洗濯 物 ほこり つく。 日立の洗濯機ビートウォッシュで洗濯物にゴミがつく問題対策方法

洗濯物にほこりがつくのはなぜ?対策方法とグッズ10選

洗濯 物 ほこり つく

洗濯物にほこりがつくワケ せっかく洗濯をしたのに、洗い終わってふと見てみたら糸くずやほこりだらけということがあります。 綺麗にするつもりで衣類を洗濯したのに、洗濯物に糸くずやほこりがついていては意味がありません。 どうして洗濯物にほこりがつくのかというと、フィルターの問題や洗濯槽の汚れ、ほこりが出るものと洗ってしまったか水の量が足りなかったなどが考えられます。 ほこりの原因として考えられる理由を、それぞれ紹介します。 1:糸くずフィルターが古くなっている まず考えられるのは、洗濯機の「糸くずフィルター」が古くなっているから、あるいは糸くずが貯まってしまっている状態です。 洗濯機には糸くずフィルターが付いていますが、これが正しく機能しなくなっている可能性があります。 洗濯機の糸くずフィルターを触ってみて、たくさんのほこりや糸くずが入っていないでしょうか。 厚みを感じるほど入っているようなら、それが原因で洗濯物に糸くずやほこりがついているのでしょう。 2:洗濯槽がきれいに保たれていない 2つ目は、洗濯機そのものが汚れていて、洗濯槽の汚れがそのまま洗濯物に糸くずやほこりとして付いてしまっているケースです。 洗濯槽は使っているうちに、自然と汚れがたまってしまいます。 洗濯機を上から眺めただけでは、洗濯槽の汚れは見えにくいです。 しかし毎回の洗濯物からでた汚れがたまっていたり、水を使うのでカビが繁殖していたりして、洗濯物のほこりの原因になる場合があります。 3:ほこりっぽいものと一緒に洗った 「これまでの洗濯物では問題なかったのに、いきなりほこりがついた」という場合には、ほこりっぽいものと一緒に洗ったことが原因かもしれません。 洗濯物のほこりに気づいた時、どんな物と一緒に洗ったか思い出してみてください。 洗濯物のほこりがでやすい物としては、タオルや毛足が長い衣類などがあります。 これらの洗濯物からは、洗濯中に細かな繊維(毛羽)が出てきます。 繊維を洗い流せない場合、洗濯物にほこりとして残ります。 4:水の量が少なかった 洗濯に使う水の量が少なかった場合は、糸くずフィルターまで水量が届かずフィルターが機能しないために、洗濯物にほこりがつく原因になります。 糸くずフィルターは洗濯機のある程度の高さの位置につけられています。 少量の洗濯物しかないからと少な目の水で洗ってしまったら、水の量が足りずフィルターまで水位が上がらず、汚れがそのまま残ります。 手動で水量調整する場合ももちろんですが、センサーなどで水量が自動調節されているときは設定を見直してみるといいでしょう。 洗濯物のほこり対策10選 洗濯物にほこりを付けない対策としてどうしたらよいのか、対策方法を10個厳選して紹介します。 洗濯物にほこりが付く代表的な理由をこれまでに4つ紹介しましたが、細かく探っていく他にも原因は考えられます。 上手な洗濯のコツにもつながりますので、ぜひ参考にしてみてください。 対策1:洗濯槽を綺麗にする 洗濯槽の汚れが洗濯物のほこりの原因と考えられる場合は、「洗濯槽クリーナー」を使って綺麗に掃除してみましょう。 洗濯機を買ってからほとんど洗濯槽を気にしたことがなかったり、前に洗濯槽を掃除してから数か月経っていたりするならまずこちらを試してみてください。 しばらく洗濯槽の掃除をしていないなら、塩素系のクリーナーや重曹の使用がおすすめです。 こまめに掃除していく場合は、酸素系クリーナーがよいでしょう。 対策2:洗濯ネットを使う 洗濯物の量がそもそも少ないという場合は、「洗濯ネット」を使う対策がおすすめです。 洗濯をする時に使用する水の量が少ないと、糸くずフィルターまで水量が到達せずにほこりが残ってしまう原因になります。 とはいえ、少ない洗濯物に大量の水を使うのはもったいないですよね。 洗濯ネットに洗濯物を入れて洗うことで、少量の水で洗ってもほこりが付くのを防いでくれます。 注意点は、ホコリが入らないよう網目の細かいネットを使うことです。 対策3:糸くずフィルターを都度洗う 洗濯機に付いている糸くずフィルターを洗濯のたびに綺麗に洗うことも、洗濯物のほこり対策として有効です。 糸くずフィルターには洗濯物に付いていた糸くずや、洗濯中に出た細かな繊維が集まります。 フィルターに糸くずや繊維がたまった状態で洗うと、取り切れない汚れがほこりとして洗濯物に付く可能性があるので、綺麗にする必要があるからです。 理想は、洗濯をするたびに糸くずフィルターも洗って綺麗にすることです。 対策4:すすぎの回数を増やす 洗濯物のほこりは、たっぷりの水でしっかりすすぎをすることで洗い流せます。 単純な方法ですが、すすぎの回数を増やすという対策もよいでしょう。 とくにほこりが出やすい毛足の長い衣類やタオルなどを洗濯する際には、すすぎの水量と回数を増やすことがおすすめです。 しっかりと糸くずフィルターまで水位が上がるくらいの水量で洗うこと、これまでのすすぎが1回だったなら2回にするという対策をとってみましょう。 対策5:ほこりの原因になるものは別にする ほこりの原因になるタオルや毛足の長い衣類を別にして、2回に分けて洗濯するという対策もあります。 どうしても洗濯中にほこりが出やすいタオルを分けることで、大切な衣類をほこりから守れます。 ですがもともとの洗濯物の量が少ない場合は無駄が多いので、別の対策をとった方がよい場合もあるでしょう。 対策6:柔軟剤を替えてみる 洗濯物のほこり対策には柔軟剤も重要なため、ほこりが付くようなら別の柔軟剤に替えて試してみましょう。 これは、柔軟剤を使うことで衣類の静電気を減らすことができるためです。 静電気が発生すると、空気中の綿ほこりや花粉・ハウスダストなどが衣類に付着しやすくなります。 柔軟剤で静電気の発生が抑制されると、衣類につくほこりやハウスダストなどの量も減少します。 静電気防止スプレーを使うことも、有効でしょう。 対策7:洗濯前にポケットの中を確認する 洗濯をする前に、洗濯物のポケットに何か入っていないか中身を確認して出しておきましょう。 洗濯物のポケットにうっかりハンカチが入っているくらいならよいですが、ティッシュがそのまま入っていたら最悪です。 洗濯中に繊維がバラバラになってしまい、洗濯物に付着してしまいます。 そうでなくても洗濯物のポケットに入っているもので洗濯機を傷つける可能性もあります。 あらかじめ、洗濯前にポケットは確実に空にしておきましょう。 対策8:洗濯物の量を少なくする 洗濯物の量を少なくするというのは、洗濯機に入れる洗濯物の量を水量とバランス良くすることです。 洗濯機にたくさんの洗濯物を入れてしまうと、洗濯中にでた繊維やゴミが糸くずフィルターに拾われず、そのまま洗濯物に付着したままになってしまいやすくなります。 一度にたくさんの量を洗濯することは、洗濯物にほこりが残る原因になってしまうのです。 洗濯物の量は水量に対して適度に、きちんと洗濯物が水に洗われる量に調整しましょう。 対策9:洗濯ボールを使ってみる 洗濯の際に「洗濯ボール」を洗濯機に一緒に入れることで、衣服の絡みや静電気の発生を抑え、洗濯物につくほこりを減らせます。 洗濯ボールの効果は主に4つあります。 洗濯物同士が絡まりあうことを防ぐ• 洗濯で衣類にシワがつきにくい• 洗濯物全体をまんべんなく洗うことができる• ほこりや糸くずなどの汚れの付着を防ぐこと とくにスポンジ製の洗濯ボールを使えば糸くずがよく取れ、ほこり対策の効果が高いでしょう。 対策10:事前にほこりを取っておく 洗濯物にすでにほこりや汚れがたくさん付いていると分かっているなら、洗濯の前に掃除機やコロコロなどを使ってほこりを取っておきましょう。 とくに、長く洗っていないカーテンやラグなどを洗う際には注意が必要です。 ほこりがついたまま洗ってしまうと、洗濯中にたくさんのほこりが出てしまいます。 あらかじめ、掃除機をかけたりコロコロで見える限りのほこりや花粉を取っておくと、洗濯しやすくなります。 洗濯物のほこりを除去するおすすめグッズ10選 ここからは、洗濯物にほこりがつくのを防ぐおすすめグッズを紹介します。 洗濯物につく糸くずやほこりへの対策を説明してきましたが、対策に使える具体的なグッズとして、洗濯ネットや洗濯ボールを紹介します。 洗濯物のほこり対策に何を使ったらよいのか、と迷っている方はぜひご覧ください。 グッズによっては、乾燥時や洗濯機によって使えないものがあります。 確認してから使ってみてください。 1:フェリモア「洗濯ゴミネット」 オーエ「全自動くず取りネット」は、脱水口にフックで取り付けて使うタイプの洗濯ネットです。 洗濯ネットの中には洗濯中にどんどん下に引っ張られてあまり水面に浮かべないタイプもありますが、こちらはフックで簡単に取り付ける形なので下に沈むことがないでしょう。 ただ、取り付け型なので使える洗濯機が限定されます。 ドラム式洗濯機や洗濯槽に穴がないタイプでは取り付けできません。 ある程度の水量も必要です。 洗濯物についてしまったほこりの取り方5つ 洗濯物にほこりを付けないための対策グッズについては紹介しました。 ですが、実際にすでについてしまったほこりについてはどう対処すればよいのでしょうか。 ここからは、すでに洗濯物についてしまったほこりの取り方について5つほど紹介いたします。 対策グッズを使用しても少しだけほこりが残ってしまう、そんな時でも簡単にとることができる方法がありますので、見ていきましょう。 ブラシを使う 「エチケットブラシ」や「洋服用ブラシ」を使って、衣類についたほこりをサッと取ってしまいましょう。 こういったブラシの中には、静電気を除去する機能がついたものもあります。 ほこりを取るのと一緒に衣類の静電気も除去してしまえば、これから新たに糸くずやゴミが付着するのを防いでくれるでしょう。 ただ、エチケットブラシや洋服用のブラシでなければ衣類を傷めてしまうことがあるので、注意が必要です。 コロコロを使用する 「コロコロ」とは、カーペットや家具に転がしてほこりやゴミを吸着して捨てることができる粘着テープのことです。 取っ手がついているので軽くコロコロと衣類の上で転がせば、ほこりを取ることができるでしょう。 コロコロを使う利点は、たいてどこの家庭にも1つは置いてあるということです。 コロコロで掃除をしている家庭は多いので、洋服用ブラシのように特別なグッズを用意する必要がありません。 緊急時に役立つでしょう。 スポンジを使ってみる 軽くたたいたり、粘着テープを使ったりしても取れないようなしつこいほこりには、スポンジでこすって落とすという方法がおすすめです。 とくに衣類の繊維にほこりが絡みついてしまってとりにくい場合には、スポンジが有効です。 ただ、固いスポンジで衣類をこすってしまうと衣類を傷めてしまうことがあります。 この時使うスポンジは衣類を傷めないように柔らかいもの、そして大き目のスポンジを選ぶと使いやすくなるでしょう。 粘着テープを使う ここで使う「粘着テープ」は、コロコロではなく「ガムテープ」や「セロテープ」などの粘着テープです。 オフィスに着いてから衣類に残ったほこりを見つけたけれど、コロコロもスポンジもエチケットブラシもない、そんな時には身近な粘着テープで代用しましょう。 ガムテープはなくても、セロテープならたいていのオフィスにはあります。 ちょっと目立つほこりだけでも粘着テープで取ってしまえば、大分マシになるでしょう。 再度洗濯する ほこりがついているのを見つけたのが自宅で、かつ大量にあるようなら、再度洗濯をしてしまった方が手間もかかりません。 すでに洗濯機で一度洗った後なのでもう一度洗濯をする必要はなく、すすぎだけでも十分です。 以前の水量と同じではまたほこりが残る可能性があるため、水量を増やすか、一度に入れる洗濯物の量を減らして洗濯してみてください。 ほこりの原因が明らかな場合は、洗濯ネットに入れるか別に洗濯すると安心です。 洗濯物へのほこりを軽減させよう! 洗濯物にほこりがつくことはよくあります。 今回の記事ではどうして洗濯物にほこりがつくのか、ほこりをつけないための対策やおすすめの対策グッズなどについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 きちんと対策を して、洗濯物につくほこりを減らしましょう。 もしほこりが付いていたとしても、ブラシやスポンジ、粘着テープなどで取り除くことができるので安心してください。

次の

洗濯物についたほこりの取り方で簡単きれいにできるもの!洗濯の際にできる対処法10選

洗濯 物 ほこり つく

洗濯物にほこりがつく4つの原因 衣服を綺麗にするために洗濯機を回しても、洗い終わった後の洗濯物にほこりがたくさんついている、ということがあると、残念な気持ちになってしまいますよね。 なぜ洗濯物にほこりがついてしまうのでしょうか? 洗濯槽の汚れ 洗濯物がほこりだらけになってしまったら、洗濯槽の汚れの状態を確認しましょう。 最近では、自動で洗濯槽を洗浄してくれる洗濯機もありますが、やはり 洗濯槽は定期的に掃除することが大切です。 掃除をしないままだと、汚れていたりほこりが溜まっていたり、カビが発生することもあります。 洗濯槽にほこりが溜まっていると、洗濯物にもついてしまいます。 洗濯物のほこりがついた 洗濯物にほこりがついてしまう原因は、そもそも洗濯物にほこりがついていた、ほこりが出やすい洗濯物だったということです。 洗濯槽が綺麗な状態であっても、ほこりは出やすい洗濯物だったり、ほこりを持ち込んでしまって洗濯物にほこりがつくことがあります。 洗濯機の糸くずフィルターが機能していない 洗濯機には、ホコリやゴミをキャッチしてくれる糸くずフィルター(ごみ取りネット)が設置されています。 その糸くずフィルターが機能していないと、洗濯物にほこりやゴミが付きやすくなります。 例えば、糸くずフィルターで取ったほこりを取り除いていない、ホコリが目詰まりを起こしている、糸くずフィルターが破れているということがある場合は、機能しない状態となっています。 洗濯機の水の量が少ない 洗濯物を洗う際の水位も、ほこりの付着に関係してきます。 洗濯をする際、水の量が少ないと糸くずフィルターが設置されている場所まで水が入らず、ほこりがキャッチされないということがあります。 そのため、ほこりやゴミが洗濯物についてしまうのです。 洗濯をして、 洗濯物にほこりがついていると感じたら水量を多くしてみましょう。 そうすると、ほこりが浮いて流れていきやすくなります。 洗濯物についたほこりの取り方 洗濯物にほこりがついてしまうのも、少しなら仕方がありません。 その場合には、これらの方法でほこりを取っていきましょう。 エチケットブラシや粘着テープを使う 洗濯物にほこりが付いた場合の基本の対処法です。 エチケットブラシや粘着テープを使用することで、衣類を傷めることなくほこりを取り除くことができます。 ただ、威力が弱い、 なかなか落ちない場合にはガムテープを使用するものいいでしょう。 ちなみにエチケットブラシは、ほこりを落とすだけでなく、しっかりブラッシングすることでゴミや花粉なども一緒に落とすことができるので、鼻炎や花粉症に悩んでいる人にもおすすめです。 糸くずフィルターは洗濯のたびに掃除しよう 糸くずフィルターを毎回機能させるたびに、洗濯が終わった後糸くずフィルターも取りだしてほこりを取り除き、綺麗に掃除しましょう。 そうすることで、フィルターの状態を確認することができますし、目詰まりを起こすのも防ぐことができます。 タオルと衣類を別々に洗おう 洗濯物のなかでも、一番ほこりの原因となりうるのは「タオル」です。 特に新品のタオルを洗う際には繊維が落ちやすく、衣類に汚れやホコリがつきやすくなります。 そのため、衣類とタオルを別々に洗うようにしてみてください。 これだけでもかなり効果を得ることができます。 また、一緒に洗う場合でも繊維が落ちそうなタオルや衣類をネットに入れてから洗うと、洗濯物につくほこりをある程度防ぐことができます。 柔軟剤を使おう 柔軟剤には、 香り付けの効果だけでなく静電気の発生を防ぐ効果があります。 それによって、洗濯物にほこりが付着するのを防いでくれるのでぜひ使ってみましょう。 スポンジボールを使おう 100均でも購入することができる「スポンジボール(洗濯ボール)」もおすすめです。 スポンジボールと洗濯物を一緒に洗濯機に入れて洗うだけで、ほこりや髪の毛を取り除いてくれ、洗濯物への付着を防いでくれます。 洗濯ボールには、ゴムタイプのものとスポンジタイプのものがありますが、ゴムタイプのものは洗濯機の中で衣類同士が絡まないようにするためのものなので、 ほこりを取り除くのはスポンジタイプのものを購入するようにしましょう。 色分けして洗おう 毎回の洗濯でなかなかできるものではないかもしれませんが、ほこりを防ぐためには色分けして洗う方法もあります。 特に黒系の衣類はホコリが付着すると目立ってしまいますよね。 それを防ぐためにも、白系の洗濯物、黒系の洗濯物、柄物系の洗濯物と色分けして洗濯してみましょう。 そうすることで、洗濯物の色移りを防ぐことができます。 これは1日に何回も洗濯を回す家庭や衣類が多い家庭なら、何回かに分ける際に色分けできますが、ひとり暮らしや夫婦で暮らしている場合には無駄に感じますよね。 その場合は洗濯ネットを利用するなど、別の方法で対策を取ってみてください。 すすぎの回数を多くしてみよう 最近では、節水を目的に水の量を抑えた洗濯機も多く販売されています。 しかし、水の量が少ないと、衣類についたゴミやほこりを洗い流すことが難しくなります。 このような場合は、 水の量を増やしたりすすぎの回数を増やしてみましょう。 そうすることで、衣類を隅々まで洗い、ほこりを取り除くことができます。 洗濯物にほこりがつかないように工夫しよう せっかく時間をかけて洗濯しても、出来上がった衣類がほこりまみれだとしたら悲しくなりますよね。 そんなときはまず、原因を突き止めてみてください。 洗濯槽のチェックしたり、水位を上げてみたり、そして同じことを起こさないように対処法を実践してみましょう。 少し面倒に感じるかもしれませんが、実際に行ってみると簡単なことばかりです。 そうすることで、綺麗に洗濯物が洗い上がるので、すっきり感もありますよね。 洗濯は家事の中でも欠かせない物のひとつです。 清潔な衣類やタオルに仕上がるよう、ぜひお手入れを行ってください。

次の

洗濯物にほこりがつく原因を知りたい方必見! 対処法と共に解説!|Tips for Life

洗濯 物 ほこり つく

粉末の洗濯洗剤はよく溶け残って 洗剤残りが起こりやすいですが、 実は液体洗剤も同じように 洗剤残りが起こる可能性があるので、 「液体洗剤だから洗剤残りしないはず…」 と思われている方は注意してくださいね。 洗濯物についた白い粉の取り方 さて、洗濯物に洗剤カスが 白い粉のようについている場合、 どのようにしたらきれいに 取ることができるのでしょうか? 1・洋服ブラシでブラッシングする 洗濯物の洗剤残りを取る方法の1つ目は… 洋服ブラシでブラッシングする という方法になります。 感想 223件 洋服ブラシで優しくブラッシングすると、 生地についている洗剤カスを、 きれいに落としていくことができますよ。 また、洋服ブラシは、 服に付着してしまう花粉やほこり を 落とすこともできますし、 洋服をブラッシングすることで 服が長持ちするようになるので、 1つ持っておくと良いと思います。 2・水で手洗いする 洗濯物の洗剤残りを取る方法の2つ目は… 水で手洗いするという方法になります。 洗剤カスが残っている部分を 水に濡らしながら揉み洗いして、 よくすすぐようにすると、 洗剤カスを落とすことができますよ。 3・洗い直す 洗濯物の洗剤残りを取る方法の3つ目は… もう一度洗濯機で洗い直すという方法になります。 服の広範囲に洗剤残りがある場合は、 洗い直すようにした方が良いかもしれません。 洗濯物に洗剤カスがつかなくなるコツ5つ ここまでは、 洗濯物につく白い粉の正体や、 洗剤カスの取り方について ご紹介しましたが、 ここからは、 洗濯物に洗剤カスがつかなくなる5つのコツ についてご紹介していきたいと思います^^ コツ1・残り湯を使わない 洗濯物に洗剤カスが つかなくなる1つ目のコツは… お風呂の残り湯を使わない ということになります。 お風呂の残り湯を使って、 お洗濯をしている方も いらっしゃるかもしれませんが、 お風呂の残り湯を使って洗濯してしまうと、 洗剤が残り湯の汚れと反応し、 洗剤カスとして残りやすくなってしまいます。 コツ2・洗剤をお湯で溶かしてから入れる 洗濯物に洗剤カスが つかなくなる2つ目のコツは… 洗剤をお湯で溶かしてから入れるようにする という事になります。 粉末洗剤も液体洗剤も 冷たい水だと溶け残りやすくなってしまうので、 あらかじめお湯でよく溶かして、 溶けた状態で洗濯機に入れることで、 洗剤残りを予防することができます。 コツ3・柔軟剤を使わない 洗濯物に洗剤カスが つかなくなる3つ目のコツは… 柔軟剤を使わないようにする ということになります。 柔軟剤と洗剤の相性が悪いと 洗剤残りが起こりやすくなりますし、 また柔軟剤の入れ過ぎも 洗剤残りが起こる原因になります。 コツ4・適切な洗剤の量で洗う 洗濯物に洗剤カスが つかなくなる4つ目のコツは、 適切な洗剤の量で洗う ということになります。 洗剤の量が多いと、 洗剤残りが起こりやすくなりますし、 そもそも、洗剤の量を多めにする事で 洗濯物の汚れ落ちは良くならないので、 適切な洗剤の量で洗うようにしましょう。 コツ5・すすぎの回数を増やす 洗濯物に洗剤カスが つかなくなる5つ目のコツは、 すすぎの回数を増やすということになります。 すすぎが不十分だと洗剤残りが 起こりやすくなってしまうので、 しっかりすすぎきれるように、 すすぎの回数を増やすのも良いですね。 まとめ 今回は、洗濯物につく白い粉の正体や取り方、 白い粉が洗濯物につかなくなるコツについて ご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 洗濯物につく白い粉は洗剤カス である可能性が高いのですが、 服に洗剤カスがついてしまった場合は、• 洋服ブラシでブラッシングする•

次の