メンマ 作り方 干す。 たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

メンマ 作り方 干す

報道関係各位 2018年4月13日 株式会社タケマン 日本の竹がメンマに変わる! - メンマ作りの プロが 巻き起こす 放置竹林整備のトレンド- 全国の有名ラーメン店から多くの支持を集めているメンマ専門メーカー株式会社タケマン(本社:福岡県糸島市、代表取締役:吉野秋彦)は、メンマ作りに必要な製法・技術の普及に取り組んでいます。 日本では安い海外産メンマの需要が高く、また竹の種類の違いから今まで国産のメンマ作りが行われて来ませんでしたが、当社株式会社タケマンでは、全国的に問題視されている放置竹林の竹を使ってメンマを製造することに成功しました。 整備された竹林では上質なメンマ原料となる若竹が収穫でき、竹林所有者の収入源にもなっています。 収入につながる事で持続的に竹林を整備できるので、今、全国的にメンマ作りの輪が広がっています。 [URL] 竹林整備 とメンマ作り 講習 のご案内 メンマ作りと良質な原料確保のための竹林整備を全国各地多くの方々に取り組んで頂けるよう随時出張講習を行なっております。 費用は交通費実費のみご負担頂いております。 jp 株式会社タケマン吉野まで *メンマ原料は当社株式会社タケマンの方で買取を行っております。 当社株式会社タケマンでは取引先として数多くのラーメン店主と交流する中で、オール国産食材で作ったラーメンを提供したいというラーメン店主の想いを実現させるべく国産メンマの開発に着手しました。 今まで日本ではメンマの原料となる「麻竹」がほとんど採れず、また安い海外産が主流であっためラーメンを作る上でメンマだけが国産になり得なかったのです。 メンマは原来「麻竹」という竹を使用してきましたが、当社の国産メンマは、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹」という種類の竹を使用することで、竹林の環境整備にも結びつけています。 *当社株式会社タケマンの国産メンマ「糸島めんま」の2018年物発売は7月からを予定しております。 ・講習中は運営側および講師の指示に従って下さい。 ・録音、録画は禁止とさせて頂きます。 ・今後の資料として写真および動画撮影が入ります。 ・当日撮影した画像、動画をプロモーションに使用させて頂きます。 ・アンケートのご記入お願いしております。 講師プロフィール 株式会社タケマン 代表取締役 吉野秋彦(よしのあきひこ) 昭和56年福岡県生まれ 中国や台湾で本場のメンマ製造に15年以上従事した後、その技術を日本でのメンマ作りに応用し、メンマ市場に国産メンマを普及させるべく平成25年に株式会社タケマンを設立。 販売先は主にラーメン店で、取引店舗数を1400店舗(平成30年3月)に成長させる。 世界的なガイドブックの「星」獲得店やメディア等に度々紹介される有名ラーメン店等からの評価が高く、取り扱っているメンマ業務用では中国産原料を使用する傍、国産メンマの量産化に取り組んでおります。 当社の国産メンマ開発・製造の取り組みは、「地域産業資源活用事業計画」として2017年に農林水産省・経済産業省の認定を得ております。 株式会社タケマン について 福岡県糸島市にてメンマの製造販売に特化した事業を行う企業。 主にラーメン店への業務用商品の販売が中心で、ネット販売や百貨店等でも購入可能な 国産メンマを季節限定品として販売している。 【会社概要】 会社名:株式会社タケマン 所在地:〒819-1123 福岡県糸島市神在1301-7 代表者:吉野秋彦 設立:平成25年9月 URL: 事業内容:メンマ製品の製造 【お客様及び本リリースに関する報道関係者様お問い合わせ先】 株式会社タケマン TEL:092-332-7796(受付時間9:00〜17:00) e-mail:mail take-man.

次の

フライパンで簡単!作り置きにも♪手作り「メンマ」のレシピ

メンマ 作り方 干す

報道関係各位 2018年4月13日 株式会社タケマン 日本の竹がメンマに変わる! - メンマ作りの プロが 巻き起こす 放置竹林整備のトレンド- 全国の有名ラーメン店から多くの支持を集めているメンマ専門メーカー株式会社タケマン(本社:福岡県糸島市、代表取締役:吉野秋彦)は、メンマ作りに必要な製法・技術の普及に取り組んでいます。 日本では安い海外産メンマの需要が高く、また竹の種類の違いから今まで国産のメンマ作りが行われて来ませんでしたが、当社株式会社タケマンでは、全国的に問題視されている放置竹林の竹を使ってメンマを製造することに成功しました。 整備された竹林では上質なメンマ原料となる若竹が収穫でき、竹林所有者の収入源にもなっています。 収入につながる事で持続的に竹林を整備できるので、今、全国的にメンマ作りの輪が広がっています。 [URL] 竹林整備 とメンマ作り 講習 のご案内 メンマ作りと良質な原料確保のための竹林整備を全国各地多くの方々に取り組んで頂けるよう随時出張講習を行なっております。 費用は交通費実費のみご負担頂いております。 jp 株式会社タケマン吉野まで *メンマ原料は当社株式会社タケマンの方で買取を行っております。 当社株式会社タケマンでは取引先として数多くのラーメン店主と交流する中で、オール国産食材で作ったラーメンを提供したいというラーメン店主の想いを実現させるべく国産メンマの開発に着手しました。 今まで日本ではメンマの原料となる「麻竹」がほとんど採れず、また安い海外産が主流であっためラーメンを作る上でメンマだけが国産になり得なかったのです。 メンマは原来「麻竹」という竹を使用してきましたが、当社の国産メンマは、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹」という種類の竹を使用することで、竹林の環境整備にも結びつけています。 *当社株式会社タケマンの国産メンマ「糸島めんま」の2018年物発売は7月からを予定しております。 ・講習中は運営側および講師の指示に従って下さい。 ・録音、録画は禁止とさせて頂きます。 ・今後の資料として写真および動画撮影が入ります。 ・当日撮影した画像、動画をプロモーションに使用させて頂きます。 ・アンケートのご記入お願いしております。 講師プロフィール 株式会社タケマン 代表取締役 吉野秋彦(よしのあきひこ) 昭和56年福岡県生まれ 中国や台湾で本場のメンマ製造に15年以上従事した後、その技術を日本でのメンマ作りに応用し、メンマ市場に国産メンマを普及させるべく平成25年に株式会社タケマンを設立。 販売先は主にラーメン店で、取引店舗数を1400店舗(平成30年3月)に成長させる。 世界的なガイドブックの「星」獲得店やメディア等に度々紹介される有名ラーメン店等からの評価が高く、取り扱っているメンマ業務用では中国産原料を使用する傍、国産メンマの量産化に取り組んでおります。 当社の国産メンマ開発・製造の取り組みは、「地域産業資源活用事業計画」として2017年に農林水産省・経済産業省の認定を得ております。 株式会社タケマン について 福岡県糸島市にてメンマの製造販売に特化した事業を行う企業。 主にラーメン店への業務用商品の販売が中心で、ネット販売や百貨店等でも購入可能な 国産メンマを季節限定品として販売している。 【会社概要】 会社名:株式会社タケマン 所在地:〒819-1123 福岡県糸島市神在1301-7 代表者:吉野秋彦 設立:平成25年9月 URL: 事業内容:メンマ製品の製造 【お客様及び本リリースに関する報道関係者様お問い合わせ先】 株式会社タケマン TEL:092-332-7796(受付時間9:00〜17:00) e-mail:mail take-man.

次の

米の研ぎ汁でタケノコを乳酸発酵!「研ぎ汁メンマ」

メンマ 作り方 干す

ラーメンのトッピングだけでなく、お酒のおつまみとしても食べられている「味付けメンマ」。 やみつきになる味と歯ごたえで、ビールだけでなくご飯のお供にもぴったりです よね。 メンマのおいしさの秘訣は、何と言ってもコリコリッとやみつきになるあの「食感」。 でも、ラーメン屋で食べるメンマに対して「量が少ない」「もっと食べたいのに!」なんて不完全燃焼感を抱いているメンマ好きさんもいることでしょう。 そこで、アマノ食堂編集部がおすすめしたいのが 「自家製メンマ」です。 手作りなら、食べたい分を好きなだけ食べられるうえ、コリッとしたたけのこ本来の歯ごたえを残すことができます。 レシピを教えてくれたのは、料理研究家・食生活アドバイザーのAnnaさん。 Annaさんがご主人に振る舞ったところ「めちゃうまい!」と大絶賛で箸が止まらなかったとか。 そもそもメンマってどうやってつくるの? 肝心の味つけは何?メンマに興味津々な割に特に知識がない編集部スタッフが実際につくってみました! *** フライパンでできる!手作りメンマの材料・作り方 【材料】 ・たけのこ水煮…300g (中1本ほど) ・ごま油…大さじ2 ・砂糖…大さじ1 [A] ・中華スープの素 (今回はペーストタイプを使用)…小さじ2 ・オイスターソース…小さじ2 ・醤油…小さじ2 ・塩…少々 ・鷹の爪…お好みで 【作り方】 1. たけのこの水気をよく切る。 薄切り(もしくは短冊切り)で、自分好みの大きさにカットする。 フライパンにごま油を入れて熱し、弱火でたけのこを炒める。 油がまわったら砂糖を加えて全体に馴染ませたあと、[A]を加えて弱火で炒める。 そのまま弱火で水分を飛ばすように炒める。 汁っぽさがなくなってきたら火を止め、最後にお好みで鷹の爪を散らせばできあがり! 水煮のたけのこを使用するので下処理がいらないうえ、調理時間は10分たらず! こころゆくまで食べてみたい!というメンマ大好きなあなたなら(笑)、手作りなので量産することもできますよ。 実際に作ってみたら、「こんなに簡単につくれるんだ!」と感動するほどでした。 甘めのメンマが好きな方は、砂糖の量を増やしてください。 もはやトッピング具材の域を超え、立派な「贅沢おかず」として認識してもいいのではないでしょうか。 冷蔵庫で3日間ほど保存できるので、作り置きしておくと便利ですよ! ビールのおつまみにぴったり!ついついお酒が進んじゃう~。 HMH所属料理研究家として日々の料理や活動を料理ブログで配信するドイツ・ハンブルク在住の人気料理ブロガー。 海外料理の再現レシピや海外の珍しい食材を使った創作家庭料理、日本人でも食べやすいアレンジ料理を得意とし多くの読者から支持を集める。 ドイツの食事情や文化を動画でも配信、ドイツで日本食を広める活動や料理教室なども意欲的に行っている。 参考記事:.

次の