チェーン ブレスレット 作り方。 ブレスレット 貴和製作所|手作りアクセサリーパーツ・ビーズの通販

リボンブレスレットの作り方や編み方16選|ミサンガ/チェーン/革ひも

チェーン ブレスレット 作り方

簡単でおしゃれなブレスレットの作り方 初めてのブレスレットを作るときは、面倒な作業やわかりにくい工程がない作り方のものを選びたいですよね。 子供でも作れる簡単な工程の作り方を6つ紹介します。 天然石と伸びるテグスのブレスレット• コードとビーズのブレスレット• チェーンとビーズのブレスレット• スウェードコードとプレートのブレスレット• レジンのブレスレット ブレスレットに必要な材料の多くは100均で手に入れることができるので要チェック! 素材や色を変えれば、性別や年齢に関係なく作れるものばかリですよ。 天然石と伸びるテグスのブレスレット 伸びるテグスに天然石を通すだけという作り方なので、初心者にもおすすめです。 お気に入りの天然石を数種類用意して、色の配置なども考えて作ってみてください。 好みの天然石を20粒ほどとメタルビーズを用意• 伸びるテグスに好きな順番で天然石を通す• 自分の手首のサイズになるまで天然石を通す• テグスを輪にして結んだら完成 伸びるテグスを使うことで、作り方が簡単なだけでなく着脱もかなり簡単です。 使う素材は天然石以外にもお好みのビーズを選んでもOK。 コードとビーズのブレスレット ワックスコードとビーズを使うと、手作りとは思えない仕上がりになるのが魅力。 作り方も意外と簡単です。 25cm程度のワックスコードを2本と3mm程度のビーズを用意• 針に糸を通し、右のコード・ビーズの穴・左のコードというように編む• 手首のサイズよりも3cmほど短い長さで仕上げる• 両端のコードを玉結びし、ボタンなどを付けたら完成 シンプルな作り方とデザインは男性にもおすすめ。 チェーンとビーズのブレスレット 少ない材料で作れるブレスレットの作り方です。 アクセサリーパーツ、チェーン、ビーズ、刺繍糸を用意する• チェーンの両端にアクセサリーパーツを付ける• 刺繍糸に好きなビーズを通す• 刺繍糸とチェーンを結んだら完成 ビーズを通すのは刺繍糸でなく毛糸や細いチェーンでもOKです。 スウェードコードとプレートのブレスレット 10分で完成しちゃう、超簡単な作り方です。 スウェードコードとお好みの金属プレートで作りましょう。 適当な長さのスウェードコードを2本用意• 金属プレートの両端にスウェードコードを結んだら完成 手首に付けるときは、スウェードコードを巻き付けてリボン結びをするなど、好みの巻き方を見つけてみてください。 コードを長めにとってぐるぐる巻きにするのもかわいいですよ。 こちらも男性におすすめのデザイン&作り方です。 太めのチェーンを用意し、両端にブレスレットパーツを付ける• 好きなコードやリボンをチェーンの穴に通して編み込む• 編み終わりとチェーンをしっかり結んだら完成 編み終わりにパールやビーズを付けてもいいですね。 チェーンの部分には好きなチャームを取り付けるともっとかわいくなります。 レジンのブレスレット ブレスレット用のレジン型を使った簡単な作り方がおすすめです。 レジン型にレジン液を流し込む• 押し花やビーズなど好みのものを封入する• UVライトを照射する• 型から取り出し、表面にもう一度レジンを塗って照射したら完成 レジンの作り方は簡単なので、お子さんの夏休みの自由研究としても人気な。 封入パーツを変えると全体の雰囲気が変わるので、いろいろな素材でたくさん作りたくなっちゃいます。 手作りブレスレットにおすすめの素材 ブレスレット作りの魅力は、 いろいろな素材を使えば同じデザインでも異なる雰囲気のブレスレットを作れる、ということですよね。 初めてブレスレットを作るときは、どんな素材のものが向いているのか知りたい人もいるでしょう。 ここでは手作りブレスレットにおすすめの素材を5つ紹介します!• ビーズ• チェーン• 刺繍糸• 簡単な作り方が多いこともありますが、ビーズの魅力はいろいろなかたちや色、大きさがあるということですよね。 ガラスビーズ• パール• ウッドビーズ 上記のようにビーズ自体の素材もいろいろあります。 スワロフスキーやチェコビーズといった高級ビーズを使えば、シンプルなデザインでも素敵に仕上がりますよ。 大粒のビーズを使うと少ない量でかわいいデザインのものが作れるのでおすすめ。 革のコードを使って、三つ編みや四つ編みにするという簡単な作り方でもおしゃれなブレスレットに。 合皮だと何度も繰り返しつけると表面の加工がはがれてきてしまうことがあります。 せっかく手作りするなら、本革を使って作ってみてくださいね。 合皮よりは費用が掛かりますが、少ない量でブレスレットは作れますよ。 チェーンにも種類がたくさんあって、どれにしようか迷ってしまうほど。 アズキ• 喜平(キヘイ) 上記の2つがチェーンの基本のタイプになるのですが、チェーンの大きさが変わると雰囲気が変わりますし、デザイン性のあるタイプも多いです。 チェーンを使うことでデザインの幅がぐっと広がるということも魅力。 チェーンとほかの素材を組み合わせたデザインに仕上げれるなど、アイデアは無限にありそうですよね。 チェーンは100均で買えるものもあります。 刺繍糸で作ったものというと、ミサンガを思い浮かべる人も多いかもしれませんね。 数本の刺繍糸を編んでいけばミサンガを作ることができますし、刺繍糸を三つ編みにするだけでもかわいく仕上がります。 刺繍糸で小さめのタッセルを作ってチャームとして使うのもおすすめです。 刺繍糸は色の種類が豊富なので、お好きな色で作ってみてくださいね。 ワイヤーでアルファベットを作ってブレスレットに加工してもいいですし、ワイヤーにビーズなどを通してもOK。 ワイヤーとパールの相性は抜群で、大きめのコットンパールを使えば上品なワイヤーアクセサリーに仕上がります。 ワイヤーブレスを作るときは、片穴のビーズパーツをワイヤーの先に付けるとよりクオリティがアップ!.

次の

アクセサリー作り

チェーン ブレスレット 作り方

人気コンテンツの目次• 手作りブレスレットは意外に簡単!趣味にもなる楽しいアクセサリーの作り方 あなたは学生時代にミサンガを作ったことはありますか? ミサンガを作った経験がある方ならばわかると思いますが、アクセサリーを手作りすることって意外に簡単なんですよね。 材料さえ揃えば、そこまで難しい工程もありません。 ですので、自身のデザインのアイデアがあれば、理想のアクセサリーを作ることが出来るのです。 理想を形にすることができるアクセサリー。 ということで、 このアクセサリーを手作りする作業は、趣味にもなる可能性があります。 デザイン力・発想力がある方は、理想が形になる楽しさを実感するために、趣味になる方が多いのです。 おしゃれをするのが好きな方は、特にアクセサリーを手作りすることにハマってしまうでしょう。 今日からはおしゃれは自分で作っていくのです。 市販品のアイテムだけじゃなく、世界で1つだけの最高のアクセサリーを自分で作っちゃいましょう。 手作りアクセサリーの作り方&編み方・ブレスレット編!アイデア集 ダイソーのスエード調ひもを使った簡単ブレスレット.

次の

ブレスレット 貴和製作所|手作りアクセサリーパーツ・ビーズの通販

チェーン ブレスレット 作り方

【ハンドメイド無料レシピ】9ピン チェーン の作り方! ただのチェーンはもう飽きた!? オリジナルのチェーンでブレスレットを作ろう! 無料レシピ 9ピン チェーン の作り方! ただのチェーンはもう飽きた!? オリジナルのチェーンでブレスレットを作ろう! ここで活躍するのが、9ピンなんです! ビーズを通してカンを作った9ピンを何個もつなげてこのようなチェーンが出来上がります。 使うビーズやパールの色やサイズ、形を変えれば、自分だけのオリジナルのビーズ、パールチェーンができるんです! 今回9ピンで作ったビーズチェーンブレスレットの作り方をご紹介します。 9ピンを使って作るアクセサリーは、慣れてしまえば簡単に出来ます。 さらに使う9ピンの色もシルバーやゴールド、金古美など色やカンの大きさを変えることによってもチェーンの印象をガラッと変えることができるのもおすすめポイント。 参考にしてみて下さい。 お好きな色・大きさのビーズ 今回は水色と、クリアとクリアピンクのビーズを使っています。 全てボタンカットのビーズです。 水色のものが3mm、それ以外は4mm ・カニカン 7. 5mm ・アジャスター 5. 5cm ・丸カン 0. 9ピンにビーズを付けます。 下記リンクに詳細が載っていますので、参考にして下さい。 【ポイント】今回は短い9ピンを使用していますので、カットせずそのまま使っています。 二個目のパーツを作ったら、最初に作ったものと繋げて止めます。 その後も、三個目・四個目・・と繋げていきます。 【ポイント】ビーズを何色か使って作る場合は、並べたい順番にビーズを繋げていきます。 ブレスレットにしたい長さ分9ピンを繋げていきます。 今回は15個9ピンを繋げました。 両サイドに丸カン、その先に片側にカニカン、もう片側にはアジャスターを取り付けます。 カニカンとアジャスターを取り付けた写真です。 あとは好きなパーツを丸カンで好きな位置に付けていきます。 パーツを付けて、出来上がりです! 三種類作ってみました! 付けるパーツの色や形によってボリューム感や雰囲気が変わって楽しいです。 パーツも大きいものにしてみたり、一個だけにしてみたりと、アレンジを楽しめますね! 9ピンの扱い方さえマスターしてしまえば、あとは自由自在でお好みのアクセサリーを作ることが出来ます。 9ピンはただの脇役だけでなく、その長さを活かすことによって、スタイリッシュで大人っぽい印象のアクセサリーができます。 ピンの色をアンティークゴールドにするだけでかなりアンティーク感が出ます! ネックレス自体を長めにしたので、チャームは一個だけにして全体のバランスを取りました。 このネックレスは9ピンが60個繋がっていて、ネックレス自体の長さは57cmになりました。 カニカンとアジャスターを含んだ長さです。 応用編 ガーリーピアス こちらは9ピンと丸カン、イヤリングパーツを使って作ったイヤリングです。 9ピンを2個、丸カンを2個を使っています。 9ピンにバラを付けたものと、9ピンにパールを付けたものを繋げ、一番下に丸カンを付けたハート型のスワロフスキーを繋げています。 最後に一番上にイヤリングパーツを付けて完成です! 応用編 9ピンの長さを活かしたピアス こちらは9ピンの棒状の部分を生かして作ったイヤリングです。 9ピン1個と丸カン2個を使っています。 棒状の部分を生かすことで甘くなりすぎず、大人っぽい仕上がりになります。 今回使用した9ピンが12mmのもので短めのものを使用していますが、もっと長さのある9ピンを使えばより一層クールな印象になると思います。

次の