フェイク ポルノ と は。 ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

ソ連偽りの繁栄を暴く『赤い闇』 A・ホランド監督に聞く、情報洪水社会を生き抜くヒント 1ページ目 /2020年6月28日 1ページ目

フェイク ポルノ と は

ディープフェイクとは?問題点は? 最近だと様々な物議を醸しているディープフェイクですが、そもそもディープフェイクとはなんなのでしょうか。 ここではディープフェイクについてと、問題点についてそれぞれご紹介します。 ディープフェイクとは ディープフェイクとは、人工知能の「深層学習」とよばれる手法を利用して制作された偽物の写真や動画などのことをいいます。 要するに、人工知能を利用した高品質の合成写真、動画のことです。 2019年にオバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判するディープフェイクを利用した動画が配信され物議を醸していました。 ディープフェイクは、従来の合成写真、動画とは一線を画しており、素人が閲覧する分には違いに全く気づかないほどの精巧さを兼ね備えています。 そのため、悪質なことに数多く利用されており、法律や規約によって禁止している国やサービスが増えているのが現状です。 ディープフェイクの問題点 技術の進歩を非常に感じるディープフェイクですが、進歩ゆえの問題点もあります。 ディープフェイクは精巧に偽動画や写真を作成可能なため以下のような悪質なことに利用されています。 フェイクポルノ• 政治での印象操作 それぞれ見ていきましょう。 フェイクポルノ ディープフェイクを利用してポルノ映像、写真の制作が盛んに行われています。 フェイクポルノとは、アダルト動画に出演している女性の顔を、有名人やアイドルなどの顔と交換し、あたかも顔を交換した女性が性行為をしているように見える動画です。 実際に2019年のサイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の調査によると、ディープフェイク動画の96%はフェイクポルノであると発表されています。 それほどまでに悪質に利用されていることが広がっています。 被害女性側の人権侵害や、脅迫などに利用される危険性もあり、非常に危険性が高い技術です。 政治での印象操作 政治の世界でも印象操作目的でディープフェイクが利用されています。 上記の「ディープフェイクとは」で記載した、オバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判している動画などが該当します。 また、アフリカのガボンでは閣僚のフェイクポルノ動画が拡散され、クーデター未遂により国の混乱騒動にまで発展したケースも。 発言していない内容をあたかも発言したかのように仕立てたり、ポルノ動画によって印象を操作したり、騒ぎを引き起こしています。 ディープフェイクが閲覧可能なサイトは? 実際にディープフェイクがどのようなものか、見て確認したい方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ディープフェイクのサイトは悪質なものが多く頻繁に削除されています。 規制も厳しく、ディープフェイクのサイトをを見つけることは簡単ではありません。 pornhubなどのポルノサイト内やツイッターで検索も可能ですが、全て自己責任で判断して下さい。 ここで紹介するものも然りです。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPDEEPFAKES. NETは、その名の通りKPOPアイドルやスターを中心としたフェイクポルノ動画を集めたサイトです。 KPOPアイドルは世界的にも人気を誇っており、KPOPのジャンルで50億もの売り上げを記録するほどの人気ぶりです。 フェイクポルノの制作が活発な中国ももちろん該当するため、KPOPに焦点を置いたこのようなサイトが制作されたのだと推測できます。 このような動画を制作することはもちろんのこと、フェイクポルノと知っていながら閲覧することも同様に法律に触れる可能性があるので、自己責任で閲覧してください。 動画としては比較的短いものが多く、スマホでの視聴を考えて制作されているサイトです。 手軽に操作可能で、ショートムービープラットフォームで人気を博した「TikTok」のような操作性で動画を閲覧できます。 元アイコラ職人の「フィリップ2世」さんが運営するDeep Fakeサイトです。 広瀬すず、新垣結衣など有名女優の動画が多く、いつサイトが削除されるかわかりません。 もちろん違法ですので、閲覧する際は自己責任で十分に注意を払ってください。 閲覧の際の注意点があるので、紹介いたします。 危ない広告が多く設置されている ディープフェイクサイトは、違法スレスレあるいは違法に該当します。 そのような極めて黒に近い、グレーの手法を用いてアクセス数を稼ぐサイトにはワンクリック詐欺や違法出会い系サイトへの広告が多く出稿されているケースも。 いきなり架空請求の支払いの画面に切り替わったり、違法なサイトへの登録を迫られたり、多様な方法でお金を騙し取ろうとすることがあります。 そのためディープフェイクサイトを閲覧する際は、いつも以上に細心の注意を払うように心がけましょう。 シークレットモードで閲覧をする ディープフェイクサイトを閲覧する際の注意点としてシークレットモードを利用した閲覧をすることも挙げられます。 シークレットモードを利用することで万が一の個人情報の漏洩を防ぐことができるためです。 シークレットモードは、Google Chromeが提供している機能で、閲覧履歴やダウンロード履歴といった個人情報が保存されないモードのことです。 しかし、使用する検索エンジンによって呼び方は異なり、「プライベートブラウズモード」「プライベートブラウジング」「InPrivateブラウズ」などと呼ばれれているので注意しましょう。 まとめ この記事では、ディープフェイクについてご紹介しました。 日々進化しているAIの技術を利用することで、本物と偽物を見分けることが困難な写真や動画が制作されるようになってきました。 実際に人を利用しなくても気軽に動画を作成できるようになることでの動画制作のコスト低減や、かつての偉人の動画内での復活などができるようになり動画制作の幅の広がりが期待できます。 一方、フェイクポルノや政治での印象操作などに悪用され被害を受けるケースもあとを絶ちません。 ディープフェイクに対する規制、法律を厳しく定め、効果的に最新の技術が駆使されるような環境が整うと今後の動向に期待できますね。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

フェイク ポルノ と は

提供:Facebook ただし、これらの成功率は、Facebookがコンテストのために制作した動画10万本の公開データセットを使った結果だ。 一方、これまで非公開であり、判定をより難しくする手法を用いた別の動画1万本では、成功率は最高で65%だった。 AI技術は、人の音声の書き起こし、スパムの検出、ゴッホのようなスタイルを自撮り画像に適用するエフェクトの追加といった、これまでコンピューターでは困難だった多くのタスクの自動化を実現している。 一方で、同じ技術がディープフェイクの生成に利用される恐れもあり、例えばある人の話し方などの特徴をほかの人の動画に合わせるといったことが可能になる。 選挙候補者が失態を犯したかのような動画が、誤りを正さずにネットで拡散すれば、問題となる恐れがある。 Microsoft、Amazon、Facebookとマサチューセッツ工科大学、オックスフォード大学、コーネルテック、カリフォルニア大学バークレー校など複数の大学は2019年9月、共同でDFDCを立ち上げた。 主催者らは3500人の俳優を雇って基になる動画を撮影し、これらをさまざまな方法で改変することで、コンテスト参加者が各自の人工知能(AI)モデルのトレーニングに使える動画10万本を生成して公開した。 俳優は、性別、肌の色、民族、年齢など多様な特徴を代表するように選ばれたとFacebookは説明した。 2020年11月の米大統領選挙に向けたキャンペーン中にフェイク動画が有権者をミスリードしかねないという懸念がある中、DFDCの結果は重要だ。 たとえディープフェイクの多くが説得力に欠け、検出されるとしても、ディープフェイクの存在自体が有権者の動画に対する信頼を損なわせ、選挙を妨害することになりかねないと専門家は懸念する。 Facebookは、他の手がかりがディープフェイク対策に役立つ可能性があると考えている。 「研究コミュニティーがコンテストの結果を踏まえた開発を目指す中、われわれはさらに視野を広げ、画像と動画の分析にとどまらない解決策を検討すべきだ。 背景や発信元など他の兆候を確認することが、ディープフェイク検知モデルの向上に役立つ可能性がある」(同社) DFDCの主催者らは、この分野における新たな取り組みに役立てる目的で、38日分の再生時間に相当する未加工の動画素材をリリースする計画だ。

次の

Facebook、ディープフェイク検出コンテストの結果を発表

フェイク ポルノ と は

最近のフェイク画像、目視で見破る自信ない。 インターネット上の情報は玉石混交で、フェイクニュースが溢れかえる時代です。 ユーザとしては 正しい情報と、そうでないものを見極めて取捨選択しなければなりません。 とはいえ、嘘っぽい記事や噂話なら「これはないでしょー」と気づきますが、最新技術を駆使したフェイク画像を見破るのは、かなりむずかしくなっています。 そこで、GoogleはユーザがGoogle画像検索で見つけた画像「これ本物!? 」と事実確認できる ファクトチェック機能を追加すると発表しました。 今後、Google画像検索をかけると、サムネイル一覧で「ファクトチェック」というラベルに出会うかもしれません。 たとえば、Googleのブログに掲載されたサンプル画像を見ると、「ヒューストンの通りを泳いでいるサメ」という主張が記載されています。 そしてその下部には、その 主張に関する情報とファクトチェックの結果が表示されています(サンプル画像にあるPants on fireというのは、嘘つきって意味みたいですね)。 これは確かにまっとうなアイデアですが、いくつか疑問もわいてきます。 まずは、一体 誰がファクトチェックしてるの? ってことです。 Googleのブログには、「 Googleの基準を満たす、ウェブ上の独立した信頼できる情報源」と書かれています。 ちなみに、ここでいう「」というのは、Google検索やGoogleニュースのファクトチェックで使われるものと同一。 基本、ラベルには ファクトチェックの発行者、画像元と画像に関する主張、そしてファクトチェックの結果(要約)が表示されます。 また、Googleは発行者の信頼性は「アルゴリズムによって決定され」、 Google自体は「これらのファクトチェック内容を支持しない」と言及しています(チェック内容に責任を負うものではありません、ってことか)。 また、検索やニュース同様に、画像についても 構造化データを使用するとブログに記載されています。 …何それって感じですよね。 ClaimReviewについて、Googleは以下のように説明しています。 他者の主張を評価するウェブページがある場合は、そのウェブページに ClaimReview構造化データを追加できます。 ClaimReview構造化データを使用すると、該当する主張の Google 検索結果に自分のページが表示されたときに、Google 検索結果にファクト チェックの概要版を表示できます。 つまり、ある情報に対して「これ嘘じゃない? 」と疑いがある場合、それを批判したり ファクトチェックしたコンテンツへのリンクをGoogle検索結果やアプリ、SNSにタグづけできるシステムなんです。 Googleは6月22日(現地時間)に同機能のグローバル展開を開始したと言っていますが、画像検索でファクトチェックラベルが表示されるようになるまでには、もう少し時間がかかるかもしれません。 実際にヒューストンのサメなど、フェイクチェックの結果、偽画像と認定された画像を数回検索しましたが、ファクトチェックラベルは表示されていませんでした(2020年6月25日時点)。 Googleのファクトチェックが 功を奏すかどうか、非常に興味深いですね。 2018年1月、Googleはパブリッシャー向けに出版社向けにを公開したのですが、これが不安定で一貫性のないもので、老舗パブリッシャー各社の。 何はともあれ、新型コロナウイルス関連のも蔓延してますし、今年は大統領選挙もありますから、ファクトチェックが必須機能になることは間違いないでしょう。 Tags :•

次の