナスを受け取れるなど、内容はキャンペーンによって様々です。 キャンペーンの注意点 キャンペーンの内容や開催期間は各社同一ではないため、最新情報を確認したうえでiTunesカードをお得に購入しましょう。 購入したiTunesカードをお得に使う方法 課金をする際には、課金額の一部がiTunesカードやアマゾンギフトカード等と交換できるポイントとして還元される「モッピー」を経由しましょう。 使い方はサイトを立ち上げて、サイト内からアプリの起動をし、アプリ内で課金をするだけなので非常に簡単です。 もちろん無料で簡単に登録できるので、使うメリットしかありません。 上場企業が運営しているので、安全性も信頼できます。

次の

ファミリーマートのiTunesカード割引キャンペーン【2/12更新】

バリアブル ファミマ

amazon バリアブルカードとは? amazonのバリアブルカードというのは、 1,500円から50,000円まで、1円単位で好きな金額で購入できるAmazonギフト券。 (ギフト券詐欺対策で、九州地域の一部店舗では1,500円から20,000円までとなっています) Amazonのギフト券は、購入する時も使う時も、手数料など一切かからず、これがあれば、クレジットカードがなくてもAmazonでお買い物ができます。 ギフト券を購入してもいいんだけど、おつりがもらえるわけでもなく、半端に残高が残るのが気になる、という方もいますよね。 そういった場合は、このバリアブルカードが便利。 コンビ二で購入できるバリアブルカードは、欲しい商品の金額を1円単位で支払い完了できて、半端な残高が残らないのがメリットです。 amazon バリアブルカードでよくある失敗 送料などの見落としによる金額間違い 1円単位で希望の金額分を購入できる便利なバリアブルカードですが、うっかりミスもありがち。 特によくあるのが、バリアブルカードで欲しい商品の代金分を購入してきたのに、決済が先に進まない。 というケース。 Amazonの商品代金はたしかに確認したのに、その他の送料や手数料を見落とした場合ですね。 その分の金額が足りないため、決済を完了できないわけです。 その場合は、不足分をなにかしらの支払い方法での支払いが必要となります。 なんとも残念ですよね。 バリアブルカードは1,500円からの購入なので、送料程度の小さな金額では追加購入したくてもできません。 金額間違いを確実に回避するには 注文した金額ぴったりにバリアブルカードを購入したい場合は、失敗のないように、amazonのカートに入れて最終の注文合計金額を確認しましょう。 商品をカートに入れ、レジに進み、住所や支払い方法を設定します。 支払い方法はクレジットカードがあれば、クレジットカード、もしくはコンビニ払いを指定しましょう。 ここで代金引換を選んでしまうと、代金引換の手数料も加算されて合計金額が違ってきます。 プライム会員でない場合は、お急ぎ便なども加算されますので、そういった情報もチェックして、最終の確認画面で「注文を確定する」というボタンの下に表示された「ご請求額」を見ます。 例としてマーケットプレイスのとある商品で見てみましょう。 これは、商品価格は7,378円ですが、マーケットプレイスの商品で送料がかかります。 マーケットプレイスの商品は、プライム会員であっても記載されている送料がかかります。 ということで、実際支払うのは8,138円となります。 商品代金だけ見て7,378円のバリアブルカードを購入したら、送料分が不足してしまい、決済を完了できません。 ぴったりの金額でバリアブルカードを購入したいのであれば、このようにして確実な金額をチェックしてから、間違いの無いように購入しましょう。 バリアブルカードよりギフト券の現金チャージがおすすめ Amazonのバリアブルカードは自分で自由に金額を指定して購入できるので便利ですが、取り扱い店舗も限られていますし、店頭でスタッフの方に1円単位の金額を指定するのもちょっと面倒だったりしますよね。 そこでおすすめしたいのは、Amazonギフト券のチャージタイプ。 バリアブルカードは、店頭にないと購入できませんが、Amazonギフト券のチャージタイプなら、スマホやWEBで簡単に購入できて、支払いもコンビニでできるのでバリアブルカードより手間がかかりません。 Amazonギフト券のチャージタイプはクレジットカードなどでもチャージできるのですが、コンビ二などで現金で支払う場合はチャージでポイントがもらえるという嬉しい特典付き。 Amazonギフト券のチャージタイプをまだ利用したことがないなら、要チェックです。

次の

【タイムセールでも】ファミペイでアマゾンギフト券を2万円分買うと2万2千円分になる件→やってみた

バリアブル ファミマ

セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ イオン スリーエフ デイリーヤマザキ セイコーマート ドン・キホーテ TSUTAYA イトーヨーカドー ヤマダ電機 ビックカメラ いかがでしょう、毎日何かしらのタイミングで上記のいずれかのお店を見かけたりするのではないでしょうか。 特にコンビニは非常に足を運びやすく24時間好きなタイミングでiTunesカードをお求めになれます。 インターネットで購入出来るiTunesギフトコードも便利ですが、ふらっと立ち寄った時にパッと購入出来てしまうスタイルは恐らく一番簡単で手軽な入手方法だと思います。 バリアブルiTunesカードの購入方法 コンビニの店頭に置かれているiTunesカードのバリアブルタイプを探します。 金額が記載されている箇所に「 1,500円~50,000円」と書かれているのがバリアブルタイプです。 1,500円~50,000円の範囲で好きな金額のiTunesカードを購入出来ますよ、という意味です。 これをレジに持っていき、希望のチャージ金額を店員に伝えます。 金額を支払って、チャージされたiTunesカードを受け取ります。 バリアブルタイプ限定キャンペーンを見逃すな コンビニで購入する場合に見逃せないのが バリアブル限定キャンペーンです。 各コンビニエンスストアが期間限定でバリアブルiTunesカード購入者に対してポイントの付与やiTunesボーナスなどをプレゼントするというものです。 キャンペーン内容は実施しているコンビニ毎に様々で、どのキャンペーンも利用しないと損をしてしまう位の魅力があります。 だいたいにして100円=1ポイントの還元だったり購入金額の10%分のiTunesボーナスコードがもれなく貰えます。 すなわち、購入金額が大きい程に還元されるものが大きくなるという事です。 高額なiTunesカードの購入を検討している方は現在キャンペーンを行っているコンビニをチェックした上で利用するのがオススメです。 コンビニには金額固定タイプのiTunesカードも販売している 1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の4つのタイプがあります。 自分の購入したい額面が上の4種類の中にあれば、そのタイプのiTunesカードを選んで下さい。 上のitunesカードには10,000と書かれているので10,000円分のiTunesカードという事が分かります。 レジに持っていく際には特に何も伝える必要はありません。 お会計の10,000円をお支払いすればチャージされたiTunesカードが手に入ります。 コンビニにEメールタイプのiTunesカードはある? コンビニ等で販売されているiTunesカードはカードタイプのみです。 Eメールでitunesギフトコードを送りたいという方はインターネットからの申し込みをする必要があります。 詳しい説明は以下の記事で取り上げているので是非見てみて下さい。 各コンビニ毎のiTunesカードの購入方法 それでは、各コンビニ毎に購入方法に違いはあるのでしょうか? 基本的にコンビニでのiTunesカードの支払いは現金のみです。 それがnanacoです。 nanacoにチャージしたお金でiTunesカードが買える仕組みになっているのですが、 nanacoは現金だけでなくクレジットカードでも残高チャージが出来るのです。 これによって間接的にクレジットカードでitunesカードが買えてしまうのです。 また、クレジットカードでnanacoにチャージする時にポイントが溜まりますので、普通に現金で支払いするよりも結果的に得をするという事になります。 iTunesカードの購入時に一緒に提示する事で『 来店スタンプ』というものが溜まります。 これを貯める事で最終的にポイントに交換する事が出来るのです。 更に不定期でiTunesカードの購入者キャンペーンが行われています。 100円=1ポイントの還元率は是非利用したいですね。 ポイントが使えないどころか、iTunesカードの購入分のポイントもつかないようです。 しかし、ファミリーマートではバリアブルキャンペーンを随時行っておりますので、そちらを活用する事でお得にiTunesカードを購入する事が出来ます。 そして、WAONはクレジットカードでのチャージに対応しています。 すなわち、セブンイレブン同様 ミニストップでも間接的にクレジットカードiTunesカードの購入が可能なのです。 更に、WAONポイントでもiTunesカードを買えるという一面もあります。 イオンカードでときめきポイントというものを貯める事でそれをWAONポイントに変更する事が出来ます。 そのWAONポイントを使ってiTunesカードを買うという方法も可能です。

次の