愛知県私学助成金 シュミレーション 2020。 至急(明日まで)母子家庭 愛知県私立高校にかかる費用について現在中3の息子が...

高校受験を控えた家庭が年末までに「ふるさと納税」を済ませておきたい理由とは?

愛知県私学助成金 シュミレーション 2020

2020年4月から愛知県が行う私立高等学校の授業料軽減補助制度が大きく変わり、子どもたちはより広い選択肢の中から、自身の希望する学びの場を選ぶことが可能になります。 愛知県が私立高等学校に通う約半数の生徒に対し、授業料を無償化する制度を紹介します。 愛知県の私立高等学校の授業料軽減補助制度は、愛知県在住の方が対象になります。 このほか、お住まいの市町村が独自に行なっている私立高校への支援制度もあります。 詳しくは県またはお住まいの市町村までお問い合わせください。 国際化・情報化社会が進む社会 次代を担う生徒に質の高い教育を 文明の進展とともに私たちの生活は豊かになりました。 グローバル化・情報化により多様な文化や価値が瞬時に行き交う時代、子どもたちは何に関心を向け、何を学びたいと思うか。 そして親としてどのような進路に進むことを願うかを考えることも多いでしょう。 こうした変化に対応すべく、文部科学省は新しい学習指導要領を2020年度から小学校、中学校、高等学校と1年ごと段階的に導入することを決定しました。 基本方針は「何のために学ぶのか」を前提に、「何ができるようになるか」を明確にして、予測困難で正解のない変化に直面しても、自らの資質や能力で未来を切り拓くことができる教育を目標にしています。 私立高校は建学の精神に基づいて、学びの内容が明確にされており、それに伴う多種多様な「特色のある教育」が大きな特徴です。 海外で活躍することを目指す学習、全国レベルの実績を誇る課外活動など独自のプログラムを展開し、ICTの活用、アクティブラーニング、短期留学など、自由度の高いカリキュラムによって育まれる力は、これからの時代に必要なものばかりです。 施設や設備も充実しており、一人ひとりに寄り添う手厚いサポート体制も大きなメリットと言えるでしょう。 手厚くなる授業料と入学金補助 私立高校の実質無償化が大幅拡大 さまざまな魅力がありながら、私立高校は学費の高さを理由に、進学先から外されることがありました。 しかし、保護者の経済的負担を軽減する国の高等学校等就学支援金の支給上限額の引上げに伴い、愛知県独自の上乗せも加わり、4月から授業料と入学金の支援額が大幅に拡充されます。 私立高校という選択肢がより身近なものとなるのです。 愛知県ではこれまで、国の就学支援金と県の授業料軽減補助金を合わせて、授業料無償の対象は世帯年収350万円未満の家庭まででした。 今回、国の制度改正に県独自の上乗せが加わり、720万円未満の世帯まで一律に、県内私立高校の平均授業料の年額41万2800円まで補助を受けられる制度に充実されます(現行の補助額上限は39万8400円)。 これまで世帯年収350~720万円程度の世帯は段階的に自己負担額が増える仕組みでしたが、一気に授業料が実質無償化されます。 補助を受けるには所得基準の他に、愛知県在住であることなどの条件があります。 県庁のHPなどでしっかり確かめましょう。 また、補助は必ずしもすべての学校に適用されるわけではないため、注意が必要です。 新制度は在校生にも適用されます。 ただ、新入生と異なる部分があるので、これも確認しておくと良いでしょう。 入学納付金補助も制度拡充に伴い、720万円未満での世帯に20万円、840万円未満の世帯に10万円を給付。 さらに非課税世帯を対象とした奨学給付金制度も用意されています。 名古屋市も独自に補助 国と県の制度の他に、独自に授業料軽減補助等の奨学制度を行う市町村があります。 例えば名古屋市は、来年度より世帯年収860万円以上、1,130万円未満の世帯を対象に補助金額を引き上げます(年収目安は市民税減税のため県と異なる)。 詳しくは、お住まいの各市町村にお問い合わせください。 愛知県の私学助成の充実に向けて 愛知県知事 大村 秀章氏 一層の学び、成長を期待 教育を幼児期から高等教育まで社会全体で後押しする政策に基づいて、国は、私立高校に通う生徒がいる世帯年収590万円未満のご家庭に、年間39万6,000円(全国の私立高校授業料平均額)を補助する予算を編成しました。 この国の動きに対し、愛知県はさらに全国トップレベルで支援する予算を編成し、県議会に提案します。 授業料は年収720万円未満のご家庭なら、私立高校授業料平均41万2,800円まで全額を、また840万円未満のご家庭には、平均授業料の2分の1を補助します。 その結果、私立高校生の約半数は授業料が無償となります。 加えて、入学金は全国に先駆けて年収720万円未満のご家庭なら20万円を、840万円未満のご家庭には10万円を補助します。 私学は建学の精神をもとに特色ある教育を行い、公立と共に愛知の公教育を担う大切な存在です。 生徒の皆さんが将来に向かって一層学び、成長することを期待しています。 愛知県私学協会 会長 石田 正城氏 多様な人材を育成する幅広い選択肢 私立学校は愛知における公教育の一翼を担い、各校が建学の精神に基づいて、独自の特色ある人格教育を行っています。 生徒の多様性を尊重し、その能力を伸ばし、多くの分野で社会に貢献する人材を輩出しているのです。 そうした中、令和2年度から愛知県の私学助成が大幅に拡充されます。 私立学校に通う生徒に対し、保護者の年収が720万円未満程度まで、授業料が完全無償化されるとともに、入学金補助も拡充されることが発表されました。 これにより、今まで経済的な理由であきらめていた生徒も、授業料等の心配なく私立学校を選ぶことができます。 私・公、同じ土俵で勉学ができ、教育の自由選択が一層進むことになるのです。 今回の私学助成の拡充は、永年望んでいたことであり、大村秀章愛知県知事の英断と、自由民主党をはじめとする愛知県議会議員の方々の大変なご尽力によるものです。 心より感謝申し上げます。 私たち私立学校はこれまで以上に切磋琢磨し、愛知の子どもたちの教育の充実に取組み、AI・IoT時代の未来を創造する、公立ではできない多様な人材の育成に努めてまいります。 愛知県私立中学高等学校 保護者会連合会 会長 北村 眞行氏 私学を生涯の母校に 私たちは、私立学校に子どもを学ばせる保護者の立場から私学協会と協力して、私学助成金の増額活動等に取り組んでいます。 各私立学校では、それぞれ個性的で多様性に富んだ教育が行われています。 子ども自身が自分を最大限に生かし成長させてくれる学校はどこかということを見極め、選択することを保護者が後押しすることは、子どもの成長と彼らの未来につながることだと思います。 今回の愛知県の私学振興予算案の策定にあたってご努力いただいた関係各位の皆様に対し、保護者の立場として、感謝の気持ちでいっぱいです。 より多くの子どもたちが、特色ある愛知の私立学校を生涯の母校とされることを願っています。

次の

高等学校等就学支援金の支給日はいつ?どんな方法で支給される?私学の場合は?

愛知県私学助成金 シュミレーション 2020

今年4月、東京都の私立の中高一貫中学で高校一年に進級した長男が、学校から授業料補助の資料を貰ってきました。 東京都の私立高校に通う高校生を対象とした授業料軽減の仕組みは、国の就学支援金と東京都の授業料軽減助成金の2つがあります。 両方とも基本的に授業料の支出が厳しい家庭を対象としたものであり、需給には一定の制限が設けられていますが、実際自分はどうなのかわからないという人も多いのではないでしょうか(私もそうです)。 補助を受けられるかどうかは資金の準備にも大きく影響を与えるため、本稿では自分の納税額を自分で手計算することで、実際に自分が受けることができる補助額を計算してみたいと思います。 なお、長男が貰ってきた資料はで公開されているでした。 基準は住民税に関わる納税額 国の就学支援金も東京都の授業料軽減助成金も、制限は住民税に関わる納税額で設定されています。 基準は公開されており、国の就学支援金の受給基準は以下の通りです。 区市町村民税所得割額が年額304,200円以上になると、軽減はないということになります。 区分 住民税が均等割のみの世帯 約250万円未満 29万7,000円 区市町村民税所得割額が年額51,300円未満の世帯 約250万円~約350万円未満 23万7,600円 区市町村民税所得割額が年額154,500円未満の世帯 約350万円~約590万円未満 17万8,200円 区市町村民税所得割額が年額304,200円未満の世帯 約590万円~約910万円未満 11万8,800円 東京都の平成29年度の授業料軽減助成金の受給基準は以下の通りです。 その基準を超えると、軽減はないということになります。 区分 年収の目安 4人世帯(夫婦と子ども2人)の例 軽減額 (年額) 住民税が均等割のみの世帯 約250万円未満 14万5,000円 区市町村民税所得割額が年額51,300円未満の世帯 約250万円~約350万円未満 20万4,400円 区市町村民税所得割額が年額154,500円未満の世帯 約350万円~約590万円未満 26万3,800円 住民税が一定基準以下の世帯 約590万円~約760万円未満 32万3,200円 ちなみに、平成28年度の数字は正式には公開されていないようですが、検索すれば学校が公開? しているが引っ掛かります。 授業料軽減助成金の手厚さは平成28年度と平成29年度では大きく変わりますが、基準自体は同じ(上限が年収約760万円)なので、平成29年度の基準もおそらく同じでしょう。 軽減額を一つの表にまとめると、以下の通りとなります。 年収の目安約760万円を境として、30万円以上軽減額に違いが出ることがわかりますが、この違いはそのまま口座に振り込まれる金額の違いになるので、この差はとても大きいといえるでしょう。 区分 年収の目安 4人世帯(夫婦と子ども2人)の例 軽減額 (年額) 住民税が均等割のみの世帯 約250万円未満 44万2,000円 区市町村民税所得割額が年額51,300円未満の世帯 約250万円~約350万円未満 区市町村民税所得割額が年額154,500円未満の世帯 約350万円~約590万円未満 都民税額と区市町村民税額の合計額が428,100円 以下 かつ区市町村民税所得割額が年額304,200円 未満の世帯 約590万円~約760万円未満 都民税額と区市町村民税額の合計額が428,100円 以上 かつ区市町村民税所得割額が年額304,200円 未満の世帯 約760万円~約910万円未満 11万8,800円 都民税額と区市町村民税額の合計額が428,100円 以上 かつ区市町村民税所得割額が年額304,200円 以上の世帯 約910万円以上 0円 管理人はエンジニアで税金とかはまったくの素人ですが、頑張って色々調べてみました。 自分の住民税を計算する 自分が基準を満たしているかを確認する唯一無二の方法は、自分で住民税を計算してみることです。 色々調べてみましたが、東京都に住む私であれば東京都の情報が間違いないということで、で考えることにします。 大きく分けて総合課税(上段)と分離課税(下段)があることがわかります。 ここではサラリーマンで、株とFXもやっている管理人のケースで考えてみます。 まず上段の総合課税(サラリーマンならば給与関連)に関する基本的な計算式は以下の通りです。 社会保険料控除、小規模企業共済金等掛金控除については、所得税を計算した源泉徴収票の数字そのままの数字になります(所得税と住民税で同じ数字が適用される)。 また、配偶者特別控除と基礎控除は、所得税ではそれぞれ380,000円ですが、住民税ではそれぞれ330,000円になります。 管理人が衝撃だったのが扶養控除です。 1月1日以前に生まれた同級生は控除が受けられるので、明らかな不公平と言えるでしょう。 この問題は各所で話題になっており、国会で取り上げられたこともあるようですが、現時点で改善の目途はないようです… これらを踏まえて上段の式を計算した結果が以下の通りです。 管理人の場合、株やFXの収益が該当します。 計算式は以下の通りです。 ちなみに管理人は株は売買益が非課税になるNISAを基本としているため、平成29年度の申告は2年前の損失の繰り越し(約10万円)しかありませんでした。 税額控除はふるさと納税と調整控除が該当しますが、まずふるさと納税について計算します。 計算式はちょっと複雑です。 ただし、個人住民税所得割額(調整控除額控除後の額)の20%を限度とします。 ) 管理人は4つの自治体に合計130,000円を納めたので、以下の通りになります。 ここまでが所得に応じた所得割分で、これに都民全員に均等にかかる均等割分(都民税 : 1,500円、区市町村民税 : 3,500円)を足すと、最終的に支払うべき住民税の金額となります。 ここまでで弾いた数字を利用して計算すると、以下の通りとなります。 区分 年収の目安 4人世帯(夫婦と子ども2人)の例 軽減額 (年額) 住民税が均等割のみの世帯 約250万円未満 44万2,000円 区市町村民税所得割額が年額51,300円未満の世帯 約250万円~約350万円未満 区市町村民税所得割額が年額154,500円未満の世帯 約350万円~約590万円未満 都民税額と区市町村民税額の合計額が428,100円 以下 かつ区市町村民税所得割額が年額304,200円 未満の世帯 約590万円~約760万円未満 都民税額と区市町村民税額の合計額が428,100円 以上 かつ区市町村民税所得割額が年額304,200円 未満の世帯 約760万円~約910万円未満 11万8,800円 都民税額と区市町村民税額の合計額が428,100円 以上 かつ区市町村民税所得割額が年額304,200円 以上の世帯 約910万円以上 0円 細かい誤差はあるでしょうが、おそらく最大限の軽減が受けられるグループに入れそうだということがわかりました。 ここまでで分かったこと 自分で色々調べながら計算してみてわかったことを簡単にまとめたいと思います。 ふるさと納税の効果は抜群だが… もしふるさと納税という仕組みがなかったら都民税が41,713円、区市町村民税が62,569円上乗せされることになり、両者の合計は451,350円となり、最大の軽減を受けるための閾値を超えてしまうことになります。 管理人は2015年度に主に被災地への支援を目的にふるさと納税を始めましたが、長男が高校に進学する今年、初めて真面目に自分の税金を計算してみて上記の事実を知りました。 個人的には前述の扶養控除の件と同じく制度上の欠陥であると思っており、損をすることもあれば得をすることもあるんだなぁという認識ですが、大阪府ではおり、近い将来対策がされるかもしれません。 そうなったらそうなったで、本来あるべき姿に戻ったと考えるべきでしょう。 残業時間でコントロールをすれば… 上記の表の44. 2万円と11. 88万円の差は、そのまま銀行口座に振り込まれる金額の差となるため、手取りで33万円弱の差に等しいといえるでしょう。 サラリーマンが手取りで年間33万円を手取りで上積みを試みる場合、もっとも簡単なのは残業を増やすことでしょうが、33万円分の残業が何時間の労働に相当するかというと、人によって違いはあるでしょうが数か月分の残業量に相当するはずです(収入が増えると税金も増えるので、額面上はさらに多くの上積みが必要になるはず)。 ボーダーラインの近くにいる人であれば、残業を減らして最大の軽減を受ける方がお得、と考えても不思議ではないでしょう。 もちろんこの考え方も制度の趣旨を考えればおかしいのですが、どこかで線を引かなければならず、線を引くと必ずボーダーライン近くでこのようなことが発生するのはやむないとも言えます。 自分で計算してみよう! 今回計算してみた結果、見せかけの収入を減らす抜け道があるなど問題がありそうだ、あるいは早まれは損だということなど、色々なことがわかりました。 私がわかったことはここまでに書きましたが、自分で計算をしてみたら別のことに気が付くこともあり得るでしょう。 面倒かもしれませんが、高校生の子供がいて補助を受けることができる立場にある方は、一度自分で手計算をしてみることをお勧めします。

次の

【2020年4月】私立高等学校の授業料無償化がスタート!対象世帯と金額を要チェック!

愛知県私学助成金 シュミレーション 2020

Contents• 高校の授業料(全日制) ご存知、高校は義務教育ではないため、授業料を支払う必要があります。 高校の入学以降で必要になるお金は、受験料、入学金、授業料、PTA会費、施設費などの他、制服代や文房具代、教材費などがあります。 中でも大きな金額を占めるのが、入学金と授業料です。 もしも何も助成が無かった場合、高校の授業料は、だいたい次の表のとおりです。 愛知の県立高校 入学金 授業料(月) 5,650円 9,900円 愛知の私立高校 入学金 授業料(月) 200,000円前後 30,000~40,000円 何が減免される? 現状、国や自治体などから受けられる主な支援は次の種類があります。 多くの人にとって公立高校は実質無料になり、私立高校でも半額以上が減免されます。 消費税の免除(高校に限らず学校全般) ・・・そもそも学校の授業料には消費税がかかりません• 国の「就学支援金」 ・・・国から受けられる授業料の補助(金額は所得による)• 愛知県の「入学料補助金」 ・・・愛知県から受けられる授業料の補助(金額は所得による)• 愛知県の「授業料軽減補助金」 ・・・愛知県から受けられる授業料の補助(金額は所得による)• いくら減免される? 国からは授業料について支援金があります。 愛知県からは入学金と授業料について補助金があります。 両方を併用することができ、合計金額が実質的な補助金になります。 入学金の減免額 世帯年収 県の補助金 350万円未満程度 200,000円 350万円~610万円未満程度 100,000円 610万円~840万円未満程度 65,000円 840万円以上程度 0円 授業料の減免額(月額) 世帯年収 国の支援金 県の補助金 減免の合計額 250万円未満程度 24,750円 8,450円 33,200円 250万円~350万円未満程度 19,800円 13,400円 33,200円 350万円~590万円未満程度 14,850円 7,250円 22,100円 590万円~610万円未満程度 9,900円 12,200円 22,100円 610万円~840万円未満程度 9,900円 6,700円 16,600円 840万円~910万円未満程度 9,900円 0円 9,900円 いつ、どうやって補助される? ご家庭に現金が支給されたり口座に補助金が振り込まれるわけではありません。 あくまで高校に支払う時に減免される仕組みです。 そして実は、入学時から減免されるわけではありません。 少し遅れてから補助されます。 特に入学前は、入学金と授業料をいったん支払う必要があります。 手続きの流れ 助成金も補助金も申請しなければ得られません。 高校の入学手続き(4月)のときに、申請書に課税証明書(所得証明書)などを添えて高校へ提出します。 課税証明書は区役所や市役所で発行してもらいます。 この申請書を提出した後で減免される金額が決定されます。 いったん支払って、後から清算 入学した4月の時点では、まだ減免額が決定されていません。 そのため、いったん入学金や授業料を支払っておかなくてはなりません。 そして次に支払う時に、納めすぎた分が相殺された減額分が学校から請求されます。 あとがき 高校の授業料を減免する制度は、民主党政権時代に国会で「高校無償化」が議論され2010年度から始まりました。 年収制限はあるものの、ほとんどの人にとって公立高校の授業料は無償になりました。 私立高校も半額以上が減免されていますが、まだ無償にまで手が届いていません。 現在は私立高校も含めて無償化になるよう、さらに議論が進められています。 高校までの学習をしっかり行えば、多くの職場でスタートラインには立てます。 何かの専門性を高めるにしても、専門書を読んだり調べたりすることはできるでしょう。 スタートラインに立つまでの教育を無償化することには大賛成です。

次の