顕微鏡 的 血尿。 尿に血が混じる。血尿を指摘された

尿潜血の原因はストレス・疲れ?血尿は何科を受診するべきか [腎臓・膀胱・尿管・尿道の病気] All About

顕微鏡 的 血尿

尿に血が混じる。 血尿を指摘された 尿に血が混じる。 血尿を指摘された 血尿とは 健診や病院での尿検査で、「おしっこに血が混じってます」とか「尿潜血陽性です」とかいわれることがあると思います。 尿に血が混じる、いわゆる血尿は、尿を作る腎臓や尿の通り道の重要な病気のサインです。 血尿が発見される頻度は年齢とともに増え、男性に比較して女性に多く見られます。 おしっこが赤いなど、尿に血が混じることを目でみて判断できる肉眼的血尿はさらに重要な病気のサインです。 たとえば膀胱癌の85%は肉眼的血尿を契機として発見さます。 また腎癌でも、最近は検診や人間ドックなどで偶然に発見される症例が増えてきたものの、血尿を契機に見つかることも少なくはありません。 いっぽう、目でみて尿の色の変化はわからないものの、尿検査にて血が混じっている状態を顕微鏡的血尿といいます。 顕微鏡的血尿でも、がんなどの重要な病気の危険信号の場合がありますので注意が必要です。 血尿の原因 血尿の原因としては、悪性腫瘍や結石、膀胱炎などの炎症、腎臓の内科的な病気など様々なものがあります。 顕微鏡的血尿を起こす主な病気は、腎臓で血液から尿をろ過する糸球体という器官になんからの原因があることがあります。 この場合、尿に蛋白が混じっているかが重要なサインになります。 また、悪性腫瘍は生命を脅かす危険があるため、早期発見が必要です。 そのなかには、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、尿管癌、腎盂癌などがありますが、膀胱癌は顕微鏡的血尿で診断される悪性腫瘍の中で最も多いがんです。 尿路結石症では、ほとんどの症例で顕微鏡的血尿をともなっています。 膀胱炎でも、膿尿と血尿を伴う場合があります。 まれではありますが、腎臓の血管の奇形でも血尿をきたすことがあります。 これらの病気をはやく発見するためには、健診や人間ドックなどによる尿検査が重要です。 血尿が見つかった場合には、症状がないからとほっておかず、はやめに専門医の受診をおすすめします。 血尿を調べる検査 健診やかかりつけの病院で血尿を指摘されたら、泌尿器科医の受診をお勧めします。 泌尿器科では尿検査のほかにまず超音波検査を行います。 超音波検査は簡単に行え、また痛みもなく、がんや尿路結石の有無などさまざまな情報が得られる有用な検査です。 もし、なんらかの疾患が疑われた場合には、さらにCTやMRI、採血、膀胱鏡などいろいろな検査を行っていきます。 特に肉眼的血尿は重要な病気のサインです。 喫煙者で肉眼的血尿がある場合には、膀胱癌などの疑いがありますので、尿のなかに癌細胞が混じってないか尿細胞診という検査を行います。 また、痛みの少ないやわらかい電子スコープを用いて膀胱の中を観察したりします。 いずれの病気にしても、はやくみつかれば、それだけ体に負担のすくない治療が可能になります。 おしっこをしていて、あれ!と思ったら、近くの病院でまず尿検査を受けましょう。

次の

顕微鏡的血尿って何ですか?

顕微鏡 的 血尿

先日、昨年末より3日に1回のペースで、 >> という方が受診されました。 まず、診察の後に腹部超音波を施行した際に、 右腎結石が2個。 また、左の腎盂の拡張が認められました。 膀胱内はしっかりと尿が貯まっている条件下で 確認しましたが、腫瘍や結石を認めませんでした。 尿検査上も顕微鏡レベルでの赤血球数が 毎視野に多数認められておりました。 腹部レントゲンも施行したところ、 超音波で認められた右腎結石以外に、 左尿管結石も認められており、 超音波で認められた左腎盂拡張は 左尿管結石によるものと判明しました。 ここまでの所見で、大方尿路結石による 肉眼的血尿でほぼ決まりかなというところですが、やはり 顕微鏡的血尿とは異なる扱いをしなければならず、 万が一膀胱内の小さな腫瘍性病変を見逃していたりする 可能性がゼロではない。 ということを患者さんにお伝えし、 快く承諾されたため、内視鏡で、膀胱内を 観察することとなりました。 ここで患者さんに承諾が得られなければ、 検査は行われていませんでした!! 現在の膀胱内視鏡はかつての硬性鏡とは異なり、 胃カメラや大腸カメラと同じで 、あまり怖いものと 身構えずに行えるようになりました。 話は戻りますが、結局内視鏡を行った結果、 先ほどの患者さんの膀胱内には小さな 早期の膀胱がんが2か所に発見されました。 エコー所見をうのみにせず、しっかり内視鏡検査 を行ってよかった!見逃さずに見つけられてよかった! と患者さんともども肝を冷やすと同時に、 安堵の気持ちにさせられました。 すぐに近隣の施設に紹介し、膀胱がんの内視鏡手術 を優先に、その後、尿路結石に対する破砕術も 行ってもらうこととなりました。 健診での顕微鏡的血尿の精査で訪れる方、 肉眼的血尿で自ら訪れる方、血尿には色々 な情報を与えてくれるきっかけとなる症状です。 特に症状のない無症候性肉眼的血尿にはご用心を!! 投稿者: すがわら泌尿器科内科.

次の

立川病院 腎盂尿管がん診療|立川病院

顕微鏡 的 血尿

尿検査で「潜血(2+):要精密検査」の結果が出た ほとんどの人が学校や職場の健診(健康診断)で検尿を受けます。 検尿は痛みを伴うことなく、腎臓や膀胱の病気を探すことができるのでよく行われます。 検尿の検査項目の1つに潜血があります。 これは「わずかな量の血液が混じっている」ということを意味しています。 つまり、尿の潜血反応があるということは 血尿が出ているということを表しています。 潜血の結果は次の表で示す5段階で評価されます。 また、数字が大きくなるほど、含まれる血液の量が多くなります。 数字が小さいときは 尿の見た目が赤く見えないことがほとんどです。 尿が赤い自覚がないのに健診で突然血尿が出ていると言われると、なんだか怖いと思ってしまうかもしれません。 そんな、ドキッとさせられる血尿について説明していきます。 血尿には2つの種類がある 健診で血尿があると言われた人の中には、「おしっこの色はいつもと同じ黄色なのに本当に血が出ているの?」と疑問に思った人がいるかもしれません。 実は、ひとくちに血尿と言っても「顕微鏡的血尿」と「肉眼的血尿」の2つがあります。 それぞれについて説明します。 顕微鏡的血尿 顕微鏡でみて初めて血液が混じっていることがわかるタイプの血尿を「顕微鏡的血尿」と言います。 顕微鏡で視野を400倍に拡大して尿を観察したときに、1つの視野に5個以上の 赤血球が含まれている状態のことを指します。 ざっくり言うと顕微鏡的血尿は見た目にはわからない程度のごくわずかな量の血液が尿に混ざっている状態です。 肉眼的血尿 正常な尿と変わらないように見える「顕微鏡的血尿」に対して、「肉眼的血尿」は見た目で血尿だとわかるタイプの血尿です。 その色はさまざまで、桜の色のような薄いものからケチャップのような濃い色(鮮血)まであります。 1Lの尿中に1mLの血液が混ざると、尿が赤く色づいて見えます。 出血の量が多くなるにつれて尿の赤みは濃くなります。 (このコラムでは肉眼的血尿についてあまり触れませんが、次回のコラムで詳しく説明します。 ) 検尿で潜血があると言われた場合どちらの血尿なのか、どれくらい出血しているのか 健診で血尿が出ていると言われた場合、そのほとんどが顕微鏡的血尿です。 顕微鏡的血尿の出血量は1Lの尿に対して1mL未満です。 1日に1. 5Lの尿が出たとすると、尿に含まれる血液の量は1. 5mL未満ということになります。 血液検査の採血量が10mLから20mLであることや生理(月経)の出血量が20mLから140mLであることを考えれば、顕微鏡的血尿ではごくわずかしか出血していません。 顕微鏡的血尿は深刻な問題が隠れているのか、どんなことが調べられるのか 次に、「潜血があると言われた人」の多くに当てはまる顕微鏡的血尿の頻度や原因などについて説明します。 顕微鏡的血尿は深刻な問題のサインなのでしょうか。 顕微鏡的血尿は珍しくはない 日本で行なわれた健診では、男性で3. 5%、女性で12. 3%に顕微鏡的血尿がみつかったという研究報告があります。 この結果は言い換えると、男性では約30人に1人、女性では約8人に1人に顕微鏡的血尿が見つかったということになります。 顕微鏡的血尿が見つかるのは決してまれなことではありません。 顕微鏡的血尿は深刻な病気のサインなのか では、顕微鏡的血尿を指摘された人には深刻な病気がどれくらいの確率でみつかるのでしょうか。 「顕微鏡的血尿の指摘があり、症状のない健康な人」を調べた研究のまとめによると、 がんなどの命にかかわる病気がみつかった人は1. 実は、顕微鏡的血尿は疲れやストレスといった体調面や心理面の不調が原因で現れることがあるので、必ずしも深刻な病気のサインとは限りません。 顕微鏡的血尿の人にはどんな検査が行なわれるのか 少ないながらも顕微鏡的血尿の人には命にかかわる病気が隠れている可能性があります。 顕微鏡的血尿の人にはどんなことが調べられるのでしょうか。 病院で再検査をしたときには血尿がなくなっているケースもあります。 この場合は、病気が隠れている可能性が極めて低いと判断されて、追加の検査は行われません。 また、病院で行なわれる尿検査では、健診では調べられなかった、尿中に含まれている「細胞の種類」や「細胞の形」などを知ることができます。 より詳しい結果をもとにすることでどうして尿に血がまじるのかが推測されやすくなります。 腹部超音波検査では腎臓や膀胱の形や中の様子を観察することができ、尿細胞診は尿中のがん細胞の有無を調べることができます。 ここまでの検査で異常がなければ、それ以上の詳しい検査は行なわれず、時間をあけて尿検査を行い、血尿が現れないかを見ていくことになります。 尿検査の間隔は専門家でも意見が分かれており、1年に1回の尿検査とすることもあれば、4ヶ月後に再検査とすることもあります。 受診した際に医師に確認してください。 顕微鏡的血尿で特に注意が必要な人 顕微鏡的血尿の人に生命に関わるような病気がみつかることは多くはないので、ほとんどの人は少ない検査だけで済みます。 しかし、次の条件に当てはまる人は最初からより詳しく調べられることが望ましいとされています。 40歳以上の男性である• 喫煙歴がある• 仕事で発がん化学薬品に触れたことがある• 過去に肉眼的血尿があった• 泌尿器科で過去に治療をした病気がある• などのにかかったことがある• 排尿するときに刺激症状がある• フェナセチン(鎮痛剤)をかなりの頻度で使用していた• 骨盤内に放射線による治療を受けたことがある• シクロフォスファミド( 免疫抑制剤または 抗がん剤)による治療を受けたことがある この条件はやなどの尿路(尿の流れる道)にがんができやすい人の特徴を踏まえたものです。 当てはまる人が顕微鏡的血尿を指摘された場合、最初から腹部超音波検査と尿細胞診が行われることが多く、 内視鏡検査(膀胱鏡検査)や画像検査( CT検査や MRI検査)が必要に応じて行なわれます。 上の条件には難しい言葉もあるので、自分の状況が当てはまっているかどうかわからないという人もいるかもしれません。 顕微鏡的血尿で病院を受診した場合、医師側から上記の項目に基づいた質問が行なわれるので、自分で完璧に説明できなくても検査の判断に支障はないので安心してください。 上手に質問に答えるコツは、「過去の仕事の内容」、「過去に治療したことのある病気」「過去に使用していた薬」について整理しておくことです。 健診で血尿が出ているといわれても慌てないこと、そしてきちんと原因を調べることが大切 血尿の成り立ちと血尿を指摘された人の心構えについて説明してきました。 ここまでの内容をまとめます。 血尿には「顕微鏡的血尿」と「肉眼的血尿」の2つがある• 健診で指摘される血尿はほとんどが顕微鏡的血尿である• 顕微鏡的血尿から命にかかわる病気がみつかることは多くはないが、きちんと検査を受けることが重要である• 顕微鏡的血尿の人の中でも最初から慎重に調べなければならない人がいる 健診で指摘される 顕微鏡的血尿はすぐに治療しなくてはいけない状態ではないので慌てる必要はありません。 また、 命にかかわる病気が隠れていることも多くはないので、心配になりすぎることもありません。 しかし、放置をしていると、厄介な病気を見逃してしまうこともありえるので、検査は必ず受けるようにしてください。 「慌てず、心配になりすぎず、原因をきちんと調べること」を心がけてください。

次の